山野井昇の未来紀行

日々の出来事や、先進の医療、健康、美容分野のトピックスについて感じたままを文字と画像にしてアップしていきます。


テーマ:
私は長年、東京大学医学部の研究室で、空気や水の最近科学、とくにからだと正負イオンの研究をしてきた。

その研究の過程で、一番影響を受けたのが、中国の古典思想と哲学である。

とくに代表格は、朱子学の「陰陽」の概念である。

この理論を簡単に述べれば、「全て万物の事象は陰陽の二字の文字から離れない」というもの。

政治も経済も、天文学も、さらには生命をあつかう医学の世界にもこの理論は該当するというものだ。

この詳しい話しは、また別の機会にしよう。

ところで、最近、中国から日本への観光客が増えているらしい。

新聞の調べによると、日本を訪れる中国人観光客は年間100万人を越えるという。

中国と言えば、はっきり言って今の政治的な日中関係は決して好ましい状態とは言えない。

確かに14年11月の両首脳会談などを経て改善の兆しがあるが、対中感情はほとんど変わっていない。

16年3月13日、日経紙朝刊の記事を見ると内閣府が発表した外交に関する世論調査で、中国に親しみを「感じない」と答えた人は83.2%に達した。とある。

しかし「爆買い」の言葉が示すように、多くの中国人は高い品質の日本の製品に愛着を抱いている。

しかも帰国すると、口々に日本人は親切で礼儀正しい、安心して旅行ができる。また、ぜひ行きたいと語る。

一方、テレビマスコミでは、来日客のマナーを問題にしている。

困ったものだ。

でも、擁護するわけではないが、かって昔、日本人も地面につばを吐き、田んぼの畦道や原っぱで立ち小便は、今の田舎でも珍しくない。

今日では街中の道路はアスファルト、美化された都市空間では、それらの行為は時代錯誤であることはすぐわかる。次第に認識し、時間の経過とともに自然とマナーを学習するだろう。

とかく日中が時代、国家を超越して、人間交流の頻度を増やすと、それは教育的次元で解決できる問題だ。

要は、個々の人間性を高め、お互い悲しい歴史的事実をしっかりと理解し合い、未来に向けて許容し合い、話し合い、力を合わせれば、真実の日中関係が築かれる、との共通認識である。

歴史的な罪障を日々に懺悔し、かつ改心の情を未来に向けて行動を起こす。

まさにこれは中国から伝えられた仏教の教えである。

大国中国は地理的にも歴史的にも悠久の流れを持つ思想的兄貴分である。

多くの高名な思想家、聖人、哲人を生み出し人的にも経済的な資源も豊富である。

どの国より世界一、悠然と高い意識レベルで世界をリードしていかなければならない使命のある国である。

ただ国と言っても、人によって成り立つことは言うまでもない。

国は人の集合体である。とくに外交に当たっては特別、為政者の人格が重要である。

私たち日中友好の原点は、物理的、経済的利害に振り回されず、さらに相互理解のために若い人材の交流と行動と会話を重ねることは今さら言うまでもない。

さて今日の世界を見渡すと、地球共通の意識を高めていくターニングポイントに差し掛かっていると思うことがある。

ひとつはイスラム(IS)問題。

また、世界の指導者の資質だ。

時代の流れは一人の人格により、一瞬の内に、激変することもある。アメリカ大統領代表予備選のトランプ候補の言動しかりである。

日本の政策論して、これから大切なことは、ますます中国や韓国の隣国との交流に目をやり、友好を深めよう。という意識が必要だろう。

と感じるのは私一人だけではないだろう。

やはり相手の立場を考える政治。その意識は、人間性誘発を説く、様々な宗教や思想に内在する。

とくに平和なシルクロードを創れる原点は、インド、中国、韓国、日本が、地理的、歴史的に、伝統的な東洋思想の流れに大きく影響を受けた人間の復興である。

ところで、話しは変わるが、先日、わが財団の関係者のパーティの席で駐日中国大使、程永華(ていえいか)先生にお目にかかった。

優しい面立ちの中に、中日友好を牽引する強い眼差しと威厳。

しかも会話に笑顔を絶さない、かつ深い人間性の満ちた人柄を感じた出会いであった。

私は、かねがね日中友好交流の礎を、さらに確固にするために、両人民の推進すべき基本テーマは    ″生命の共生″    だと感じていた。

とくに空気、水などは健康にとって重要なテーマであり、最新医療技術の交流は大事だ。

さらに私的には中国古典理論を再発掘し、それを原点に、既存の中国医学、漢方、東洋医学を越えた、東と西をつなぐ新しい価値観に基づいた  ″未来医学″  の構築を考えている。

大使との出会いは、まさに ″一期一会″ 、″以心伝心″。

周りには、私の主要テーマであり、かつ中国古典の   ″空″ と ″気″ の不思議なエネルギーが漂っていた。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

山野井 昇さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。