後半の「し」を長く伸ばすところが難しい。長い縦線は難しいです。


また、ひらがなの「ひ」=「避」は初見でした! たしかに、辞典類にはありますねえ。



くじょう みやび日録-46ゆらのとを


    の

ゆら能とを

 わた        か   を

王多る舟人可ち越たえ

ゆ  へ

遊く邊

も         ひ

毛しらぬこ避の

   ち かな

み遅可那



46 由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え 行方も知らぬ 恋のみちかな
                                    曽禰好忠


訳:由良の瀬戸をこぎ渡っていく舟人が、かじをなくしてあてもなく漂っているような、先行きどうなるかわからない恋の道だなあ。


メモ:作者は平安中期の歌人、生没年不詳。生涯卑官にとどまったらしく、家系・官歴ともに不明な点が多い。歌風の革新を早くから試み、歌壇に新風をもたらしたという。丹後掾だったため、「曽丹後」「曽丹」とも呼ばれた。変わり者としての逸話が多いらしい。






AD