この歌、まじめに読もうとすると意味がとりづらい。「意」が「詞」からあふれている感じがします。


くじょう みやび日録-48かぜをいたみ

     を   た

かせ越い堂ミ岩

       のお      の

うつ波能於のれ能ミ

 た

く多けて

 も            ころ  かな

毛のをおもふ故娄可那



48 風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけてものを 思ふころかな
                                      源重之


訳:風が激しいので岩をうつ波が自分だけ砕け散るように、私ひとりだけが心を砕いてもの思いに沈んでいるこのごろだなあ。(第二句まで「くだけて」を導く序詞)


メモ:作者・源重之(~1000ころ)は旅の歌人として名高く、三十六歌仙の一。冷泉天皇が東宮のとき奉った百首は、現存する最古の百首歌。

AD