中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

NEW !
テーマ:

 昨日の続きで、私が担当したBBK(ボディバランス空手)のクラスの話です。


 この日は最初は一緒に稽古したけれど、後半は2組に分けて行なった、ということを書きました。昨日は合同で稽古した次の内容について書きましたが、今日はこの日の最後に行なった稽古の話です。


 タイトルからお分かりの様に、最後は「基本型(きほんかた)」で締め括りました。これまでの稽古のまとめとしての意味ですが、この日に行なった内容のエッセンスがいろいろ詰まっています。この組の道場生の場合、在籍も長いので、型の流れ云々ではなく、質的にどうアップできるかを意識しており、今回もその点からアドバイスをしていきました。


 それぞれ個性がありますので、アドバイス内容についてはこれまでお話ししたことと重複するところもありますが、それだけそこは間違いやすい、あるいは重要な個所といったことですので、各自気を引き締めて臨んでもらいました。


四方割 用意から裏拳打ち




















 型の前に稽古していた「転」を意識した稽古に通じるのが、「四方割(しほうわり)」の「裏拳(うらけん)」のところです。


 上のイラストは用意の状態から足を引き、方向はそのままで行なっていますが、名称通りこの後、四方に対して行ないますので、そこでは「転」の意識が不可欠になります。


 その際、自身の動きの中心になるのが文字通り身体の中心軸になるわけですが、その意識は最初のこのフォームにも活かされなくてはなりません。ここでの「裏拳」は「打ち」の要素を持ちつつ「受け」として用いるものですが、内八字立ち(うちはちじだち)」から「交叉立ち(こうさだち)」に至る際の丹田の落としによるパワーアップが必要な技です。


 そこには明確な中心軸のイメージングが必要であり、この意識が希薄であれば、「裏拳」による技の質は著しく低下します。立ち方の変化に伴う丹田の変化と「裏拳」のシンクロがどこまでできるか、というところに注目することになります。


 もちろん、「裏拳」自体の用法にも見逃すわけにはいかず、特に手首のスナップの使い方は注視しました。


 この両者のタイミングがうまくマッチすれば良いのですが、よく見ているとスナップが効いていないとか、丹田の落としがぎこちなかったりしています。問題点についてアドバイスすると多少改善しますが、今後の課題の一つです。


四方割











 この「四方割」で「転」を意識するもう一つのところと言えば、上のイラストにある「拳槌打ち(けんついうち)」の箇所です。ご覧のように、輪転して打っていますので、「転」の意識そのものの動作です。


 この時よく注意しているのが、中心軸のことは当然として、上肢の動きによって姿勢を乱さないように、ということです。


 時折、上肢を大きく動かしすぎ、そのせいで全身のバランスを乱してしま人がいますが、この日はいませんでした。ただ、どこを狙うか、というコントロールが曖昧で、少々上のほうになっているケースはありましたが、これはアドバイス後、すぐに修正されました。


 「打ち」としての質をアップするには、インパクトの瞬間に手首を回旋することが必要ですが、「極め」の感じには少々物足りなさを感じます。でも、できるだけその様にしようという意思は感じます。後は瞬間的な身体操作が必要になりますが、最初のところが意識されている分、少しずつ良い状態になっていくことでしょう。今後に期待したいと思います。


前進後退














 今度は「転」の意識からのことではありませんが、中心軸の観点から注目したのが上にイラストの技です。この動作は、「前進後退(ぜんしんこうたい)」の中に登場します。


 ご覧のように、側方から攻撃に対して「下段払い(げだんばらい)」で対応し、「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」で反撃をする、というものです。


 この時、特に注目したのが「下段払い」のところですが、「鷺足立ち(さぎあしだち)」になっています。相手からの攻撃に対して片足で立っているわけですから、中途半端な意識では自身が崩れてしまいます


 だからこそきちんとした中心軸の確保が必要とされ、たとえ1本足で立っていても姿勢がグラつかないくらいの安定度が必要になります。


 残念ながら、そこまで臨むには無理がありますが、少なくともこの動作の時にバランスを崩さないように、ということでやってもらいました。続いて行なう「足刀横蹴り」までその意識は必要なのですが、股関節が難かったり、問題があったりすればふらつきやすくなります。この日の参加者の中にそういう方もいましたが、そこは上手くバランスを取り、見た目はきれいになっていました。そこから少しずつ、質的にも良い状態になっていくことを期待しています。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の話の続きです。


 BBK(ボディバランス空手)での稽古ですが、基本の「移動稽古(いどうげいこ)」終了後、今度は」を意識したテーマで行なうことになりました。


 その際、「移動突き(いどうづき)」の延長として「輪転突き(りんてんづき)」、「反転突き(はんてんづき)」を行なうことも考えましたが、最近やっていなかった「四方突き(しほうづき)」を行なうことにしました。


 前述の「輪転突き」・「反転突き」の場合、「移動突き」として行なうならば前方に歩を進めながらになりますので、ここではちょっと設定を変え、四方に方向転換をしながら突くということで設定レベルをアップすることにしたのです。


返し突き





















 この「四方突き」の稽古では、上のイラストに示した「返し突き(かえしづき)」がきちんと行なえるかどうかが大切になります。突く方向が四方という場合、前後という方向の意識は不可欠であり、また身体意識の養成としても中軸軸やそれを活用しての「転」の身体動作の稽古は必須です。


 そのため、実際には「四方突き」に先立ち、この「返し突き」からスタートしました。


 この場合、足裏の処理が大切です。ドタバタした大きな足の踏み変えを行なわないためには、「上足底」と「下足底」を上手く活用し、いずれの方向を向いても正しい「正整立ち(せいさんだち)」がキープできるようにしておかなくてはなりません


 昨日のブログでも書いたように、この日は湿度も高く、足裏にも汗をかいていた人がいましたので、それが運足時のブレーキにならないように注意してもらわなければなりません。無理をすれば、足裏の皮が剥けてしまうこともありますので、あまり急激に動かさないよう注意してもらいながらの稽古になりました。


 そのせいか、足裏に関するトラブルはなく、動きも思ったよりもスムーズでしたので、そこから「四方突き」を行ないました。


 具体的な動きとしては、その名称通り四方に運足しつつ突く、というものです。


 上のイラストで説明しましょう。


 最初は「追い突き(おいづき)」を行ない、「返し突き」で180度転身します。その様子が上のイラストですが、最初の「突き」が後方になっています。あいにく、イラストでは最初に後方に向かって突いていますが、そちらを正面とイメージして動作を考えてください。この場合、右足を1歩踏み出して突いていることになります。そして、「返し突き」により左拳で突いています


 「四方突き」の場合、ここから右足を90度右方向に踏み出して突き、さらにそこから「返し突き」を行ないます。ここまでを1呼吸で素早く行なうのが「四方突き」です。踏み出す足は、最初に右を動かした場合は右のみになりますので、反対の動作を行なう時は全て左足が動くことになります。


 その動きが前方と90度横、というのが「四方突き」の動作としての特徴になります。


 1呼吸で行なう、ということに際し、目から入る情報が目まぐるしく変化するために頭の中が混乱するのか、突く方向が分からなくなる人が出てきました。その為に動きが止まってしまったり、立ち方や「突き」自身の乱れも出てしまう人がいます。


 それでは「四方突き」として稽古する意味がなくなりますので、今回は素早く転身して突く、という点はとりあえず無しにして、方向を間違えないようにということで行ないました。


 その結果、だんだん崩れなくなりました。


 それは右足を動かす、ということでの話で、続いて行なった左足を動かす、ということになったら様子が変わりました。左右が違うだけで同じ動作だと説明しても、実際に身体を動かす側になるとそれまでのこととの関係から、同じく90度転身するところで間(ま)が空いてしまいます。1回引っ掛かってしまうと、その後も同じようなミスが多くなるため、ここでもスピードよりもきちんと身体を動かすことを優先し、こちらの号令に合わせるのではなく、自分の心の中でカウントし、そのリズムでやるように、ということをアドバイスしました。回数をこなすうちに少しずつ良いほうに変化してきましたが、同様の稽古を今後も続けることで、少しずつ身体の中に動きが染み込んでいけば、と期待しています。


前蹴り  さて、「四方突き」が終わると「四方蹴り(しほうげり)」の稽古です。


 「突き」の部分を「蹴り」に変えて行ないますが、使用するのは「前蹴り(まえげり)」です。


 簡単に言うとそれだけのことですが、「突き」と「蹴り」とでは身体の使い方が異なります。


 というのは、「突き」の場合はずっと両足が床に着いたままですが、「蹴り」の場合は技を出している時には片足になり、転身のタイミングも足を着地させた後のことですから、身体操法の意識も異なることになります。


 それがどのようなことになるのかですが、転身を意識しすぎるとまだ足が着地する前から方向転換しようとし、それがバランスを崩す原因につながることがあります。


 また、着地の後に転身する場合、転身までに間延びし、おかしな拍子になることがあります。


 いずれも「蹴り」ゆえの問題点となりますが、この日の稽古でもその懸念が的中しました。「四方突き」に比べると、全体的に問題点が出やすく、蹴る方向があやふやになってしまう人もいます。


 基本的には前述の通り、「四方突き」に準じていますので、90度横に蹴るところがありますが、そういう「蹴り」に慣れていない分、身体のほうが一瞬拒否しているのかもしれません。


 拍子が途切れることが続くと、できない自分に気持ちが向いてしまうのか、変な苦笑いが出て、動作そのものを止める人がいます。それでは意味がないので、ゆっくりで良いのでまずは続けましょう、ということで継続してもらいますが、そこからスタートすることで少しずつ質を向上させていくことになりました。


 こちらとしても一気に上級者の動きになるとは考えていませんし、むしろどこからスタートすべきかが分かるほうがアドバイスもしやすいものです。そういうことが分かった分、稽古の意義がありました。「四方蹴り」の場合、「前蹴り」以外でも行なえますが、それはもっと後にとっておき、しばらくはきちんと下肢の操作ができるようになることを目標にしたいと思います。


 稽古はこの後、「基本型(きほんかた)」を行ないましたが、長くなるので今日はここまでにしたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日のBBK(ボディバランス空手)の話ですが、最初は新旧一緒の稽古になりました。これまでは慣れるまでということで別々でしたが、少しずつ一緒に稽古する時間も増やしていこう、ということで合同になりました。


 でも、それは「移動突き(いどうづき)」のところまでで、そこから先についてはまた別々の内容で稽古することになりました。幸い、BBKの場合、常時2名で教えているため、このような態勢が可能になります。


 ただ、「移動突き」の稽古と言っても「連突き(れんづき)」であったり「輪転突き(りんてんづき)」、あるいは立ち方を変えた「突き」といった具合にいろいろなケースがあります。


 そういった複雑な「移動突き」を要求してもまだビギナーの人にはできるはずもなく(教えてもいませんので)、基本的な内容で行ないました。


追い突き














 まずは「追い突き(おいづき)」です。


 湿度が高かったため、足裏が床に密着するような感じになり、足が引っ掛かるようなこともありましたが、長くやっている方については、そのような場合を除けば概ね良い感じで行なっていました。


 突く時の高さ、立ち方など、基本的なところは問題ありません。強いて言うなら、1本1本の力強さということがありますが、BBK自体、武術としての質を要求しているわけではありません。その為、直真塾のレベルでは見ないようにしています。ですから、この点は多少要求の度合いは低くなりますが、それでも長くやっている方の場合にはだんだん質的にもアップしており、こういうところは教えていて嬉しいものです。


逆突き



















 続いて「逆突き(ぎゃくづき)」による場合ですが、この「突き」もパッと見た目は問題ありません。


 ビギナーの方の場合、どうしても腰のキレのことは気になりますが、まずは立ち方をはじめとした全体のフォームがある程度意識されているかどうかを確認することが先ですので、「突き」の質をよりアップさせるための身体操作の点については、これから少しずつ意識してもらうことになります。


四股突きの移動














 新旧の差は「四股突き(しこづき)」の時に出てきました。


 これまでの「移動突き」では「正整立ち(せいさんだち)」にで行なっていましたが、ここでは腰を落した「四股立ち(しこだち)」です。


 この姿勢はビギナーにとってはなかなか大変で、上体の姿勢をキープすることもできない人がいます。どうしても前傾になってしまったり、腰を落とすことができない、というケースもあります。


 当然、「突き」に集中することができず、全体的に見て「四股突き」の様相を呈してません。


 この辺りは長くやっている方との差が出てきやすいところではありますが、一緒に並んで稽古すると如実に感じられます。


 それでは「正整立ち」の場合はどうだったかということですが、厳密に言うならばやはり差はあります。しかし、歩幅や腰の高さなどの関係で「四股立ち」よりも下肢にかかる負荷が異なるため、「四股立ち」のようなアラが目立たなかった、ということです。いずれこの点にまで言及れば、アドバイスすべき点はいろいろ出てくることになります。あくまでもこの段階では、ということでの話です。


前蹴り










 基本的な「移動突き」が終わったら、「移動蹴り(いどうげり)」に移りました。


 ここからは新旧のクラスを分け、ビギナーの組はもう一人のインストラクターに任せました。


 「移動蹴り」の最初のテーマは、上のイラストにある「前蹴り(まえげり)」です。


 あまり細かなアドバイスがいらないクラスなので、数をこなすことにしました。道場の端から端を何度も往復するわけですが、だんだん足の挙がり方が低くなってきます。脚の疲労度が増してきているのでしょう。頃合い見て終了し、水を飲むことを促しました。結構な汗が出ており、水分の補給をしてもらったわけです。


 この後、「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」まで行なう予定でしたので、それが終了してからの水分補給でも良かったのですが、ここで休憩を取ることでリフレッシュを図ったわけです。


 というのは、足先まできちんと意識し、「足刀」のフォーム作りなどがいい加減にならないようにしたかったためで、疲れてくるとそこまで気が回らなくなるのでは、という配慮があったからです。もっと上のレベルになり、身体がそのフォームを覚えている、というところまで行っていれば良いのですが、そこまでになるにはまだ時間がかかります。休憩を上手く活用し、この段階で意識した正しいフォーム作りをしてもらいたいと考えたわけです。


足刀横蹴り

















 水分補給兼休憩が終了したら、移動しながらの「足刀横蹴り」です。


 前述のように、ここでのチェックポイントの一つが「足刀」のフォームですが、親指と他の4指の状態は教えた通りになっています


 休憩が良かったのか、あるいはそのような身体操作が身に付いてきているのかはともかく、結果的には良い状態です。


 「蹴り」の左右差が見られるケースもありますが、このグループの場合、概ね良好で、この意識で次の稽古に移っていくことしました。ただ、そこまで書くと長くなりますので、今日はここまでにしておきたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古ですが、「形(かた)」に特化した内容になりました。


 具体的にはタイトルにある「鎮東(ちんとう)」ですが、鳥の動きを模倣した「形」であり、大変変化に富む技の構成になっています。それだけに、武技の伝承としての存在だけでなく武術体作りにも大変有効です。この日の稽古はここに焦点を絞り、各動作の確認を通じてそこからいろいろな武技に通じる身体意識を練り、また武術に必要な身体作りのためのポイントをアドバイス・稽古していきました。


 一応全体を通しましたが、後半のほうまでなかなか時間が回らず、少し急ぎ足で行なったため、その点はまた改めて行なうということにしました。前半は同じ動作をポイントを意識しつつ何度も繰り返せましたが、ここでも大切なところがたくさんあるので、そこから一つでも良いので自分のものにしてもらえればと思いつつ、稽古を進めました。


鎮東 初動作













 上のイラストは、用意の状態から1挙動目までの動作を表わしていますが、まずここからアドバイスがスタートしました。


 似たような動作が「抜塞(ばっさい)」の同じく初動作にあり、よく混同されます


 しかし、「鎮東」と「抜塞」とでは似て非なる動作であり、具体的には上体の向きに注意しなければなりません。「抜塞」ではほぼ正面を向きますが、「鎮東」では半身になります。それが意味する武技としての内容については簡単に説明しましたが、その点について稽古した人もいます。そのため、きちんとその様になっている人もいますが、混同してしまい、「抜塞」のような感じになっている人もいます。当然アドバイスの対象になりますが、「抜塞」の身体操作が身に付いているのか、なかなかしっくりこないようです。稽古をスタートして間もない頃でしたので、時間をかけ、ある程度しっくりくるまで、何度も繰り返し行ないました。


 というのは、上体の向きだけでなく、それに絡んだ軸足の処理や身体の中心軸のコントロールといった点もアドバイスの対象として存在したからです。この2つには互いに密接なつながりがあり、中心軸の意識と共にこの姿勢での丹田の意識をきちんとすることで、しっかりした武術体として成立します。その為の軸足の膝の角度や絞りといったところにも留意してもらうようにアドバイスしました。


 中心軸については、軸足となる右足に乗っていなくてはなりませんが、中にはかかとを浮かしている左足のほうに少し体重が移動し、中心軸の位置が少し前方になっている人がいます。その様な人に対しては、奥足に中心軸が位置する様、フォームを直しました。


鎮東 手刀押さえ受けから手刀打ち









 続いて2挙動目・3挙動目のところですが、上のような動作になります。


 いずれも「手刀(しゅとう)」で押さえるような感じになっていますが、それぞれに武技としての意味があります。簡単にその点についても言及しましたが、前述の通り、この日の稽古目的はそちらに発展していくようなことではなく、「形」で培う武術体作りにウエイトを置いていますので、この動作の意味するところは口頭のみになりました。


 前述の通り、この日のメンバーの場合、「鎮東」の分解。解説を稽古したことがある人もいれば未経験の人もいます。前者の場合、口頭での説明でも分かるはずですが、後者の場合、その具体的な内容をきちんと理解したかどうかは不明です。いずれ稽古することになるでしょうが、この日はそこまで行なわないのは前述の通りです。


 そこでここで注意すべき身体意識についての話ですが、一つは「手刀」のコースです。特に右側のほうですが、イラストにあるように少々大きめの動きになります。千唐流の「形」の場合、必要以上に強調する動作が少ないところが特徴であり、シンプルなのですが、ここではちょっと異なった印象になっています。それが何を意味するのかが「形」の解釈になるわけですが、ここでも簡単に説明するにとどめました。


 もう一つ大切なことが、立ち方の変化による中心軸の乱れのことであり、冒頭の部分以上に気を付けなければなりません。これは奥足のフォームの変化と上肢の動きにより、どうしても前足のほうにウエイトがかかるようになり、人によっては前傾姿勢になっているケースもあります。あくまでも中心軸は奥足のほうにキープしておかなくてはならず、そのような状態そのものが武術体作りとしても意識しなければならないのです。


鎮東 手刀押さえ受けからの手首の返し














 そして4挙動目が、重ねた「手刀」を手首を中心に回旋させて突く、というものですが、上にのイラストは回旋の様子までを示しています。本来の動作としては「突き」まで行なって一つの挙動になりますが、ここで難しいのがこの回旋の部分ですので、あえてここだけをピックアップしました。


 「形」の動作としては手首を離さないようにしながら素早く回旋させ、突くと同時に奥足のかかとを踏み抜くような感じで落とす、ということになります。


 前述の通り、この奥足に中心軸が存在しているからこその動作なのですが、先ほどこの点にこだわったのがこの流れになるからです。もし、この時に前足のほうに中心軸が移動しているようでは奥足の踏み落としによる「突き」のパワーアップは望めず、それは近距離からの「突き」の質の低下となり、せっかくの武技としてのこの動作の意味が失墜してしまいます。


 だからこそ、どこに中心軸が存在し、それをどう活用するかということをきちんと念頭に置いて武術体として練り上げるか、という意識が必要になり、今回のようなアドバイスになったのです。


 実は、ここまででこの日の稽古時間の半分くらいを使ってしまいました。冒頭、「形」の後半は急いだということを書きましたが、実際には4挙動目までに時間をかけすぎたわけです。結果的には最後まで簡単に説明し、身体も動かしましたが、急いだ分、頭にも身体にも残りにくいことがあったと思われますので、その点は改めて稽古したいと思っています。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 武術において、腰や下半身が重要ということは、この道を歩む人であれば誰でも知っています。だからこそ、本物志向であればその鍛錬を怠ることはありませんが、残念ながらウェイトトレーニングで行なえるようなものではありません


 というのは、筋肉単体であればそれも可能ですが、武術で必要な筋肉の使い方というのは単体の筋力を強化するだけでは十分ではなく、それぞれの筋肉の働きの統合の中から得られるパワーを必要とするからです。


 以前、あるテレビ番組で古流空手を修行している先生と、筋肉ムキムキのボディビルダーのような方との力比べで行なわれましたが、空手の先生の勝利でした。もっとも、ボディビルの場合、見せるための筋肉作りという要素が強いと聞いていますので、こういう企画に合うかどうかは分かりませんが、少なくともそれなりのトレーニングをしなければ見せる筋肉もつかないわけですから、単に見栄えだけではないと思われます。


 しかし、実際に人の動作として筋肉を活用しようと思う場合、それに即した身体の使い方が必要になる、ということなのです。ある程度、武術として鍛錬している方の場合、武術体作りの一環として筋肉についても意識しなければならず、その為の稽古も行ないます。武技に必要な体力がなければ技はかからないということを知っているからですが、その点は踏まえた上できちんと使う為の鍛錬も怠らない、というのが武術としての姿です。


 今日のブログの冒頭でこのようなお話をしたのは、土曜日の稽古の後半の内容と関係があるからです。昨日、土曜日の後半の稽古では3グループに分けた、という話をしましたが、その内に1組は「形(かた)」でした。


 そこでのテーマは、いろいろな動作の解釈というより、その動きが有する鍛練的な部分が主体であり、前述の武術体作りにも関係する内容、という意識で行ないました。その際に出てきた質問や説明が今日のブログでお話しすることになったテーマですが、その動作は次の箇所です。


抜塞 下段払いから返し突き





















 イラストだけでは分かりにくいと思いますので、補足解説します。


 この動作は「抜塞(ばっさい)」の一部で、「弓勢(きゅうせい)」と呼ばれる動作から180度転身して「下段払い(げだんばらい)」を行ない、その直後に間髪入れずに「返し突き(かえしづき)」を行なう、というところです。


 ここでどういう身体操作が必要になるかということと、それがどのような腰や下半身の練りに関係するかですが、そこには立ち方の変化と方向転換が関係しています。


 動作の様子をご覧いただければお分かりの様に、「四股立ち(しこだち)」から「正整立ち(せいさんだち)」になりながら転身しています。腰の高さの変化と共に身体の向きの変化、ということが合わせて行なわれているわけですが、ここで必要なことは異なった性質の動作を淀みなく行なう、という点です。この意識と腰・下半身の動かし方が練りになる、ということをここでは気付いてもらったのです。


 「抜塞を稽古している人たちの様子を見ると、立ち方の変化による腰の高さの変化と、転身時に必要な腰・下肢の動かし方の連動が無く、本来は1拍子で行なうところが2拍子になっているのです。それはここで生み出されるはずの下肢の伸びと腰の回旋によるパワーの合体が行なわれないことを意味し、本来は「1+1=2」となるべきところが「1+1=1.5」くらいの感じになっているわけです。


内八字立ちと四股立ち  そうなる理由の一つを、この稽古生の様子からお話しすると、その一つが立ち方の問題です。


 左のイラストはそれぞれの立ち方の関係性を示していますが、ここで注目してほしいのが「四股立ち」の歩幅です。千唐流の基本立ち方の一つに「内八字立ち(うちはちじだち)」がありますが、「四股立ち」は「内八字立ち」からつま先を外ら開き、その歩幅で腰を落とします


 そして、「内八字立ち」は組手に時に多用される「正整立ち」へ変化する時の基準となる立ち方でもあるのです。


 つまり、「四股立ち」と「正整立ち」は「内八字立ち」を中心に変化しており、その中でそれぞれが関連し合っているのです。この点が1対多数の戦いを可能にする立ち方の変化に対応するベースになり、「形」の稽古ではこの関係性を前提に腰や下半身を練り、それに合わせて武技を磨くことになるのです。


 ところが、この流れが上手くいっていない人の場合、「四股立ち」の歩幅が必要以上に広くなり、転身時に無理に脚を引き寄せる状態になっており、そういう動作のロスが全体の動きに悪影響になって現れているのです。


 「四股立ち」に対して腰を落とすことが鍛錬とばかりに、過度に低くしているケースを目にすることがありますが、度が過ぎた腰の落としは逆に土台としては弱くなります。これば試してみれば分かることですが、思ったよりも当たった時の反作用に耐えられないものです。


三十六歩 地の構え












 ただ、「形」の中にはあえて原則から離れ、腰を深く落としている動作を含むものもあります。


 それが上のイラストにある「三十六歩(さんしーる)」の「地の構え(ちのかまえ)」ですが、別名「鍛錬腰」とも呼ばれます。


 武術では原則はあってもそれ以上のストレスがかかってくる状況というのは常に想定しておかなくてはならず、このような腰・股関節・下肢に大きくストレスをかける稽古を普段から行なっておくことで、より強固な土台作りを行なうことがある、という認識が必要です。


 前述の「四股立ち」については武技として用いる場合に必要なことであり、ここでの意識は鍛錬としての要素を重視している、と考えれば理解できることです。なお、この動作自体も武技として意味を持っていますので、稽古ではその意識も忘れずに行なうことが大切です。


 他グループの話はできませんでしたが、機会があればご紹介したいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 土曜日の稽古の話です。


 全体の流れとしては最初に全員で同じことを行ない、後半は3グループに分け、基本や型の確認、「形(かた)」の集中稽古、手解きというテーマでの稽古でした。


 今日のお話は前半の稽古の話ですが、偶数でしたのでペアを組んでもらい、約束組手を行ないました。具体的な内容については、この日の出席者の状況を見て判断することにしていましたので、まずは攻撃技の設定だけをし、各自の攻防の様子を見た上で具体的な技のアドバイスをすることにしました。


刻み突き




















 そこで攻撃側の技ですが、今回は組手でもよく見かける「左上段刻み突き(ひだりじょうだんきざみづき)」です。受ける側の技は自由で、それに伴う反撃もその時の状態で各自で判断してもらうことになっています。


 咄嗟の判断が必要になりますが、互いにパターンを決めて行なう場合よりも実戦に近くなる分良いのでは、と思い行なったわけですが、全体的に見て受ける側の様子が今一つピンときません


 料理で言うならばスパイスが効いていない、といった感じで物足りないのです。


 もっとも大きな理由は約束組手ということでの真剣味の不足ということでしょうが、それに伴い、反撃技の迫力が欠けています。全体的に冗長な感じがしており、相手が本気で攻撃した状態なら受け切れないのでは、という感じもあります。


 だから、この日は反撃云々の前にしっかり受けることを意識してもらうことにしました。実際の攻防においても「受け」は重要であり、できるならば相手からの攻撃は1本ももらわず制したいものです。その為にはしっかりした「受け」は必須であり、この日の意識の中心はここに特化することにしました。


 でも、どのような「受け」を意識するかということがきちんと意識されていなければならず、今回は反撃をより容易にするためにという点を考慮し、「崩し」まで考慮した技にしました。その際、いくつかの技が考えられますが、今回選択したのは、タイトルになっている「背手受け(はいしゅうけ)」です。


背手  左のイラストが「背手(はいしゅ)ですが、手刀(しゅとう)」の形状で手の甲側を用いる技です。「受け」としてだけでなく、「打ち」としても用いることがあります。


 今回は「受け」として用いましたが、単なる形(かたち)だけで行なえばその用を成しません。「受け」として用いる意識に慣れていない人もいるかもしれませんが、実は「形」の中にも登場していますし、この日の稽古生は全員、その稽古もしています。


 具体的には「二十四歩(にーせーし)」にある技で、最後のほうに見られます。直真塾ではこの「形」を稽古している人が多く、試合でもよく演武しています。当然、「形」の分解・解説も何度も行なっていますので、用法としての理解しているはずであり、試合の中でも「背手受け」のイメージで受けているシーンを見ることがあります。


突きと受け2















 それが上の写真です。


 ここでは「背手」というより背腕で受けていますが、手首の返しの様子から「背手受け」の身体意識であることが伺えます。この写真は少年部の様子ですが、瞬間的にはまるで約束組手のような感じになっています。


 こういうシーンを見るたびに約束組手の重要性を改めて理解しますが、この日の稽古はここから1歩進めたものです。


 それが今日のタイトルになっている「崩す」ということですが、写真のような感じではそこまでは至りません。それは攻撃側が最初にお話しした「刻み突き」ではない、といったことではなく、どの部位を受けるか、ということです。


 もちろん、前提としては「刻み突き」であることも考慮しなければなりませんが、どの部位を受けるかということも重要なポイントで、今回はよくある相手の手首付近をその対象とするのではなく、肘付近にしてもらいました。


 ここから先の話は上の写真からは異なった様子を想像していただくことになりますが、残念ながらその画像はありません。だからこそ、想像という言葉を用いましたが、前提は互いに左側を前に出しているという通常のパターンです。


 そこから前手による「上段刻み突き」を仕掛けてくるわけですが、それを受ける側も前手による「背手受け」を行ない、応戦します。ただし、受ける部位が手首付近ではなく、相手の上肢の肘付近になる、というわけです。


 このことを現実化するには、構えが縮こまっていては不可能です。ですから、受ける側は通常よりも前手の肘を伸ばしたような構えであることが必要で、相手の「突き」の伸び具合を見極めつつ、通常とは異なったタイミングで受けることが要求されます。


 この「受け」の難しいところの一つはこの点で、ちょっとでも誤ると相手の攻撃が入ってしまいます。もっとも、タイミングといった点だけを見るならば、それは「受け」一般にも言えることであり、そういうところからは数をこなし、この「受け」の場合のタイミングを体得することで解決します。


 しかし、今回は単に受けるのではなく、そこから「崩し」にまで発展させなければなりません。


 ここで必要なので「背手受け」を単なる形だけでするのではなく、上肢の中心軸を明確にし、受けた際に自分の上肢のフォームが崩れないようにしなければなりません。このような武術体としての基礎の有無がこの技のポイントになりますが、分かり易く言えば、「受け」の瞬間に「背手」のフォームが崩れてしまい、相手から押しこまれるようなことがないようにしましょう、ということです。


 そういう意識の上で自分の上肢を外側に返すようにすることで崩すわけですが、その際、攻撃側の体軸をしっかり読み、それを無意識の反射等も活用しつつ「崩し」を行ないます。この点は文章では書き切れない「見えない技」の話になるので割愛しますが、その時の感覚は全員に体験してもらいました。崩される時の感覚を体験することで、それを今度は逆の立場になった時に活かしてもらうためです。「見えない技」の伝承というのは体験が不可欠ですから、このような稽古になるのですが、そこからの反撃は容易です。ここから先は、各自の判断でやってもらいました。


 この日の前半の稽古は、このようにして終了しました。前述のように、稽古は続きますが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 同様のテーマでこれまで2回、ブログにアップしましたが、その時は立ち方と「突き」についてお話ししました。


 今日は「蹴り」がテーマになりますが、その中で「前蹴り(まえげり)」についてお話ししたいと思います。


 基本的な「蹴り」には「前蹴り」の他、「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」、「回し蹴り(まわしげり)」、「後蹴り(うしろげり)」の4種があり、その他にもいろいろな技があります。でも、「形(かた)」を見れば明らかですが、他の流派も含めて「前蹴り」が最も多く用いられています。そういうところから、最近の試合では「回し蹴り」が多く見られる傾向にありますが、ここではこの「前蹴り」についてお話ししたいと思います。


前蹴り2








 上のイラストは、「前蹴り」の様子を分解して表わしたものですが、一旦膝を引き上げ、その後、膝のスナップ活用して蹴り出しています


 このこと自体、流派を問わず共通事項なのでこのブログの読者の方ならご存知のことだと思います。


 ただ、こういうテーマで書く時には初心者が陥りやすい間違いや、特に意識してほしいポイントなどを入れることがこのブログの特徴なので、これまでのシリーズ同様、前述の視点によるお話しをしていきます。


前蹴り 膝のかい込み  左のイラストは、最初にアップしたイラストの右から2番目の部分だけを抜き出し、説明しやすいように赤丸で囲ったものです。便宜上、AとBに分けてあり、まずAのことからお話しします。


 膝のかい込みのところですが、この意識が不十分なまま蹴る人がいます。その場合、「蹴り」の大切な要素の一つである膝のスナップの活用ができなくなることがあり、最悪の場合は股関節から蹴っているような状態になります。武術を知らない人たちが喧嘩の時に蹴っているような状態、という感じですが、「蹴り」としての威力はありませんし、全体的なモーションも大きくなるため相手から悟られやすく、武技としては機能しません


 まずはしっかり膝のかい込みを実践し、蹴る位置によってその位置を変化させます。例えば中段を蹴る場合、大腿部の角度を床と並行よりもやや上にするくらいの角度が必要で、膝の高さをその条件に合致するくらいにします。


 その際、大腿部と下腿部の角度にも注意し、なるべく鋭角になるようにします。


 よく見かける悪いパターンとして、この角度が鈍角になっているケースがあり、これでは膝をかい込んでも膝のスナップを効果的に活用することはできず、結果的に押し出すような「蹴り」になってしまいます。


 したがって、膝に関する注意点としてはターゲットの位置によりかい込む高さを調整するということと、その際の膝の角度を意識する、ということになります。


 ただ、それは蹴る時の話で、武技として意識するならば「引き」の際にも注意しなければなりません。よく見かける問題点としては、引く時に膝の高さが低くなることです。


 動作の基本原則として、出す時と引く時は同じ軌跡であることが大切で、それは自身の中心軸の安定にも関係します。


 Aで囲ったところについては、蹴り出す時と引く時のいずれの場合にも留意しなければならない、ということです。


 続いてBのところですが、足首の角度です。


 初学者の様子を見ていると、この点の認識が不十分で、足首が伸びた状態になっているケースを見かけます。一部の流派ではそのような状態から「前蹴り」を行なっているところもあるようですが、もし蹴り足が途中で交錯した場合、足首や指のダメージが大きくなります。基本は足首を反らし、「上足底(じょうそくてい)」を相手側に向けるくらいの状態を作ります。下肢を一つの塊として前方に蹴り出すイメージで行なう、ということになりますが、その意識が固い「正拳(せいけん)」で突く場合と同じ状態を作るのです。


前蹴り 上足底  そこで次に意識しなければならないのが、実際に相手との接触部位になる「上足底」の状態です。


 具体的には足の指を反らし、親指と第2指の付け根の部分で蹴ることになりますが、よく相談される問題点の一つが指が反らない、ということです。


 その状態で蹴れば、「上足底」が当たる前に指が当たり、結果的に突き指をしてしまう可能性が高くなります。もっとも、あえて足指の先で蹴る「足尖蹴り(そくせんげり)」という技もありますが、貫手(ぬきて)」のように足の指先で蹴ることを前提にしっかり鍛えることが条件になります。


 これはそれだけでかなりの時間を要する鍛練になりますので、まずは「上足底」による「蹴り」を稽古してもらうことになります。


 「足尖蹴り」の場合、最低、指先で自重を支えられることが必要ですが、その様な指の鍛錬のベースになるのが正しい立ち方であり、その際に床を掴むような感じで立つことが基本になります。そうした地味な身体操作が次のステージの武技へとつながっていくことになりますので、決して表面的な動作にばかり目を向けるのではなく、地味な継続があってはじめて成り立つこと、という認識が不可欠です。


 今回、シリーズとして基本のことについて綴っているのは、実は上のレベルの技は、基本からのつながりで成り立つものであり、漫画の必殺技のようなわけにはいかない、ということを改めてお話ししたかったからです。


 機会を見て他のことについてもお話しすることもあると思いますが、たまにはそういったベーシックなことを振り返るのも良いことだと考えます。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 このブログの検索ワードを見ていると、拳が握れないとか、きちんと「正拳(せいけん)」を握るためには、といったことを悩んでいる方が多いように思われます。1週間単位で見ても、言葉は変わりますが毎週何度も見ています。


 空手道の基本でありながら、生涯悩むことが多いという「正拳」の握りですが、具体的な内容についてはそれぞれのレベルで異なります


 実は私自身、「正拳」の握りについてはまだまだ悩むところがあり、一般的なことでは問題ないにしても、もう一歩踏み込んだところでは自身の未熟さを感じています。


 しかし、「正拳」の握りについて最初に悩むことと言えば、指の問題との絡みが多くなります。中には、突き指によりきちんと指が曲がらなくなった、という話も多く、これは深い意味での「正拳」の握りの悩みというよりは、肉体的な条件が関係していることです。そして、そういうことについては具体的な解決策があります。


 実際、稽古で突き指をした場合、それこそ武術の活法術として対応しています。


 ただ、そういう場合、すぐによく見かける指を引き抜くようなことを行なうわけではありません。もし、骨にヒビが入っていたり、骨折をしていたりすればその引き抜きの行為がマイナスに作用することもあります。


 ですから、その可能性がある場合はまずきちんとレントゲンで確認する必要があります。この意識は私自身、癒しを生業としているからこその意識であり、色々なケースを念頭に置いて行なうべき行為を選択しなければならない、ということからの話です。


 今日のブログのテーマも、この視点からのものであり、たまたまスポーツ整体のコースでの授業中、突き指のことが主訴例として出てきたことによります。ブログのカテゴリーも久しぶりに「活殺自在」になったのも、その授業がきっかけですが、症例として出されたのはリアルなことからで、15年くらい前、大学の空手部で稽古している時に蹴りを受けそこない、左手の薬指の第1関節を突き指し、今でもそれが原因できちんとした拳が握れない、という話です。


正拳の握り







 上のイラストは、空手道を稽古している人なら誰でも認識しているはずの基本的な「正拳」の握り方の順序を示したものですが、今日の話の具体例としては、真ん中の図の時に薬指が曲がらない、という状態です。このような状態では当然、まともな握りができるわけはないので、空手道を稽古している立場からは良い状態とは言えません。


 状況を好転させるにはまず、現状の把握が必要になりますが、もし骨の変形があるようであれば整体術による改善は難しいでしょう。時間が経過しすぎている場合に考えなくてはならないことですが、それは人により異なるわけですから、きちんとチェックしなければなりません。


 客観的にその状況を理解しようとすればやはりレントゲンにより骨の状態を知る必要がありますが、簡易な方法としては健側と患側の比較を行ない、その差を指で感じることです。条件としては指の感性が必要になりますが、これはマニュアルで身に付くものではないので比較をする、という経験を積む中で各自が身に付けなくてはなりません。今回は授業として行ないましたので、その違いを説明した上で触れてもらい、可能な限り微妙な相違点を感じてもらうようにしました。


指・手首の関節



















 その際、きちんと把握しておかなければならないのが手の骨格の様子です。


 上のイラストはテキストから引用であり、教室では骨格模型も用いて説明しました。


 今回のケースできちんと意識しなくてはならないのは、薬指の末節骨と中節骨で作る関節部分であり、骨の微妙な盛り上がりのところです。左右を比較することで、患側の問題点を指で感じることが大切です。


 その上で、左右を同じような状態にするには、というのが具体的な施術内容になりますが、その詳細はブログでは割愛します。実際に現場でその様子を見なければ分からない手の内の部分があり、見ていても説明を聞かなければ分からないことがいろいろあります。さらには、実際にその時の指の動かし方を自身で体験する、ということも大切であり、実はこのようなことが技術として伝承していく上では必要なのです。言葉では言い尽くせないところ、ということですが、詳細な説明を割愛したのは、技術の内容は人の身体の好転に関係することなので、中途半端な伝え方はしたくない、というところからのこととご理解ください。


 ただ、この時に出席した人には、ここでお話ししていないことはきちんと聞いてもらい、体験もしてもらいました。その再現がどこまで可能かは今後の各自の精進によりますが、この日の施術の結果に関してはきちんと出ました。かなり指の屈曲が可能になり、「正拳」の握りもしっかりしてきました。このことについては全員でしっかり確認したことですが、改めて技法の中の「見えない技」という存在の大切さを理解してもらうことになりました。


正拳3  確認の意味も含め、改めて「正拳」を作ってもらいました。


 最初に左右の「正拳」を見た時、何となく芯ができていないような感じだったのが良い具合に変化しています。最初の段階では利き手ではない分、握りの甘さもあったのではとも思っていましたが、原因は指の曲がり具合にあったわけです。


 指先まできちんとコントロールすることが武技としての身体操作になりますが、ここでもそれが確認されたわけです。


 その後、その場突きも試していましたが、「正拳」がきちんと握れているためでしょうか、鋭い「突き」になっていました。末端部の身体感覚の違いが、武技全体に良い影響を与えた好例でした。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古の後半の話です。


 先日お話しした通り、前半は全員で基本稽古として「打ち」を中心に行ないました。後半は2組に分け、そのうちの1組が「形(かた)」に出てくる「受け」の解釈について稽古しました。ここで稽古した内容は「正整(せいさん)」と「壮鎮(そうちん)」の2つですが、今日は前者に出てくる「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」の部分についてのお話になります。


正整 用意から中段外受け

















 上のイラストは「正整」の最初の動作のところですが、用意の状態から左足を1歩進めつつ「中段外受け」を行なっています。この時、「形」では呼吸と一緒に身体を締めながら行ないますが、イメージとしては相手の勢いに負けないだけの気迫と身体意識が必要になります。


 一般的な考え方であれば、より「受け」をきちんと行なおうとする場合、適切な体捌きを伴ったものにしよう、という考えもあるでしょうが、体捌きの中にはあえて前方に出るケースもあります


 以前、「八方の捌き」をテーマにブログを書いた時、具体的な捌きの方向を示しましたが、そこにもしっかり前方への捌きを示してあります。


 しかし、相手の攻撃のベクトル上に入り込んでいくわけですから、普通に行なえばカウンターとなり、捌きどころか自殺行為です。


 だから、こういう場合はしっかりした「受け」の存在があってはじめて成し得る捌きとなりますが、こういう動きは那覇手系の流派によく見らます。最近はユーチューブといった画像投稿サイトがあり、今まではなかなか見ることができなかった動きも容易に見ることができます。


 その中で那覇手系の流派で行なっている「中段外受け」の場合、外側方向に弾くといった「剛」のイメージによる「受け」というより、相手の「突き」のコースを逸らすといった感じでで受け、いともたやすく間合いを切っています。接近戦を得意とする流派の特徴をしっかり体現していますが、「正整」のこの動作もそのように理解することで武技としての意味が理解できます。


 そのような意味でこの「受け」を行なう場合、前述したように相手からの攻撃の勢いに負けるわけにはいかないところから、そのような身体意識で臨むよう、身体を締めながら前進する意識で行なう、ということは理に適っています。このような稽古を通じ、瞬時に身体を締めることができれば、万が一の際にも耐えうるだけの鎧としての筋肉を作動できるでしょうし、相手とぶつかっても押し込まれる可能性は低くなります。


 また、呼吸と共に行なうという身体操作は、そのまま「丹田」をも活用する身体意識にも通じ、まさしく武術体作りの鍛錬形としての側面も持つことになります。「形」の名称が「正しく整える」という漢字になっていることにも、意味深です。


 さて、このような「受け」の場合、前述のように相手からの「突き」のコースを逸らすための「見えない技」が必要になりますが、それは脇の締めであったり前腕の回旋です。


 那覇手系の流派の場合、「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」は首里手系同様、しっかり弾くようにスピードとパワーを意識することになりますが、「中段外受け」については呼吸と共に前腕の絞りを意識した動きで稽古します。素早く弾くような「受け」には不向きな稽古ですが、この日に稽古した「受け」の意識の場合は大変しっくりくる基本稽古であり、身体の操作法になります。


 この日の稽古ではこの「外受け」の身体操作の内容を変えたパターンを複数行ない、その違いを実感してもらいましたが、相手からの「突き」を逸らす、といったことが受けられている側としても理解できた、という感想が出てきました。それにより副次的効果として、勢いがあればあるほど自身の軸も乱され、バランスを崩してしまうことも体験してもらいました。


 でも、受ける側の身体操作が不十分であれば、相手の勢いに自分の動作のエネルギーが加味されるわけですから、やはりつぶされてしまいます。だからこそ、「形」の意味を理解し、その身体意識のまま実践できるような武術体作りが不可欠になります。


 今回の稽古の場合、そういう点を改めて理解してもらうにも役に立ちました。


正整 解説  間合いを詰めつつ受けているイラストを探しましたが、今回稽古した想定によるものは見つかりませんでした。


 左のイラストは相手から「突き」を橈骨側から受けていますが、この日の稽古では尺骨側から受けています


 つまり、イラストとは逆方向で受けていることになりますが、どちら側で受けているかはこの後の展開に大きく関係してきます。いずれの場合にもそれなりの理がありますが、今回の稽古は上のイラストとは逆方向で行なった、ということを頭に入れておいてください。だから、上のイラストは前進しながら受ける、という点だけ重なっている、ということになります。


 この日の稽古のテーマは、単に受ければそこで終わりということではありません。武術としての稽古ですから、ここからの反撃まで意識しなければなりません。


外受けから上段突き  そこで示した具体例の一つが、左のイラストの技です。


 ただ、最初にお断りしておきますが、上のイラストとは受ける側が逆になっています。一つ上のイラストは相手からの「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」を左足を1歩踏み出し、「左中段外受け(ひだりちゅうだんそとうけ)」で受けていますが、上のイラストでは受ける側は右中段外受け(みぎちゅうだんそとうけ)」の後の反撃として行なっています。


 この動きこそ、前述のように相手の「突き」を逸らす際に必要な状態であり、だからこそイラストの様な反撃も可能になります。


 つまり、この技は相手から「突き」を逸らした後、相手の崩れに乗じて受けた側でそのまま相手の上段を突く、という流れになっているのです。相手の乱れとカウンター的な内容になるため、間合いから想像するよりははるかに強力で、しかも近間ゆえに急所を狙ってもきちんとヒットする可能性も高くなります


 こうなると、受ける側が有利な展開になっていますが、稽古では最初に攻撃を仕掛けた側が有利になるよう、受けられた後の展開についても解説し、実践して体験してもらいました。


 そこまで書くと長くなりますし、画像が無いので割愛させていただきますが、武術的には大変面白い展開になりました。その様な発想と、それを担保するだけの武術体作りに、さらに精進してもらえればと思っています。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古の話の続きで、最初に行なった基本の数稽古の様子です。


 この日は「打ち」を中心に行ないましたが、その内容は昨日お話しした「手刀打ち(しゅとううち)」と、今日お話しする「裏拳打ち(うらけんうち)」です。実際に稽古した内容は後者のほうが多いのですが、あいにく関係する画像が少ないので、イメージしにくいところがあると思います。その点はご了承ください。


裏拳  今回のような基本の確認、ということがテーマの場合、最初に技を教えた時のように意識すべき細かなポイントについての説明からスタートします。


 在籍が長い道場生の場合、それこそ耳にタコができるほど聞いていることでしょうが、技によってはポイントが曖昧なっていたりすることもあるかもしれないので、全員の耳に入るよう説明しています。


 昨日お話しした概念と共通することに手首のスナップがありますが、「裏拳打ち」でもしっかり意識してもらわなければなりません。


 ただ、「手刀打ち」の場合は前腕の回旋と「橈屈」・「尺屈」の意識が重要で、「裏拳打ち」の場合は前腕の伸展・屈曲と「掌屈」・「背屈」が大切です。一口に手首と言っても、スナップを活用する際に意識しなければならない曲がる方向には違いがあり、それは関節の構造によります。効果的にスナップを活用しようという場合、この点をきちんと認識しているか否かが重要であり、その上で具体的な武技の理を認識しなければなりません。


 その上で、「打ち」の場合、いかにしなやかに上肢を使えるかが大切になりますので、実際に打つ場合はそういった関節の特性を活用し、緩急を上手くつけ、外から見ているとしなるような動きになっていなくてはなりません。そのような意識が無い場合、上肢が1本の棒のような固いイメージの動きになってしまい、武技の質としては低いものになってしまいます。「裏拳打ち」の稽古に際しては、まずこのような基本認識の確認からスタートしました。


 そして最初に行なったのは、正面の相手の顔面に対して打つ、というものです。そのイラストが無いので文字だけになりますが、構えとしては両「裏拳」を自分の顔面の前に持ってきます。そこから正面にスナップを利かせて「裏拳」を放つ、というものですが、拳は出しっ放しではなく、引くことまでを一つの動作とします。


 先ほど、しなる様な動きになるようにと言いましたが、基本稽古としてはこの点をしっかり認識しなくてはならず、その動作がきちんと武技になるようにするための意識です。肘、手首が順に伸びるように動いていき、その先に「裏拳」として使用する部位が時間差で目標に到達するイメージで行ないます。拳の部分を肘・手首のスナップの分を加算して飛ばしているような感じですが、その際には脱力しておくことが大切で、「極め」の瞬間だけ締める、ということを行ない、武技としての緩急とします。


 なかなか説明通りの様子にはなりませんが、上級者の場合はその通りになります。やはり稽古の重ね方が違うからですが、後輩に対しては良い刺激になるはずです。


 今説明したことは、「裏拳打ち」の他のバージョンにも共通することであり、それぞれの稽古でも意識してもらいました。技によって固有のポイントもありますが、その点はこのことにプラスして説明しました。


裏拳顔面打ち








 上段に対する「裏拳打ち」は正面だけでなく、側方に対しても行ないました。「左右顔面打ち(さゆうがんめんうち)」ということになりますが、上のイラストは「形(かた)」の中で側方に対して「裏拳打ち」を行なっている様子です。


 今回の稽古の場合、基本のその場稽古として行ないましたので、「形」に登場する「裏拳打ち」とは様子が異なりますが、イメージとしてご覧ください。


 この日の稽古では、両肘を横に張るような感じにして置き、両拳の手の甲を上にし、そこから左右の顔面の位置に向かって打つ、という内容で行ないました。そのため、打つほうと反対側の拳は胸の位置にあります。「形」の場合、反対の拳は腰の位置になりますが、それがこの日の稽古との違いの一つです。


 また、「形」では打った拳を引かず、「極め」のところでは鋭く細かい振動が感じられるくらいの動きにします。基本では引くという動作で行なうことを、一見静止しているように見えている中で行なうわけです。これも「見えない技」の一つですが、小さな動作に見えても、実はこのような身体操作により複雑な動きにならなくてはなりません。基本で引くという動作を強調するのは反対のベクトルを意識させる為であり、実際に武技として使用する際には、そういう動作を一見静止しているように見える中で行ない、重い技にしているのです。


 さて、この技で意識してもらうことの一つに、「打ち」の軌跡があります。上肢の軌跡が作る面の角度ですが、床に対してなるべく垂直に近くなるようにします。この意識が抜けた場合、前述の角度が甘くなりますが、ここでは拳や前腕の自重をきちんと技に乗せるように心がけなければなりません。それが軌跡を意識してもらう理由になりますが、実際には「裏拳」が鼻の前を通るように、というアドバイスをしました。中には肩関節の可動域の問題から、そのような角度を取ることが難しそうな人もいましたが、極力意識して正しい軌跡になるよう努力してもらいました。


 「裏拳打ち」の稽古としてはこの後、左右の中段打ちや「回し打ち(まわしうち)」まで行ないましたが、前述の通り説明に必要な画像がない為、その話は割愛します。また「裏拳打ち」の話をする際には、写真でも撮っておきたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。