「葎」(むぐら)のような難しい漢字をたまに書くと、むずかしい。


くじょう みやび日録-47八重葎


八重葎

  け

し介れる宿の

 さひ    きに     そ   え

佐飛し幾尓人こ楚見盈ね

   きは      けり

あ起盤来ニ希里



47 八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり 
                                     恵慶法師


訳:幾重にも雑草が生い茂っているこのさびしい宿(=河原院)に、(荒れはててものさびしいので)人は訪れてこないが、秋だけはいつものようにやってきたのだなあ。


メモ:作者の恵慶法師は平安中期の歌人。花山天皇(在位984~986)のころの人。この歌の詞書は「河原院にて、荒れたる宿に秋来るといふこころを人々よみ侍りけるに」。河原院は、嵯峨天皇の皇子・源融(822~895)が、賀茂川のほとりの六条河原にもうけた壮麗な邸宅である。100年ほど経って、すっかり荒れはてていることがわかる。この間、河原院は宇多法皇に渡っていた時期もあったが、宇多と京極御息所(藤原褒子)との房事の最中、融の亡霊があらわれたという説話もある(『江談抄』3-32)。







AD