2012-02-14 02:08:46

「本当はエロいグリム童話 レッドスウォード」紹介英文人力訳! ひつじさん感謝です。

テーマ:ブログ

 ありがたやありがたや。ひつじ氏がレッドスウォードの紹介英文を人力訳してくださった。http://ameblo.jp/sapporo-hituji/entry-11163645673.html


 私が知るかぎり、『レッドスウォード』は予告編に女優のバストサイズが大っぴらに書いてある最初の映画かもしれない。実のところ、ハリウッドがこれまでそこまでススンデなかったことのほうに私は驚いている。つまりは、キャメロン・ディアスが『Bad Teacher』の予告編で車を洗っている間にずぶ濡れになることと、女優のバストサイズを書くこととに、そんなに違いはなかろう。それはともかく、日本のエロティック・ホラー映画はいつだってブレがない。
 『レッドスウォード』は、狼が性的捕食者として描かれる『赤ずきん』現代版なのだが、そこには性が描かれているだけではない。「あなたのお口はなんでそんなに大きいの?」「誰か、私の赤ちゃん欲しくない?」といった台詞は安っぽさの革命である。それにくわえ、目を見張るべき戦闘シーンがあるおかげで、安っぽいだけでは終わっていない。視覚効果は、ヒドイもんなんだが。
 またさらには、この映画は(『ゾンビアス』『華麗なるエロ神家の一族(Erotibot)』『片腕マシンガール』で有名な)亜紗美が主演であり、もう一人の主演の仁科桃華にいたっては服を着て写っている方が稀なぐらいである-「いいねこりゃ」。
 Twitchに載っているあらすじをチェックしよう。
 むかしむかし、女性のいない狼男の一族がありました。それからずっと、自棄になった狼男たちは人間の女性を襲ってレ×プしては、種族を残す手段としておりました。しかし、狼男たちには恐ろしい言い伝えがありました。それは、百年に一度赤い月の夜に、女の子が生まれ、その子は狼男の一族を破壊する運命にある、というものでした。好色な狼男たちは、女性を恐れるがあまり、女の子が生まれたらすぐに殺すべしという掟を打ち立てていました。ただ愛くるしいアカツキ・ベニコだけがその恐ろしい運命から生き延びることが出来ました。
 最近になっても、ベニコの狼男との果てしなき戦いは続いていました。可哀相なベニコのお母さんは狼男にレ×プされベニコを生んだのです。娘を守るため、ベニコのお母さんは自分の命を犠牲にしなければいけませんでした。いま、ベニコは大好きなお母さんの形見である赤い頭巾をかぶり、狼男を殺すことに一生を捧げていました。ある日、邪悪な狼男が高校を嗅ぎ回っていることをベニコは察知します。賢いベニコは女子高生のフリをして学校に通い始め、女に恵まれないギンギンな悪い狼男の一群を見つけます。ベニコは同級生を護るため、赤い頭巾をかぶりスウォードで狼男たちを立ち向かいます。
 勇敢でセクシーな赤ずきんベニコはヤリタガリの悪い狼男の一群を撃退することが出来るでしょうか?


 なるほど。そういうことが書いてあったとは。だがちょっと待て。「ベニコは大好きなお母さんの形見である赤い頭巾をかぶり」って。「レッドスウォード」にそんな劇中設定はないぞ。あのう、それは「吸血少女対少女フランケン」ではないでしょうか。外人ライター氏、混同してらっしゃるようだな。いや、似たような設定ばかり撮るな、とか突っ込まれても困るので、ここは俺もスルーしておくことにしよう。ああ、まあ、形見かもねー。


友松直之のブログ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

n-tomomatuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■まあね。

>ヂョーさん
まあなかなか難しいようですがね。

3 ■無題

>n-tomomatuさん

移住しましょう(笑)

や、いずれ海外資本で何か撮っていただきたい!

2 ■そうですね。

>ヂョーさん
「レイプゾンビ」も三万回近い予告編の再生は海外のひと中心らしいですしね。ウィキペディアも俺は日本版には載ってないのに英語版には載ってるし(笑)。

1 ■海外の反応

こういう、海外の反応って最高!今後も楽しみにしています。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。