中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

武の究極、活殺自在を学びたい方

  ⇒活殺自在塾


エクササイズ・護身・健康に興味がある方

  ⇒ボディバランス空手


快整体術をプロとして学びたい方(全国可)

  ⇒快整体術研究所


直真塾で千唐流空手道を学びたい方

  ⇒快整体術研究所にお電話ください

NEW !
テーマ:

 昨日の続きで火曜日の稽古の話にしようかとも思いましたが、各回共通の「形(かた)」のことがしばらく取り上げていないので、今日はその中から一つお話ししたいと思います。


 その話は火曜日の稽古にも通じることなので、その意味では昨日のブログの続きにもなります。これからのブログで「形」の話をする場合、しばらくは複数の日にまたがった話になるとしてご覧ください。


 さて、今日のタイトルの中に「角構え(つのがまえ)」という文字が入っていますが、これは「壮鎮(そうちん)」という「形」に出てくる動作です。このブログでは「形」と動物の動作についてお話しすることがありますが、「壮鎮」の場合、牛の動作をイメージします。「角構え」というのはその代表的な部分であり、「形」全体を通じて牛の力強さを意識して行なうようにすることで質が変わってきます。


壮鎮 角構え  左のイラストが「角構え」を表わしていますが、両上肢のフォームが名称通り、牛の角をイメージさせます。


 稽古の際にもこのフォームから独特の力強さを感じられるようにならなければなりませんが、慣れない内はなかなか難しく、両上肢の位置関係すらもあやふやになりがちです。


 先日の稽古では、このフォームでの力強さを測るため、「角構え」同士で崩し合いをしてみました。分かりやすいように中段の部分、上段の部分という表現で説明しますが、前者の場合、前腕部分を当て、互いに圧を加え、グラつかないかどうかを確認します。


 後者の場合、両手を掴んで「形」のようなフォームになるよう引っ張り合う、ということを行ないますが、正しいフォームをキープする身体意識や身体操作の部分が不十分であれば崩されてしまいます。


 単なるフォームを作っているだけの場合と、それを担保するだけの身体の使い方ができているかどうかを見極めるための確認例ですが、こういうことを行なうことで、改めて動作に魂を入れる、という意味を理解してもらいました。


 ところで、イラストの中で1ヶ所、奇異に感じるところがある、と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。具体的には、立ち方です。


 一見「四股立ち(しこだち)」のようですが、よく見ると右足のかかとが浮いています


 「壮鎮」では4方向でこの「角構え」を行ないますが、いずれの場合も右足のかかとを浮かし、その状態も含めて「角構え」と呼ばれます。方向や左右が入れ替わった場合、動きやフォームも対称に変化しがちですが、この「角構え」の立ち方に関しては全て同じです。ここに、ある身体操作のポイントが秘められています。


壮鎮 角構えから拳槌打ち

















 この「角構え」に続く動作ですが、上のイラストに示してあります。


 ここでは上段に構えた側で「拳槌打ち(けんついうち)」を行なっていますが、同時に先ほど説明した浮かしたかかとを床に強く踏みつけます


 「角構え」の際、方向によって上肢の状態は入れ替わりますが、前述のように足のかかとはいずれの場合も右側だけを浮かします。ですから、方向が変われば、上のイラストも異なってくることになります。


 ここでなぜ、同じ右側のかかとだけを浮かし、「拳槌打ち」の際に床に強く踏みつけるようにするのかを考えなければなりませんが、基本の約束組手がなぜ右側で「追い突き(おいづき)」で攻撃するパターンになっているのか、という理由と関連付けて考えると紐解くことができます。


 その前提ですが、人間の身体の重さは内臓の関係で左右差があり、右側が重くなっています。その違いはわずかですが、その違いすらも武技の質の違いとして活用すべく身体を使うことを意図するからです。同様に、「壮鎮」のこの動作も、その重さの違いを活用し、かかとを床に打ち付けた時の反作用のパワーを技に乗せるための身体操作、と考えることで理解できます。


 これまで、「形」稽古の目的は武技の伝承と武術体作りにある、と説明してきましたが、このような動きは武術体作りの具体例でもあり、武術的な身体の使い方という「見えない技にも通じることです。動作だけに囚われるのではなく、その奥に潜む部分を理解することで、さらに質の高い武技を身に着けていただきたいと願っています。


壮鎮 角構え 解説2













 さて、「角構え」の分解・解説の一例ですが、上のイラストに示してあります。ここまでは「形」通りの動きですが、解釈としてはここから先もあります。今回その部分は割愛してありますが、いずれご紹介することもあるかもしれません。


 前述のように、ここは「形」通りの動作なので、その稽古の中で武技の質を磨くことができます。だから、この「形」を稽古している人にはその旨を告げ、「角構え」から「拳槌打ち」へと連続する箇所については、分解・解説の様子を頭の中でイメージしながら行なうようにとアドバイスしています。


 すると、より強く打ち込もうという意識が強くなりすぎるのか、極めの際のフォームに問題が出てくるケースがあります。


 具体的には、極めの位置が内側に入りすぎている、上肢の動かし方に意識が行きすぎ、上半身が斜めになっている、あるいは腰が外側に出ている、といった状態になっているのです。極めの位置については当たってからのフォロースルーを意識し、本来の位置よりも深くしているのかもしれませんが、「形」として行なう場合はそこまで求めていません。それは「見えない技」の部分と理解し、イメージの中で実践するところです。


 他のことについては身体の中心軸の意識との絡みになりますが、武技全体に必要なことです。中心軸が歪めば、その分、質の低下を招きますので、要注意です。稽古の際、自分のフォームを鏡で確認するようにアドバイスしているのですが、実際に動く際にはその意識が抜けてしまうのかもしれません。繰り返しが必要なところです。


 他にも前腕の中心軸と打ち技の関係性などを説明しましたが、長くなるので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古ですが、3部に分けて行ないました。


 第1部がペアを組み、テーマに沿って攻防を稽古する、第2部が組手、第3部が「形(かた)」という具合です。今日は第1部の話になりますが、その中でも大別すると2パターンあり、そのうちの一つについてお話ししていきます。


 その具体的な内容がタイトルに示してありますが、ここでは相手からの攻撃に対して、回転技で反撃する、というものです。動作が大きい分、ちょっとした拍子の違いで相手から動きを読まれ、反撃を外されたり、逆に裏を取られたりしやすいので多用はできません


 しかし、タイトルにもある通り、意表を突く意識で行なう場合は効果的で、今回はそのイメージで稽古してもらいました。


 このところ、ペアを組んでの稽古が続いているので道場生も理解していますが、反撃技のみを意識するのではなく、その前の「受け」の部分が重要ですし、この日の技の場合、相手がどう攻撃してきた場合に対応するものなのか、という設定が必要です。


 今回のような場合、「誘い」の部分が不可欠であることはよくお話ししていることですが、それが自由組手を約束組手化するための工夫の一つになります。そのためには「構え」を大切にしなければなりませんが、未だにこの点の意識が不十分の人がいます。


 もちろん、アドバイスの対象になりますが、約束した範囲での稽古でできなければ、とても実戦の場で応用することは無理です。これから都大会、東日本大会、世界大会と続いていくので、試合をきっかけにこの意識を定着できるよう、しばらく何度も同じことを言い続けていくことにしたいと思っています。


刻み突き  さて、相手からの仕掛け技ですが、「上段突き(じょうだんづき)」にしました。


 左のイラストは「刻み突き(きざみづき)」を行なっている様子ですが、上段であれば「逆突き(ぎゃくづき)」でも「追い突き(おいづき)」でも構いません。要は上段に対して「突き」で仕掛けてきた場合、という設定なのです。


 仕掛け技についても限定していたほうが反撃する側のパターン化しやすい部分があるでしょうが、設定条件を緩くすることで少し実戦に近くし、そういう中での反応も稽古したかったからです。


 ペアを組んで行なう際、最近はこのようなケースが多くなっていますが、意図を理解して稽古してもらうことを期待しています。


 その際の「受け」ですが、これも最近お話ししているように、「崩し」の要素を意識してもらうようにしています。その「崩し」の部分如何で武技全体の様相が異なってきますが、ここしばらく同様の意識で稽古してもらっている関係からか、この日の稽古ではあまり強調しなくてもその動きが自然に出ている人がいました。


 さすがに全員というわけではありませんでしたが、少しずつ浸透していることに進歩を感じます。その動きが実戦の場でもスムーズに出てくるまでには時間がかかるでしょうが、1歩ずつでも進歩のあとが見えるようになれば良いので、ここは焦らずやっていきたいと思っています。


螺旋打ち  受けた後の反撃技のイメージです。


 運足や手のフォームが実際の稽古内容とは異なりますが、回転しての打ち技で反撃、という様子を示していますのでアップしました。


 実際に行なった内容としては、相手からの「上段突き」に対して、前手の「掌底(しょうてい)」による「落とし受け(おとしうけ)」を行ない、姿勢の「崩し」を図ります。


 「受け」と同時に相手の右方に奥足を動かします。この時、イラストのように相手側に動かすのではなく、当てる時の間合いを前提に、腰に負担がかからないようなところに足を置くようにします。


 これは相手の踏み込みと合わせ、瞬間的に判断しなければならない「見えない技」に相当する部分なので、こういうところを稽古で培うと理解してもらいました。


 手のフォームですが、イラストのように「手刀(しゅとう)」を用いても構いませんし、他には「拳槌(けんつい)」、「裏拳(うらけん)」も可としました。こういうところは各人がもっとも使いやすい技で、ということにし、ここも少し幅を持たせることで実戦の意識に近づけました。


 その部分で言うならば、足の置き所の関係でイメージよりも間合いが近くなった時、ということも考えておかなければなりません。事前の話として前述の拳形を用いた反撃よりも短い間合いになったら「腕刀(わんとう)」や「猿臂(えんぴ)」の場合もあり得る、ということを話しておきました。


 きちんと運足を意識できた場合は、最初に挙げた3つの拳形で間に合うと思われますが、実践の場での技の広がりとして理解してもらいました。


 「突き」で攻撃してくる場合、一般的には上肢の長さから、下肢を用いる「蹴り」と異なり、仕掛ける間合いは短くなります。でも、効果的な運足により、「蹴り」の間合いと思われるところからでも「突き」で仕掛けてくる場合があります。そういう時は、「蹴り」で反撃することも可能ですので、そのパターンも稽古しました。


回転足刀蹴り2  そして、その時に使用したのが左に示した「回転足刀蹴り(かいてんそくとうげり)」でした。


 イラストでは上段を蹴っていますが、稽古ではいろいろなレベルの人がいますので安全策として中段を狙ってもらいました


 「蹴り」で反撃するパターンとして以前、「待ち蹴り(まちげり)」として前足による「前蹴り(まえげり)」、「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」の場合を稽古しましたが、余計な動作がない分、素早く対応できる技になります。


 でも、今回は回転という動作が入る分、前述のパターンよりは時間がかかります。武術の世界ではほんのちょっとした時間差で明暗が分かれることになりますので、意表を突くというメリットはありながらも、時間で足を引っ張られないようにしなければなりません。


 そのためには、相手の動きと回転を同調させることが大切ですが、これも「見えない技」の範疇です。稽古によって練り上げていくしかありません。


 ただ、ちょっと意識してもらえれば武技としての質をアップできるところもあります。逆に、その意識がなければ相手の勢いに負け、蹴ったほうの姿勢が崩れてしまい、技の威力が減じてしまう場合もあります。結果、「蹴り」を使わないほうが良かった、と思わないとも限りません。


 その為のポイントの一つが軸足で、最低床と垂直、できれば少し相手側に倒れているくらいのほうが支えとしては適切です。でも、よく見かけるパターンはその逆になっており、だから当たった時にバランスを崩す結果になるのです。


 そうならないためには腰の位置をきちんとコントロールし、少し相手側に飛ばすようなイメージで行なうくらいがちょうど良くなります。その際、膝を曲げすぎる人もいますが、伸びすぎても曲がりすぎても駄目です。支持脚としての適切な角度を身体で覚え、その状態をキープすることが大切です。


 バランスの維持が難しくなる原因の一つに、上体の前傾があります。上手く活用すれば、上段を狙ってくる相手の攻撃に対しての捌きになることですが、過度に上体を倒せばそれもバランスを崩す原因の一つになります。


 そういったフォームの意識もまた、「見えない技」の一つになりますので、稽古を通じ、適正な状態を身体に染み込ませていただきたいと願っています。


 稽古はこの後も続きましたが、長くなりますのでこの後の話は後日にさせていただきます。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の続きです。


 先週の土曜日の稽古では、グループによっては接近戦を前提に、「崩し」から「打ち」で極める、ということも行なっていました。今日はそのお話ですが、間合いの関係から防御するのが難しく、相手を「虚」を上手くつけたら大変効果的な極め技になります。


 そういう意識で行なう場合、単なる打ち技では効果を期待することが難しく、だからこそその直前に「崩し」を行なう、というプロセスを意識します。


 ただ、そういう場合、最初のステップである「崩し」を中途半端に行なうケースが多く、ちょっと手が触れる程度で極め技を放つ、というパターンが多くなります。「崩し」を「受け」に置き換えた場合も同様ですが、それは約束事だから通用することであり、本気モードの時は極め技の前段階も同様に意識し、一つの武技としての質を有していなければならないのです。


 ここでの稽古は、単に動作としての技ではなく、そういった武術として必要な意識までも含み、稽古してもらいました。以下、具体的な技について説明します。


背刀打ち










 まずは「背刀打ち(はいとううち)」で極めるパターンです。


 ノンコンタクトルールでは時々見かける技ですが、フルコンタクトルールの試合では見かけることはありません。


 というのは、この技の場合、上段に対する場合が有効で、上肢による上段攻撃が認められていないフルコンタクトルールの場合、有効打にならないからです。


 でも、同じように実際に当てる防具付ルールの場合、上段に対しても「突き」や「打ち」が認められ、有効打と判断されれば1本になります。つまり、ルール上効果的な技として活用できることから、試合でも見かけることがあるのです。技の軌跡が特殊であること、用いる際の間合いが近いため防御が難しいことなどから、きちんと使いこなせれば、現実的に効果的な技になります。


 今回は、その意識で稽古してもらったわけですが、単に上肢を振りますだけでは武技になりません。打ち技ですから、手首のスナップの意識が必要であり、前述したように技の軌跡の意識も必要になります。


 特に後者の場合、客観的に見ていても技の質として分かりますので、まずはその点からアドバイスしました。その際、全体的な武技のイメージは技を出し、ヒットした後は同じコースを辿って元に戻す、ということを意識してもらいました。


 これは当たった後、そのまま上肢をだらんと下げてしまう、というケースが散見されるからですが、これでは「残心」を意識した行為とは言えず、仮に当たったところまでOKでも、ポイントとして認められるかどうかは、前述の「残心」の観点から「?」がつきます。


 このように、試合を前提とした話はもっとも理解しやすいから行ないましたが、実は同じ軌跡をたどって元に戻すという行為の場合、身体の中心軸を意識しなければならず、一連の動作はそのトレーニングにもなる、という理解が必要です。そして、その意識の活用は、「見えない技」として武技の質をアップさせることになり、技がヒットした瞬間の反作用を支えるベースにもなり、威力がよりアップすることになるのです。


 この中心軸の概念は、最近のスポーツ界では体幹部を意識するということでも注目され、その為のトレーニング法もいろいろ考案されているようです。空手道の稽古でも取り入れいているところもあるようですが、本来はきちんと基本や「形(かた)」を練る中で身に付けていくべきところであり、その意識が武術としての稽古なのです。


 体幹部を意識させる、といった表現になると、さも新しい概念のようなイメージを持つ人もいらっしゃるかもしれませんが、武術では当然の概念であり、目的に合った稽古法も存在している、ということなのです。


掌底押さえ受け  さて、この時に用いた「崩し」の技ですが、適切な画像がなかったので、それに近いものをアップします。


 設定としては相手が「追い突き(おいづき)」で攻撃した場合、ということになりますが、それに対して体捌きを行ないつつ、「掌底(しょうてい)」による「落とし受け(おとしうけ)」を行ないます。


 その際、自分の方に引き込むようにしつつ、同時に相手の中心軸を前傾させるように下方に落とします


 文章で書けばこういう感じになりますが、実際に行なう時にはその角度が重要になります。その角度の取り方が「見えない技」になるわけですが、その違いについては体験してもらいました。


 その中にも複数の要素がありますし、各人の癖も考慮しなければなりませんので、ここは個別指導が必要な個所になります。


 でも、そういう細かなところを意識して稽古し、その感覚を自分のものにしてしまえば、「崩し」のイメージを身体が覚えることになります。それが数をこなす稽古の目的になりますが、その前に技としてのイメージングを明確にすることが早期に高みに至る際のポイントになるのです。ここでも、千葉周作の至言、「技は理より入るが易し」が生きてくることになります。


 稽古はこの2つの動作を合わせて一つの武技として行ないますが、その融合がなかなか難しい、という人もいます。いずれかに意識が行きすぎていたり、「崩し」と「極め」に妙な間があったりするのです。あるいは、単独の「背刀打ち」ならともかく、合体技となると引きの意識が抜けてしまう、というケースもあります。


 つまり、一つの武技をきちんと行なうには複数のポイントが存在することになりますが、それを同時に一定のレベルで満足させるというのが難しい、というわけなのです。


 その傾向は、次の技の稽古に入っても見られました。


裏拳打ち  長くなってきたので簡単に書きますが、続いては「裏拳打ち(うらけんうち)」を極めにしました。


 そのイメージに近いのが左のイラストですが、今回の場合は掴みは行ないません。あくまでも「崩し」から極める流れになりますが、前述の説明同様、2つの異なった目的の動作が一つにまとまることが必要です。


 そして、今回の技の場合、前述の技とは異なった中心軸の活用の意識が必要になり、それに基づく身体操作も必要になります。


 最初の話が長くなりましたのでその詳細は割愛しますが、稽古生の感想としてはその身体操作が難しいようで、自分ではできているとは思っていてもほとんどの人が不十分でした。


 上半身の巻き込みが必要な技ですが、おそらくその話はきちんと説明しなければ伝わらないと思います。


 ただ、前述のようにそれを書くと長くなりますので、別の機会にお話ししたいと思います。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の続きで、第3部で行なった組手の話を書きます。


 今回、特筆すべきはタイトルに凝縮されていますが、トラブルがありながらもそれを感じさせずに最後まで続行したことです。その模様を画像と一緒にお話ししますが、この日、撮った写真はありません。ですから、写真はイメージとしてこの日の様子に近いものをピックアップしてお話しします。


緊張の対峙

















 戦いのスタートは穏やかなものでした。


 タイトルから考え、最初から激しい戦いになったのでは、と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではなかったのです。


 互いに相手の隙を伺うような感じで場所を移動しつつ、攻撃のタイミングを計っているような感じです。


 試合であれば、戦いを促すような状態です。


 しかし、直真塾の組手は人に見せるものではありませんし、自分で今が勝機、と思った時に行動すれば良いと考えていますので、互いにその機が見えなければ手を出さないこともあります。気持ちを練る稽古でもありますが、道場内組手だからこその状況と言えます。


 もちろん、フェイント的な感じで互いに仕掛けようとはしますが、それが効果的なのは相手が何かしらの反応をした時です。それで動じない場合、下手に突っ込んではカウンターを取られます。その稽古は先程行なったばかりなので、余計にそういった軽々しい動きができないのかもしれません。


組手 中段逆突き















 それでも、時間の経過と共に少しずつ動きが出てきました。


 互いに1本を取ろうと、積極的に攻撃を仕掛けます。そこには中途半端にフェイントをかけて、といったことではなく、しっかりした技になっています。


 しかし、互いにそうはさせまいと間合いを切ったり捌いたりしているので、なかなか思うように極まりません。時間だけが過ぎていきます。


重い中段突き















 試合時間も半分以上が過ぎた時、同じ道場生が「中段突き(ちゅうだんづき)」で2本、連取しました。


 今回、都大会で審判を行なう予定の道場生がその稽古も兼ねて主審を務め、他2名の副審を着けた状態で稽古しました。


 2本目の「突き」については主審判断でのことですが、位置関係から副審側からは見えにくいところでしたので、そのまま了承しました。疑問があれば副審を呼んで確認するところですが、主審の眼からは1本に見えたのでしょう。


 この辺りから、もう一方の道場生が変な動きをしています。一方の足を宙に浮かす仕草が増えているのです。そういう行動はこれまでなかったため、癖というわけではありません。そこで確認すれば良かったのですが、それがタイトルにあるトラブルに関係していたわけです。


1本! 中段回し蹴り
















 時計係のほうから「30秒前」というコールがあり、主審が「あとしばらく」と告げました。


 2本先取されている側としては足裏のことも気になるけれど、一矢報いたい気持ちがが優先したのでしょう


 ぎりぎりの時間で「中段回し蹴り(ちゅうだんまわしげり)」を放ち、3人の審判が同時に1本を宣する動作を行ないました。


 若干の時間が残っていましたが、その後は互いに有効打がなく、組手は終了しました。


 先ほど、足裏のことを少し書きましたが、その段階ではまだ具体的な状態は分かりません。


 組手終了後、ビッコを引いている感じになったところで初めて実際の様子を確認したのですが、足裏の皮がしっかり剥けていたのです。


 ちょっとした範囲であればブログでお話しすることはないのですが、今回の場合は拇指球から小指球にかけて3分の2くらいの範囲で剥けていました


 稽古の中での組手ですから、そのような状態であれば途中で中止を訴えても良かったし、その後の稽古のこともありますのでおかしいと思った時に申告して欲しかったのですが、同時にそういう状態でありながら平常心で時間一杯戦い、最後にきれいな「蹴り」で1本を取ったことは称賛に値します。さすが、過去に世界大会で入賞しただけのことはありますが、今年、また世界大会があります。今回の思わぬ怪我が及ぼす影響が心配ですが、今後はきちんとテーピングなどをして、足裏の安全も守りつつ稽古に励んでもらいたいと思っています。


 この時期ですから、化膿しないようすぐに応急手当てをしましたが、早く治ることを願っています。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古ですが、4部構成になりました。


 第1部は単独で行なう稽古で、今日のタイトルになっていることをテーマに行ないました。第2部は、その技の対人稽古ですが、列を作り、1人に続けて攻撃を仕掛け、それを第1部で稽古した技で返す、という内容です。第3部で防具を着けた自由組手、第4部が「形(かた)」という構成です。


 今日は第1部と第2部の模様を合わせてお話ししますが、2つの稽古の模様を綴るわけですから、ご紹介できる技の数は少なくなると思います。あらかじめご了承ください。


互いに構える  第2部の稽古では、決まった相手ではありませんが、左のイラストのように目の前に人がいます。


 戦いを想定しているわけですから、きちんと構える意識が必要です。


 第1部の場合、相手からの攻撃を前提に反撃するということを単独で行ないますが、目の前に相手がいなくてもその状況をイメージして行なうことが大切です。そのイメージングの質の違いにより単独稽古でも質が違ってきますが、口で言うほど簡単ではありません。そこには明確にレベルの差が現れています。それは第2部で実感することになりますが、まずは単独稽古で技のポイントを理解してもらいました。


 その場合、やはり構えの意識が重要で、隙がないようでいて相手を誘うためにわざと少し隙を作る、といった高度な内容を必要とします。このことは技の使い方を理解してもらうため、よく話していますが、まだこの意識が定着していない人の場合、ついそれまでの構えになってしまいます


 しかし、今回のように、実際に戦いの場で用いることを念頭に置いた稽古の場合、意識としては必須事項になります。


 第1部・第2部を通して、技の設定を実際の戦いでよく見かける「上段突き(じょうだんづき)」としましたが、相手がその気になって攻撃を仕掛けるには、構えを少し下げる、また、前手の威圧感を下げる、といったことが必要になります。


 だから、相手からの攻撃を封じるにはその逆を意識すれば良いのですが、パッと見には同じようなことに見えても、そのような意識の違いが質の違いとなって現れると理解しなければなりません。それが実感できるのは、ある程度の経験が必要になりますが、いつもこのブログでお話しするように、まず「」を理解し、その内容を身体に染み込ませるためにそのことを念頭に数をこなす、ということをやってもらいます。第1部・第2部とも、最初の確認はこの構えについてでした。


横屈立ちによる突き  左のイラストは、「抜塞(ばっさい)」に出てくる「横屈立ち(おうくつだち)」による「突き」ですが、最初に稽古した技はこの変形バージョンでした。


 具体的にお話ししますと、相手からの「上段突き」を斜め前方に移動して、あえて「受け」を用いずに体捌きでかわします。この場合の「上段突き」については、「刻み突き(きざみづき)」でも「追い突き(おいづき)」でも構いません。


 要は上段を狙って突いてきた、ということを前提としており、それを上肢を用いずに避けたわけです。場合によっては上半身を多少前傾させる場合もありますが、それは間合いなどにより調整することになります。


 上手くかわすにはギリギリまで相手を引き付けることが必要になりますが、なかなか度胸がいることです。そういった、いわゆる「見えない技」の類は要求してもまだ無理、という人もいますので、この点はあまり強くお話ししませんでした。でも、上級者にも理解してもらえると思ったので軽く触れた上で稽古を進めました。


 第1部の単独稽古の際、相手がいないためか、全体的にピリッとしたものがありません。レベルの差がありますので、平均値としてはそうなりますが、そういう様子を見たからこそ、あえて第2部の稽古を入れた、というところもあります。もしそうでなかったら、第1部で稽古する技の数を増やして進めていました。


 ただ、全体的に見たら、第2部の稽古を入れて良かったと思っています。やはり目の前に相手がいて、実際に攻撃を仕掛ける、という場面になったら、第1部では今一つだった人の動きが変化したのです。


 もちろん、それでも十分とは言えませんが、質的に変化したのは事実ですし、その繰り返しで上達してくるはずです。


 こういう稽古では、不確実に動く中での適正な間合いを体得することが必要です。自由組手ほどではありませんが、その前段階として必要な身体感覚になりますので、ここでは矢継ぎ早に攻撃を仕掛けてもらい、目まぐるしく動く中で適正な間合いを掴む稽古になりました。中には「突き」が届かない、あるいは近すぎて十分な威力を得られる間合ではない、といったこともありましたが、そういうことの繰り返しの中で上達する、ということを理解してもらいました。


足刀蹴込み



















 続いては「蹴り」で対応するパターンを稽古しました。


 イラストをご覧いただければお分かりの様に、具体的には「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」です。この「蹴り」を「待ち蹴り(まちげり)」として用いるわけです。


 これは相手の「突き」に合わせ、前足で蹴ることになりますが、全員を対象とした稽古ではありませんでした。


 というのは、股関節の調子が悪い人がいて、「足刀横蹴り」が無理だったからです。


 あえてこの話をしたのは、実際の戦いの場では、自分の体調のことは関係なく行なわれますが、その中では条件が許す範囲内で最大限の力を発揮しなくてはなりません


 だから「足刀横蹴り」はできなくても、○○だったら、という意識にならなければなりません。


 そこでその人にやってもらったのは、「前蹴り(まえげり)」でした。もちろん、「足刀横蹴り」同様、前足によるものです。


 ただ、中途半端な「蹴り」であれば、単なるストッピングになってしまいます。場合によっては、相手の勢いで自分の姿勢が崩れることもありますので、きちんはカウンターを取る意識で蹴ってもらわなければなりません


 「足刀横蹴り」の場合、腰をきちんと切ることができれば、使用部位もかかとの側方ですので、それなりの効果は期待できます。しかし、「前蹴り」の場合は質的に問題がある時、姿勢の関係から相手からの「上段突き」がヒットすることもあり、これでは「待ち蹴り」の用を成しません。


 ですから、ここでは膝のスナップをしっかり活用し、決して押し込むような感じの「蹴り」にならないよう意識してもらいました。これは相手に対する衝撃の伝え方に関係することになりますが、見た目は同じように見える技でも、具体的な使用時の内容によって異なった技になるのです。


 今回、「待ち蹴り」として「足刀横蹴り」を用いた理由の一つは、「蹴り」の特徴から相手が狙ってくる頭部が相手から遠くなるからです。


 戦いの際、間合いの取り方は極意の一つになりますが、それが技の特徴から自然に活用できるのであれば効果的です。そういう「理」を理解してもらうにも効果的だったと考えますが、そのことが本当に心の中まで浸透したかどうか、そしてそれが武技として再現できるかどうかについては未知数です。


 でも、たゆまぬ稽古の中で、少しずつ浸透してくれば幸いです。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古ですが、「形(かた)「を中心に行ないました。


 そのテーマでも2部構成にし、第1部は全員で同じ「形」を、第2部では複数のグループに分け、「形」別にという内容です。


 今日の話は第1部の内容になりますが、その中でも呼吸法を意識する部分がある「形」をテーマにしたいと思います。


 具体的には「二十四歩(にーせーし)」と「正整(せいさん)」です。このブログで何度も登場している「形」ですが、細かく言えばいろいろなポイントがありますので、その時の状況に応じていろいろなお話しができます。それが稽古の時のポイントにもなりますので、一つ一つを大切にしてもらい、自身のレベルアップを図ってもらいたいと願いつつ、稽古をしています。


 まず大前提のところからのお話ですが、タイトルにあるように、呼吸法を意識するというのは、武術体を作るのに効果的な方法であり、稽古では必須のことです。呼吸は武術的なパワーの発現にも必要ですし、その意識での稽古は相手からの打撃にも耐えうる肉体作りにも効果的です。もちろん、戦いに必要なスタミナ作りという側面もありますし、そういった武術として必要な身体の基本を練るにも有効な稽古なのです。


二十四歩 扇受け



















 上のイラストは「二十四歩」の最初の動作で、「扇受け(おおぎうけ)」の箇所です。那覇手系の「形」にはよく登場しますが、呼吸法と共に行なうこの動作は、呼吸法と共に「形」を練る、というテーマの典型的なものになります。


 両上肢のフォームからは、胸郭部の意識が不可欠になりますが、武術として行なう場合には「ハラ」の使い方も必須であり、呼吸としては腹式呼吸を意識しなければなりません。


 一般的に、腹式呼吸というと横隔膜の動きを意識させることが多くなりますが、武術として行なう呼吸法の場合、前述したように「ハラ」という概念が必要になりますので、それだけでは足りません。


 今回の稽古でもそうですが、この「形」の場合、全身の締めを意識してもらいます。それは下肢に対しても同様ですが、その動かし方と骨盤の動きを連動させることで、前述の「ハラ」の意識へとつなげます。


骨盤底筋










 具体的には上のイラストに示した「骨盤底筋」を意識することになりますが、下肢の動きに連動させてこの筋肉を締めます


 その作用は正しい骨盤を作る際にも大切であり、その状態が武技に必要な中心軸の確保の土台になりますし、大切な腰の動きの担保となります。


 もっとも、いくら口で大切と言っても、その意味が稽古生一人一人に伝わっていなければ魂は入りません。そこに身体の仕組みをどれくらい理解しているかが関わってきますが、それは個人差があります。直真塾の場合、整体術を生業にしている人もおり、そういう人には癒しと武術の関係から理解できます。しかし、そうでない人の場合、知識はあっても実感しにくいところはあるでしょう。


 ただ、何かの機会に活法的な意識で骨格調整の実際を体験してもらい、その後の身体の動きが変わった、という経験をした人は何人もいます。そこから腰の大切さを理解した、という人もいますので、そういうことの積み重ねで呼吸法と骨盤、武技の関係性を少しずつでも良いので理解し、その意識で稽古に励んでもらえればと思っています。


呼吸時の横隔膜・骨盤底筋














 さて、また呼吸の話に戻りますが、骨盤の動き、「骨盤底筋」の意識は横隔膜の動きとも連動しています。


 その様子を示したのが上のイラストですが、呼吸の状態と横隔膜・「骨盤底筋」の動きと同じになっているのがお分かりいただけると思います。


 武術の世界でよく言われる「ハラ」で呼吸するというのは、呼吸のこのようなメカニズムを言っているわけですが、こういうことを経験則として知り、武技に必要な身体作りの基礎としたものと思われます。


 身体の仕組みを知ることで、それまでは言われたからやっている的なことであっても、それは身体のメカニズムとして理に適っているものだった、ということが分かってきます。そのことがますますきちんと一つ一つの動作を大切にしなければならない、という思いにもつながってきますが、そういう流れが武術家としてのレベルアップになると理解し、稽古に励んでもらうことを期待しています。


正整













 続いて「正整」ですが、特に呼吸法を意識する箇所を上のイラストで示しました。


 真ん中に「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」の箇所がありますが、ここは通常通りパワフルに、スピーディーに突きまずか、左右の「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」の箇所が呼吸と共に行なう箇所です。右側の場合、全身を絞るように行なうところから、「絞り受け(しぼりうけ)」とも呼ばれます。


 「扇受け」の場合、両上肢を同じように動かしますので、胸郭に対しても同様に作用しますが、上のイラストのように左右別々になれば、実際の動きとしては微妙に異なった影響を与えることになります。


 ただ、実際の戦いでは、「扇受け」のように左右同時にというケースが圧倒的に少ないために、呼吸法を伴った鍛錬としても均等に行なうだけでなく、左右別々の場合も意識し、そういう稽古をバランスよく行なうことが必要です。そういう意味から考えれば、同じように呼吸法を伴う箇所にしても、2つのバターンがあっても問題ありませんし、むしろその方が良いと理解します。


 「正整」の場合、前進しながら受けるということになりますが、もし「受け」が十分機能せず、自身の身体に相手の攻撃が当たったとしても、きちんと耐えうるだけの身体作りをすることも必要です。武術体というのはそういう意味も含みますので、このような鍛錬を含んだ「形」の稽古は重要です。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日のBBK(ボディバランス空手)の稽古ですが、経験が浅い方ばかりの出席でした。


 こういう時は基本の徹底を図るのが常ですが、入門当初に行なったその場稽古ばかりでは飽きるでしょうし、少しはいろいろ教わった、という自負もあるでしょう。


 だから、基本の確認とは言いつつも、「基本動作(きほんどうさ)」という型・「形(かた)」に準じたことを稽古することで目先を変え、その中に出てくる基本的な部分をチェックする、ということにしました。


 実際には「基本動作Ⅰ(きほんどうさいち)」と「基本動作Ⅱ(きほんどうさに)」になります。いずれも「突き」と「受け」を運足と共に行なうものですが、基本の移動稽古とは異なるので、今回の稽古にはぴったりでした。


基本動作Ⅰ(用意から最初の技)  左のイラストは「基本動作Ⅰ」・「基本動作Ⅱ」に共通する箇所です。

 用意の状態から、1歩進んで「上段追い突き(じょうだんおいづき)」を行なうところですが、最初という気負いがあるためか、「突き」の出し方が内側から変に捻ったような動きになっています。


 「突き」の際、肘を開かないようにとか、脇を締めるように、と言っていたアドバイスが強く残りすぎ、そうならないようにコントロールしようとした結果かもしれませんが、その状態も正しい「突き」ではありません。


 当然、アドバイスの対象になります。


 でも、この日はいきなりアドバイスとということはしませんでした。


 その様子がたまたまなのか、他の箇所でもありうるのか、などを見極めました。


 すると、出だしの部分だけであり、それは上段・中段・下段のいずれの場合も同様でした。特に下段の場合、立ち方が「四股立ち(しこだち)」になるため、よりその傾向が強くなります。


 何回繰り返しても同様の状態になるので、ここは焦らず、ゆっくりでも良いので正しい「突き」のコースを意識して行なってください、というアドバイスをしました。早く突こう、強く突こう、という意識がこういう結果を招くからですが、そのアドバイスは効果的で、意識をすれば正しいコースで突けるようになりました


 でも、ちょっと気が抜けると、また元の状態になります。悪い癖が身体に染み込んでいるという部分もあるのでしょうが、その改善をしなければ上達はありません。


 そこで行なったのが、タイトルにもある「褒める」ということです。上手く突けなかったこともあるけれど、きちんとできた時もある、そういった出来た自分がいたというところがあるわけで、それを成功体験として理解し、再現するようにしましょう、といった自分を褒める作戦に出たわけです。


 できないところにプレッシャーをかけ続けると、負の想念が生まれてしまい、やってもどうせ駄目だろう、という思いが強くなります。それは次の失敗を生む原因にもなります。それを今回の稽古では取り除き、自分の動きに自信を持たせ、行なってもらったわけです。


 もちろん、できなかったことをできたと言えば嘘になりますし、それは稽古する側自身も理解しています。だから、本当にできた場合があることが条件になりますが、その為には気負いをなくして行なうということが大切です。


 そしてそのことを次のステージにつなげるわけですが、自分の動きに自信を持たせる、その上で繰り返して行なうことで身体に動きを染み込ませる、ということを図ります。今回はそういう流れが功を奏したわけです。


 ただ、ある段階になったらダメ出しをすることが多くなる場合があります。ある意味、それは成長の証にもなりますが、褒めてばかりだとそれで満足してしまう、という弊害もあります。あるいは自分の動きが完璧といった誤解を生むこともあります。


 BBKは武術として稽古しているわけではありませんが、そのカラーも有していますので、それなりの精神的な強さも要求します。褒められてばかりの問題を克服するためにも、ある段階からはアドバイスの様子が変化することがありますが、今回は経験が浅い人が多かったという事情から、タイトルにあるような褒めること中心の稽古になったのです。


基本動作Ⅰ 外受け(四股立ち)  続いて「受け」の部分についてお話ししましょう。左にアップしてあるイラストは、「基本動作Ⅰ」からのものです。


 「突き」の場合でも「四股立ち」で行なう「四股突き(しこづき)」の問題点を挙げましたが、そこでは「突き」のコースのことでした。


 しかし、この立ち方自体に関係することもあり、「受け」のことと合わせ、ここでお話しします。


 経験が浅い人の場合、まだ身体作りが十分でないため、どうしても下半身は弱い状態です。そのため、姿勢がグラついたり、正しいフォームを維持できない、移動の際に腰が上下するなどの問題点が出てきます。


 この点つにいては、前述のように褒めれば改善するというものではなく、時間をかけ下半身を練り、前述の問題点を克服してもらうようにしなければなりません。


 でも、経験の浅い人は、辛いことを嫌がるケースもあります。だからこそ、継続してもらう目的で耳触りの良い話をすることがあります


 これが広い意味で褒めることにもつながるのでしょうが、よくあるパターンが身体の仕組みに絡んだ話です。BBKの場合、健康作りを意識している部分がありますので、稽古している人の意識にもその部分があります。


 もっとも理解しやすいこととしては、股関節の柔軟性にかかわることでしょうが、そういう内容についての話は今日のテーマから外れますので割愛します。稽古の場では、必要に応じてそういったことをお話しすることになりますが、それで多少辛い稽古でも頑張る意味を理解してもらうようにしています。


 今日はテーマの関係で、個別の技についての話が少なくなってしまいましたが、これ以上書くと長くなってしまいますので、ここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
 
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
 
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 1年以上、「きらめきプラス」という雑誌で連載を持っています。この雑誌は会員購読のため、書店では販売されていませんが、それなりの購読者の方が全国にいらっしゃるようです。


 比較的年配の方を対象にした雑誌で、掲載記事も健康モノや文化的なことを扱った内容が多くなっています。


 私の連載のタイトルは「活殺自在」ですが、健康や文化としての武道などをベースに、何を書いても構わない、というお約束でスタートさせていただきました。


 当初はツボの話や体操などを中心に書いていましたが、途中で熊本地震かあり、そこからその後の追いかけ記事なども書くようになりました


 私が指導する千唐流はその熊本が発祥であり、地震の影響を受けました


 現在、復興が続いていますが、今もなお、4万人以上の方が仮設住宅暮らしです。


 その地震のおかげで、昨年予定されていた千唐流創流70周年の最大イベント、宗家杯(世界大会)が延期になり、今年開催されることになりました


 それを復興の具体的な一例として、私の連載の中でもそのことを取り上げたいと思い、今月発売の号で千唐流をご紹介させていただいたわけです。


 ただ、同誌は武道の専門雑誌ではないので、具体的な内容や文体には気を付けました。一般の読み物としての立場からのことです。


 でも、4ページいただきましたので、概要はお伝えすることはできたと思っています。


 先ほど創流70周年ということを書きましたので、戦後すぐに立ち上げられた流派ということはお分かりいただけると思います。


 ただ、空手道の場合、他の武道と異なり、昔は流派名を名乗ることはなく、伝承としては続いている場合も、明確に示されていませんでした。千唐流の場合、「唐手(トーディ)」の系脈にあり、初代千歳強直先生は「唐手」6代目になります。祖父は空手の達人として知られる松村宗昆という名門で、5代目である新垣世璋先生から継いでおられます


 千唐流としてのスタートは熊本県菊池郡隈府町(現在の菊池市)に養成館道場を構えてからであり、雑誌でもその頃の話からになっています。


雑誌 初代






















 戦後間もない頃ですから、街の様子も今とは全く異なります。


 そういう中、元日本兵と進駐軍の兵士たちが約30人、繁華街で乱闘騒ぎがありました。


 警察やMPが来てもその激しさに傍観しているという状態でしたが、一般の人に迷惑をかけるというのはけしからんとばかり、初代は単身の中に入り、騒ぎを収めました


 しかし当時、進駐軍に手を出すということはとんでもないことです。初代はその場をすぐに離れたそうですが、数日後、警察から呼び出しがあったそうです。


 さすがに恐縮して出頭されたそうですが、そこには進駐軍の司令官も同席していたそうです。


 でも、それは罪に問うためではなく、逆に軍にコーチを依頼する為だったのです。


 雑誌の掲載の写真はその時に撮られた記念写真ですが、体格でははるかに勝っている進駐軍の兵士の様子がお分かりになると思います。こういう場では試合の成績云々ではなく、本当の実力が要求されます。そういう環境で戦いのプロに戦い方を教えるわけですから、初代の武術家としての実力はご理解していただけると思います。


雑誌 プレスリー


















 熊本の進駐軍で指導していた関係で、九州各地の部隊にも赴かれましたが、大分にヘンリー・スロマンスキーという人がいました


 初代がヘンリー氏に免状を渡している写真もありますが、同氏はプレスリーの空手の師匠でもあるのです。


 そして、プレスリーのレコードジャケットやプライベート写真に中に、千唐流のバッジを付けたものが多数存在し、千唐流に対する思いのほどを感じさせます


 上の画像に示したように、この雑誌にもその写真が掲載されていますが、これも70年以上の歴史の重さの一つになります。


 記事では、この辺りついてもう少し掘り下げていますが、ブログでは割愛させていただきます。


きらめきプラス55号






























 上の写真は記事が掲載されている号の表紙ですが、熊本地震関連の表記もあります。


 それは、今年8月に行なわれる宗家杯は、熊本地震復興も意識したもの、ということも含んでいるからです。


 こういうイベントが行なわれることで再生への道の一つになれば、という思いが込められているわけですが、この大会、ぜひとも成功させたいと思っています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日のブログの続きです。


 「受け」から反撃する、という連続技を単独で行なった後ペアを組んで稽古しましたが、最初の2つは「上段突き(じょうだんづき)」に対する場合で、それは昨日のブログでお話ししました。続いて行なったのは「蹴り」に対する場合で、今日はその話になります。


 仕掛けについては、試合でよく見られる技としましたので、上肢の場合は「上段突き」でしたが、「蹴り」の場合、「前蹴り(まえげり)」と「回し蹴り(まわしげり)」の場合で行ないました。


中段前蹴り 蹴込み  まずは「前蹴り」の場合でお話ししましょう。


 左にそのイラストをアップしましたが、基本で行なうパターンのように、奥足で蹴り、また元の位置に戻すわけではありません。蹴った足を前方に置く「蹴込み(けこみ)」です。


 「上段突き」の場合もそうでしたが、フェイントのような感じであれば、本気で当てるわけではないので受ける側もそれを前提とした対応をすれば良いわけです。


 本当に「受け」を必要とするのは、相手が本気で倒すつもりで攻撃してきた場合で、「蹴り」の場合であればイラストのような状態になるはずです。


 元の位置に蹴り足を戻す場合と、「蹴込み」の場合とでは、技を仕掛ける時の身体操作が異なり、返す側としてもその前提での対応になります。そういうイメージを持って稽古しなければ本当に効果的な技にはなりません。


 最初は単独で稽古しましたが、続いてペアを組んで行なうというのはそういう意識で攻撃された場合の間合いの取り方、相手の攻撃のパワー、といったことを実感してもらうためであり、一連の技の流れの中でそこに淀みを作らないようにすることを意識してもらったわけです。


下段払いから中段突き  そこで「受け」と反撃の流れですが、基本的には左のイラストに示してあるような感じになります。


 明確にこの技で、という表現にしなかったのは、「受け」の部分が通常の「下段払い(げだんばらい)」ではなかったためです。


 イラストに挙げた技の場合、蹴ってきた足をしっかり打ち払う意識で行なうものですが、ここで行なったのは技の基本構造は「下段払い」に属しますが、同様の動きではあっても相手の足首を引っ掛けるような感じで受け、着地の位置をある程度受ける側でコントロールするようにします。


 そのため、受ける側の上肢のフォームを少し工夫しますが、同様に体捌きも意識します。加えて、「受け」の際の意識も「剛」ではなく「」の意識を取り入れますが、「蹴り」という強力なパワーを持った技に対抗する部分は必要であり、ここで言う「柔」の質としてきちんとした背景がなければなりません。


 そういうことはペアを組んで行なえばすぐに理解してもらえますが、単独で稽古している時はどうしても「受け」としての質がピンとこない、というケースが散見されます。そのため、ペアを組んで行なうと、最初はその部分がしっかり現れ、「蹴り」のほうが勝っているケースが多くなります。


 その状態が続くことは良くないので再度アドバイスすることになりますが、各人の練度の相違によりその効果にはバラつきがあります。でも多少の改善が見られただけでも良しとし、稽古を続けました。


回し蹴り 2  続いての仕掛け技は「回し蹴り」です。


 その様子を左のイラストに示してありますが、「前蹴り」同様、この場合も「蹴込み」を前提とします。


 イラストでは基本通り、上足底で蹴っていますが、稽古では背足で蹴っても良いとして、その点は各自の練度や慣れに応じた内容で可としました。


 いずれも前方の相手に対してそのまま蹴る技ですが、この2つの「蹴り」の軌跡は異なります


 それが「受け」の際の違いとしても現れるわけで、前述の「下段払い」のような感じで受けた場合、接触時の上肢に対するダメージは結構なものになる可能性があり、得策ではありません。


 組手の経験が浅い人の場合、時々そういう「受け」をする人がいますが、「蹴り」そのものの威力がなかったり、相手が手加減をしているような場合は何となく受けた気分になります。でも、それなりの実力者が本気で蹴ってきた時に同様の意識で受けていたら、前述のように上肢に対するダメージが懸念されるのです。


回し蹴りに対する受け
















 そこで今回稽古した技ですが、上の写真のように相手の膝の部分を受け、反撃するという技です。


 写真からもお分かりになると思いますが、ポイントの一つは体捌きです。「回し蹴り」の軌跡を前提に、「蹴り」の内側に回り込むような動きをしますが、構えの状態から奥足を横に動かし、当初の位置関係からほぼ90度のところに動きます


 相手の「蹴り」が浅い場合は上のような状態になるのは間合い的に難しい場合がありますが、「蹴込み」が前提ですので、体捌きがきちんとできれば、写真のように前手の「手刀(しゅとう)」を相手の膝の内側にある「血海(けっかい)に当てることは可能です。


 円運動の動きの場合、中心に近いほうは当たっても衝撃は少なく、受ける側としてもダメージはありません。だからこそ、「受け」の際、実質的に間合いを詰めるようにしますが、そのことが心理的に負担になる、というところもあります。


 そこがこういう技の克服すべき点になるわけですが、体捌きにより相手との位置関係を変えるというところがその心理的負担を軽減します。そういう意図も含み、この技を稽古してもらったわけですが、ペアを組むと出てくる問題点として、「手刀」のコントロールがありました。


 つまり、正確に膝の急所が捉えられない、ということです。


 その克服は言葉で解消できることではないので、コントロールを意識して稽古を続けるしかないのですが、それは今後にかかってきます。もちろん、コントロールできている人もいますので、その様子を見ることで、今回はできなくても稽古を重ねることで可能になる、ということは理解してもらったと考えています。


 稽古はこの後も続きましたが、長くなるので今日はここまでにしたいと思います。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 土曜日の稽古の話です。


 ここでは大きく3部に分かれ、第1部では「受け」から反撃までをイメージした連続技の稽古になりました。第2部ではペアを組み、その連続技通りの内容で稽古する組と、自由一本組手を行なうグループに分けました。そして第3部が「形(かた)」となりましたが、今日は第1部と第2部をミックスした内容にします。その分、説明する技の種類は少なくなりますが、ご了承ください。


 さて、タイトルからもお分かりの様に、今回、仕掛ける側の技は「上段突き(じょうだんづき)」です。反撃する側は通常通り、左側を前にした構えです。


 時間的には第1部の稽古でもそれなりに取りましたが、ブログでは第2部の稽古の視点をメインに、必要に応じて第1部の話も織り込む、というスタイルにします。


上段逆突き  さて、仕掛け技になる「上段突き」ですが、右側で突く場合と左側で突く場合とでは異なった対応で稽古しました。


 「突き」自体は左右いずれの側で突くかによって異なりますが、右で行なう時は左のイラストにあるような「逆突き(ぎゃくづき)」の場合、1歩足を進めて突く「追い突き(おいづき)」の場合があり、左で行なう時は「刻み突き(きざみづき)」になります。


 ここでは技としての「突き」に注目して攻防を行なったのではなく、左右どちら側で突くか、ということを意識しました。


 それは受けた後の状態との関係ですが、基本は受けた後に相手の外側に位置するようにすることを意識します。それにより続けて仕掛けられる技を制限することができますし、相手の背後に回ることも可能になります。その場合、相手の上肢の尺骨側から受けるようにします。


 今回、後者の技は行ないませんでしたが、受ける際の接触部位を上手く活かし、「受け」から反撃を試みる技を稽古しました。


 冒頭に挙げたイラストが右の「逆突き」ですので、その技で攻撃した設定からお話ししましょう。


掌底  では、その場合の「受け」ですが、左のイラストに示した「掌底(しょうてい)」を用いました。


 この場合、前手を「受け」に用いることになりますが、前述の通り、相手の上肢の尺骨側から受けることになります。


 そういう場合、よくあるのが横方向に受けるパターンです。


 もちろん、それでも「受け」の用を成せば問題はないのですが、それではタイトルにあるような崩しにはつながりません。相手からの攻撃を逸らしただけです。


 今回は、反撃の威力をより増す為、受けた際に相手が前傾するような意識で行なうことをイメージしてもらい、「掌底」を斜め下方に動かします。そして、崩れたところに「上段突き」を放つ、という流れになります。


 そういう説明をした上で見本を見せるわけですが、実際にやってもらうとほとんどが中途半端な「受け」に終始し、姿勢の崩れがありません。相手の「突き」に合わせる程度の認識なのです。


 技の全容を見るようにとか、その動作でどういうシーンをイメージするのか、といった話をよくしていますが、言われたままの動きをするまでで止まっており、その意味を理解したり、どうしたいのかが見えないのです。


 でも、その見えない部分が見えるようになることがステージアップにつながるわけですから、稽古ではこの点を再度強調しますし、個別に手を添えて行なうこともあります。


 それでもいざやってもらうと、あまり変わらないという人もいます。もちろん、それで変化するケースもありますが、この辺りはベースの部分の差でしょう。


 もっとも、崩しまでを意識する場合、上肢の動きだけでなく、全身の動きとの連動になり、身体の各部位の効果的な連動ができなければ武技になりません。


 そしてそのためには、技の全体像をきちんと把握し、自分の身体をそのように動かす為のイメージングが必要になるのですが、その点が不備な為に武技にならないのです。こういうイメージングの意識については、「形(かた)」の稽古の際の意識と重なり、それぞれの動きをエクササイズ的な意識で捉えているか、仮想の相手がそこに存在し、その相手との攻防というイメージで稽古しているか、というところでも差がついてきます


 これは「形」稽古の基本認識なのですが、そういう意識で稽古を行なえば、外形的には同じ動作をやっているように見えても、内的には全く異質のものになるのです。ただ、そこまでの質に変化するにはもくもくと稽古を続けるしかないし、その客観的な評価も難しいところですので、達成感を感じにくいことになります。


 だからこそ、きちんとした意識で継続しよう、という覚悟が必要になりますが、もう一つ、だからこそ、表面的な動きをなぞるだけになってしまう、という2つの分かれ道に遭遇することになるのです。私としては、前者の道を歩いてほしいと願いますが、これも各自の内的な問題になりますので、こちらとして繰り返し説いていくしかありません。


刻み突き  続いて、相手が左で突いてくる場合ですが、想定が通常の構えからということですから「刻み突き」となります。その様子を左のイラストに示してありますが、よく見かけるパターンとしては、この「突き」がフェイントみたいな使われ方をしている、ということがあります。


 そのような場合、踏み込みも浅いし、引きを意識した攻撃になりますので、今回の技の対象にはなりません。この日に稽古した技は、それが十分な威力を持った技だからこそ、という前提で行なうものであり、中途半端な攻撃を対象としたものではありません。ですから、ここで記す内容についても、その意識でお読みいただければと思います。


二十四歩 ひねり打ち  




















 では、その場合の「受け」と反撃の技ですが、つい先日のブログでもご紹介した「二十四歩(にーせーし)」に出てくる「捻り打ち(ひねりうち)」を応用したものです。


 その様子を上のイラストに示してありますが、先日お話しした通り、「受け」の部分はそのままにして、「手刀打ち(しゅとううち)」のところを「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」にしました


 その詳細は前回にもお話ししましたので割愛しますが、この日、特に意識してもらったのは後膝の処理で、このコントロールにより身体の中心軸をキープし、武技の質を高める、というものです。


 というのは、上のイラストでは「交叉立ち(こうさだち)」になっていますが、この日の設定は前回通り「正整立ち(せいさんだち)」で行なっており、そこでは土台となる立ち方に留意しなければ、単なるカタチだけの技になります。技に魂を入れるための身体操作が後膝の意識というわけですが、これ以上書くとさらに長くなってしまいますので、今日はここまでにしたいと思います。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。