iDEOLœGY

愛ヲコメテ、中指ヲタテテ……


テーマ:
【7月28日】


7月28日は俺の誕生日!この日は日本最北の市である稚内に宿泊する事にした。


↓稚内駅
{8875382E-2133-4D3D-B6DB-61B8A352F285}

{4FF63BA1-8D73-423C-8265-A6098E5F9D53}
駅の真ん前にある丘の頂上にライトアップされた風車があったが、霧のせいか上手く撮影出来なかった。

↓稚内駅中
{B20E7B26-4729-4DBF-A589-44B608EEABF7}

この日の晩酌は、ホテルのフロントの人から教えてもらった「竹ちゃん」さんで…
{473BBFF3-99EA-44D2-BA84-371754FB6533}

ホヤと海鼠腸の塩辛
{79A46B34-4457-4139-BD9F-D2EFDAE5D146}
海鼠腸(このわた)とはナマコの腸の塩辛!

地物刺身盛合わせ
{D0EB4093-2678-4F2B-8B3D-BE41F51AA22F}
美味いのなんの…(^ー゜)初日が富良野で2日目が旭川と内陸続きだったので、この日はとにかく海鮮系が食いたかったんだよね!

ホッケフライ
{0A2D919E-B72B-478B-AE5D-EA247CBA96B1}
ホッケはもう今まで何回も食ってきたが、フライは初めてだね。タダでさえ脂が乗ってるホッケだけに、フライだとかなりしつこくなるのかなと思ったが、想像以上に美味かった(^ー゜)b

生たこのから揚げ
{672E5194-3474-4C2E-9CE5-753C8A6BF0B4}
ビールにぴったり!やっぱ東京で食うたこより全然美味い!

↓竹ちゃんさんの入口の水槽にて
{CB89EEC1-9A1E-4116-A0C9-10429A7DFA11}

{4B707FA3-FAC8-4376-B385-AEBDC77CBB4C}

{C6A4913B-6EBA-43B7-B79A-569F1F8C8538}


この竹ちゃんさんで飲んでる時に、隣に座ってた40代後半〜50代位の俺よりちょっと年上位のおやっさんが凄い気さくで、盛んに俺に話し掛けてきてくれた。


店の人ともかなり親しい感じで話してたから、最初地元の常連さんなのかなって思ってたら、どうやら鹿児島から来た人だと言うので爆笑してしまった(笑)


車ごとフェリーに積んで、何回もフェリー乗り換えて来たらしい…この日はちょうど礼文島と利尻島に行った帰りらしく、俺も礼文・利尻に渡ろうか考えてる事を伝えると、色々と良さを教えてくれて、是非行った方がいいとお勧めされた。


結果として、天気等を考慮して礼文島と利尻島には今回行かなかったが、初対面の俺に色々と優しく教えてくれた事には今でも感謝している。


どうやらそのおやっさんもBMWのバイクに跨ってるらしく、「九州来た時は一緒に走ろう。色々教えてやるから連絡してくれ。」と言って、俺に自分の名刺を渡してくれた。機械系の会社の取締役をやってるらしい。


今でも名刺はしっかり持っているが、正直連絡する事はないだろう…恐らくこの人も酒が入って上でのテンションだった知れないし、逆にこの人もシラフの時にホントに俺から連絡来たら、どう対処すればいいかわかんないだろうしね(^_^;)


けど、この優しいおやっさんに出会えて良かったと思う。


そしてシメは店を変えて「食堂よしおか」さんでウニ丼を…
{EC8CBAB6-7697-444A-80BC-98BAA430C130}
最高だったね!こないだ函館で食ったウニ丼と違って、米が見えない位ギッシリとウニが敷き詰められていた。

付け合わせの味噌汁
{A04D3129-B094-434F-BF51-3B66FEF80E1B}
何か小さい貝が入ってたから、アサリかシジミかなんかかなと思ってたら、なんとホタテの稚貝!初めて食べたね!これも東京じゃなかなか食えないよね…



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
【7月25日】


さて、それじゃあぼちぼち北海道ツーリングの記事書いてこうかな!なんせ2週間のツーリングだったからね…ましてやツーリング終わってから今日までで既に2週間経ってるだけに、もう初日の事なんて1ヶ月近く前の出来事だよな〜(^_^;)


まず朝は10時頃起床。実はまだこの時悩んでいた。予定通り大洗からフェリーで苫小牧まで行くべきか、もしくは青森港まで走って、青森からフェリーで函館まで行くべきか…料金的には青森まで走ってからフェリーに乗る方が断然安いのだ。


しかも大洗からの便は繁忙期で客も多く、料金が高い時期なので6万近く掛かる。去年の10月と今年の6月に乗った時は4万満たない位だったんだけどね…時期によって料金の変動があるのは分かってはいたが、流石に2万も変わると悩む(^_^;)


去年はそれでも大洗からの便を選んだ。初めての北海道だったのと、ちょうど船の中で誕生日を迎える事もあって、贅沢にいきたいって気持ちが少なからずあったから納得出来た。しかし今年は別に船で誕生日迎えるワケでもないしね…


あとは去年と違って部屋でタバコ吸えなくなったし、オマケにiPhoneの電波も入るか微妙な事も考えると、あまり大洗から行く事にメリットを感じなくなってた部分があって、一時は青森からフェリー乗る方向にかなり考えが傾いていた。


しかしよくよく考えれば、それだと上陸する場所が函館になるから、しばらくは前月のツーリングと同じコースになってしまう事に気づく。
それに前日までの仕事の疲れもまだ残っていたのもあったので、予定通り大洗に向かう事にした。


17時までに大洗に着けば良かっただけに、かなりゆっくりしてたね…しばらくボーッとしたり準備したりして、14時40分頃に自宅を出発!こうして前代未聞の、14日間にも及ぶ北海道ロングツーリングが幕を開けた!


この日は晴れてて夏らしい日だったね。
まずは埼玉県の川口を北上して外環自動車道に入る。そのまま三郷JCTまで走り、三郷から常磐道に入りそのまま北上し、15時半位に茨城の守谷SAに給油がてら立ち寄る。


守谷では小便と給油だけ済ませてさっさと出発。再び大洗港を目指して常磐道を北上する。この日は日差しは強かったが、まだこの時の関東地方は夏本番ってほどの暑さではなかったね…なのでこの時は結構気持ち良く走れたんじゃないかな。


その後もしばらく常磐道を北上し、友部JCTから北関東道入って、そのままちょっと走って水戸大洗ICから高速を降りる。てか、守谷出発してからが意外と距離あんだよね…(^_^;)「あれ?こんな遠かったっけか!?」とか思いながら走ってた。


IC降りてからそのまま大洗港へ向かう…もう何度も利用しただけに迷う事はないかなと思っていたが、港の前位でちょっと道を間違えてしまう(^_^;)まあけど、それでもなんとか16時半過ぎ位には無事到着する事が出来た。


{ED4F99DF-31B8-452F-8111-83680899308F}
17時までに手続きすればいいとは言われてたから、去年より1時間位遅く、15時ちょい前位に家を出たんだよね…それでもちょっと余裕あるかな〜とは思ってたんだけど、意外と時間ギリギリの到着だった(笑)


そして手続きを済ませてからは、待合所で一服したりしたりして乗船時間を待つ。待合所の建物の前にはたくさんのバイクが停まっていた。
そして17時過ぎ位にバイクの乗船の放送が流れたので、フェリーの前までバイクを走らせる。


この時何を間違えたのか、待合所の入口の前のスロープを無視して歩道の方に入ってしまった(笑)どこかにまたスロープがあるかなと思ってずっと走るも一向にスロープがない。そのまま建物を一周すればまた入口に戻るかなと思ったが…


途中で歩道が途切れてしまった(汗)引き返そうと思ったが、歩道がだいぶ細くて方向転換が難しい。元の場所まで後ろに進んでいくのも時間が掛かりそうだったので、仕方なく歩道の段差を降りる事にした。


そんなに高い段差ではなかったので擦ったりする事はなかったが、後輪が段差の角に差し掛かった時に、後輪が地面より上にあるから、僅かな時間ではあるけど足が地面に着かない時間があるんだよね…あれちょっと怖かったな……´д` ;


まあ…まずコケる事はないだろうけど、あんまりアメリカンのバイクとかで、スロープのない段差を降りるのはやめた方が良さそうだな…昔はよくやってたけど、今はかなり車重があるバイク乗ってるし、もし万が一の事があったら危険だよね。


{84FBFBA5-3434-4603-A438-DE62F088B7EA}
フェリーの前には既にたくさんのバイクが集まって乗船を待っていた。本当はフェリーをバックに愛車を撮影したかったのだが、角度的に難しかったので取り敢えずフェリーだけ撮影した。
そして17時15分過ぎ位に乗船が始まる。


乗船してバイクを駐車したら、エントランスで鍵を受け取りそのまま部屋に向かう。
{C6259E15-B30B-442A-B7BD-79297EF64B00}
因みにこの時の船は「さんふらわあ さっぽろ」!去年の行きの時と同じ船だね。去年は和室だったが、この時は洋室だった。
{72854DA4-6402-465A-BFC7-B7A507811601}

{6161ECCF-F9C6-4872-89D8-F9578575C092}


荷物置いてちょっとまったりしたら、出航時間までちょっと船内を探索。
{18391F4F-D8FD-4899-A661-48242853567C}

{900027BD-E763-48CF-918B-5FF60A9B7B8C}

{5C2E4DAD-0DAC-41F5-B3A3-CC54EE055478}

{7460E31C-4B29-42FD-9DA2-A93DCE4824E7}
↓ゲームコーナー。古いゲームが多かったね…
{5B899ACC-56E7-4E4C-83C7-C5AC67CCA8E3}
↓マリンシアター。この時は救命胴衣の説明が延々と流れていた。
{AB14A486-9CBC-4745-BA43-D277DA3A0E07}


そして定刻通り18時45分に出航!

こうして苫小牧までの19時間の旅が幕を開けた!
取り敢えず19時位までデッキでタバコ吸ったりして時間を潰し、その後船内レストランに夕飯を食いに向かった。


夕飯はバイキング形式になっている。
{14AF780F-901B-4BE4-9155-8E756F35E5B7}
てか…俺バイキング撮るのすっげえ下手だな…(^_^;)

素晴らしい旅になる事を祈り、北海道ご当地ビール・サッポロクラシックで乾杯!


優雅で贅沢なひと時だったね!冒頭で述べたように、当初高い金払って大洗からフェリーで行くべきか悩んでたんだけど、この時にそれが正解だったと実感出来たね…もし青森から乗る方を選択してたら、この時必死で東北道走ってたろうしね。


食後はまたデッキに行って一服…潮風が気持ち良いが、ちょっと寒かった。その後は部屋に戻ってネットしたりしてまったりしていた…ホント、部屋でもタバコ吸えれば最高の旅なんだけどね…(^_^;)まあ、その辺は言っても仕方ないよね。


今回陸側の部屋を選んだだけに、出航してしばらくはちゃんと部屋でも電波入ってたんだけど、23時過ぎた位から電波が入らなくなった。ちょうどその時ブログを上げたかったのだが、なかなかアップが出来ずそのまま寝落ちしてしまった。


そして1時過ぎ位に一旦起きてブログを確認したら、やはり記事は上がっていなかった。よく憶えてないが恐らくデッキに出て更新したのかな…?なんとか1時半前位に無事ブログを更新出来た。
とにかくこの時は電波が不安定だったね…


そんな感じで北海道ツーリングの初日は終わった…て言うか、この時はちょいちょい寝たり起きたりを繰り返してたから、どこまでが初日でどこからが2日目かがよく分かんないんだけどね(^_^;)
しかし…ホントもうずいぶん前の事に感じるな…






にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて!本日8月19日は「バイクの日」!
ここしばらく北海道ツーの記事ばっかだったし、ちょっとお口直しも兼ねて、今日は久々にバイクネタでいこうと思う!


{A2CAA401-BD9E-4FE4-A0E1-8B0CB8E9B468}


Z400FXは、1979年に海外で発売されたZ500の中型版としてカワサキから発表された。
角張った燃料タンクが特徴的で、「フェックス」の愛称で親しまれた。


当時国産の400ccクラスのバイクでは4気筒の現行車種がなかったのも相まって、発売当初から爆発的な人気を誇っていた。当然そんな状況にライバル社が黙っている筈もなかった。


YAMAHAは「XJ400」、SUZUKIは「GSX400F」、HONDAは「CBX400F」と、次々に対抗車種を発表し、世は空前のバイクブームを迎える事となった。


1982年に後継車種の「Z400GP」が発表された後も、あまりの人気に僅かな期間ではあるが生産されていた。


当時は4気筒のバイクは大型が殆どで、「限定解除」と言う免許センターでの一発実地試験に合格しなければ大型バイクに跨がれなかった為、中型バイクに乗る者にとってFXは待望の車種だった。


当時の同クラスの車種と比べ、若干車体が大きいのと車重があるのが難点ではあったが、その分馬力も43psと、同クラス車種と比べてトップクラスであり、力強い加速を誇っていた。


そんな優れた馬力から、却って車体の大きさや重い車重が、まるで憧れの大型バイクに乗っているかのような錯覚をライダーに与えてくれる側面もあった為、その部分も人気の一つだった。


そんな「バイクに乗る喜び」を多くの人に提供し続けたFXではあったが、反面不良少年達が憧れる傾向があり、当時街に多くの違法改造されたFXが見られたのも事実だ。


その為、先述のような優れたデザインと性能を持っていながら、「族車(暴走族の単車)」と言うイメージが定着してしまった車種である。


不良少年達に愛されていたからこそ2016年現在でもその名が語り継がれ、「旧車會」と呼ばれる人々から根強く愛されている。それが良いか悪いかは分からないが、とにかく「名車」なのだ。


今でも中古のバイク屋をさがせばちょいちょい見掛ける事が出来るが、とにかく希少価値の高い車種の為、価格も100万は当たり前に超えてしまう。


ましてや、いかんせん不良少年に愛された車種だけに、ノーマル状態で流通してる事は皆無に等しい為、たまに見掛けるノーマル状態のFXは常識外れの値段で売られている。


かつて「カメレオン」と言うヤンキー漫画があって、その登場人物の相沢直樹が乗ってた事で、俺らの世代でも人気で、俺も一時期ZⅡやローレプ(ローソンレプリカ)と同じ位憧れたバイクだ。


けどね…40過ぎてこう言うのに乗りたいとは思わないかな…いや、乗りたいには乗ってみたいけど、わざわざ大金出してまで買いたくはないね(^_^;)




にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。