Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-18 03:07:35

11/28(金)29(土)30(日)レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ⑥

テーマ:ブログ
みどりのらいおん@greenlion1987
あなたの映画は「やはり男は女を獲得しなければダメなんだ」という非モテ男の自罰感情を肯定するだけです。自分と他者への攻撃性は高めても希望にはなりません。


 それはどうでしょうね?(笑)そこはやはり是非一度ご覧いただいてから判断していただきたいものですね。「救われた」という声も少なからず届いております。

みどりのらいおん@greenlion1987
日本映画ってつまんないやつって本当につまんないから予告編でどう見ても地雷なやつは踏みませんw個人的な意見ですがZ級とか自称しちゃう割には妙に感傷的な味付けしちゃうのが日本の映画監督の悪い癖ですね。


 ご意見感謝です(笑)しかしながら観ず語りは控えた方がよろしいかと。
 映画「レイプゾンビ」は童貞オタク以外の男が全てレイプ魔と化し、襲われた女は中出しの毒で即死、レイプゾンビを殺すにはチンポを切り落とすかキンタマを潰すしかない!という設定ですね。劇中ではヒロインたちがレイプゾンビの陰部破壊が爽快感を持って描写されます。
「あなたの映画は『やはり男は女を獲得しなければダメなんだ』という非モテ男の自罰感情を肯定するだけです。自分と他者への攻撃性は高めても希望にはなりません」
 という論評には違和感を感じますね。


みどりのらいおん@greenlion1987
んな企画モノAVでやりつくされた様な設定を嬉々として語られましてもwざ、斬新過ぎるー!!そんな過激な設定ありえないよおお(棒)とでも社交辞令で申しておきましょうか…。


 そういうご意見は多数寄せられてますね!(笑)本作の価値は馬鹿馬鹿し過ぎて今更誰もやらないことをやって受けたからシリーズ化しちゃったよ!というところにあります。
 男女問題というものはお互いの性的主権を踏みにじらないと成立しないもののように思えるのですよ。男女共馬鹿なこと無茶なことを言い合っている。どちらにも正義があるとは思えないのです。これはもう戦争状態であることを自覚して殺し合うしかないなと。


みどりのらいおん@greenlion1987
その点に関しての論理破綻はすでに指摘しました。あなたの思考実験は方向転換を迫られています。俺はちゃんと考えてるんだ!と主張したいなら同じことをただ繰り返す壊れかけのレイディオ作戦はやめて下さい。


 こちらが提示した意見に対しての相手の反論が空回りで、よくわかっていただけていないご様子の際には「壊れかけのレイディオ作戦」も仕方ないですよね?そこはお付き合い下さい

みどりのらいおん@greenlion1987
ここにきて蒸し返しかあ。結局小規模なエンタメ業界で、レイプしたいの~とかたいした理論武装もせず主張したとこで激しい弾圧を受ける訳でもなし、一部の反モラル気取りたい人煽って楽しいことしちゃおって話でしかないですよね。


 だいたいそんな感じですが(笑
 ただ「一部の反モラル気取りたい人煽って楽しいことしちゃお」というところは違和感を覚えますね。だいたい本作のファンはレイプ否定派がほとんどなんですよ。実際の性犯罪を犯す方はそもそもこの手のエログロ反モラル映画を必要としていないのかもしれません。
 本作のファンは「男女はわかり合えるのではないか」「わかってくれる女性がどこかにいるのではないか」「恋人ができないのは自分に問題があるのではないか」というようなことを考えてらっしゃる心優しき男性が多いような印象があります。「楽しいことしちゃお」どころか結構切実に鑑賞して「目が覚めた」「もやもやしていたものがすっきりした」「救われた」という感想が寄せられたりするんですよこれが。


みどりのらいおん@greenlion1987
これは昔、女子校に行ってた時は全く考えたこともない発想であなたの様な自称弱者のミソジニー男性と対話する様になってから思いついたことなんですが、一部の男は、女が思ってるよりずっと女が持ってる出産能力というものに劣等感を抱いていて、それに対抗するために死になにかしらの意味を持たせる傾向があるのかなーとか思いました。死にたがる傾向っていうんですかね。もちろん実際の男性自殺者の全員がそういう意味で死んでるって話ではないですよ。そこまで言わずとも、イスラム圏の男が、こっちが欲情したのではなく女がそこにいるだけでこちらを誘惑するのだ、その被害を少しでも減らすために黒い布でもかぶってろ!という様な被害感情が日本(または他の国)の男性にも少なからずあるとうちは思っています。そこらへんの気持ちは結局女が悪い女が悪いじゃ解決しないんですよ。まあ簡単に言うと自己満足ですね。自己満足が悪いという話ではなく暴論ぶっちゃけキャラでいくなら欺瞞には気付いておくべきだと思います。


 おっしゃることはわかりますが、だからと言って男が悪い男が悪いで、病気だ精神異常だと治療に持ち込むのが、わあ歩み寄れねえ!とひっくり返るところなんですけどね。

みどりのらいおん@greenlion1987
あなたは治療はやだやだと言って逃げ回りますが、アンドロイドもモテ税も治療も社会的ケアの一つですよ。


 社会的ケアは空論ですよね。そんなケアが実現するわけがない。空論どころかネタに過ぎません。レイプ肯定も空論でネタですが(笑)。
 俺が「やだやだと言って逃げ回」るのは、社会的ケアそのものではなく、犯罪や病気というレッテル貼りですね。


みどりのらいおん@greenlion1987
レッテル貼らない限り、他者への人権侵害を許容することになってしまいますからね。


 犯罪抑止が行き過ぎると暴力になります。誰がどんな規準でレッテルを貼るのでしょう。みどりのらいおんさんは現行の法律や医療の規準では不十分と考えているんですよね?まだまだぬるいぞと。犯罪を犯してからでは遅いから、予備軍もレッテル貼りだと。
 戦時下の治安維持法まで持ち出すつもりはありませんが、結構な暗黒社会が簡単に想像できてしまいます。


みどりのらいおん@greenlion1987
繰り返しますがレイプによる権利侵害は「セックスできなくて辛い」と並べられるものではないです。


 そこは平行線ですねえ(笑)。

isolator@net_de_toku
あくまでも個人的見解ですが「レイプ肯定論」も「作品を観ないで批判」も自分の中では同じくらい問題のある考え方だと思います


 いや、それはやはり「レイプ肯定論」の方が問題あるでしょう!(笑)

ギガ男爵はもうだめかもわからんね@exbaron
オレはオナニストなので、監督が作品づくりできなくなるようなことにさえならなければおkっす。


 ありがとうございます。まあ俺が作品を作れなくなるのは女に手酷く振られて落ち込んじゃった時くらいのもので!うわ、弱!しかも振られるなんて結構日常茶飯事じゃないか!(笑)

isolator@net_de_toku
友松さんもみどりのらいおんさんもどちらも異論あるかとは思いますが、この2つの主張の持つ暴力性の大きさは自分の中では同じくらいだと本気で感じていますよw


 なるほど。isolatorさんは作品というものを重く捉えてくださっているのですね。そこは素直にありがたいです。しかし多くの方が映画鑑賞を軽めの娯楽と捉え、予告編でわかる範囲で語ることに抵抗はないですよね(笑)

isolator@net_de_toku
そうでしょうねw ただ本編を観ないで批判するというのは映画をレイプするような行為だと思います 自分はレイプは許せないことだと思いますが(映画としてのレイプゾンビは好きです)が、だからこそ映画をレイプする行為も受け入れられません!

みどりのらいおん@greenlion1987
別にあなたが作ったものが誰にとってもどんな場合でも害しか与えないという話はしてません。ただ致命的な害を与える面の話もしましたし、その「救い」は本質的なものではないですねというのがうちのお話です。


 あらま、そうでしたか。そういうふうには読めませんでしたが。はい、そういうことですね。
 俺としては百害あっても一利あればよし!と思っております。


みどりのらいおん@greenlion1987
それは「百害」を軽視できる立場にいるからですよね。ガチで俺まじで命救いたいというのが本音ならまずは現実的な労働問題から取り組んで下さい。「一利」以上のものが得られますよ。


 で、「一利」を軽視するのは、みどりのらいおんさんがそういう立場だからですよね?(笑)
 労働問題にはあまり興味が持てません。我々の業界はハナから労働基準法の適用外で、何日も徹夜で働いて時給計算すると20円くらいという職場で、でも好きだからいいや、みたいな(笑)。だからそこはやはりそっち方面の問題意識を持つ方にやっていただかないと困ります。それは俺の仕事ではない。これも繰り返しですが、「効率」を求めているわけではないんですよ。自分の立場で自分の職域の中でできること。でもそこにある無私に嘘はないんです。わかりませんか?


 我々はマスメディアの話をしているのではありません。最大公約数的な口当たりのいい言説はマスメディアにすでに溢れていますよね?
 極小メディアである俺映画や俺発言における「致命的な害毒」は多いに結構です。繰り返しますがそこは自覚的です。圧倒的多数の正論を窮屈に思い、自己否定感に囚われて、よりうらぶれてボーダーラインをさまよう傷ついた層に向けて俺は発信しています。
 もう少し多くの観客を想定しなくてはならない作品に参画する時は俺もあからさまな暴論は控えます。でも極小メディアは暴論極論が存在意義となります。
 低予算エログロ映画にしろ、その監督によるSNS発言にしろ、見たくない人は見なければいいのですから!強制性の強いテレビでもないし、街頭演説でもポスター看板でもないんです。簡単に目を背けられるのですから!
 観たい人だけが観ればいいんです。それで救われる人だけが救われればいいんです。わずかな観客数で回収できる(ビジネス的な責任を果たせる)からこその低予算エログロ映画なんですよ。
「その『救い』は本質的なものではないですねというのがうちのお話です」とのことですが、それは大きなお世話ではないでしょうか?本質的であろうとなかろうと、正しかろうと間違っていようと、救われるならそこに何の問題があるでしょうか?
 ひとりの自殺者を思いとどまらせることをできたのなら、そこには価値があると思います。局地的で限定的で、害悪と隣り合わせでも、小さな正義とはいえるかもしれない。
 それに、みどりのらいおんさんは「本質的な救い」のために「病人狂人精神異常者として治療を受けろ」とおっしゃるわけですよね。いやだいやだと逃げ回る「患者」は強制入院ですか?
 それは暴力ではない?それが正義であり、本質的な救い?SNS発言や極小メディア作品まで見逃せず聞き流せす許容できずに糾弾しなければならないというのは、病理ではありませんか?


みどりのらいおん@greenlion1987
めちゃくちゃ理不尽な理屈を押し付けられてるにも関わらずこちらが現実的に弱い立場だから仕方なく対話したのに、それすら無視して強制入院なんてひどいよ!という被害妄想たれ流し続けるならこっちにリプ送らずに内輪だけで盛り上がってて下さい。


 ええと、最初のリプはそちらからでしたよね?(笑)
 それはそうと、みどりのらいおんさんが肯定する「レッテル貼り」と「強制入院」の間にどれほどの違いがあるでしょう?でもそれは被害妄想?


みどりのらいおん@greenlion1987
上映中止とか求める程じゃないし、聞く耳持たないならそれまでだけどふざけ半分でもレイプや性犯罪に正当性を見出そうとしてる人がいたらとりあえずツッコミ入れておくのは、世間が女に過剰なまでに求めている「自衛」の一環と言えるね。安全圏からじゃ理解できないか。


●関連記事
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ①
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ②
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ③
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ④
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ⑤


2014年11月28日(金)~30日(日)
レイプゾンビシリーズ(劇場版)京都上映会開催
http://movieboo.org/special/


●会場 Green & Garden (グリーンアンドガーデン)
京都市中京区三条猪熊町645-1(2F)
Email: green_and_garden@ybb.ne.jp / Twetter: @greenandgarden

●11月28日(金)
劇場版レイプゾンビ LUST OF THE DEAD 新たなる絶望(完結編)
開場 18:00  上映 19:00 終了予定 20:35 / 前売  ¥1000 当日 ¥1300 学割 ¥600

●11月29日(土)
女性限定上映会!
劇場版レイプゾンビ LUST OF THE DEAD 新たなる絶望(完結編)
開場 18:00  上映 19:00 終了予定 20:35 / 前売  ¥1000 当日 ¥1300 学割 ¥600
※女性のみご参加いただけます。男性は入場出来ませんのでご注意ください。

●11月30日(日)
「レイプゾンビ」シリーズ一挙上映 + 友松直之監督をはじめ、特別ゲストによるトーク、イベント
開場 12:00  開始 13:00 終了予定 21:00 / 前売  ¥2000 当日 ¥2500 学割 なし
[ゲスト]
友松直之(映画監督)
中沢健(作家、レイプゾンビ出演)
ももは(女優)
衣緒菜(女優)
佐藤薫(EP-4)
細井尚登(Movie Boo)
アリスセイラー(歌手,レイプゾンビ出演)
※ ゲストやイベントの内容は変更される場合があります。





$友松直之のブログ

$友松直之のブログ
AD
2014-11-18 00:47:50

11/28(金)29(土)30(日)レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ⑤

テーマ:ブログ
みどりのらいおん@greenlion1987
うちはあなた達がレイプがどうのこうのと喚くのは結局は心理的な寂しさやコンプレックスが問題だと考えているのでその件はオナニーで解決するとは思ってません。あなたが男の身体の問題にこだわるのでそれはオナニーで解決してちょと申し上げたまでです。


 ですから、身体の問題と精神の問題は分離不可能ですからね。オナニーのみで満たされる性欲というものは、そもそも性欲とは呼ばないのではないかと思われます。

みどりのらいおん@greenlion1987
レイプを気軽に語るくせに実際にどれだけ性犯罪が日夜起こっているか理解していない様ですね。レイプをするのは男の中でも一部の異常者だけだと言っているのも同然ではないですか。


 近年の認知件数で千から千五百件程度でしょうか。ちなみに男性自殺者はこの二十倍の三万人ですが。
「レイプをするのは男の中でも一部の異常者だけ」と俺が考えていると思うのはとんでもない誤解です。俺は、俺も含め全ての男性が性犯罪者予備軍であると考えています。みんな自覚のあるなしはさておき、危ういボーダーラインを綱渡りをしています。
 それでも性犯罪の妄想と実行の間には大きな違いがあるのもまた確かです。性犯罪全否定風潮はこの妄想だけで危うくとどまっている層や予備軍をも全否定して掛かります。これは極小とは言えメディアの発信者の末席を汚す身としては戦わないわけにはいきません。


みどりのらいおん@greenlion1987
暗数がすごい性犯罪の認知件数と死体が残る自殺件数を単純に比べられましても…。そもそも別にセックスできないからって死んでる男が三万人いる訳じゃないですしね。
あとうちが指摘してるのは一部の超異常者以外レイプなんかしないっしょwというあなたの認識の甘さなんですが。


 繰り返しますが、俺は俺を含む全ての男性が性犯罪者予備軍だと認識しています。逆に女性や一部の無自覚男性が「どんな状況下でも絶対に性犯罪を犯さない男」の存在を信じているらしいことに愕然とします。我々は実に危ういボーダーラインを綱渡りしているのです。

みどりのらいおん@greenlion1987
全否定されると何か問題あるんですか?ロリコンだって妄想は自由なんですよ。そりゃ一目に触れるところでその欲望を口にすれば批判は受けますが。被害妄想故の暴走は許容できません。


 全否定の問題は表現の自由とか、毎度お馴染みのそういう話がまずありますが、それは割愛。
 性犯罪全否定風潮が妄想だけで危うくとどまっている層や予備軍をも引っくるめて全否定して掛かることの弊害は、「妄想は自由」とされながらも、性犯罪の過剰糾弾が、妄想で踏みとどまっている罪なき層に不要な自己否定感を植え付けることがあるからです。
 求愛をセクハラ、片思いをストーカーとする無分別な拡大解釈とあまりにも気軽にそれらを糾弾する風潮で、普通の求愛も片思いもできなくなる若年層の存在は、すでに実害があるレベルではないでしょうか。それこそ女性側の被害妄想が暴走した結果という側面はありませんか?


みどりのらいおん@greenlion1987
暗数がすごい性犯罪の認知件数と死体が残る自殺件数を単純に比べられましても…。そもそも別にセックスできないからって死んでる男が三万人いる訳じゃないですしね。


 まあ、二十倍はさすがに言い過ぎですよね(笑)。暗数十倍として一万件? やっぱり自殺者男女比3:1にヒモつけて三倍くらいとしておいた方が無難かもしれませんね。
 また、「セックスできないからって死んでる男が三万人いる訳じゃない」という捉え方ですが、全ての絶望は食と性の二大欲求が決定的に満たされないことに還元できると俺は考えています。


みどりのらいおん@greenlion1987
権利を侵害されない権利と権利を侵害する権利(もどき)を同等に語るのが間違いです。


 健全なペニスの使用が許されない立場というのは、健康な手足を拘束されて自由に使わせない拷問と似ています。これは権利の侵害と言っても差し支えないと思うのですよ。
 満たされない性欲のあるヤツは治療しろ!あるいは自殺しろ!というのは、どう考えても権利の侵害ですよね?


みどりのらいおん@greenlion1987
いいえ。性欲はレイプ以外の方法で解消できます。レイプじゃなきゃダメなら治療を受ける権利があります。何も侵害されてません。


 もちろんですね!(笑)それが理想でもあります。 しかしながら、まっとう?なセックスの機会を全く与えられない層も存在するという話ですよね?
 どんな病気であっても治療の強要は権利の侵害ですよね?あとは社会的な迷惑度との天秤という、法律と司法制度による線引き(摘発されていなければ合法無罪)という話に戻ることになりますがどうしましょう?


みどりのらいおん@greenlion1987
手足を拘束と対になるのはちんこ縛り付けの刑ですね。まんこで言えば物理的に蓋をするとかでしょうか。セックスするしないは関係ないですね。あなたが言ってるのは健全な手足を持っているのに人を刺せないなんて!放火できないなんておかしいよ!という話です。


 そうではありません。セックスの機会が失われた悲惨さを言っているのであってレイプの機会ではありませんからね。
 ただし、セックスの機会が完全に奪われ失われた者が性犯罪に走る状況には哀しみを覚えます。
 社会派ミステリーというジャンルがありますね。森村誠一とかあのあたりですが。犯人の犯罪を憎む前に社会構造にある矛盾と巨悪を追求しようという、まあ簡単に言うとそういうジャンルです。貧乏家庭で悲惨に育った犯人の殺人や放火が描かれるわけですね。
 それと同じです。非モテの末の性犯罪は哀しいです。社会の被害者と言えるかもしれない。まあ実際の性犯罪者は非モテの末とかではなく、先にみどりのらいおんさんが言ったような、ひとりヤッたから十人!的なモテ系スポーツマンが多いという話ですが。


みどりのらいおん@greenlion1987
傷つくのは悪くないしそう主張するのもいいよ。ただそれを加害の言い訳にするのはNGな。


 いいえ、そうとは言い切れません。
 不法行為は法律の定めるところで裁くのが正しいでしょう。そして司法には情状酌量という制度があります。加害に至る経緯は無視していいものではありません。


みどりのらいおん@greenlion1987
成程。人を刺せなくて辛い人、放火できなくて毎日我慢している人を見つけたらあなたは哀しみを覚え、自分の体と家を差し出すんですね。殺されたくない!家を燃やされたくない!そんなのは我侭だと。うん、まあ、ついていけませんしいきたくないです。


 例えば飢えた子持ちの虎に我が身を差し出した仏陀のような聖人なら、自分の身体や家を差し出すのでしょうが、なかなか凡人にはその域は難しいですよね。俺も無理です。ですが社会派ミステリーの探偵のように、犯罪者がその犯罪に至るまでのつらさや苦しみを考えてみるくらいはできるようになりたいですね。

みどりのらいおん@greenlion1987
そうそう。今の世の中で本気で女に全く相手されなくて強引に気弱な女を搾取することもできない、コミュニケーション能力が低く大人しいタイプを救うのは旧来の男尊女卑思想でも他者への攻撃(女が悪い!)でもないですよ。攻撃性を高めても不幸を増やすだけです。


 攻撃性を高めようとしているわけではありません。自己肯定感というのは攻撃力ではなくあくまでも防御力です。そこは取り違えのないようにお願いします。

みどりのらいおん@greenlion1987
あなたには他人に殺されない権利や他人に殴られない権利を明日からドブに捨てて修羅の国で生きる覚悟がありますか?


 何と言うか、すでにそういう世界で生きている気分なんですけどね(笑)


みどりのらいおん@greenlion1987
殺されてないし殴られてないですよねw平和ボケ発言もたいがいにしてください。


 我々男は自殺の危機を、あなた方女は性犯罪被害の危機を抱えているという話です。殴られても死にませんが、自殺したら死んでしまいますからね。性淘汰の恐怖は充分に修羅かと。
 もちろん自殺も性犯罪被害も、戦時下の爆撃被害に比べれば平和ボケもいいところですよね。そこはまあお互い様ですから平和に語り合いましょう。


●関連記事
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ①
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ②
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ③
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ④


2014年11月28日(金)~30日(日)
レイプゾンビシリーズ(劇場版)京都上映会開催
http://movieboo.org/special/


●会場 Green & Garden (グリーンアンドガーデン)
京都市中京区三条猪熊町645-1(2F)
Email: green_and_garden@ybb.ne.jp / Twetter: @greenandgarden

●11月28日(金)
劇場版レイプゾンビ LUST OF THE DEAD 新たなる絶望(完結編)
開場 18:00  上映 19:00 終了予定 20:35 / 前売  ¥1000 当日 ¥1300 学割 ¥600

●11月29日(土)
女性限定上映会!
劇場版レイプゾンビ LUST OF THE DEAD 新たなる絶望(完結編)
開場 18:00  上映 19:00 終了予定 20:35 / 前売  ¥1000 当日 ¥1300 学割 ¥600
※女性のみご参加いただけます。男性は入場出来ませんのでご注意ください。

●11月30日(日)
「レイプゾンビ」シリーズ一挙上映 + 友松直之監督をはじめ、特別ゲストによるトーク、イベント
開場 12:00  開始 13:00 終了予定 21:00 / 前売  ¥2000 当日 ¥2500 学割 なし
[ゲスト]
友松直之(映画監督)
中沢健(作家、レイプゾンビ出演)
ももは(女優)
衣緒菜(女優)
佐藤薫(EP-4)
細井尚登(Movie Boo)
アリスセイラー(歌手,レイプゾンビ出演)
※ ゲストやイベントの内容は変更される場合があります。





$友松直之のブログ

$友松直之のブログ
AD
2014-11-17 22:49:02

11/28(金)29(土)30(日)レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ④

テーマ:ブログ
みどりのらいおん ‏@greenlion1987
いかんともしがたい身体構造の差からくる性欲の違いに関しては男は女よりこまめに自慰すればいいだけの話なんですよね。そうじゃなくて相手に生きてる人間が必要、しかも風俗などでは完全に満たされるものではないとくればそれはセックスというよりジェンダーの問題ですよね。


 身体は脳もペニスも手も足も繋がっていて、心(精神)も切り離せるものではありません。セックスの為の衝動は身体運動や仕事での成功(オス・アピールの快楽)とも深く関わっている。オナニーだけで全てが解決するとは思えません。

みどりのらいおん ‏@greenlion1987
繋がってはいますが、セックスは科学技術とかが進化しないと変更できないもの、ジェンダーはそうではないもの。と分けられます。もちろんオナニーだけではオスメス関係無い社会的な人としての寂しさは解決できません。だが今はそこまで話は進んでいませんね。
だからそこから進もうよって話です。こっち(非モテ)だって命かかってんだからおあいこだよという考え方が修正すべき病理だと指摘しているんです。レイプ被害者は何らかの行為を受けて権利を侵害された。非モテ被害者は何もされないことで権利を侵害されたと主張している。
それはもう基本的にはあなたたちの心の問題を解決していくしかないんですよ。あなたたちが主張する欲には際限がないんですよ。誰かとセックスできなきゃ死ぬ!と叫んでる男達は誰か一人とヤれるのが当たり前になったら10人とセックスできなきゃ死ぬ!と叫ぶでしょう。
レイプやめて下さいという女の要望とは決して対等なものではないです。どこかでストップをかけないと。


 欲には社会的なストッパーが必要ですが、全てを奪う必要はない。というか全てを奪ってはいけません。適当に許容しなくては。 エサをやればやっただけ食うから摂食管理、という発想は悪くありませんが、餓死させては元も子もありません。
 三万人の男性自殺者の何割かは、そのようにして自殺しているように思えます。食と性の決定的欠乏が絶望の根元です。性淘汰ですよね。

「こっち(非モテ)だって命かかってんだからおあいこだよという考え方が修正すべき病理」とのことですが、自分が非モテにヤラせない為には非モテに負け組自覚で自殺させるか精神異常者に仕立て上げて治療させるという発想も、同じように病理だと思えますね。
「愛する相手を追いかけるより愛してくれる相手と結ばれるのが女の幸福」などという昭和の価値観がありました。たいがい女を馬鹿にした言い草ですが、まあ女性を虐げる社会の言い訳にはなったのでしょうね。これが正しいとは全然思いませんが、女たちの言う「非モテ男は負け組自覚で自殺するか、病気自覚で治療しろ」というのも、同じようにそれが正しいとも思えないわけですね。女たちの逆襲の構図としてはなかなか面白いのですが、それが正義とは思えない。
「レイプ被害者は何らかの行為を受けて権利を侵害された。非モテ被害者は何もされないことで権利を侵害されたと主張している」とのことですが、健全なペニスの使用が許されない立場というのは、健康な手足を拘束されて自由に使わせない拷問と似ています。これは権利の侵害と言っても差し支えないと思うのですよ。
「誰かとセックスできなきゃ死ぬ!と叫んでる男達は誰か一人とヤれるのが当たり前になったら10人とセックスできなきゃ死ぬ!と叫ぶでしょう」とのことですが、そういう例も当然あるでしょう。しかしながら、まずそれ以前に決定的にヤレない層は存在し、俺はそれを問題にしています。


みどりのらいおん ‏@greenlion1987
社会ができる対応としては非モテ男の慰み用に高性能のセックスアンドロイドを開発し無償で提供するということくらいしかないでしょう。


 確かにそういう方向にテクノロジーが進めば未来もなかなか楽しみではありますよね。バラ色の未来っぽいです(笑)あと、モテ税というのも考えてみました。モテ男は恋人をひとり作るごとにモテ税が課せられるという(笑)それを財源に美容整形や風俗利用などの非モテ福利厚生を充実させるとかね。平和的ですね。まあ、現実世界はそんなに弱者に優しくはありませんが。

みどりのらいおん ‏@greenlion1987
人の権利を侵害する権利というものはこの世に存在しないんです。


 それはどうでしょうね。現状は男女とも相手の権利を侵害する権利を主張し合っている泥仕合状態に思えます。だからこれはもう戦争状態であることを自覚するべきではないかと思えるのです。
 こちらで考察しています。
http://ameblo.jp/n-tomomatu/entry-11903696766.html


みどりのらいおん ‏@greenlion1987
多少病気っぽくはあるけど犯罪じゃないんでwって開き直るところで思考停止してますよね。それが楽なのはわかりますが。


 いやいや、これはなかなか苦難の道ですよ(笑)社会の流行に適当に迎合しておいた方がずっと楽だろうと思っています。しかしながら、不謹慎作品や不謹慎発言なりの使命感というものがある。俺が言わなきゃ誰が言う、ではありませんが、そこは矜持と言いますか。萎縮する男性(女性の三倍の自殺者)を同性として救いたいという気持ちがあります。

みどりのらいおん ‏@greenlion1987
そりゃB級映画監督って意味では大変かもしれませんが…wそういうジャンルに進めば苦労があるのは当たり前です。逆にそういうジャンルではモラルに反すること言えば言うほど簡単にちやほやしてもらえるんだから信者に囲んでもらって簡単な方向に流されてる様にしか見えません。


「モラルに反すること言えば簡単にちやほや」とはつまりそれだけ不謹慎発言を渇望している層が存在するということでもありますね。俺にも求められているという自覚と自負は少なからずあります。だからこそ苦難の道でも進もうという気になるわけです。でもまあ、実際にちやほやはありませんね。そもそもが極小メディアですから家族が迫害をうけるということもありませんが。
「信者に囲んでもらって簡単な方向に流されてる様にしか見えません」というのがどういう状況を観察しての発言かはわかりませんが、こういった批判に対応しなければならないのは、やはり「なかなか苦難の道ですよ」と申し上げるしかありません。


みどりのらいおん ‏@greenlion1987
自殺問題を解決したいならギャグAVなんか撮ってる暇なんかなくて労働問題の解決に心血を注ぐべきですよ。せっかくの恋人や妻がいても無意味な長時間労働でセックスする暇もなくバタバタ人が死んでます。


 いやいや、それはさすがに見当違いですよ!(笑)人にはそれぞれ得意分野、興味の対象、戦略がありますからね。

みどりのらいおん ‏@greenlion1987
人のためを考えるんならもっと効率的で即効性のある行動があると教えてあげただけです。基本的には映画つくりなんてのは己のためにやってることなんだから芸風的な意味でも妙なおためごかしは控えるべきだと思いますが。


 いやいや、これは結構本気でそう思っているのですよ(笑)
 街頭募金なんかを見かけると、その時間にバイトしてバイト料を寄付した方が効率的だろうが、とか嫌味なことを考えてしまうのですが、それでも彼らの真心に嘘はなかったりするんですよね。人の営為というものはそう簡単に馬鹿にしたものではないかと。
 人は効率だけで行動するのではない、ということですね。
 人の期待に応えたいと思うのが人の常でして。我々も観客の期待に応えたいと思いながら映画を作ります。おためごかしではありません。
 観客を面白がらせたい感動させたいというのは基本的欲求ですが、そこを一歩踏み込んで、観客をいい気分にしたい、カタルシスを与えたい、救いたい、となるわけですね。みどりのらいおんさんもご自身の仕事に照らし合わせればわかっていただけるのではないでしょうか?
 仕事ですからお金のためにやっているのですが、それだけに忙殺されて健全な精神状態を保てるでしょうか? モチベーションは金や地位だけでは保てない。無私の社会奉仕という側面があるのではないでしょうか? まあ思い込みとか幻想の部分もありますが。


みどりのらいおん ‏@greenlion1987
うち別に自分の快楽追及のために映画撮るのが悪いなんて話してないのに「あいつらのために!あいつらのために!」って必死に言い訳されてもなあ…。ヒール役を引き受けるという一貫した美学さえないんだね。救いようがないな。
モラルに反するのが芸風の映画監督をちょっとつついたら手垢のついたきれいごとしか言わなくなっちゃった時、私どんな顔すればいいのかわからないの。


●関連記事
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ①
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ②
レイプゾンビin京都 Twitterのまとめ③


2014年11月28日(金)~30日(日)
レイプゾンビシリーズ(劇場版)京都上映会開催
http://movieboo.org/special/


●会場 Green & Garden (グリーンアンドガーデン)
京都市中京区三条猪熊町645-1(2F)
Email: green_and_garden@ybb.ne.jp / Twetter: @greenandgarden

●11月28日(金)
劇場版レイプゾンビ LUST OF THE DEAD 新たなる絶望(完結編)
開場 18:00  上映 19:00 終了予定 20:35 / 前売  ¥1000 当日 ¥1300 学割 ¥600

●11月29日(土)
女性限定上映会!
劇場版レイプゾンビ LUST OF THE DEAD 新たなる絶望(完結編)
開場 18:00  上映 19:00 終了予定 20:35 / 前売  ¥1000 当日 ¥1300 学割 ¥600
※女性のみご参加いただけます。男性は入場出来ませんのでご注意ください。

●11月30日(日)
「レイプゾンビ」シリーズ一挙上映 + 友松直之監督をはじめ、特別ゲストによるトーク、イベント
開場 12:00  開始 13:00 終了予定 21:00 / 前売  ¥2000 当日 ¥2500 学割 なし
[ゲスト]
友松直之(映画監督)
中沢健(作家、レイプゾンビ出演)
ももは(女優)
衣緒菜(女優)
佐藤薫(EP-4)
細井尚登(Movie Boo)
アリスセイラー(歌手,レイプゾンビ出演)
※ ゲストやイベントの内容は変更される場合があります。





$友松直之のブログ

$友松直之のブログ
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>