無登録でマンション管理業を営み、住民が積み立てた管理費など約2260万円を着服したとして、兵庫県警長田署などは23日、マンション管理適正化法違反(無登録営業)と業務上横領の疑いで、神戸市兵庫区の無職の男(56)を書類送検した。同法はマンション管理業を営む際、国土交通省に登録する必要があると定めており、同署によると同法違反の適用は全国初という。

 送検容疑は平成14年4月ごろから20年4月の間、無登録のまま神戸市長田区と東灘区のマンションの管理を管理組合から請け負い、さらに管理費や修繕費など計約2260万円を着服したとされる。

 男は昨年11月に業務上横領容疑で長田署に逮捕されたが病気のため釈放され、同署などが任意で取り調べていた。

 同署によると、男は容疑を認めており、着服した金を生活費や遊興費に使ったと供述しているという。

【関連記事】
ずさん管理でマンション管理会社に再発防止を指示
納税者は皆、怒っている 国税は悪質脱税を告発せよ
大和ハウス、部門ごとに就業時間帯を見直し
首都圏マンションに「買い時」感?
住んでもOK、副業にも最適 “お宝”競売物件に注目!

<掘り出しニュース>被告が法定で読経 裁判長「だいたい合ってるね」(毎日新聞)
首相動静(2月21日)(時事通信)
釧路市動物園 オタリア「おんつ」死ぬ(毎日新聞)
国民新・下地氏、普天間移設「混乱すれば次世代に負担」(産経新聞)
捜査員の目前で下半身露出 公然わいせつ男を逮捕(産経新聞)
AD