かなを書くのがだいぶ楽になってきました。

いままですぐ墨切れしていたのが改善されたのが要因のひとつですが、書きながら筆をまわす(筆の毛先のいろいろな面を使うようにする)ようにします。驚くほど効果がありました!


くじょう みやび日録-49みかきもり



  か    もり

み可き母里

     のた

衛士能多く火の

    は

よる波

 もえ

毛盈

 ひる は         も    を  そ

飛類盤消えつゝ毛の越こ楚

お   へ

於も邊



49 みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は消えつつ ものをこそ思へ
                                    大中臣能宣                                   


訳:皇居の御門を警護する衛士の(職務により)焚くかがり火が、夜ごとに燃えて昼は消えるように、(私も恋の思いに)夜ごとに胸を焦がし、昼は消え入るばかりに沈み込んでもの思いをしていることだ。(第二句まで「もえ(燃え)」を導く序詞)


メモ:作者大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ、921-991)は平安中期の歌人。伊勢神宮の祭主、梨壺の五人(村上天皇により宮中梨壺におかれた和歌所の寄人で、後撰集の編纂などにあたった。ほかに清原元輔・源順・紀時文・坂上望城)。孫に61番 伊勢大輔。


AD