ファイザーは4月16日、リリカカプセルについて、帯状疱疹後神経痛の効能・効果で製造販売承認を取得したと発表した。今後はエーザイと共同販促活動を行う。

 リリカは、既存薬とは異なるターゲットに作用する疼痛治療薬で、過剰に興奮した神経系で各種神経伝達物質の放出を抑えることで鎮痛作用を発揮する。世界105の国と地域で承認され、国際疼痛学会など主要な学会で帯状疱疹後神経痛の第一選択薬とされている。

 ファイザーによると、帯状疱疹後神経痛は難治性の痛みの1つ。帯状疱疹は、初感染の水痘治癒後、水痘・帯状疱疹ウイルスが神経節内に潜伏感染し、ウイルスに対する免疫力が低下することで発症するが、その皮膚状態が治癒した後も、焼けるような痛みや電気が走るような痛みが持続する。日本で百数十万の帯状疱疹患者のうち、10-15%に当たる十数十万人で発症するという。

 米ファイザー社が開発した薬剤で、高脂血症治療薬リピトールに次ぐ大型品。昨年の全世界売上高は約3000億円だった。


【関連記事】
疼痛治療薬に関するライセンス契約が終了―持田製薬
緑内障治療配合剤で治療効果アップに期待
世界製薬大手12社が増収
ファイザー日本法人、2.6%の増収
中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ

海外からの投資をめぐる北朝鮮の錯覚
首長新党は日本創新党 山田党首「国家・地方・国民の自立」(産経新聞)
首相動静(4月16日)(時事通信)
普天間移設反対、徳之島で1万人規模の集会(読売新聞)
「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
AD