中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

NEW !
テーマ:

 昨日の稽古ですが、また「形(かた)」の細かなポイントの解説になりました。このような稽古になる時はたくさんの種類はできませんので、具体的な「形」と、その中のどの部分かを決めなければなりません。こちらで指定しても良いのですが、それではどこが分からず、何を求めているか分かりません。


 そこでリクエストを募ったわけですが、先日稽古した「鎮東(ちんとう)」になりました。


 ただ、先日と同じところではなく、別の動作でした。これは出席者が同じだったため、先日尋ね損なったところがあった、ということでしょう。それでも複数の個所がありましたので、今日はその中の一つについてお話しします。


 もっとも、そこからいろいろ話に広がりましたので、単に「形」だけのことには限りませんが、それも含めて綴っていきます。


鎮東 前蹴りから返し突き

















 今日のお話は、上のイラストにある「前蹴り(まえげり)」から「返し突き(かえしづき)」を行なうところです。


 「返し突き」自体は、千唐流の「形」の中ではよく見かける動作であり、特別に意識しなければ振り返って突いているだけ、というイメージです。


 同様の動作は他流の「形」にも見られますが、実は同じように見えても異なるところがあります。


 それは「拍子」です。


 もっとも、他流の「形」の中にもそのようなことを意識しているのでは、と思えるところがありますが、千唐流の場合、前後の動作を限りなく1拍子に近い状態で行なうことになります。実際には2挙動の動作になりますが、それを限りなく1拍子で行なうということは、1対複数を想定した時の身体操作に不可欠であり、「形」の中でその意識を要求していることになります。


基本型Ⅰ 返し突き
























 ところで、「返し突き」自体は基本稽古の中でも行ないますし、「基本型(きほんかた)」や他の「形」にも登場します。千唐流で稽古する時は、いずれの場合も前述の通り限りなく1拍子を意識しますが、その際はいずれも「突き」です。


 その様子が上のイラストに示されていますが、この場合、両足とも地に着いている状態ですので、土台の部分の安定度は高くなります


 でも、冒頭のイラストに示してある「返し突き」の場合、最初の方向では「前蹴り」になっており、他の「形」などで行なう場合とは条件が異なります。


 このように、「蹴り」の後に180度転身して突く、ということについてはこの「鎮東」の他には「公相君(くーさんくー)」しかありません。


 でも、そこでは三日月蹴り(みかづきげり)」から足を地に着けないままに転身して突く、という流れになるため、これまで示した「返し突き」というわけではありません。


 ですから、千唐流の「形」の中では唯一、「蹴り」から「返し突き」になる箇所であり、この部分が気になる、という気持はよく分かりますし、そういう細かなこだわりとその時の身体の使い方をきちんとしたい、という意識は武の身体感覚を磨く意味では不可欠です。そういった意味では良い質問でした。


 そこで今回意識してもらったところのお話をしましょう。


 最初に「前蹴り」がありますが、この時、足の着地の時にドスンという感じで足を置かないことが必要になります。進行方向に体重をかけて蹴ろうとすれば、どうしても重心が前方に行きがちで、そのまま足を着地させれば前足に重心がかかり易く、瞬間的に身体が居付いてしまいます


 武術では居付くことかないような身体操作をすることを要求しますが、「蹴り」の時には片足立ちになっている関係上、きちんと意識しなければ前述の懸念が現実化してしまいます。


 そうならないためには「蹴り」の際の引きの意識と、軸足の膝による身体のコントロールが必要になります。この部分がきちんと行なわれ、着地時の身体の中心軸や丹田のコントロールがきちんとできていれば、それまでやっていた「返し突き」と同じように行なうことができます。


 そしてその際、腰の使い方に留意する必要があり、決して上肢だけの「突き」にならないようにしなければなりません。具体的にはダブルツイスト、という使い方になりますが、この腰の用法が武技としての質を高めることになります。


 加えて、膝や股関節の抜きを活用し、瞬間的に丹田の上下を意識することで「突き」にさらなる重さが加わります。


 ダブルツイストや丹田の動きについては、実際にはパッと見た目には分からないくらいに鋭く、素早く行なうためなかなか認知されませんが、この身体操作こそが武技の「見えない技」になります。


 今回の稽古ではその実際について、軽くではありましたが受けることで実感してもらいました。腹部に両掌を重ねてもらい、そこに「正拳(せいけん)」を当て、前述のダブルツイストと膝や股関節の抜きを意識して軽く突きました。その時の感触を口にしてもらうと、腹部の奥まで浸透する嫌な感じ、といった表現をしていましたが、まさにそういう感触の「突き」になります。接触した状態での「突き」ですので、勢いで突いているわけではなく、また、その類の「突き」であれば筋肉の防御反応からパワーの浸透の様子が異なりますし、そもそも受け役もそれなりに鍛錬しているわけですから効きません。


裏当ての瞬間















 その時に出てきた話が、以前私が「月刊秘伝(げっかんひでん)」(BABジャパン)の特集で行なった「裏当て」のことでした。


 上の写真のように、2枚重ねの板を、1枚目を割ることなく2枚目だけを割る、というものですが、まさしく衝撃を浸透させる、ということができなければ不可能な技です。


 単なる腕力だけでは不可能で、意識の統一と身体操作が一体となった時に可能な技であることを体験的に知りましたが、それもこういった身体意識の下で稽古してきた結果と理解しています。今回の稽古では、久々にその時のことを思い出しましたが、改めて普段の稽古からの細かな身体の使い方の大切さを全員で実感した時間になりました。


 稽古はこの後も続きましたが、長くなりますので今日はここまでしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 武術というと、急所という言葉が連想されます。急所とは、人体の中の弱い箇所で、この部位を攻撃されると倒されてしまうとされるところですが、先日のブログでも同様のテーマを扱いました。


 でも、それは一般的に意識される人体の弱い部位を前提にしたもので、今日のブログで取り上げる経穴を急所と重ねて考える場合とは異なります。


 ただ、このようなテーマの場合、数冊の本になる内容ですので、本来はブログで扱えるテーマではありません。私も以前、拙著「活殺自在になる」(BABジャパン)でこのことをテーマにしてお話しさせていただきましたが、それだけでは尽きぬものがあります。今は少しずつ内弟子や一部の門下生に伝えていますが、こういうところに興味を持たれる方が少しでも増えればと思い、今日のテーマにしました。


 さて、その具体的な内容ですが、単品の急所論では面白くないので、それを組み合わせることでより効果を得る、という視点から綴っていきたいと思います。


手刀  急所に対するアプローチの場合、特殊な拳形による場合をイメージする方が多いと思いますが、「開手(かいしゅ)」による技もあります。


 あえてそのパターンの技をご紹介しますが、具体的には左にアップした「手刀(しゅとう)」があります。同様の拳形で使用部位が異なるものに「貫手(ぬきて)」がありますが、今日はこの両者を活用した技を急所論の立場から説明します。


 こういう場合、単体の技としてきちんとしたレベルでなければならない、ということが前提になります。そのため、この点に問題があればそもそも武技として成り立たないわけです。特に「貫手」の場合が端的に問題が現われ、その基礎鍛錬が不十分であれば、技を仕掛けた側のダメージが大きくなる、ということを念頭に稽古することが大切です。その立場からは、武技によって伝えるべきレベルを設定することが必要になります。


 空手道の「形(かた)」の伝授で、「閉手形(へいしゅかた)」から「開手形(かいしゅかた)」へと進んでいくのは、まさに鍛錬の度合いを前提としたものと言えます。「開手」で意識される指そのものの強度と繊細な身体操作という条件を満たしていることが必要であり、その点が不備であれば真に「形」を使うことは不能になるのです。


 そういう前提はあるものの、その点はクリアしているということでお話しすると、次の技があります。


変手法 7番 貫手








 横に長いイラストのため、全体的に小さめになり、見づらいと思いますがご了承ください。


 この技は千唐流で教授される「変手法二十八構(へんしゅほうにじゅうはちこう)」の中の7番目の技です。


 技の流れについて説明すると、相手が「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」で攻撃したことに対し、「左背手受け(ひだりはいしゅうけ)」で受けます。すかさず受けた側で相手の首にある「松風(まつかぜ)」に対して「手刀打ち(しゅとううち)」を行ないます。その直後、今度は「右貫手」により「水月(すいげつ)」を攻撃する、という内容になります。


 通常であれば、こういう流れを示しただけでこの技を習得した、という気持になるかもしれませんが、本当に習得したというのは、この技の意味を理解し、効果を得るためのコツを体現でき、実際に使えるレベルになっていることが必要です。


 その第一段階が身体の仕組みを理解し、その上で武技の成り立ちを明確にしなければなりません。


 そこで、この技で使用されている急所について見てみましょう。


 前述したように、首の部分は「松風」、極めで使用する部位は「水月」です。「松風」の急所としての効果は呼吸器系に作用するとされています。それが「風」という文字で表わされているとされています。一方、「松風」の反対側にある急所は「村雨(むらさめ)」と言い、循環器系に作用するとされています。「それが「雨」という文字で表わされている、というされます。


 こういう説明だけでは分かりにくいと思いますのでもう少しお話しすると、「風」というのは空気の流れによるものです。空気としいうのは呼吸に関係するものですから、それを象徴する意味で「風」という文字を使ったとされています。


 また、「雨」という文字ですが、これは液体を意味します。身体の中で液体と言えば血液をイメージする人が多いと思いますが、連想ゲームのようなこの関係から、血液の流れに関係する循環器系に作用する急所名としてこの文字が使われたとされています。


 こういう急所の話というのは、他流に知られないように曖昧にしたり、一見しただけでは分からないようにするものですが、そのような中にも文字を解読していけば理解できるものもあるのです。


水月  さて、そこで極めとして用いる「水月」ですが、武技としてはより深く浸透させることができる「貫手」を使用します。もっとも、繰り返しになりますが、指の鍛錬がきちんとできている、ということが前提の技です。もしそうでない場合は、攻撃した側のダメージが大きくなる可能性があります。


 ここでは負のケースはないとして続けますが、実は「水月」とされるところは流派により詳しい場所が異なっています。みぞおち付近には2つの経穴があり、それが左のイラストに示されている「鳩尾(きゅうび)」と「巨闕(こけつ)」です。


 経穴としての位置関係で言うと、1寸(親指の第一関節の幅くらい)の違いでしかなく、整体術や鍼灸などでは全く異なる位置なのですが、戦いの中でその違いを正確に捉えることは難しいでしょう。


 特に、よくある「正拳(せいけん)」による「突き」の場合、接触部位のことから考えて、仮に「点」の意識で突こうとしても、例えば「正拳」の人差指の拳頭で突く、といった正確なコントロール力がなければ、実質的に「面」として突くことになります


 その場合、この微妙な違いというのはあまり関係が無くなり、急所をいずれの経穴にするかはさほど重要ではなくなります。


 でも、「貫手」の場合は「点」で攻撃することになるので、いずれの経穴を意識するか、ということが重要です。もっとも、動く相手に対してどこまでしっかりコントロールできるか、ということはかなり高度な技ですので、そのような身体操作の技量を持ち合わせていることが条件になり、さらに難度は上ります。


 こういう意識があるからこそ、見かけだけで技を習得したと思ってはならないとお話しするわけですが、その技量があることを前提に、いずれの経穴を「水月」として用いるか、という話に移りましょう。


 前出の技の場合、「松風」から「水月」に、ということになっていますが、設定が逆になれば「村雨」から「水月」という流れになります。


 経穴という視点で考えずに、みぞおちとして攻撃すれば横隔膜、心臓、胃、肺などに強い衝撃が加わり、大変な苦痛を味わうことになり、場合によっては失神してしまいます。つまり、いずれの場合も呼吸器、循環器に影響を与える部位ということになりますが、「巨闕」の場合、東洋医学では「心経(しんけい)」の「募穴(ぼけつ)」とされ、循環器系の働きに関係することになります。


 したがって、「村雨」を最初に攻撃した場合は「巨闕」を極めの部位と理解し、「貫手」のターゲットをそこに定めます。一方、「松風」を最初に攻撃した場合は、呼吸器系を意識することになりますので、臨床上、しゃっくりなどの際にも用い、横隔膜にも近くなる「鳩尾」を選択する、ということになります。もっとも、いずれの経穴も、呼吸器系・循環器系のトラブルに効果的、という効能が示されています。現実問題としては技のコントロールの問題もありますので、どちらを選んでもそれなりの効果は得られるものと思われます。


 それこそ、「北斗の拳」のケンシロウの様な達人であればまた別でしょうが、そうありたいと願いながら稽古を続ける、というのが現実です。


 今日は急所論の話が中心になり、具体的な技の紹介は一つだけになりました。でも、こういう武術としての深さを知ることで、スポーツ空手とは一線を画した道があることを理解していただければ幸いです。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日のブログの続きです。土曜日の稽古の後半の技ですが、今度は「形(かた)」に出てくるある動きを活用し、わずかな動きで相手を崩す、というものです。


 それがそのまま今日のブログのタイトルになっていますが、実際にそういう雰囲気を持った技でした。もっとも、漫画に出てくるような技ではなく、それなりのフォームで行なうものではありますが、接触してからの動きが小さい、という意味です。


  ただ、動きが小さいとは言うものの、実際にはそういう雰囲気の技ほど高度な身体意識・身体操作を必要とするもので、やってみると見た目ほど簡単ではないことに気付きます。その気付きがあれば今回の段階としては成功と言えますが、そこでのちょっとした身体の使い方の違いが大きな結果の差となって現れるところに武術の面白さがあります。


  ここで稽古したのはタイトルにもあるように崩し技ですので、本来はそこから止めを刺すことを忘れてはなりません。時間の関係でその具体的な方法までは稽古できませんでしたが、口頭ではその点はきちんと伝えてあります。改めてこの技を稽古する時にそこまで行なうとし、この日は崩すコツまでを何度も稽古しました。


  さて、その具体的な技ですが、昨日の場合同様、その全容を示す画像はありません。写真を撮っておけば良かったのですが、カメラを持っていなかったので、昨日のようにイメージとして何枚かイラストをアップして説明します。


  そういう技につながるのは「形」の中に見ることができ、今回の場合は「三十六歩(さんしーる)」や「抜塞(ばっさい)」に出てくる両手を同じように動かしている動作です。


三十六歩 双手手刀切り上げ  まず、「三十六歩」に出てくる「双手手刀切り上げ(もろてしゅとうきりあげ)」ですが、文字通り左右いずれも同方向に対して意識する動作です。


 「形」の中では立ち方にも特徴が見い出せ、ご覧のように後方の足のかかとを浮かせた状態になります。基本的には「四股立ち(しこだち)」に似た立ち方ですが、かかとを浮かすところが異なります。


 同様の立ち方は「壮鎮(そうちん)」の中で「角構え(つのがまえ)」と呼ばれるところでも出てきますが、その他には「龍山(りゅうしゃん)」にも登場します。いずれの場合も右のかかとを浮かすところが特徴ですが、その意義についてはいずれお話しします。


 というのは、この日の稽古で関係するのは上肢の用法であり、下肢の動きが関係するわけではないからです。


 そこで具体的な技の話ですが、互いに組手のイメージで構えます。攻撃側は「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」を行ないます。ここまでは昨日の設定と同じです。


掛け受け  その「突き」に対しての「受け」は、左のイラストに示した「掛け受け(かけうけ)」です。


 イラストでは上段を受けたような位置になっていますが、今回の稽古では奥手のほうで中段を受ける、という用法でした。


 それが上のイラストで示されている右手の部分です。


 ただ、その時の掌の向きが「掛け受け」とは異なっていますが、そこが今回稽古した技と関係し、受けた後に相手の手首を捕り、そのまま返すのです。そのことにより、次の展開が容易になり、技の成功の可能性をアップさせます。


 こういう動きをより効果的に行なうには、相手からの「突き」に対してきちんと見切り、わずかに体捌きを行ない、「突き」のコースから身をかわしながらということが大切です。こういうところが大きな動作にならないために、見ている側からすれば分かりにくくなっているところです。


 しかし、こういうところこそ武術的な動きであり、稽古を通じて習得していかなければならない「見えない技」の一つなのです。


 そしてもう一方の左手ですが、これは相手の喉に当てるようにします。「手刀打ち(しゅとううち)」として用いることもできますし、ターゲットが人体の中では弱い部位ですから、体捌きでかわしたところから水平に打ってもそれなりの効果は得られます。


 でも、ここではあくまでも崩し技として用いる稽古ですから、打つというより、前述したようにもう少し軽いタッチでの当てる、という感じで結構です。


抜塞 添手手刀受け  ここからが前述した「抜塞」の動作に示された身体操作が活用されることになりますが、それが左のイラストに示された「添手手刀受け(そえてしゅとううけ)」です。


 前述した「掛け受け」のイメージは、むしろこの「添手手刀受け」の奥手のほうがピンとくるのではないかと思いますが、ここで注目していただきたいのが前手の肘の状態です。


 冒頭のイラストで示された「三十六歩」の「双手手刀切り上げ」の場合、肘を伸ばし、いかにも「手刀打ち」を極めたイメージになっていますが、今回稽古した崩しにつなげるためにはこの肘の感じが必要になります。


 つまり、喉に当てた時に肘に少しゆとりがあるようにするわけですが、崩し技として用いる時にはその状態からの肘の操作が必要で、肘を伸ばす時に相手の中心軸を回旋させながら少しずつ後方に倒す意識で操作するのです。


 文字で書くと簡単そうに見えますが、その時の肘の三次元的座標は固定されていなければならないのですが、上手く崩せない人の場合、それが動いてしまっいるのです。


 ここは微妙な動きになるので、何度説明し、見本を見せても自分の身体操作が上手くいかないようで、難儀しています。


 上手く技を掛けるためには喉に当てた側も大切ですが、もう一つ大切なのは手首を掴んだ側の操作です。その腕を少し引くようにすることで相手の中心軸を動かすことができるようになりますが、その連動についてアドバイスしました。


 すると、先ほどよりも崩せるようになりました。何となくできるようになる、という様子に動作全体が触発されたのか、喉に当てた側の動きも少し変化があり、全体的に技の質が上がってきました。今日のタイトル通りのイメージで技を掛けていることになり、腕力でない動きを実感してもらった瞬間でもありました。


 稽古後、今回の内容は、複数の「形」の身体意識・操作法をミックスしたような感じで、それぞれがつながっている、ということを実感した、という感想が聞かれました。こういう感性はとても大切であり、「形」を単なる体操的なレベルで止まらせるか、武術体作り・武技の伝承という本来の役目を持った存在にするかは、稽古する者の意識次第です。


 今回、そういうことを改めて認識してもらっただけでも有意義であったと考えています。稽古した技の数は少なかったのですが、密度の濃い内容になりました。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古の話ですが、出席者が少なかった関係で、その人たちに今まで教えていなかった技をやろう、ということになりました。ただ、その全容を示す画像がないので、アップしてあるイラストはイメージとしてご覧ください。


 細かく説明しながらの稽古であり、一つの技からいろいろ展開していったので、分類的には2種類の技しかできませんでした。今日はその内の最初に稽古した内容になりますが、タイトルにもあるように「背手(はいしゅ)」を用いた技です。


背手  左に「背手」のイラストをアップしましたが、手の甲の部分を用います


 今回はこの部位を「受け」として用いますが、「打ち」として用いる場合もあります。


 ただ、それなりの鍛錬をしていない場合、「打ち」として用いれば攻撃したほうにもダメージが生じることがあり、そういう点が基礎鍛錬を要するところです。「形(かた)」やその分解・解説にあるからと言って、何の鍛錬もなしに用いることは、逆に自身を窮地に落とす可能性があることを念頭に置かなければなりません。


 今回は「受け」として用いるため、そのようなリスクはありませんが、同じ部位を用いる場合でも、用途によりその部位自身の強度が関係してくることを理解しておくことが必要です。


背手受け  今回、適切な画像が無く、ちょっと粗い感じのものになってしまいましたが、左のイラストが「背手受け(はいしゅうけ)」です。


 相手の「突き」に対して、「背手」で流すような感じで受けるものですが、互いに組手の時の構えという設定で行ないました。使用するのは「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」で、これも基本通りの設定です。


 それに対して、受ける側は「交叉立ち(こうさだち)」になりつつ「右背手受け」を行ないます。そのため、相手の「突き」を小指側から受ける状態になりますが、これが上手く受け流し、関節を極める時に効果的な最初の状況になります。


 ただ、見ているとその「受け」が固い感じになり、また拍子的にもそこで一旦動きが止まります。最初の内は仕方ありませんが、きちんと技を掛けようとする場合は拍子に淀みがあってはならず、柔のイメージで滑らかに行なうことが必要です。そのため、少しこなれるまで何度も繰り返して行ないましたが、だんだん固さが取れてきました。


 また、ここで注意したことの一つに立ち方があります。具体的には、立ち方の堅牢性の問題です。ここで使用した「交叉立ち」は本来、転身の際などに用いる瞬間的なもので、この立ち方はしっかり相手の勢いを受け止める、といったことでは用いません


 だからこそ、少しでも堅牢性の要素をアップするということと、両膝の意識と共に上手く受け流す、という動きができているかどうか、ということが必要になります。ここではその確認も大切な稽古であり、それも何度もチェックしました。


内足車の一部













 ある程度「受け」が様になった時点で関節を極める稽古になりました。


 上のイラストがそのイメージですが、「背手受け」から手首を返して相手の手首を捕ります。同時に左の掌を相手の裏肘に当て、捕った手首を捻りながら肘関節を裏から伸ばすような感じで押さえ付けます


 その際、立ち方も「交叉立ち」から「四股立ち(しこだち)」に変化します。というより、そういう立ち方の変化を相手の姿勢を崩す際にも活用することが必要です。相手を自分の動きの中に巻き込むイメージですが、いろいろな部位を崩す、あるいは肘を極めるという目的のために連動させるのです。


 武技的には関節を極める、あるいはここで肘関節を折る、ということで一応の完結を見ますが、実はここまでは今までやっていました。冒頭、昨日の稽古は出席者にとって初めての技、ということをお話ししましたが、ここから先の技を稽古したのです。


 その場合、立ち方の変化の部分から異なってきます。相手の「突き」を「背手受け」で受け、反対の掌を裏肘に当てるところまでは同じですが、「交叉立ち」から「四股立ち」ではなく、「正整立ち(せいさんだち)」になります


 しかし、それもまたつなぎとしての立ち方であり、その状態から奥足を相手側に動かして転身し、瞬間的にそこで「交叉立ち」になります


 その時、裏肘を押えた状態をさらに下方に落とし、相手を地面に伏せさせるようにします。その際、再度「交叉立ち」になった状態をすぐに解放し「正整立ち」にしますが、それも瞬間的なもので、相手が完全に地に伏せた状態になったら、左膝で相手の肩を押さえるようにします。手首のほうは自分の腰付近に持ってきて、肩関節を極め、相手の動きを完全に封じます


 その状態になったら後は思いのままですが、極めのフォームやそこまでの過程で甘さがあり、何箇所か逃げられそうなところがありました


 そこで、今度は技の不備を突いて逃げるための方法を教授することになりました。こういう流れで稽古するからメインの技の数が少なくなるのですが、実際の戦いというのは互いに一生懸命であり、上手く相手の隙を見つけ、そこを狙ってきます。


 それは技を掛けられた側も同様で、どうやったら逃げられるかを実践しようとします。だからこそ、かける側はそういう隙を作らないようにするという意識が働き、そういうの繰り返しがより高度な武技を作り上げていくのです。


 そういう意味で必ず逃げ技のことについても説明しなければならず、その際に必要な知識の一つが関節の可動域があります。


 関節を極めるというのは、可動域の限界を前提に構成されるものであり、関節を折るというのはその限界を超えた時に起こる結果です。


肩の伸展・屈曲  左のイラストに肩の可動域について示していますが、この技に関係するのは「伸展」として示されていることです。


 この状態での角度は50度とされていますが、前述のように肩を押さえつけられた状態ではそれ以下になります。ですから、この技で肩関節を極めようとすれば50度以下の角度で可能になりますが、現実には相手の関節の柔軟性や強度により差があることを認識しておかなければなりません。


 実戦では一般的なレベルを超えるケースもありますので、ここでお話しした角度というのは通常のレベルでのこととして理解しなければなりません。でも、武技の理解というのは、ここからスタートするのです。


 また、稽古中よく見かけたケースとして、肩を膝で押さえる、という部分にばかり目が行き、体幹部と上肢の角度という点が疎かになっている人がいました。武技というのは大変繊細なもので、このような点が曖昧になっていれば、それが隙になって反撃のきっかけになる場合があるのです。


 先ほど、技を極める時の運足について説明しましたが、それが今お話しした体幹部と上肢の角度を効果的にするための動作上の工夫なのです。今回、参照していただく画像がないため詳しくお話しできませんが、機会があればお話ししたいと思います。


 稽古はこの後も続きましたが、今日はここまでにしたいと思います。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日に稽古した「鎮東(ちんとう)」の話の続きです。今日の話は「形(かた)」の流れとは関係なく、稽古生が苦手意識を感じた部分のお話です。


鎮東 拳雲の構え  タイトルに2つのテーマが出ていますが、左のイラストがその一つ「拳雲の構え(けんうんのかまえ)」で、出席者にとってしっくりこなかった動作です。


 「形」の中では左右それぞれ1回ずつ登場しますが、両腕の操作法やフォームが今一つ馴染まないようです。たしかに、通常では行なわないようなフォームですので、しっかり数をこなしていなければそういう感覚も無理ならぬことです。


 加えて、その動きの際の身体の使い方にも慣れが必要で、武技としての安定性も意識しなければなりません。その際、「交叉立ち(こうさだち)」が不安要素になる懸念があり、きちんとした両膝の締めや丹田のコントロールの意識などが必要になります。


 上肢のフォームだけを見れば「壮鎮(そうちん)」の「角構え(つのがまえ)」と同じになりますが、立ち方が異なり、そこでは「四股立ち(しこだち)」の一方のかかとを上げた立ち方になります。土台の安定度から言えばそちらのほうは問題ありませんが、それだけに「拳雲の構え」では立ち方との関係でよりしっかりしたものでなければ、武技としての役割を果たすことはできません。


 このフォームのみを見れば、「受け」としての意味があり、その主体は上のイラストで言えば前方で構えている右側になります。想定としては相手からの「突き」を受けることになりますが、その勢いに負けないだけの堅牢性を必要とします。立ち方や身体意識の問題から、その時に崩れてしまうようでは意味がなく、こういうところが武術としての質として要求されるところなのです。


鎮東 拳雲の解説








 さて、昨日のブログでもお話しした通り、各動作に魂を入れるためには、それぞれの動きがどのような意味を持っているかを知ることです。そこに分解・解説を理解することが必要になりますが、その一例が上のイラストです。


 「拳雲の構え」自体、「形」の中に2回登場していますが、ここでの分解・解説も相手からの連続攻撃を想定し、それを受け、最終的に「拳槌打ち(けんついうち)」で反撃しています。つまり、振り上げている側は「拳槌打ち」のための予備動作であることが理解できますが、だからといって単に振り上げるだけはいけません。次の動作を想定し、そのための準備として行なうか否かが大切であり、その意識の有無が「魂」の問題になるのです。


鎮東 飛鳥













 タイトルに挙げてあるもう一つのテーマ「飛鳥(あすか)」ですが、それが上のイラストに示してあります。


 ご覧のよう三日月蹴り(みかづきげり)」の後、1回転しながら飛び上がり、地に伏せる、という動作になります。立体的な動作になる分、身体操作が一段と難しくなり、稽古を見ているとなかなか上手くコントロールできない人がいます。


 具体的には身体を転身する動作がぎこちなかったり、空中での動作にまとまりがない、飛ぶ高さが低い、着地の際に崩れてしまう、あるいはその際にふわりと柔らかく降りるのではなく、物がそのまま落ちてくるような感じになっている、という状態です。


 この技の具体的なアドバイスをする時、「三日月蹴り」のところはともかく、飛んで伏せるところについてはこれまでのように途中でストップをかけるわけにはいきませんし、見本として見せても瞬間的なことですから上手く見えるかどうかは分かりません。稽古上の大きなポイントになるところですが、アドバイスする側としても難度が高いところです。


 また、この動作の場合、着地の際に通常とは異なる負荷が股関節にかかることがあり、この日も何度もやっているとそのようなことを訴える人がいました。具体的には着地の際に膝を引き上げている右の股関節ですが、ちょっとしたバランスのとり方の不備により起こりやすくなります。今後の大きな課題の一つです。


鎮東 飛鳥 分解・解説







 この「飛鳥」の分解・解説が上のイラストに示してあります。


 横に長くなっているため、全体的に小さくなっており、少し見にくいかもしれませんが、「形」の動きのままの流れです。


 ところで、「飛鳥」の後、「形」の流れとしては伏せた後に立ち上がり、「平行突き(へいこうづき)」を行ないますが、イラストでは省略してあります。分解・解説ではそこまで含めての内容で示してある、ということでご理解ください。


 この技の趣旨としては、瞬間的に相手の視界から消える、ということが大切で、そのイメージで行なわなければなりません。「形」では武術体作りの一環として高く飛ぶことを要求しますが、このブログで何度もお話ししてあるように、それは「形」稽古が有する2つの目的のためです。


 最初の仕掛けである「三日月蹴り」の時に意識しなければならない身体操作がありますが、その出来は身体の中心軸の確保の有無に影響します。この日は時間の関係でそこまでは説明・稽古できませんでしたが、改めて「鎮東」の分解・解説をメインに行なう時にお話ししたいと思います。


 他の動作のところにも言及したかったのですが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日に集中稽古した「鎮東(ちんとう)」は、鳥の動きを模倣した「形(かた)」で、随所にその動作が見られます。その日は「鎮東」を細かくチェックしながら稽古する、というのがテーマでしたから、当然のその点も意識して行ないました。


 今日は「鎮東」の中でも特徴的な前述の動作の部分を2つ説明しますが、一つ目は「翼然(よくぜん)」です。


鎮東 翼然






















 上のイラストがその様子ですが、一方はやや高めの「外受け(そとうけ)」、もう一方は「掛け受け(かけうけ)」という状態です。


 鳥の動作で言うと、羽を広げた状態になり、「形」として稽古する際にもそのイメージを忘れてはなりません。


 というのは、鳥が羽を広げるというのは、飛ぶという鳥の特徴そのものに関わることであり、それこそ形(かたち)だけにはならないように注意することが必要です。それはそのまま力強く羽ばたく鳥そのものの意識につながり、それを武技に活かすためには脇の締めなどをきちんと意識し、左右いずれの「受け」も相手のパワーに押されないように留意しなければなりません。左右同時に、しかも異なる動作になる場合、どうしても一方に意識が偏りがちですが、この点も鳥の羽の動きのように偏りなく行なうことが大切なのです。


鎮東 翼然の解説  昨日もお話ししたと思いますが、「形」の動作をよりしっかりするためには、それがどのような意味を持っているかを理解することが大切です。今日のテーマになっている動きは、他の「形」には見られないところだけに、特にその意識は重要になります。


 そこでこの動作の解釈例の一部ですが、上のイラストに示しました。


 ここでは左右同時に攻撃を受けた場合を想定し、それぞれ「形」通りの対処をします。その中で「掛け受け」を行なった側に対しては上のイラストのように、転身して「外受け」を行なった側で突いてきた相手の上肢の肘を折る意識で打ちます。フォーム的には「内受け(うちうけ)」のようですが、「腕刀(わんとう)」による「打ち」と理解しなければなりません。


 この設定の場合、もう一方に対しても反撃を試みなければなりませんが、分解・解説の稽古では「四股突き(しこづき)」を行ないます。今日のテーマは分解・解説ではないので一方の反撃例までの画像を公開しますが、全容は別のテーマの時にご覧に入れたいと思います。


鎮東 翼蔽






















 翼を広げた様子を示す動作があるならば、逆に閉じた様子を表わす動作もあります。


 それが上のイラストに示した「翼蔽(よくへい)」です。


 翼を閉じた、というと静的なイメージになり、武技として活用するには不適のように思われますが、武術の「形」としての動作に役に立たないものはありません。特に、この「形」の特徴的な動作だけに、きちんと武技としての意識を持った上で行なわなければなりません。


 その場合、両上肢の横方向への張り出し方の意識は重要で、その意識の有無は分解・解説の際に生きてきます。


 イラストをご覧いただければお分かりの様に、肘の位置は体側の延長上でなくてはならず、身体の前方側に位置しないようにしなければなりません。動作だけを見て、両拳を腰に置くくらいの意識であれば、昨日お話しした「魂が入った」という状態とは言えず、それこそ単なる体操レベルになってしまいます。繰り返しになりますが、武術の動作というのは、武技としての意味を持つことが不可欠であり、その為にどう身体を動かすかというところに意識を集中しなければならないのです。


鎮東 翼蔽の解説

















 そこで「翼蔽」の分解・解説ですが、その一例が上のイラストに示されています。


 設定としては、後方から両腕で上体の動きを封じられた場合、ということになりますが、この状況は護身術の稽古でよく見られることです。「翼蔽」というのは、そのような際で技になるのです。


 他の用法もありますが、この技の場合、前述した肘の張り出し方如何で相手の上肢を振り解けるかどうかということになり、それは技の成否に大きく影響します。だからこそ、「形」として稽古する時からそういうケースにも対応できるだけの身体操作の意識を持っておくことが大切になります。


 実際にこの技を効果的にするには、他にも意識してもらわなければならないことがありますが、それは「翼然」の分解・解説の場合も同様ですので、いずれ「形」の解釈をテーマにした時に詳しくお話ししたいと思います。


 稽古はこの後も続きましたが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の話の続きです。


 火曜日の稽古は終日、「鎮東(ちんとう)」になった、という話をしましたが、個別の動作へのこだわりと、その部分を何度もチェックしながら進めていきました


 その最初が「下段交叉受け(げだんこうさうけ)」になったことは昨日書きましたが、「形(かた)」の順序から学べる身体意識もあります。今日はそのことも含め、お話ししていきます。


 「鎮東」の「形」としての流れは、昨日お話しした技の前に今日のタイトルに示した動作があります。


 まず、そこからお話ししていきますが、下のイラストをご覧ください。


鎮東 鎮飛























 パッと見には昨日のブログでアップした「下段交叉受け」に似ており、同じイラストが使われたのではと思われた方もいらしたかもしれませんが、この動作が今日のタイトルにある「鎮飛(ちんぴ)」なのです。


 昨日の話の場合、「正整立ち(せいさんだち)」で行ない、そこでは膝の使い方に留意する、というものでした。それにより「受け」の質を上げるという内容でしたが、この「鎮飛」というのは「受け」ではありません


 また、ご覧の通り立ち方も異なり、「猫足立ち(ねこあしだち)」になります。


 その際の両手の動作ですが、前述のようにここでは「受け」ではなく、相手の襟を捕り、自分の方に引き寄せる、という意味を持ちます。それをより効果的にする為、全身を後方に動かしつつ、「猫足立ち」により腰を落とし、そういうパワーを加味して相手を引き倒し、崩すのです。


 この動作にはこのような意味があるため、昨日お話ししたようにそのイメージで動いているかどうかが大きなポイントになります。実際に相手を崩す時の雰囲気が出されていることが必要になり、その時の身体意識が動作の中から見られることが必要なのです。


二段蹴り



















 そして、「鎮飛」の後に続くのが「二段蹴り(にだんげり)」で、その様子は上のイラストのようになります。


 この時、実戦では相手のとの間合いにより遠くへ飛ぶか、高く飛ぶかという選択肢がありますが、「形」として行なう場合は演武線の関係もあり後者になります。


 でも、いつもこのブログでもお話ししていますが、そのような選択は実戦の場では適宜行われなければならないことですので、実際にはいずれの場合も正解になります。


 ところで、今日のテーマである「鎮飛」から「二段蹴り」というのは関連する技です。ですから、実際に用いる時も「形」と同様の動きになります。そこに特別な展開はありませんが、武技として成功させるためのコツはあります。


 それは相手の反射行動を利用するというところで、しっかり引き寄せ、それが相手の崩れを誘発するようであれば、バランスを取るために相手は後方に動こうとします


 実はこれが一つの狙い目であり、そのタイミングで手を離素、あるいは押したりすれば、後方に動こうとする力が大きく作用し、逆に相手はバランスを失うことになります。その瞬間が「二段蹴り」を仕掛けるチャンスであり、まさに武術らしい駆け引きになります。


 武技というのは、確実に相手を崩す、ということでも完結しますが、あえて相手の反射的な動きを利用し、思いもよらなかったタイミングで攻撃をチャンスを作るケースもあるのです。その為には各動作を中途半端にせず、そのままかけ続ければそれでも一つの技になる、くらいの質が必要で、逆にそのクオリティだからこそ、突然その状態から解放されると対応が分からなくなる、ということにもなるのです。


鎮東 鎮飛から二段蹴りの解説







 その具体的な流れを表わしたのが上のイラストですが、横に長いために全体的に小さくなってしまいました。でも、技の流れの様子はお分かりいただけると思います。「形」として行なう時も、この状態をイメージしながら行なうことで、質の高いものなっていくはずです。


 ところで、「形」の流れという言葉から、冒頭でお話ししたことを思い出していただきたいのですが、そこから学べることがあります。昨日お話しした「下段交叉受け」と関係がありますが、その技は「二段蹴り」から続くもので、「蹴り」と「受け」は一つの号令の中で行なっており、着地し、次の拍子で受ける、というものではありません。


 「形」の流れを見る時、こういう拍子にも注目すれば、そこから学べる身体意識や技が見えてくることがあるのです。


 今回の場合は技というより身体意識のほうですが、「鎮東」が鳥の動きを模倣したものであることを再確認しなければなりません。すると、この「二段蹴り」からの着地というのは、飛んでいる鳥が地上に降りる時の状態を表しますが、その時、脚を上手く用いて静かに降り立ちます


 その様は重力を感じさせないようなイメージですが、「形」でもそのように行ないます。当然、鳥と同様に膝の使い方に留意しなければなりませんが、その時の状態は昨日、武技の質を向上させるための膝の使い方と重なるところであり、自分の重心のコントロールをそのイメージで行なうことで、「下段交叉受け」の質もまたアップするのです。


 このことは、本当は昨日のブログで書きたかったところなのですが、「二段蹴り」からの流れでお話ししたほうが「形」稽古が有する武術体作り、あるいはその意識作りとも連動してお話しできると思い、あえて今日に回しました。その意味では昨日・今日のブログは関係性が深いものになりますが、読者の方にはそのようなつもりでご覧いただければ幸いです。


 稽古はまだまだ続きましたが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古の話ですが、冒頭、「鎮東(ちんとう)」に出てくる動作の要領についての質問がありました。そういうことは大歓迎ですので、この日はそこからスタートしました。


 その時点ではまだ出席者が少なく、途中で増えたら稽古内容を変更しようと思っていたのですが、時期的なこともありますが、結果的にはいつもよりも少ない出席者で、しかも一定レベル以上のメンバーになりましたので、最後まで「鎮東」の詳しい説明と稽古になりました。今日はその中でもタイトルにある「下段交叉受け(げだんこうさうけ)」の話になりますが、「形(かた)」を稽古していて、この部分がどうもしっくりこない、ということでした。


 当然、そういう時はまずやってもらい、その様子を確認します。客観的なところで見て、その時の状態と主観的な点について尋ねたことを合わせて考え、そこで得た情報を元にアドバイスしていくことになります。話を聞くと「受け」の際にどうしても前方に重心が移動し、しっかり相手の攻撃(この場合の想定は蹴りになります)を受けているような感じではない、ということです。


 この感覚は客観的に見ていてもそうであり、中心軸や丹田の操作が上手くいっていない感じです。パッと見には問題なさそうではあるのですが、細かく見ていくと身体の各部位の使い方に統一感がありませんし、変なところに無駄な力が入っています。一定の力が加わったら崩れてしまうような状態です。


 そのため、問題点をきちんと理解してもらうにはその点を体感してもらい、その上で改善のためのポイントを示していくことにしました。


鎮東 下段交叉受け
























 上のイラストが「下段交叉受け」の様子ですが、前述した中心軸や丹田の意識に関しては、後ろ足の状態と関係しています。


 つまり、意識が前方に向いてしまう、というのは「下段交叉受け」の際に必要な下方へのベクトルの意識が不十分で、前方に流れているためです。そして、その理由が下肢の使い方にあり、後ろ足の膝が上手くコントロールされておらず、後ろ足で突っ張るような状態になっているためです。


 これでは中心軸が前方に押されているような状態になるのも当然で、相手の「蹴り」をしっかり押さえるための下方へのベクトルの大きさが小さくなってしまいます


 したがって、まずアドバイスしたのは、後ろ足の膝をどう落とすかということと、それに連動して腰の切り方、丹田の操作のイメージなどについても説明しました。


 その際、身体の状態として要求されることに足首の柔軟性があります。この時に立ち方は「正整立ち(せいさんだち)」になりますが、足首がそれなりに柔らかくないと、膝を上手くコントロールして腰を落とすとか腰を切る、という動作が難しくなります。幸いなことに、この日の出席者の場合はそういうところは見受けられません。


 もっとも、足首の柔軟性の問題があった場合、アドバイスすれば何とかなる、ということではないのでそこは各自の問題として努力してもらうことになります。


 下肢の使い方のアドバイス後、全体の様子を見ていると、腰を切る時、前足側の腰が外側に曲がっている人がいます。後ろ足を意識してしっかりした下半身を意識しようという動きが過ぎ、そのパワーで腰を反対側に押し出しているような状態なのです。ここはしっかりとブレーキをかけ、腰の位置も含めた中心軸を正しくキープしなければなりません


 こういう身体意識や身体操作については、「内八字立ち(うちはちじだち)」や「三戦立ち(さんちんたち)」など、内側に足を絞り込み、下半身から中心軸を練っていく、という基本稽古の際に培っていくべきことですが、他の動作に気を取られたことでその意識が抜けてしまったのでしょう。改めてここで再確認したことになりますが、そのことにより身体感覚が変化し、中心軸の実感が湧いたようです。そういう変化も稽古の大切な成果ですので、こういうところから少しずつ武術体の養成が図れることになります。


交叉受け  さて、ここで「交叉受け」自体のことについお話しします。左のイラストは冒頭で示した中にもありますが、説明の都合上、再度アップします。


 「交叉受け」というのは両方の上肢を用いて行なう「受け」ですが、一般的には一方で受け、他方で反撃をする、というパターンが多くなります。もっとも、「蹴り」で反撃をするという場合は別ですが、それでは反撃技が限定されることになりますので、この「受け」自体にそれなりの武技としての理由付けが必要になります。


 そしてそれは稽古の際、動作の中に滲み出ていなければなりません。その意識が実践されている時、「形」の演武にも迫力が出てくることになり、それは必ずしもスピード感や力感だけのことではありません。質的なことなのです。


 私は稽古でよく「魂を入れる」という言葉を使いますが、その具体的な様子は、まさに前述のことであり、決して見かけだけであってはならないのです。


 そして、そのことを意識すめためには、そのフォームや動作が持っている意味を理解することであり、その為にはどうすれば良いのか、という意思が必要になります。その意思と行為が一体になった時、「魂が入った」ということになるわけで、見る人が見ればそこに戦っている相手の姿が見えるのです。イメージングの世界ですが、もともと「形」というのは、一定の戦いの様子を想定して編まれているわけですので、稽古する側がそのような意識を持っていなければ単なる体操になってしまうのです。


 そこでこの「受け」が具体的に意味することですが、基本的には2つあります。この場合、名称が示している「受け」としての性質については除外されます。それ以外のことで2つ意識してもらう、ということになりますが、その一つは受け止めた相手の四肢を挟む、ということです。


 そこから投げ技や関節技などに展開することになりますが、これらは捕る、ということから始まることが多い為、その中の一つの方法として「交叉受け」があるわけです。


 そして、その為には両上肢の絞りの意識が必要であり、それが「形」の中にも現れていなければなりません。


 もう一つの解釈が、「受け」と同時に攻撃している、というパターンです。空手道の「受け」の特徴の一つに「受け即攻撃」ということがありますが、この「交叉受け」の場合、それを具体的に行なうことができます。


 上のイラストの右手ですが、これを相手の四肢に対する「突き」と見ます。つまり、受けた瞬間にその部位に対して「突き」を放っているわけです。


 この場合、一方は「受け」に、もう一方は「突き」にと使い分けることになりますが、当然身体操作の意識が変わります。それをきちんと「形」の中で行なえているかどうか、ということが武術として稽古しているかどうか、ということになりますが、こういう点について意識しながら稽古することが大切なのです。


 稽古ではもう少し説明し、稽古してもらいましたが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、土曜日の稽古で行なった「手刀打ち(しゅとううち)」のコツをテーマに綴りました。


 当日の稽古では、他に「裏拳打ち(うらけんうち)」と、「手刀打ち」の組稽古を行ないました。昨日のブログからの続きという構成をイメージし、実際の稽古の順序とは異なりますが、まず「手刀打ち」の組稽古のことからお話しします。ただ、全てを書くと長くなるので、少し省略した形になることをご了承ください。


手刀首打ち  組稽古で行なったパターンを一つだけご紹介します。


 それが左のイラストで示されていますが、「手刀内回し打ち(しゅとううちまわしうち)」を用いた技です。


 ここでお断りしておきますが、左のイラストは「投げの形 十五構(なげのかたじゅうごこう)」の中の一部で、「手刀打ち」の部分だけをピックアップしたものです。「投げの形」の場合、受ける側は「内八字立ち(うちはちじだち)」で構えており、原則的には左右自在に同じ動作ができる構えになっています


 上のイラストはその状態からの技を示したものですが、この日、実際に稽古したのは「正整立ち(せいさんだち)」による組手の時の構えからですかので技の全容は異なっており、運足も異なります


 でも、稽古した基本的な技は同じものですので、参考としてアップしました。


 さて、その際、気を付けてもらったことがありますが、「手刀打ち」を行なう前に相手からの「突き」が当たっていては成り立ちませんので、きちんとした体捌きでかわすことが大切です。その為には前足の運足と共に上体の捻りが必要で、ギリギリのところで「突き」の軌跡が背中側を通るような状況にしなければなりません


 ここはしっかりした身体意識と身体操作が要求されるところであり、技の見切りも大切になります。


 事前に分かっていることですし、号令に合わせて行なう為、この点はあまり問題なくやっていましたが、実戦であればここで設定した要素が変わってきますので、しっかりした胆力も要求されるところです。前述の身体意識・身体操作と合わせ、より確実な技にしていかなくてはなりませんが、こういう稽古を通じ、反射的に効果的な身体の使い方にしていくことが肝要です。


 稽古の様子ですが、「手刀」で狙う箇所は首になります。でも、実際には「手刀」ではなく「腕刀(わんとう)」で当てている、という感じの組もあります。実戦では当たって効けば良いのですが、ここからの展開も念頭に置いていたので、この点はきちんと「手刀」で当てるように注意しました。


 というのは、この動作から相手の奥襟を捕り、そのまま引き倒す技に展開する予定があったからです。


 前述の「投げの形」の場合、「手刀打ち」から「首投げ(くびなげ)」に転じる技になっていますが、今回は首に当てた「手刀」を活かし、そのままその手で奥襟を捕り、崩す技を稽古したわけです。あいにく、画像がないのでその詳細は割愛しますが、「手刀打ち」を正しく行なうことからの変化です。


 続いて、「裏拳打ち」の話です。前述のように、稽古の順序としては「手刀」を用いた組稽古の前に行ないましたが、ブログの流れから前後しました。


裏拳打ち  イメージとして相手に攻撃している画像をアップしますが、実際にはその場稽古として行ないましたので「内八字立ち」で、正面、あるいは左右に対して打つ、という内容でした。


 まず正面ですが、ターゲットは顔面です。手首のスナップの重要性は「手刀打ち」の場合と同様ですが、「裏拳打ち」の場合、「背屈(はいくつ)」と「掌屈(しょうくつ)」を意識します。脱力と締めという「緩急」の意識も同様ですが、手首の動きは異なるのです。


 また、「手刀」の場合は「開手(かいしゅ)」ですが、「裏拳」の場合は「閉手(へいしゅ)」です。


 この場合、拳の握りという要素が加わる分、その「緩急」にも留意しなければなりません。動いている時は脱力し、インパクトの瞬間に締める、という「緩急」のリズムは「手刀」の場合と同様ですが、「閉手」ゆえの身体操作も必要になるのです。


 実際に稽古する時、この点もしっかり意識してもらうことになりますが、なかなか上手くシンクロしない、という人もいます。そうなれば、武器としての拳の質に悪影響を及ぼしますので、「閉手」の意識をきちんと持つようにアドバイスしました。


 すると、今度は最初から固く握りしめ、打ち技で大切なスナップが利いた技にならない、ということになります。改めて「緩急」という身体操作の難しさが露呈しましたが、これを克服しなければ武技としての進歩はありません。ここは意識しながら数をこなすということで、少しでも理想形に近づくよう努力してもらいました。


 正面方向への「裏拳打ち」の後は左右への「打ち」です。この場合、上段と中段の2パターンで行ないました。


 共通する身体操作としては目線です。まず攻撃するほうを向き、その後に「裏拳打ち」を放つ、というものですが、その拍子は限りなく1拍子に近いものです。こういった方向を意識した稽古の時に目線を意識してもらいますが、武術は1対複数を前提としますので、実は稽古の際の大切なチェックポイントになります。


 そしてもう一つチェックしていたのが、腰の使い方です。


 それは「手刀打ち」も同様でしたが、その場合は上肢の動きの関係から比較的意識してもらいやすかったのですが、「裏拳打ち」ではそれこそ手打ちになってしまうケースが多くなります。


 左右の中段打ちの場合は、前腕の軌跡が床とほぼ平行になるために腰の動きも意識しやすいのですが、上段打ちの場合は正面でも左右でも床と垂直になる分、腰の動きとの連動という意識が希薄になるのでしょう。


 しかし、それでは武技としてのクオリティを保てません。稽古ではこの点を強調し、身体の中心軸の意識と共に、その活用の意識も含め、腰の動きには注視していました。


 その甲斐あってか、それまでその意識が実際の動きに現われていなかった人にも変化が現れました。それを今後も忘れずに継続してもらえれば良いのですが、細かな身体の動きは忘れやすいものですから、また見かけた時には同様のアドバイスをすることになると思われます。


 今回のように基本を見直すことは、それまで曖昧になっていたところの再確認ができますので、出席者の様子を見ながら今後も随時行っていきます。毎回、少しずつでも良いのでレベルアップしていくことを期待しています。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 土曜日の稽古ですが、前半はタイトルにある通りの内容で行ないました。


 「打ち技」は接近戦で効果を発揮する技ですが、今一つコツが掴めない、といった声を聴くことがあります。武技としてのポイントが分かっていない、ということなのでしょうが、ならばこの日、これをテーマに稽古しようということにしたのです。


 ただ、一口に「打ち技」と言ってもいろいろあります。限られた時間の中でということですから、今回は「手刀(しゅとう)」と「裏拳(うらけん)」に特化しました。それなりの数もこなさなければならないため、説明の時間を加味すればたくさんの種類を稽古することができなかったのです。この日に稽古した「打ち技」は「形(かた)」にも多く登場する為、ここできちんとやっておけばそこでも役立つ、という意識もありました。


 この日の稽古は「内八字立ち(うちはちじだち)」で行なわれましたが、これは基本的な身体意識を身に付けるには最適の立ち方であり、ここで中心軸を意識して技を出す、ということを学んでもらいます。この身体意識をベースに「形」や組手の際に効果的な武技として用いることになりますが、この日の稽古でもその点をしっかり観察し、その上で個別指導をしていきました。


手刀打ち











 まず行なったのは、「手刀外回し打ち(しゅとうそとまわしうち)」です。定番の稽古ですが、「手刀打ち」の基本になります。


 全体的に見ると、各人に癖があり、まずその点を改善してもらわなければなりません。その上で数をこなすことになりますが、この個別指導で結構時間がかかります。


 そしてそれは「手刀打ち」のコツに直接関係する為、きちんと体得してもらわなければなりません。もっとも、すぐに意識して変わる部分もあれば、いくらアドバイスしても数をこなすうちにまた戻ってしまうところもあり、その度にアドバイスすることになります。


 そういうことは既に理解済みのことではありますが、ぞの具体例をいくつか挙げますと、技の起点のフォームです。「打ち技」のポイントの一つにスナップをいかに利かせるか、ということがありますが、その為には前述の段階では掌の向きを意識しなければなりません。でも、技の極めの時のままのフォームになっており、何時スナップを利かせるか、という意識が見えない人がいます。


 また、インパクトの瞬間も同様で、そこで利かせるスナップの意識も必要です。


 この点については、見本を示した上で各自の「手刀打ち」を私の手で受け、その反作用から意識の有無による違いを一人一人に実感してもらいました。このようなところが稽古に時間がかかるところではありますが、きちんと理解してもらうために必要なことと考えています。それを本当に自分ものにするには時間がかかるかもしれませんが、イメージした上で数をこなす場合とそうでない場合は、その効果に大きな違いが出てきます。今はあまり差がなくても、そのイメージを持って稽古を続ける限り、必ずその結果は得られます。そのことを信じ、地道な努力を積み重ねてもらえればと思っています。


手刀内回し打ち  続いて行なったのが「手刀内回し打ち(しゅとううちまわしうち)」ですが、あいにく「内八字立ち」で行なっている画像が無く、型に出てくるシーンをアップしました。その為、立ち方が「正整立ち(せいさんだち)」になっていますが、この画像は「手刀打ち」のところだけをご覧ください。


 さて、この時も技の起点の状態に問題がある人がいました。前述のケースと同じ人ですが、クオリティアップのためのちょっとした動作に対する認識が不足しているのかもしれません。


 でも、こういう稽古の時だからこそきちんと修正し、今後に期待していくことになりますので、先ほど同様、技の起点と極めの際の状態の違いと、それが質の違いとなる「見えない技」としての要素の一つであることを説明しました。


 もっとも、そのアドバイスが意識されているうちはきちんとした状態になっていますが、ちょっと集中力が途切れると元の状態になっています。前述したように、こういうことはなかなかすぐに変わることはありませんが、意識を集中すれば変わるということを実感してもらうことはできました。後はその集中力をどこまで継続でき、やがてその動作が身体に染み込み、意識しなくても自然に良い状態で技を出せるようになれるかを必要に応じたアドバイスをしながら見守るだけです。


氷柱割り














 最後に行なったのが「手刀打ち下ろし(しゅとううちおろし)」ですが、これも稽古の時の画像はありません。


 この技の場合、上の写真のように試割の際によく見られますので、イメージとして氷柱割の写真をアップします。


 この日の稽古も、このようなことをイメージしながら行なってもらうといろいろなところで違うのでしょうが、ここではスナップのことは当然として、他には「手刀」の軌跡についてきちんと意識してもらいました。


 というのは、基本稽古として行なっているとこの点が曖昧になり、上肢の自重が十分に活用されない状態になっている人がいたからです。そういったちょっとしたところの意識の有無が技の質に影響する、ということは普段からお話ししているし、この日も同じ「手刀打ち」の稽古としてアドバイスしていることですが、技が異なればその意識がどこかに飛んでいくようです。


 具体的には、この技の場合、基本稽古での「手刀」の軌跡は正中線上にならなくてはなりませんが、左右の肩の上方からの打ち下ろしになっているのです。当然、軌跡は床に対して斜めになりますが、それが上肢の自重を十分使いこなしていないことになります。


 ですからここでは、剣を振り下ろす時のイメージで行なうように、ということをお話ししました。加えて、実際に剣を持った時の手首の使い方の様子も想像してもらい、その際のスナップの使い方もまた技の質に影響することを実感してもらいました。


 稽古生のレベルがハラバラの為、どうしてもうまくできていない人のほうの話が中心になりますが、そういう状態だからこそまだ途上の人の場合、上級ステージの様子も分かる、ということになります。


 今日は「手刀」の話だけで終わりましたが、「裏拳」の場合も同様に稽古が進み、そのまま後半の稽古へと進みました。長くなるので今日はここまでしますが、その話は別の日にしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。