中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

NEW !
テーマ:

 空手道は打突系と思っている方が多いようですが、本来は武器術も含む総合武術です。当然、投げ技や関節技も存在し、このブログでもそのことは書いてきました。


 今日のお話は崩しからの投げをテーマにしたものですが、これは火曜日の稽古の後半の内容です。前半の稽古は基本を中心に行ない、移動稽古として数をこなしました。その模様は先日、2回に渡って綴りました。その上で今日は後半のお話になるわけですが、ここでは2組に分けました。


 出席者と内容を考慮してのことですが、今日のお話は上級者の組の稽古のことです。もう1組は先輩組の一人に任せ、「基本動作(きほんどうさ)」・「基本型(きほんかた)」を中心の稽古をやってもらいました。


 さて、ここから上級組の稽古の話になりますが、前述したように崩しから投げ技につなげることがテーマです。その際、注意したことは強引な内容にならないようにということで、いかに自然に相手の間合いに入り、相手の抵抗を封じて投げることができるか、という点に留意してもらいました。


 そこには相手の反射の活用であったり、中心軸の崩しの意識などが必要になりますが、どうしても最初は力みがちになることは容易に想像できます。だからこそ、稽古の最初のほうで、自然に崩す、抵抗させない、というイメージについて何度も繰り返し説きました。


 その技のベースは「形(かた)」の動作であったり、千唐流で教授される技であったりしますが、そこに至る過程を重視したのが今回の稽古です。


三十六歩 双手手刀切り上げ  最初に稽古したのが、左のイラストに示される動作からの展開例です。「三十六歩(さんしーる)」の中の「双手手刀切り上げ(もろてしゅとうきりあげ)」と呼ばれる動作ですが、この動作を崩しから投げ技として行ないました。


 その様子を写真にでも撮っておけば説明しやすいのですが、あいにく当日はカメラがなかったので文章だけによる説明になります。


 攻撃する側は、こういう時の定番である「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」です。


 それに対して受ける側はほんの少し左方に動いて相手からの「突き」を捌いて、同時に右の上肢で相手の上肢を巻き込むような感じで捕ります。その時のイメージはイラストの右手同様、掌が上を向くようにし、そのことが捕った側の脇の締めにつながり、しっかりロックしたような状態になります。


 捕った瞬間に腰を落とし、「四股立ち(しこだち)」になります。


 その際、相手の姿勢を崩すことが必要になりますが、脇の締めが甘い、あるいは体幹部と上肢の連動が上手くいかない等の理由で、せっかく捕った相手の上肢を引き落とせず、肩が上がったような状態になっています。これでは相手の姿勢を崩すことにはならず、そうなれば腕力で投げる、ということになります。


 それでも左側の上肢の使い方が上手くいけば、まだ武技らしくはなりますが、この点もなかなか上手くいきません。


中心軸のイメージ   その際、相手の中心軸をいかにうまく崩せるか、ということが大切になりますが、左の「手刀(しゅとう)」が活躍することになります。


 具体的には相手の首に「手刀」を当てることになりますが、ここでは打つというよりも圧しつつ中心軸を相手に意識させないような感じで捻り崩す、という状態にします。


 この時、腕力に頼るような上肢の使い方になれば相手の無意識の反射により抵抗されることが予想されますが、そのような反射を起こさせないような拍子で行なうことで、相手からすれば気付かないうちに崩されていた、という状態を作り出すわけです。


 首に「手刀」を当てるというのは、その部位が人体構造上大変弱い箇所であり、だからこそ刺激の加減により過度な反射を伴わずに崩すことも可能になるのです。


 そこでは首を切るような動きも必要になりますが、そういう微妙なところが文章だけではお伝えできないところであり、実技として経験してもらうところです。


 稽古ではその組全員に崩しの際の身体感覚を体験してもらいましたが、いずれも自然に腰が反るような感じになり、抵抗が叶わなくなりました。そこには微妙な軸の回転と崩しが連動し合っているわけですが、こういうところが「手の内」の部分であり、このブログで「見えない技」と呼んでいるところです。


 さて、一連の流れで腰が反る、ということをお話ししましたが、そこまでになったら後は床に向かって上体を落とすようにすれば技は完了します。ただ、稽古でそこまで行なえば危険なので途中で止めますが、技をかける側に余裕があれば相手が崩れてもそれを支えるだけのことができ、その全体の動作があまりにも自然で見た目にはゆっくりなので本当に投げられるのかと思った人もいるでしょう。でも、実際に自分がかけられると抵抗できないということを実感します。


 後はその経験をベースに稽古してもらうことになりますが、投げることを意識するとどうしても腕力に頼る感じが出てきます。初めての技でもありますので当然なのですが、試合シーズン以外の稽古ではこのような内容が多くなりますので、この時期、ぜひそのような動きを身に付けてもらえればと願っています。


首投げ  続いて行なったのは「首投げ(くびなげ)」の一種です。


 最終的には左のイラストのように上肢を相手の首に巻きつけて投げる、という技です。


 今回の稽古ではここまでの状態する過程を意識してもらい、そこでは「受け」を活用してではなく、体捌きを活用してもらいました。


 相手からの攻撃は前述の場合同様ですが、それに対して右肩を左方向に可能な限り捻り、上体もそれに連動した動きにしてもらいます。もちろん、それに合わせて左足も斜め前ステップしますが、その動作により瞬間的に相手の視界から消えるようにします。


 その上で相手の死角から上肢を首に巻きつけ、投げるわけです。


 ここでやはり力技になるケースが散見されました。


 その際、互いの中心軸が離れていますが、これが力技になる原因です。逆に言うと、中心軸をいかにきちんと合わせることができるか、ということが無理なく自然に投げるためのコツになるわけですが、こういうことも頭では分かっていても身体が上手くコントロールできず、投げる方向に自信の身体を動かし、その状態から相手を引き寄せようとしてしまいます。同体で動くというイメージが重要であり、それも「同化の意識」の具体例なのですが、その習得にはまだまだ繰り返しが必要なようです。


 この技についてもまだお話ししたいことがありますが、そこまで書くと長くなりますので、足りない部分はこの技を稽古した時にお話しできればと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 一昨日のBBK(ボディバランス空手)ですが、最初から2組に分けて行ないました。


 共通部分を一緒に行なうこともできましたが、入門して日が浅い方と上級者を分けたわけです。


 というのは、前者の組では新しいことを教えたかったからですが、この日は私が担当しました。後者の組は別の指導員が担当し、「基本動作(きほんどうさ)」・「基本型(きほんかた)」を行ない、その動作の意味まで指導・稽古していました。そこではベースを「」に置き、そのことを体得してもらう、ということがテーマでした。


 前者の組の場合、タイトルにあるように「打ち技」がテーマでした。今日の話はそこでの稽古の様子になりますが、全く初めての技になりますので、まずは説明から入ります。その上で一つずつ技のポイントを理解してもらい、そこだけを意識して数をこなし、続いて次のポイントを加え、また同様に数をこなす、ということの繰り返しになりました。


 全く初めての技の場合、いろいろなポイントを全部話しても頭に入らないし、動作についてもどこに軸足を置けば良いのか分からないまま行なう、という状況になってしまいます。そのような中では身体を動かすだけ、ということになり、自分で稽古しようとしてもチェックポイントが曖昧なままで行ない、結果的に悪い癖がついてしまう、ということが懸念されます。


 だからこそ一つずつ積み重ねて教えるわけですが、それでも教授するポイントが多くなると最初のポイントが抜けてしまう、ということも出てきます。そういう場合は最初だから仕方ない、ということを告げ、再度アドバイスし直して頑張ってもらう、ということの繰り返しになります。そこから少しずつ意識すべきところを理解してもらいますが、それがこの日は「打ち技」を学ぶ、ということだったのです。


手刀打ち










 この日稽古できたのは、「手刀打ち(しゅとううち)」と「裏拳打ち(うらけんうち)」の2つだけでした。


 他の技については少し見せるだけ、ということになりましたが、それは改めて覚えてもらうことになります。この日は「打ち技」全体に通じる基本原則を前述の2つの技を通して理解してもらう、ということを前提に進めました。


 ただ、書いていくうちに長くなり、結局、今日のブログは「手刀打ち」だけだった、ということもあるかもしれません。こういうことを今書くのではなく、推敲の段階で書きなおすという方法もありますが、文章の流れを自然にする為、最終的な長さが分からないところで、あらかじめお断りしておきます。


 さて、具体的な内容ですが、この日は「手刀外回し打ち(しゅとうそとまわしうち)」、「手刀内回し打ち(しゅとううちまわしうち)」、「手刀打ち下ろし(しゅとううちおろし)」の3つを稽古しました。


 冒頭のイラストは「手刀外回し打ち」ですが、もちろん最初からこの動きを行なったわけではありません。


手刀  最初に理解してもらったのは「手刀(しゅとう)」のフォームで、左にそのイラストをアップしています。


 これまで稽古したのは全て「正拳(せいけん)」の場合で、それは「閉手(へいしゅ)」の拳形です。でも、「手刀」は「開手(かいしゅ)」の技で、初めての拳形になります。


 一般的に、「開手」のフォームを初めて作った場合、指に気が入らず、しぼんだ感じの指になりますが、この日も例外ではありませんでした。かといって、これはアドバイスしたからすぐに変化するものではないので、ここではとりあえず親指を曲げ、他の4指はきちんと伸ばすようにとアドバイスしました。


 親指を曲げるようにと言うと、掌が凹んでしまう、というケースもよくあり、この日もそういう状態でした。掌はきちんと張るように、というアドバイスをし、何となく「手刀」のような感じ、という状態になりました。


 そこから冒頭のイラストにある「手刀外回し打ち」の稽古に進んだわけですが、「打ち技」の場合、上肢をいかに柔らかく使えるかが大切です。しかし、それを最初から望んでも無理なので、まずは「手刀打ち」としての動作を覚えてもらうことにしました。


 この場合、「引き手」も重要なので、両方の上肢を動かすことになります。最初はなるべく大きな動作で動いてもらい、そこから少しずつブラッシュアップしていきます。まずは鏡の前で一緒に行ない、動作を真似してもらいます。


 「手刀」を顔面の横に持っていき、その時反対の手はお腹付近に持っていきます。首を狙って打つ際に「引き手」を腰に持っていくようにしますが、左右の動きが異なるため、一方を意識すると他方の動きがおかしくなります。


 また、「手刀」を構える時の掌の向きがおかしかったり、極めの際に実際に当てる部位が異なった状態になっているケースもあります。これは私の手をターゲットにし、実際に射当ててもらう時のことですが、上の「手刀」のイラストに示してある網点の部位で当てているのではなく、指が当たっているのです。


 細かく言うともっといろいろなことがありましたが、ある程度進んだところでこれまで稽古してきたこととの相似性について説明をしました。そこに気付くことで、もっと容易に動けるのではないかと思ってからのことですが、まずは考えてもらいます。


 しかし、こういう視点で考える習慣かなければ、なかなかこちらが意図する正解には辿り着けません。時間のこともありますので、少し考えてもらった後、こちらから解答を示しました。


内受け 1  それは左のイラストに示した「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」でした。


 上肢の動きという視点から見た場合、極めの際の高さこそ違いますが、軌道は相似です。


 「正拳」を「手刀」に変え、接触部位を小手から「手刀」の掌の小指側にし、打突部位を首に設定し直せば良いのです。


 「引き手」の動作は「受け」の場合とまったく同じであり、強いて言うなら今回は「正拳」と「手刀」のところが違うことですが、そもそも今回は「手刀打ち」の稽古ですから当然です。


 このように考えることで、まったく新しい技と思っていたことがこれまで教わった動きをベースに行なえば良いと気付いてもらい、随分気持ちが軽くなったようですし、技の関連性というところも意識できたようです。こういうところから一つ一つの積み重ねの大切さと、身体意識・操作の応用という概念を理解してもらうことを期待したいと思います。


 さて、「打ち技」と言えば手首のスナップは欠かせない身体意識・操作ですが、今回はそこまでは言いませんでした。


手首の橈屈・尺屈  でも、手首の動きについて理解していればスナップを活用する、という段階になった時に役立つのではないかということで、左のイラストにある「橈屈(とうくつ)」と「尺屈(しゃっくつ)」という手首の動きについて説明しました。


 こういう専門的な言葉を使うとちょっと引いてしまう人もいますが、これも稽古の一環と理解してもらい説明しています。


 前腕には2本の骨があることは触れれば分かりますが、親指側の骨を「橈骨(とうこつ)」、小指側の骨を「尺骨(しゃっこつ)」と言います。ここから前述の屈曲の方向の名称の意味が分かると思いますが、「橈骨」側に屈曲する場合を「橈屈」、「尺骨」側に屈曲する場合を「尺屈」と言うのです。


 そして「手刀打ち」の場合、構えの際に「橈屈」させておき、打つ瞬間に「尺屈」方向に瞬間的に動かす、ということになります。これをいかに鋭く行なうことができるかどうかがスナップを使っているかどうか、ということで表現することになりますが、この日は手首の動きの説明までで終わりました。


 稽古自体が細かく行なったため、そのイメージで書いていたら当初心配した通り「裏拳打ち」の話まで行けませんでした。というより、「手刀打ち」すらも1種類だけになりましたが、逆にこの日に細かく説明したという稽古の雰囲気も伝わったのでは、と勝手に思っています。


 今日お話しできなかったことは、また別の機会にお伝えできればと思っています。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
 
 
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古の話の続きです。移動稽古が前半の中心だったことは昨日書きましたが、そこでは「突き」と「受け」の話になりました。


 しかし、他に「蹴り」も行なった、ということを書きましたが、その時の雰囲気はタイトルにあるように、ただひたすら蹴る、という感じでした。「移動蹴り(いどうげり)」だったからこそのイメージと言えないこともありませんが、全員がラインになって行なう様は、それなりの雰囲気になります。もちろん、武術の稽古ですから気合も入っており、全員のタイミングが揃うと、それだけで結構なパワーを感じます


 その前に行なった「移動突き(いどうづき)」に迫力がなかったわけではありませんが、そこが「突き」と「蹴り」の印象の違いなのでしょう。


 もっとも、「突き」の場合同様、武技としてのポイントをきちんと踏まえていなければ意味がありません。そこで稽古はきちんとその点も確認しつつ、進めました。


中段前蹴り 蹴込み



















 まずは「前蹴り(まえげり)」です。


 「形(かた)」の中でも多用されており、使い勝手の良い「蹴り」ですが、試合での使用傾向は「回し蹴り(まわしげり)」が多くなっています。


 しかし以前、直真塾に在籍していたカナダ人の道場生に「前蹴り」の名手がいて、まさかの間合いでも「前蹴り」を放ちます。その間合いに慣れていない人は大抵はもらってしまいますが、これは稽古すれば強力な武器になるということの実証です。


 残念ながら、この日の道場生ではその人を知る者はいませんでしたが、私の脳裏にはそのイメージか強く残っています。全日本や世界大会でも活躍し、それぞれで「前蹴り」を武器に準優勝に輝いたこともあります。


 稽古では中段を蹴ってもらいましたので、なるべく遠くを蹴るようにとアドバイスしました。もちろん、適正な加減をしないと関節や腱を痛めてしまうこともありますので、その点については注意してもらいました。その前にしっかり動いて身体は温めていてもらいましたし、稽古自体も少しずつヒートアップする状態でしたので、その点は問題なく各自にとって最も遠くを蹴る、という状態になっていました。


 そして道場の端まで行った時ですが、向きを変えて蹴るのではなく、フィルムの逆回しのような感じで前足で蹴ってそれを後方に引く、という内容で行ないました。前方に蹴り出す場合とは異なる筋肉の使い方になりますが、そういうところからも下肢を鍛錬するのです。


足刀横蹴り

















 続いて行なったのは「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」です。


 「移動蹴り」として行なう場合、歩法にはいくつかありますが、この日は「前蹴り」の場合同様、正整立ち(せいさんだち)」の状態から奥足で蹴込む、というパターンにしました。


 その様子を上のイラストに示してありますが、全体的な「蹴り」としての動作だけでなく、実際の接触部位である足刀(そくとう)」のフォームがきちんとできているかどうかといった問題があります。


 もちろん、前述の「前蹴り」の場合でも、指の反らしと「上足底」の部位で当てているか、ということが接触部位の問題として存在しますが、「足刀」の場合、指のコントロールが難しく、また足首の角度も然りです。


 そのため、この点についてもきちんと確認していましたが、ここはレベルの差が明確に出ていました。もちろん、上級者は問題ありませんが、帯の色、キャリアによって要稽古という状態です。この日は数をこなすこともテーマでしたので、集中力のことも関係していると思われますが、当たり前の身体操作として行なえるまで稽古してもらわなければなりません。毎回同じようなことを言っていますが、それが稽古の実際ですので、気を引き締める意味でも繰り返しになります。


 さて、問題は「足刀」のフォームだけではなく、「蹴り」全体に関しても存在します。


 例えば軸足の処理ですが、溜めを作らずに蹴ろうとする道場生がいます。あるいは、「蹴り」のコースが「足刀横蹴り」ではなく、外から回っているような状態になり、「回し蹴り」に近い感じになっている人もいます。イラストのような膝のかい込みができていないからですが、それを意識させると今度は上肢・上体のフォームが崩れるといった人もいます。


 いずれも個別にアドバイスしなければなりませんが、言えば少しの間は良いほうに変化しますので、その繰り返しで少しずつ身に付けてもらえればと思っています。


回し蹴り 2
















 そして、「移動蹴り」の最後が「回し蹴り」です。本当は「後蹴り(うしろげり)」、あるいは「回転足刀蹴り(かいてんそくとうげり)」まで行なうことも考えましたが、レベルにバラつきがありますので、今回は「回し蹴り」までにしました。


 下肢の使い方がきちんとできている人たちの場合、基本の4種の「蹴り」をベースに「連蹴り(れんげり)」も行ないますが、今回はそれも割愛しました。


 その分、数をこなすことになりましたが、「回し蹴り」は試合でもよく用いる技だけに「足刀横蹴り」よりはスムーズです。


 ただ、イラストでは使用部位を「上足底」にしていますが、以前にもお話しした通り、その蹴り方は上級者用としており、そこまで至っていない場合は「背足(はいそく)」による「蹴り」で行なってもらいました。


 そして、ここでも「前蹴り」同様、なるべく遠い間合いをイメージして蹴ってもらうことにし、それに対応する身体の使い方を意識してもらいました。実際の戦いでも間合いの意識は勝敗を分ける大切なところであり、基本稽古の中でもその意識を持ちつつ行なってもらえれば組手での様子も変化してくると期待しています。


 この後、2組に分けて稽古しましたが、その様子は後日お話ししたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日は気温も上がらず、北風も強いという日でした。今日も引き続き気温が低いようですが、そういう中での稽古ですから、まずはしっかり身体を温める、というところからスタートしました。道場に来るまでそれなりの距離があり、身体も冷えているでしょうから、ウォームアップという感じです。


 こういった基本の数稽古もこの時期ならでのことですから、ここで一気に汗をかく道場生も多く、すぐに熱気に包まれた感じになりました。


 ただ、今回はその場稽古ではなく、移動稽古が主体でした。スペースを目一杯活用した稽古をするということからですが、移動という要素が入る分、細かな身体意識・身体操作の点では注目すべき点がいろいろ出てきます。数をこなすという部分が主体となることで、それぞれの動きがいい加減になって、そのクオリティを身体に染み込ませるわけにはいかないので、きちんと意識すべきところは修正を加える、という内容になります。


 そのため、移動稽古では定番の「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」からスタートし、その後「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」、「下段四股突き(げだんしこづき)」と続けましたが、その部分は同じようなことを何度もお話ししているので割愛し、今日はタイトルにある「連突き(れんづき)」のところから始めたいと思います。


連突き(上段・中段)














 上のイラストは「上段突き(じょうだんづき)」→「中段突き(ちゅうだんづき)」という「連突き」になっていますが、実際に行なったのは「二連突き(にれんづき)」ではなく、「三連突き(さんれんづき)」でした。単発の「突き」から一気に難度が上がったわけですが、その流れでも可と判断したからですが、具体的には1歩進んで「上段追い突き(じょうだんおいづき)」→「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」→「下段四股突き(げだんしこづき)」という内容です。


 この日は少年部から一般部への体験稽古に来ていた道場生がいましたが、基本といっても稽古内容は異なりますし、一般部は少年部よりも人数が少ない分、個別に細かく注意してきます。特に初参加の道場生の場合はそういうことになる関係上、結構緊張していました。


 アドバイスもいろいろしましたが、例えば「連突き」の場合、どこを突いているのか、という意識の明確化と、現実のコントロールが大切です。小学5年生ということで、ある程度は理解できるはずですが、指摘されてもすぐに変化することでもありません。他の一般部の道場生で同じ帯の色の人たちはできているのはなぜか、という思いもあるようですが、こういうことを通じてさらに意識を変え、より高いステージを目指してもらうことを期待しています。


 さて、全体的に見た場合の話ですが、この稽古の特徴は「連突き」の中で立ち方が変化することです。前述したことでお分かりの様に、「下段突き」の場合は「四股立ち(しこだち)」になります。上段と中段の場合は共に「正整立ち(せいさんだち)」で行ないますが、この変化には丹田の操作が大切になります。そしてその変化を「突き」の重さに転化しなければならず、この点をどうするかがここでのポイントの一つになります。


 上級者以外はどうしても上肢だけの動きになってしまうのですが、いずれの「突き」も極めの意識で行ない、特に最後の「四股突き」は丹田の操作を加えた上でさらなる極めのイメージで行なってもらいました。


基本型Ⅰ 返し突き(四股突き)






















 続いて行なった「連突き」が上のイラストに示した「下段四股突き」のみの場合です。


 ただ、上のイラストでは前後の「二連突き」になっていますが、実際には進行方向を前提にした「三連突き」です。


 1本のみで行なう基本の移動稽古でもそれなりの数をこなしたので、足に来ている人もいたようですが、腰を鋭く切ることを合わせて要求されるこの稽古の場合、さらに辛く感じている人もいました。特に今年入門した人の場合が顕著で、稽古中、膝が伸びているシーンが何度もありました。


 この「連突き」の場合、よく見かける問題点として、「突き」のコースと姿勢がありますが、今回も散見されました。


 姿勢に関しては前述のように腰が高くなることもありますが、上半身の前傾もあります。腰椎の前彎を前提とした姿勢が必要ですが、「四股立ち」の際に伸ばされる「腸腰筋」の問題も関係します。腰の強さにも関係する深層筋ですから、その鍛錬も含めて正しい姿勢を取ることを要求しましたが、すぐに崩れてしまう人もおり、今後も同様のアドバイスが必要な個所の一つです。


 また、「突き」のコースですが、単発の場合は何とかなっても、前後に一呼吸で突くとなると、どうしても上肢のコントロールに甘さが生じ、最初の頃のように「突き」というよりも「拳槌打ち(けんついうち)」のような動きになってしまいます。そういう人の場合、早く突くというよりも、上肢のコントロールのほうに留意した上で突いてもらうことになり、その動作が身体に馴染んだところで少しずつスピードアップしてもらうことになります。この点が逆になり、動きだけを早くしてしまうと武技ではなくなりますので要注意箇所です。


外受け  さて、タイトルにあるもう一つのテーマですが、これはペアを組み、移動稽古として「突き」と「受け」を行なったものです。


 左のイラストは「中段突き」に対して「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」を行なっている様子ですが、実際には攻撃も「受け」も上・中・下の全てのパターンで行ないました


 これもペアを組んで行なう基本稽古の定番の一つですが、今回の場合はそれに小手鍛え的な要素を加え、しっかり受けてもらうことになりました。


 それは「中段受け」の際に明確にしましたが、本来の「受け」の理からは小指側を受けるのがセオリーです。それにより相手からの第2の攻撃を避け、同時に自分は相手の背後に回り込める可能性が高くなるからです。武技として行なう場合はそのパターンで行なうことになりますが、この日の稽古では小指側で受けるは「外受け(そとうけ)」で行ない、「内受け(うちうけ)」で受ける場合は親指側を受けてもらうことにしました。


 後者の場合、急所として用いる部位もありますので、場合によっては「打ち技」的に作用する「内受け」で行なうことは、結構な衝撃になるかもしれません。実際、そのような状態になっているペアもあり、そういう人には武の理についても改めて体験してもらったことになります。もっとも、痛みのためにそこまで意識する余裕はなかったと思いますが、後になってこのことを理解してもらっても遅くはあません。武術の修行は一生ものですから、少しずつ積み重ねてもらえればと思っています。


 稽古はこの後「蹴り」を行ない、一旦休憩をはさんだ後、2組に分けて続けました。長くの鳴るので今日はその話はしませんが、機会があればお話ししたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日は立ち方をベースに「正整(せいさん)」についてお話ししましたが、今日は「抜塞(ばっさい)」について、特に手の使い方に注目して綴っていきたいと思います。


 この「形(かた)」は「開手(かいしゅ)」による技が多く、その分、指先まできちんと意識しなければ武術の技としては成り立ちません。しかし、そこに変な力み・固さがあってはならず、中心軸の意識と共に緩急をつけた動きであることが必要で、それがタイトルにあるしなやかで鋭い手の使い方になります。


 「開手」の技は「基本型Ⅲ(きほんかたさん)」にもよく登場しますが、一般に「閉手(へいしゅ)」の技よりも手のコントロールとして難度が高く、そのため「閉手」を中心とした「形」から「開手」が多くなる「形」へと続いていく体系を有している流派もあります。


抜塞 支え受け 拡大  左のイラストは、「抜塞」の最初のほうに出てくる「支え受け(ささえうけ)」を拡大したものですが、左手が開いているのがお分かりになると思います。


 一方が「閉手」、もう一方が「開手」という状態ですが、どちらかに意識が偏っていたらこの技自体の質は低いものになります。


 当然、そういう点にも注目することになりますし、ここからどういう展開になるのか、というイメージの有無も質に関係します。


 ただ、この点については先日のブログにも書いたように、この日の稽古では「形」の分解・解説についての稽古は行なわないことにしていましたので、せいぜい見本を示す程度で終わっています。


 一般部の稽古の場合、「形」ではその分解・解説について重視していますので、それなりに経験しているものと理解していますが、その時の様子を思い出してもらえれば、ということで進めていきました。


 その際、拳を握っている右手も大切ですが、それを支える感じになっている左手の指が反っていたり、気のない状態になっているようでは「支え受け」としてだけでなく、次に展開する反撃の部分にまで悪影響を及ぼします。この点、しっかりと肝に銘じてもらいました。


抜塞 誘い構えから手刀・貫手












 そして、「開手」の連続になっているのが上のイラストの箇所で、「誘い構え(さそいかまえ)」から「手刀打ち(しゅとううち)」、「貫手(ぬきて)」へと続いています。


 このうち、「誘い構え」というのは文字通り相手を誘い込むイメージがなくてはなりません。


 しかし、本当に隙があり、そのために攻め込まれるようでは武術とは言えません。あくまでも相手の攻撃を誘う、ということが大切であり、隙がありそうで実は隙がない、というクオリティでなければならないのです。


 この「誘い構え」の時の手が「手刀」なのですが、ここでは前述の目的を果たすため、指先まで気を張っているにもかかわらずその感じを出さないことが必要です。これは外形的に見るだけではなかなか分からないことですが、やる側も観る側も感性豊かでなければ分かりにくいところです。


 当然、この日の道場生の段階では無理な話ですので、力まないことだけを注意しました。


抜塞 手刀打ちから貫手













 上のイラストは「誘い構え」のところからの展開ではありませんが、同様に「手刀打ち」から「貫手」へと続くところですから、分かりやすくこの連続動作を示してあるイラストをアップしました。


 今日のタイトルにピッタリの箇所と言えるところですが、最初の「手刀打ち」のところは「打ち技」らしく上肢全体と手首のスナップを最大限活用し、いかにしなやかな動きの中で鞭のように使えるかが大切です。


 続く「貫手」はいかに鋭く相手の首をめがけて放てるか、ということが大切です。ここでは手から指へ続く部分の中心軸のイメージが重要で、ここがしっかりしていなければ実際に当たった時に指を痛めます。


 もちろん、その前にしっかり「貫手」としての鍛錬をしていることを前提としていますが、仮にそのような鍛錬をある程度していても、実際に用いる時に気の抜けたような状態では自らの身体を傷つけてしまうのです。


 私は「抜塞」の稽古では蛇をイメージして、というアドバイスをしていますが、この技では喉を狙って飛びかかるつもりで、ということを話しています。打突部位が比較的柔らかいからこその技ですが、それでも武技として耐え得るような強靭さは必要になります。


抜塞 添手手刀受け  左のイラストは「抜塞」の最後のほうに出てくる「添手手刀受け(そえてしゅとううけ)」の様子ですが、タイトルとは別の意識で最も注目した箇所です。


 立ち方の部分も含め、全体的なフォームが上手く取れず、特に手の部分は幽霊のような状態になることが多く、それでは武技ところかお笑いのネタになります。


 そのため何度も注意する箇所ではありますが、なかなか修正できないところでもあり、それなりに様になるのは時間を要すると考えています。


 土台となる部分ですが、軸足が脆弱であれば、全体として弱々しくなりますので、脚部の締めを特に意識してもらい、つま先と膝の方向の意識や、膝の角度なども微に入り細に入りといった感じで個別指導を行ないました。


 土台の意識ができてはじめてその上の部分が作られるわけですが、指先のフォームが今一つです。ここは相手の上肢を掴んでいるイメージで指を開くことが必要になりますが、そのような状態には見えないわけです。


 そして、手首の状態も大切で、正しくはイラストに示してあるようなフォームです。


 ところが手首が変な風に曲がっており、その様子があたかも幽霊のような感じになっているわけです。どう見てもそこから武術的な展開になる、という雰囲気には見えず、両上肢のフォームと共に脇の締め、肘の角度、手首の状態、指の開き方と締め方など、武技として必要なポイントをアドバイスし、ひたすらそれを真似してもらうようにしました。


 以前、このブログでもお話ししたと思いますが、学ぶというのは真似ることがスタートです。特に身体動作の学びの場合には重要なことであり、この点は繰り返しのアドバイスになりました。「添手手刀受け」は最後の動きになりますので、演武や審査でも印象に残る箇所です。ここできちんとした状態を示せなければ、それまでのことが無になります。いくら直真塾が試合よりも武術としての意識を重視しているといっても、そういうことが本当に意識されるのはそれなりの段階になってからであり、それまでは試合での経験も大切であり、それがモチベーションの持続の点でも重要です。


 だから、変に突っ張って区別する必要もないし、そのことを言い訳にして苦手箇所の克服を怠ることは善しとしません全てにおいて全力を尽くすことを大切に考えているのです。


 火曜日の稽古の話は、あと1つの「形」を残していますが、機会があればお話ししたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日は昇級・昇段審査のことを書きましたが、今日はまた先週の火曜日の稽古の話に戻ります。


 そこでは昨日のブログに書いた昇級・昇段審査に関係する稽古も含んでいるため、時系列で言うならば逆になります。でも、審査では武術としての細かなことについては記述していませんので、今日はその点を意識して火曜日の稽古の話を綴っていきます。


 そこで今日のテーマですが、タイトルにもあるように「立ち方」が中心になります。ただ先日、下肢の操法に絡んで「立ち方」のことを書いたけれど、重複するのでは、とご心配される方もいらっしゃるかもしれません。このブログは毎日更新していますが、それに合わせてアクセスしていただいてる方もいらっしゃるでしょうし、その際はその様にお考えになることもあるでしょう。


 しかし、今日は「正整立ち(せいさんだち)」のことが中心になり、その名称の由来になった「正整(せいさん)」という「形(かた)」の話と共に綴っていきます。ですから、先日の「立ち方」の話とは全く異なるものになります。


正整













 上のイラストは「正整」の最初のほうの動作ですが、1歩前進ながら「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」を行なっています。


 そして突いた後の「受け」の場合、下肢と上肢が逆になっていますが、全身の動きの特徴から「絞り受け(しぼりうけ)」と称することもあります。一般的には「外受け」と称されるのでその表記にしましたが、千唐流独特の呼称です。


 さて、この部分が今日のタイトルと関係することになりますが、ここで行なっている「立ち方」が「正整立ち」です。


正整立ち












 上のイラストにその様子を示してありますが、攻防いずれにも適しており、初代をして究極の「立ち方」と言わしめています


 前後の立ち幅は一膝一拳、左右はほぼ肩幅、前足のつま先をやや内側にし、後ろ足のつま先はそれに合わせるかやや前方向を意識し、体重は前後に半分ずつかけ、両膝を内側に締めて急所を守るようにします。


 武技としての「立ち方」の条件である堅牢性、防御性に優れ、また体重を均等にかけていることから動きもスムーズで、迅速性の確保も容易です。武技の理の視点から考えると、まさに初代が意識されたことが実感されますが、そういうことは私も最初はピンときませんでした。でも、武術としての空手道を研究するようになって、はじめてこの「立ち方」の理が理解できるようになり、改めて千唐流の武術としての質の高さを実感しています。


 また、この「立ち方」の場合、瞬間的にいろいろな「立ち方」への変化が容易で、特に1対複数の場面で必要な「転身」にも足の踏み変えを行なわずに対応できます。その実際は基本の稽古や「基本動作(きほんどうさ)」の中にもすでに入っており、稽古の最初の段階からこの意識を身体に染み込ませるよう配慮されています。


 ただ、初学者がこの点に気付き、しっかりそれを実践できるかというと、かなり高度な身体意識・身体操作となりますので、正直なところ無理です。でも、そういう人もある程度武術としての空手道に慣れ、前述の武的な要素の理解と実践ができるようになった時、改めて基本の段階からかなり難しいことをやっていたと気付くことになります。


 昨日、昇級・昇段審査の話を書いたわけですが、その時の様子は私が空手道に入門した時の状態と重なるところがあるはずで、今では分かったような話を書いていますが、みんな最初の頃は同じような状態だったはずです。継続によっていろいろなことを経験し、分かるようになるわけで、ある意味、昇級・昇段審査というのは、昔の自分を想起させることになる存在でもあります。


 だからこそ、レベルアップした時のスキルについても意識させられるわけで、武技のベースになる「立ち方」については稽古でも審査でも特にしっかり見て、今後の指導の参考にしました。


 ここで話が変わりますが、「セイサン」という「形」は首里手系にも那覇手系にも存在する珍しいものです。千唐流の場合、喜屋武朝得先生からの流れなので首里手・泊手系になりますが、その系統の場合、「形」の名称を「立ち方」の名称で使用している傾向があります。


 具体例を挙げると松濤館流です。ただし、松濤館流の場合、「セイサン」ではなく「半月(はんげつ)」と称し、そこでの「立ち方」として「半月立ち(はんげつだち)」と呼ばれています(ただし、具体的な立ち方のポイントは異なります)。


 「形」の名称がそのまま「立ち方」の名称になった一例ですが、那覇手系の「セイサン」の場合、ここでの「立ち方」は「三戦立ち(さんちんだち)」になります。「三戦立ち」は那覇手系の流派の基本であり極意となる「立ち方」ですから、当然と言えば当然でしょう。


 ちなみに、松濤館の流れを汲む和道流の場合、千唐流で言う「正整立ち」に相当する立ち方を「縦セイシャン立ち」、「三戦立ち」に相当する「立ち方」を「横セイシャン立ち」と称し、いずれの「立ち方」にも「セイシャン」という呼称を用いています。もちろん、「セイシャン」という「形」も存在します。


正整 掬い受け













 ところで、武技において腰をどう動かすかは、その質に大きく影響します。


 上のイラストは「正整」の最後のほうの動きを示しており、「掬い受け(すくいうけ)」を行なっている様子です。


 独特の手の動かし方をしますが、実はそのベースは腰の動きであり、丹田を中心に骨盤を縦方向・横方向に動かします。その動きと上肢が連動し、全身で行なう武技となるわけですが、その動きは「正整立ち」ゆえに可能なのです。


 那覇手系で行なう「三戦立ち」でも可能ですが、「正整立ち」と似ている前屈立ち(ぜんくつだち)」で行なえば、体重の配分や後ろ足の膝の状態から、前述したような骨盤の操作は難しくなり、結果的に上肢だけで行なうことになります。骨盤の複雑な動きには膝の操作は不可欠であり、「正整立ち」を意識するからこそ可能になる身体操作と理解しなければならないのです。


 最初と最後のところの話になりましたが、「形」の中盤にも「正整立ち」はよく出てきますので、そこでの注意も怠らないようアドバイスしました。


 この日は他に2つの「形」を稽古しましたが、その話は改めたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、2016年度直真塾少年部後期昇級審査が行われました。今回はタイトルにもあるように、久々に昇段審査も行なわれ、少年部の歴史を感じる審査会になりました。


 昇級・昇段についてはよく飛び級の話や短期間で帯が変わるところがあるようですが、直真塾ではあくまでも1段階ずつ、しかも年2回しか審査会は行ないません。しかも、上級になると審査期間も空くために、少年部で黒帯にチャレンジできる道場生は限られています


 そういう中で今回は、黒帯への挑戦者が2名おり、ここに歴史を感じたわけです。ただ、少年部の場合、最高が少年初段で、一般部の初段とは異なります。そのため、通常の黒帯になるには一般部で再度昇段審査があるという具合に、黒帯取得というのはなかなか厳しい状態です。


 とはいえ、直真塾少年部は長くやっていますので、これまでも昇段した道場生はいます。ただ、その間隔が空いたものだから久しぶりの昇段審査、ということになったわけですが、今回は45名の審査希望者がおり、帯のグラデーションがそのままレベルのグラデーションになっている様を見ることになりました。


 審査会の様子ですが、審査は全員一緒に行ないます。受審級が低い道場生を前列にし、それぞれ所定の審査科目終了ごとに退席してもらう、という形式で行ないます。だからだんだん審査を受ける人数が少なくなっていくわけですが、最初は武道ですからを全員で行ないます。


礼














 少年部の場合、空手の道場ですから空手の技を教えることは当然ですが、同時に礼儀作法については特にうるさく言っています


 そのため、稽古の前後などの節目では礼を徹底します。また、開始前には全員指導者に個別に挨拶をすることを徹底しているため、この日も全員、審査前に挨拶に来ました。


 会場の様子を眺めていると、全員が整列する前は子供らしく騒いでいましたが、いざ集合をかけるとそれまでのざわめきが嘘のように静まり、その変化の様子は見事でした。


 私は少年部の指導に関しては指導員に完全に任せていますが、このようなシーンはそこでの教育がしっかり行き届いている証明です。もちろん、それをきちんと実践する子供たちも立派で、こういうところもすでに審査の評価の一つに入っています。


基本の審査 突き















 礼の後、いよいよ審査開始です。


 具体的な審査科目は基本(その場・移動)を「突き」、「蹴り」、「受け」、「打ち」、「当て」といった内容を級ごとに設定して行ないます。その後、基本動作(きほうどうさ)」、「基本型(きほんかた)」、「(かた)」、約束組手自由組手「形」の分解・解説といった科目で行ないます。なお、最後の「形」の分解・解説は昇段審査のみです。


 上の写真は、最初に行なった「その場突き(そのばづき)」の様子です。


基本の審査 蹴り















 子供たちにとって難しく感じるのが「蹴り」です。上肢ほど器用に動かせない分、どうしても今一つ、という感はぬぐえませんが、これも冒頭でお話ししたように帯によって変わってきます。上級者になれば数もこなすし、意識も異なってきますので、それまでできなかったことでもだんだんできるようになってくるのです。


 そういうことはこういう審査会の時につくづく思うのですが、この日もちょっとした時間にその話を子供達にしました。保護者の方向けの説明も兼ねていたわけですが、その様子は客観的に見てもお分かりいただいていたわけで、その話にうなづく方もいらっしゃいました。


形の審査















 基本のその場・移動が終わったら、「基本動作」・「基本型」・「形」の審査になります。


 上の写真は「二十四歩(にーせーし)」の様子ですが、最初の動作は呼吸法と連動させなければなりません。単純に順序だけを覚えるのであれば、吸収力のある子供たちはすぐに覚えます。


 でも、それを子供たちなりに練っていく中で「形」としての意義が出てくることになりますので、審査では当然その意識で観ることになります。


 ちなみに、写真の後方に移っている黄色帯の子供はこの「形」を行なう級審査の対象ではなく、稽古の一環として参加しています。ヤル気を奨励することは大切なので、そういう意識を持っている子供については、審査会でも参加を認めています(ただし、この日は審査がメインなので、最後尾で参加してもらいますが)。


約束組手の審査














 単独で行なう審査が終了すると、ペアを組み、約束組手の審査になります。ただ、その科目が課されるのは5級以上なので人数は少なくなります。


 そのワンシーンが上の写真ですが、このようなケースによく見られる間合の遠さは見受けられません


 防具を着けていませんので実際に当てているわけではありませんが、組手稽古では当てることを前提にしているため、このような稽古でも上のクラスになると適正間合いを意識するようになります。これは武技としてとても大切な要素になりますが、この写真1枚からでもそのことはしっかり伝わってきます。


組手の審査















 最後の審査科目が自由組手です。


 これは千唐流の試合規定に則り、防具付ルールで行なわれます。その一コマが上の写真ですが、しっかり当てている様子がお分かりになると思います。


 この日は審査ですから、試合の時のような激しくなくても良いのですが、いざ防具を着けるとみんな真剣で、しっかりした組手をやってしまいます。


 そのため、判定する側も試合基準で見てしまうことになりますが、少年部においては上級紙同士の戦いになりますので、子供とはいえ、それなりの迫力になります。ちなみに、今年の都大会において、最激戦クラスで優勝・準優勝・3位を独占した道場生も今回受審していますので、そういうところもこの日の組手の質が出ているものと思われます。


 年2回の審査会ですが、私としても楽しみな時間です。これで今年の主な行事は終了しましたが、また来年に向かい、新たな気持ちで邁進したいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古の話の続きです。


 「形(かた)」の稽古の際の話について昨日、「四方拝(しほうはい)」をベースに立ち方・運足については書きましたが、今日は打ち技に注目してみます。よく見てみると、意外と「形」の中に登場する機会が多く、その割にはきちんと極まっていないケースがあります。いわゆる手を置きに行っている、という感じの動きなのですが、この日はそういう状態にならないよう、しっかり意識してもらうことになりました。


 もっとも、これまでも同様のアドバイスはしていますが、少しずつ改善されている、というのが実態で、一気に改善することはありません。そのため、その状態が少しでもアップすれば、ということで個別のアドバイスを中心に行ないました。


二十四歩 ひねり打ち




















 そのうちの一つが上のイラストに示してありますが、「二十四歩(にーせーし)」の中の「捻り打ち(ひねりうち)」と呼ばれているところです。


 今日のタイトルになっている打ち技としての軌道についても記してありますが、武技としての理から外れないところでの動きにならなくてはなりません。特にこういった特殊な動きをする場合はなおさらで、特に注目するところになり、そのためより強調しようと思ったのか、これまで見たことのないような動きをしました


二十四歩 ひねり打ち 連絡動作  この「形」はこれまで幾度となく稽古していますが、私の記憶ではこの道場生も含め、この日に行なったような動作をした人はいないように思います。それだけ異質な動作だったわけですが、やはり本日行なう予定の昇級審査を意識し過ぎ、力んだりする代わりに動作を大きくし、よりパワフルに、とでも思ったのでしょう


 その問題点というのが上のイラストに関係あるわけですが、このポーズは固定されたものではなく、「捻り打ち」に至る際の連絡動作であり、流れの中の一瞬のものです。


 「突き」の後にイラストのようなポーズになりますが、手刀(しゅとう)」を顔の横に持っていく時の軌道が大きくなりすぎ、そのような動きでは相手からの攻撃が入ってしまう、というような隙のある動作だったのです。


 当人にとってはその問題点が分かっていなかったようですが、その理解なくしては修正はできません。だから、本来は分解・解説は行なうつもりはありませんでしたが、その部分を数をこなすということではなく、見せることで動作の意味を思い出してもらいました


 もちろん、その稽古もこれまで何度も行なっています。でも、先日のブログでもお話ししたように、そういう稽古が曖昧になっていることがあるようで、それが「形」として稽古する場合にも影響していたわけです。改めてきちんとした習得が図れるようにしなければならないことを実感したわけですが、その内容は以下のようになります。


ひねり打ち 解説  「捻り打ち」の動作そのものの技になっていますが、相手からの「突き」を左の「手刀」で受け、右の「手刀」で首を討つ、という技です。


 「形」の分解・解説としてはここから続きがありますが、最初の部分はイラスト通りです。


 そして、問題になった動きをした場合、「受け」のタイミングがずれることになり、武技としての攻防が用をなさなくなるのです。それは「突き」の速度を落として行なっても間に合わず、当人にそのことを体験してもらいました。


 もちろん、正しい軌道を意識してもらうとタイミングがきちんと合い、問題なく受けることができます。変な意識から自分では武技の質を上げたつもりでも、実は逆効果になっていた、という典型例になりましたが、こういうところから勝手な「形」の改変はするべきではない、というところを理解してもらったことになりました。


二十四歩 下段手刀交叉受けから背刀打ち  今度は「背刀打ち(はいとううち)」のところですが、「下段手刀交叉受け(げだんしゅとうこうさうけ)」から反撃技になります。


 イラストでは上肢の軌道が描かれていませんので分かりにくいと思いますが、「下段手刀交叉受け」で相手の「突き」を挟み捕り、そのまま引っ張るようなイメージで斜め上後方に動かし、そのまま上肢を返して打つ、という状態になります。


 この両「手刀」を重ねたまま動かす、という動作が小さくなり、必然的に「背刀打ち」もまた小さくなる、というのがこの日の様子でした。


 ここでは斜め上後方に引っ張って相手の姿勢を崩すというところがポイントの一つになるわけで、しかもそれが「背刀打ち」の際の溜めにもなる、というところに「形」の動作の意味があります。


 だからこそ小さな動きになってはしっかりした攻防にはならず、武技として機能するような動作になるようにしなければならないのです。


 先ほどの「捻り打ち」の場合もそうですが、打ち技ゆえの連絡動作の意義をきちんと理解し、理として納得できるような動きを実践できるよう魂を入れることが大切です。


 「形」としては他にもいろいろ突っ込みどこがありましたが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、組手のことを書きましたが、今日はその後に行なった「形(かた)」の話を綴ります。


 具体的には「四方拝(しほうはい)」、「正整(せいさん)」、「二十四歩(にーせーし)」、「抜塞(ばっさい)」、「鎮東(ちんとう)」まで行ないました。いつもと比べると稽古した種類が多くなっていますが、この日は個々の動作の分解・解説までは意識せず、「形」として行なう時の注意点をアドバイスすることに終始しました。


 そこには全ての武技に共通するような大切なことが含まれており、稽古ではそういった認識をしてもらいながら進めていきました。それが今日のブログのタイトルにも記されていますが、土台としての意識の立場からお話ししていきます。


 このテーマの時の「形」は、「四方拝」でした。


交叉立ち



























 まず立ち方について手ですが、上のイラストは「交叉立ち(こうさだち)」です。イラストではそこで「裏拳打ち(うらけんうち)」を行なっていますが、それは「形」でも同様です。


 ただ、今日の話では立ち方のほうに注目しますので、「裏拳打ち」のほうまでは述べません。


 さて、ご覧のように両脚を交叉させ、また立ち方の基底面積も狭いため、よく使用される「正整立ち(せいさんだち)」や「四股立ち(しこだち)」などに比べると、どうしても弱い感じがします。


 それでも、しっかり立ち方の理を理解し、その前提で立てばそれなりの強度にはなりますが、単純にフォームだけを真似ても上手くいきません


 ではどうすれば良いのか、ということですが、この日の稽古生の場合、膝の角度が甘く、伸びているような感じです。


 また、両膝の交叉の状態も甘く、ややや隙間が見えます


 その他、腰高という点や身体の中心軸の置き所の問題など、結構突っ込みどころがある、といった状態です。


 組手の中で「交叉立ち」が出てくるといったケースは、数多くの試合(自流・他流問わず)を見てきましたが、その中では見たことがありません。そこには「形」と組手の間の壁のようなものを感じますが、本当に不要なものであるならこのような立ち方や、それをベースにした技は淘汰されるはずです。


 たがら、組手で見たことが無いというのは、そういう状況ではなかった、あるいはその技量レベルに達していなかった、ということが原因でしょう。その不足分を補い、あるいは将来使えるようになるために、きちんと身体に覚え込ませることが大切です。こういう技の習得については、自身の少ない経験で勝手に結論を出すのではなく、奥深く内在しているところに気を配らなくてはならず、武技を決して表層的なところで観ないようにすることが大切です。


四方拝 初動作 膝の抜き













 続いて運足の話ですか、イラストは「形」の最初のほうのところです。形名通り、四方に転身しながら突くわけですが、ここでは「内八字立ち(うちはちじだち)」で行ないます。


 当然、「内八字立ち」としての注意点もありますが、運足においてはイラストに赤丸で記してある膝の意識が不可欠です。


 そして、その際は膝の抜きを意識しなければならず、そのおかげでスムーズに素早く転身できるのです。


 しかし、その動作は知らないうちに行なう、といった感じが必要で、露骨な動作になっていけません。実際に行なう時、特に最初の内は膝の抜きといった意識はないし、仮にイメージの中でできたとしても、運足時には膝が伸びたまま、ということが多くなります。当然、中心軸の維持やスムーズな転身にはならず、あたかもロボットかのような感じになってしまいます。


 この日、どちらかという膝の動きが固い人が多く、抜きのほうを意識してもらうことが多くなりましたが、そうすると今度はそれを強調するあまり、膝の曲がりが極端に強調されます。なかなかちょうど良い、という加減にはなりませんでした。


前進後退













 この「形」の中で問題が起こりやすい立ち方と言えば、上のイラストにある「鷺足立ち(さぎあしだち)」での連続技のところです。


 この場合、関節や身体の柔軟性も関係しますが、バランスを崩すケースが多くなるのです。


 それは必ずしも「蹴り」の際だけでなく、上肢の重さを活かした「下段払い(げだんばらい)」の時にも見られます。武技の質を意識するならば、緩急の差を活用することは必須ですが、「受け」のの場合でも上肢の自重だけでなく体重も活用します。その際にも膝の抜きが必要になり、上肢の動きや身体の中心軸、丹田の操作といった要素と上手く連動しなければ、受けた側に傾きやすく、それがバランスの崩れとなるのです。


 また、蹴った後の足の引き付けの際にもバランスを崩す場合があり、これも下半身の問題、立ち方の問題として意識しなければなりません。「一眼二足三胆四力(いちがんにそくさんたんしりき)」という極意言葉にも示されている通り、下半身は大切な要素です。その中には土台としての堅牢性・安定性が要求されるわけですから、質の高い武技のためにも基本や「形」の中でしっかり練っていくべき要素になるのです。


 「四方拝」に関しての話をしてきましたが、冒頭、この日に稽古した「形」として複数挙げました。機会があればその話をしたいと思いますが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 最近、組手が少なく、その分、基本や試合では使えないような技の稽古が多くなっていました。


 でも、昨日もお話ししたように、今月は審査があり、そこでは組手も科目の一つです。そこで審査希望者を中心に組手を行ない、上級者ほど対戦回数を増やす、という内容で行ないました。もっとも、審査前に怪我をしたら意味がないので、試合の場合によりも軽めに、という指示を出したわけですが、実際にスタートすると結構な勢いで当てていきます。


 私は審判をやりますので、必要に応じて止めるわけですが、1本1本の技はしっかり極めていきますので、必然的にそのような技を取ることになります。そうなると、次回以降もその水準で撮ることが必要になりますので、結果的にいつもの様子になりました。


 その中からいくつかのシーンをご紹介したいと思いますが、当日はカメラを持って行っていなかったので、これまで撮った写真の中からイメージ的に近いものをアップしたいと思います。


上段回し蹴り 2
















 この日の傾向としては、「回し蹴り(まわしげり)」を用いるケースが多く、そのため上段に極まった時の写真をアップしてみました。


 実際には上段・中段が入り乱れるという感じですが、当てる際にはしっかり蹴り込むという状態になります。


 中段であればそうでもありませんが、上段の場合は当たった後にダメージの様子をきちんと確認します。前提として怪我をさせないようにということがあるわけですから、続行の可否を判断をするためです。


道場での白石選手















 また、「突き」が交錯するシーンもたくさんありました。


 頭部は効果的な急所が多いため、本能的に狙うのでしょうが、表面的な部位については防具でガードされています。


 また、それなりに稽古していれば多少の打撃にも耐えられますが、度を越えれば心配です。だから、もつれて過度に打ち合いになるような状態になればすぐに「ヤメ」をかけることになります。


 試合では互いにエキサイトしてそのようなシーンになることもありますが、道場ではいつも顔を合わせている者同士なので、そこまでに至ることはあまりなく、大抵は上級者が上手くいなす、ということで落ち着きます。熱が入った組手稽古ではありましたが、今回も私と上級者の連係でエキサイトするまではありませんでした。そういう意味では、大変質の高い稽古になった、という感じです。


1本! 中段回し蹴り
















 今、上段に対する「突き」・「蹴り」のことをお話ししましたが、実際に1本と判定したのは「中段回し蹴り(ちゅうだんまわしげり)」が最も多くなりました。


 上の写真はきれいに「上足底(じょうそくてい)」で当てている様子が撮れているのでアップしましたが、これは黒帯の「蹴り」です。


 残念ながらこの日の「回し蹴り」は「背足(はいそく)」によるものばかりでしたが、もしランクが上がれば、こういう「蹴り」が組手でも出てくるように稽古してもらいたいものです。


組手 裏拳ヒットの直前















 組手で使用される技は、「突き」や「蹴り」だけではありません。「打ち技」も使用されます。


 上の写真は「裏拳打ち(うらけんうち)」を放とうとしているシーンですが、同様の場面が何回かありました。


 残念ながら1本にはなりませんでしたが、状況に応じて「打ち技」が入ってきたりすることで戦いの流れに変化が出て、上手く作用すれば思わぬ効果を生み出すこともあります。用いる状況を身体で判断できるようになれば、さらに質の高い組手になるものと思われました。


 組手稽古の後は「形(かた)」に戻りましたが、その話はまた後日にしたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。