中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

NEW !
テーマ:

 先週の土曜日の稽古の話です。先日行なった「開手(かいしゅ)」をテーマにした内容の復習のような稽古になりましたが、最初はこれも先日行なった二十四歩(にーせーし)」の分解・解説に出てくる技からになりました。


 その際、「二十四歩」の一般的な分解・解説には11の技があるということを書きましたが、この日に稽古したのは7番目の技になります。具体的には、「捻り打ち(ひねりうち)」と呼ばれる技についての分解・解説になります。これまで10番と11番目の話についてはこのブログにもアップしてありますが、そこでお話しした場合と同じように、通常の内容に少しアレンジを加えた稽古になりました。


二十四歩 ひねり打ち





















 まず、「捻り打ち」そのものについてお話ししましょう。


 上のイラストにその様子が示されていますが、交叉立ち(こうさだち)」になりつつ一方で「手刀(しゅとう)」で引っ掛けるようにして受け、同時に他方の「手刀」で首を狙って打つ、というものです。


 受ける側の「手刀」の位置には注意が必要で、つい高くなってしまうことが多く見かけます。また、、肘が後方に突き出してしまう、といった傾向もあります。


 いずれの場合も武技としては質的に問題があり、「形」として稽古する時もチェックポイントの一つになります。


 そして、そういった悪いフォームはペアを組み、実際に分解・解説として稽古する時に如実に現れます。具体的には、相手からの攻撃を捌き切れない、ということです。


 もちろん、他にも立ち方や腰の落とし、攻防一体の技として行なう時の全身の動きの統合など、チェックすべきところは目白押しであり、そういう点を踏まえた上でさらに武技として工夫を加えた内容にする、というのがこの日に稽古したことです。


二十四歩解説7-1










 さて、具体的な分解・解説の内容ですが、その一つが上のイラストに示してあります。


 今、表現としては少しおかしなものになりましたが、実は7番として稽古する場合、上のイラストからの続きがあるのです。


 この7番の分解・解説の場合、内容的には2つに分けて考えたほうが分かり易く、しかも現実的だと解釈されますので、ここではその立場から説明します。


 上のイラストの内容は、「形」の動作そのものです。相手からの「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」に対して左「手刀」で引っ掛けるような感じで受け、その引っ掛かりを利用して相手を引き込むようにし、それと同時に「手刀」を首に打ち込む、という内容です。上の設定の場合、「村雨(むらさめ)」という急所をターゲットにしていますが、極まればこれだけで倒せるだけの内容を持っています。


 さて、基本的な分解・解説については以上のような内容になりますが、相手が中段を意識してきちんと構えている場合、あえてその部位を突いてくるケースは少ないと思いますし、実戦では上段を狙ってくることが多いと思われます。


 そこで今回は「中段突き」ではなく、「上段突き(じょうだんづき)」で攻撃するように指示しました。ただし、受ける側は上段で受けつつも「形」のように肩口の位置に引き落とすようにするようにしてもらいました。


 すると、上手く引っ掛かった場合、突いた側が前傾気味になることが多くなりました。


 あらかじめ技の流れが明確になっている場合、互いに有利になるように意識するのが常であり、崩される側も崩れないように注意しますので、できるだけバランスを取るようにやっていますが、それでも最初の頃よりも身体の安定度が不確かなものになっていきます


 そういうところから考えると、構えのことも含め、ここは「上段突き」に対する設定としてほうがより武技らしくなります。


 そうなると当然、「手刀打ち(しゅとううち)」のコースも変化することになり、本来なら床と水平に打つようになっていた技がやや斜めから打ち下ろすような感じになります。こうなれば上肢の重さも技に加味され、威力の点ではアップします。あくまでも「受け」のほうが上手くできれば、という条件は付きますが、ちょっとした違いで内容が一変するのです。


 もっとも、稽古している人の中には、細かいことを意識しすぎて「受け」と「打ち」のタイミングがずれたり、受ける側の「手刀」のフォームそのものが変形している、という人もいます。一つを意識すれば他のポイントが抜けてしまう、ということなのでしょうが、今後の稽古を通じてスキルアップを図ってもらいたいと願っています。


 そして7番の後半の動きに続くわけですが、そこまで書くと長くなってしまうので、その話は機会があれば別の日にしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 BBK(ボディバランス空手)でも「(かた)」を教えています。ただ、これまではレベルの問題から「基本型(きほんかた)」まででしたが、最近、「形」も教え始めました。基本稽古に絡んで、使用例として説明する際、「形」の動作として実演する時があり、そこから色々な「形」を見てもらったことはありますが、実際に稽古するのは初めてです。


 「形」の場合、いきなり具体的な動作から行なうのではなく、その前にすべてに共通する初動作があります。そこにはそれ自身が有するポイントがあり、それは心身ともに関係することであり、「形」をスタートする際に必要なことが入っています。加えて、それ自身にも武術としての哲学が入っており、この日の稽古ではその説明から入りました。


形の初動作



























 その具体的な内容が上のイラストに示されていますが、これは千唐流独特の動作です。


 この中に前述の意義が含まれ、単なる形式的な動作と考えてはならないのです。ともすれば、このような形式的なことを軽視してしまうケースもありますが、これだけでもきちんとした内容を持つものとして理解することが大切です。だからこそ、具体的な稽古に先立ち、この動作の説明・稽古からスタートしたのです。


 さて、イラストをご覧いただければ動作の内容はお分かりになるはずですが、言葉による説明を加えたほうがより理解できると思いますので、この流れについてお話しします。


 まず最初は結び立ち(むすびだち)」の状態で、両腕は体側に置きます。力みは不可で、リラックスして立つことが必要です。ここから左足を横に開きます。この時、立ち方は「外八字立ち(そとはちじだち・別名 自然立ち)」になります。足の位置が定まったら両腕を大きく円を描くように左右に大きく開きつつ、頭上まで持っていきます


 もっとも、頭上といっても完全に頭の上ではなく、額の前のやや上付近になります。両手が交差したところで右手で拳を作り、左手でそれを包むようにします。今度はそこから「内八字立ち(うちはちじだち)」になりつつ、交差した両手を「丹田」の前付近まで正中線に沿って下ろしていきます


 ここで意識すべきポイントの一つが呼吸です。武術では「形」は生き物と考え、魂を入れるつもりで稽古することが必要と説きます。生き物である限り、呼吸は必須であり、その意識があるからこそ心身の統一をイメージした上で行なうことが必要なわけで、この動作にもその点を念頭にしたイメージングが大切になります。


 具体的には両手を左右に大きく動かすところですが、ここでは外界の「気」を集める、というイメージで行ないます。その様なイメージで上肢を動かす際、動かす時の掌の向きなどもきちんと意識しなければならず、周囲のエネルギーを両手で掬い取るような動きになることが必要です。自然に掌を返しつつ、頭上にて左右の手で集めた「気」を合体させます。


 そしてこういう動作を行なうと分かりますが、大きく胸郭が開きます。武術において呼吸の重要さは十分理解されていると思いますが、きちんと呼吸できるからこそ爆発的なエネルギーも生み出されます。概念的なところだけでなく、現実的な肉体の動きから見ても、呼吸という観点から武技に関係していることになるのです。


形の用意(両手の様子)  この時に理解しておかなくてはならないことが、左右に手にも陰陽がある、ということです。その内容は左手が「」、右手が「です。そして、それを合わせることで東洋哲学で言う「太極」となります。そこで生じたエネルギーを内界の「気」に転化し、それを「丹田」に落とし、「形」という生き物が生まれてくる、というイメージです。


 そしてこのフォームは、陰陽合体ということだけでなく、千唐流の理念もここで表わしています。


 つまり、拳を怒りなどの激しい感情の象徴とし、それを優しく包み込むというところに今度は耐え忍ぶ、という武術家にとって必須の心構えについて表わしているのです。千唐流の教義の一つに「和忍」というのがありますが、まさしくこのフォームは「」を意味しているのです。


 では、「」はどうなっているかですが、それは両腕が大きく円を描く、ということです。その状態は「輪」を描いていることになり、それが「和」に転じるわけです。


 稽古ではこのような説明の後、この用意の動作だけで何度も行なってもらいました。今、説明したような話を頭の中に入れた上で行なうかどうかで実際の動きにも違いが出てくることを期待してのことですが、思った以上に良く、最初にしては安定した動作になっていました。


 もっとも、ベースとしてある程度できている人たちなので、期待は裏切らないとは思っていましたが、同時に動作の細かな意味まで言及したことを喜んでいただいたようです。特に左右の手と陰陽の関係などは興味深かったようで、今回、そう考える理由までも説明したら余計に納得されていました。


 稽古はこの後「四方拝(しほうはい)」に移りましたが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
 
 
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 BBK(ボディバランス空手)の場合、原則として単独稽古を主体として各自の身体意識を磨いていくプログラムになっていますが、稽古が進んでいくと少しずつその様相を変えていくほうが良さそうな人が出てきます


 その場合、その人の特性を考慮し、稽古メニューを一部改編することがあり、それが先週の稽古の中でありました。その場合はグループを分けますが、前述の人については約束組手を行ない、これまで学んだ技の使い方の基本になる、「間合い」の感覚を習得してもらう稽古を行ないました。


 これまでBBKとして稽古する中でもたまにやってはいましたが、そういう稽古もOKという人がいなければ行ないません。でも、この日はできる人がいたのです。


対人稽古




















 今回は最も基本的な約束組手として、上のイラストに示してある状態で行ないました。受ける側の人は「自然立ち(しぜんだち)」で特別な構えはしません。


 攻撃側は上段、中段、下段を「突き」で攻撃しますが、受ける側はそれそれに合わせて受け、反撃してもらいます。


上段受け2












 最初に行なったのは、「上段突き(じょうだんづき)」に対して「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」で受け、「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」で反撃する、という内容です。


 前述のように、今回は最も基本的な約束組手として行ないましたので、ここでは攻防時の「間合い」やタイミングを身体で覚えてもらうことを目的とします。


 もちろん、その際にそれぞれの技が崩れていないかどうかもチェック対象になります。そして大抵はいずれかが崩れることになりますが、今回、受ける側になった人で基本通りのフォームでやっている人がいます。


 つまり、上のイラストの状態で相手からの「突き」に対して押されておらず、きちんと作用点が肘の前になっているのです。こういう稽古を行なうと、最初の内はどうしても前腕が額に近くなり、実質的に「受け」が崩れているケースが多いものです。ところが、そうなっていないところが良い意味で予想外という状態で、当然それは評価の対象です。


 反撃もそれに伴い良い感じになっており、組手の初学者にありがちなところがありません。強いて言うなら、反撃時にしっかりした気合が欲しいところですが、動作の点ではこの段階では十分及第点です。


中段外受け











 続いて行なったのが「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」ですが、基本稽古では素早くパワフルに行なう場合もあれば、呼吸に合わせて絞るような感じで受ける場合もあります。「形(かた)」の中では後者の場合が多くなりますが、今回は約束組手の最初ということで、前者のパターンで行ないました。


 すると今度は「上段揚げ受け」の場合と異なり、上肢が縮こまっています。正しくは肘の角度は垂直を保たなくてはなりませんが、それが鋭角になっているのです。組手初心者によく見られる状態なので、ある意味自然なのですが、それは稽古レベルの話であり、そこから正しい状態にしていくことが大切です。「上段揚げ受け」の場合同様、正しい「受け」のフォームになるようアドバイスしましたが、意外とすんなりと効果が出て、その後は良い状態が継続しました。


 でも、どうしようもできないのが前腕身体の強度です。何度も当てている関係で上肢が痛くなってきたようで、微妙に受けるタイミングがずれてきました。尋ねると、その通りであることが分かりましたので、続いて「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」の稽古にしました。


内受け  左のイラストがその様子ですが、素早くパワフルにという前提で行なうと、「外受け」の場合よりも力強くなっています。


 また、肘の角度を見ていると、こちらのほうは正しいフォームになっています。極めの際のフォームは「外受け」も「内受け」も同じですので比較できるわけですが、「外受け」の時に肘が曲がっていたのは、「受け」の際の身体操作にも関係しているのでしょう。


 そして今度は当たる時の勢いが強いために、前腕の痛みも早く出てきたようで、先ほどよりも早い段階でギブアップになりました。


 前腕の状態を見てみると、確かに赤くなり、少々脹れているようにも見えます。そこで最後の「下段払い(げだんばらい)」の稽古に入りました。


下段払い3










 ただ、この段階でしっかり受けるというのは難しいというのは分かっていましたので、「受け」自体は軽く行なうよう指示しました。


 前腕のことを考えれば中止するということも選択肢になるかもしれませんが、結構頑張る人でしたし、ここでの反撃技はこれまでのように「突き」ではなく、「前蹴り(まえげり)」で行なうことにしていましたので、ぜひともここまでやって欲しかったのです。


 ただ、いざやってみると「突き」と「蹴り」とでは「間合い」が異なるため、その点での躊躇がありました。


 でも、今回はタイトルにもあるように、「間合い」を体感することも稽古目的の一つですので、この体験をしてもらいたかったのです。


 それぞれの技の適正な「間合い」を理解する場合、それ自身「見えない技」にも通じることですから、きちんとした稽古を積むことが必要になります。BBKではそこまで望むものではないにしても、そういうレベルまでやっても良さそうな人がいれば、そこにつながるような稽古も少しずつやっていかなければならないと考え、前腕のこともありましたが、あえてやってもらいました。


 結果は良好で、回数を重ねるうちに要領が分かってきたようで、きちんと見られる内容になってきました。直真塾とは異なる入り口からも、磨き甲斐のある人が出てきたということは嬉しい限りです。


 稽古はまだまだ続きましたが、長くなりますので、今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
 
 
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古ですが、そこでは二十四歩(にーせーし)」の分解・解説を行なった、という話を先日書きました。その際、稽古生から疑問・質問をなるべく出してもらい、それに対する回答を含め、これまでとは少し異なった展開や考え方まで説明・稽古することを行ないました。


 そして、今回は全部で11種類ある基本の分解・解説を最後のほうからスタートし、先日のブログではその中の一つだけ説明しました。稽古で行なったこと全てを書くことはできませんので、省いたところもありますが、稽古した技は5種類に及びました。


 今日は先日お話ししていなかった技についてですが、10番目の分解・解説になります。


二十四歩・鷺牌 手刀打ちから背手受け




















 まず、「形(かた)」としての動作の部分ですが、上のイラストに示したように、「手刀打ち(しゅとううち)」から「背手受け(はいしゅうけ)」へと続いています。


 イラストで腰付近に大きな円が描かれているのは向きが変わっているためで、「形」の流れとしては「手刀打ち」の前に後方に対して「四股立ち(しこたぢ)」による「背刀打ち(はいとううち)」が行なわれています。そこからの動作ということで、上のイラストではそれを表わす矢印が入っているのです。


 「形」の分解・解説については、この動作の中の「背手受け」の部分であり、イラストで示した「手刀打ち」のところは関係ありません。


 ただ、一般によく見られる「形」の分解・解説という場合、その流れをそのまま時代劇の殺陣のような感じで行なっているケースを見かけることがあります。もちろん、そういう解釈・設定もあるでしょうが、それでは不都合な場合もあるのです。


 その実例として上のイラストを挙げ、お話ししようとしているわけですが、ここから出てくる前述の解釈例としては、攻撃時の設定が「手刀打ち」の状態から、というケースがあります。上のイラストで言うと左側の状態を指しますが、この状況で受ける側の右側から突いてくる、という設定です。


 この場合、「受け」が上段の位置になっていますので、「上段追い突き(じょうだんおいづき)」で仕掛けることになりますが、その際、立ち方が変化しています。「正整立ち(せいさんだち)」から「結び立ち(むすびだち)」という変化です。


 そうなると、仕掛ける側のターゲットとなっている側頭部も前方に移動することになり、その動きによってはあえて受けなくてもギリギリのところで攻撃を避けることも可能になる場合が出てきます。また、その場合、仮に受ける動作をしたとしても、「背手受け」の作用点も後方になり、肩の可動域のことなどを考えると、上半身そのものをやや捻ることが必要になる可能性があります。


 もちろん、そういう設定でその状態を活かした分解・解説もあり得るでしょう。


 しかし、この日の分解・解説の稽古の意義は、そういう細かなことを意識して上での合理性の追求です。「形」の順序通りの内容で分解・解説を考えた場合の問題点と、そこから展開される技の整合性について考慮することで、本来その動作が意味するところを考えることをこの日の稽古では意識したわけです。


二十四歩解説10番












 そこで実際に稽古した技ですが、それが上のイラストに示してあります。


 ご覧のように「結び立ち」の状態で側方からの攻撃を「背手」で受け、「手刀打ち」で反撃しています。


 今度はこのような設定ではどのようなことが考えられるかですが、実戦で両足を揃え、直立した姿勢でいることはほとんどありえないでしょう。そうなると、前述した「正整立ち」のところに横から突いてきた、という設定のほうが合理性があるように思えます。そして、多少上半身を捻るような状態になっても、それを上に示した「手刀打ち」のパワーアップのために活用する、という発想もあるでしょう。


 実際、実戦という状況ではいろいろな攻撃パターンがあるわけで、ここで設定した分解・解説も相手が「上段追い突き」を右側で行なった、ということから成り立つものです。同じように上段を攻撃してきたとしても、左側で攻撃してきた場合は、それが「追い突き(おいづき)」であろうと「「逆突き(ぎゃくづき)」であろうと、上で示したような展開はできません


 というのは、上の技のポイントの一つが「手刀打ち」のターゲットはどこか、ということがあるからですが、ご覧のように脇の下であり、急所名は「脇陰(わきかげ)」です。この急所は「右上段追い突き」で攻撃してきたからこそ狙える急所であり、同じ上段でも、設定を変えれば狙いにくくなります


 本来、分解・解説として行なう場合、攻撃側の技は指定されているわけですが、千変万化する実戦でその設定通りの状況になる可能性は低いと思われます。また、そういう状況があったとしても、それは瞬間的なものであり、その状況を素早く察知し、稽古してきた技を瞬時に活かす、ということ自体、至難の技と言えます(別の考え方として、わざと隙を作り、相手をそのような状況になるように誘う、という方法もありますが)。


 こういう話の流れになると、ならば「形」の分解・解説なんて時間の無駄であり、その分、組手の稽古をしていたほうが実戦的、と思ってしまう人もいるでしょう。


 でも、やはりこういう分解・解説の稽古は不可欠なのです。


 それはこういう設定でしか学べない身体意識・操作法があり、それは組手といった稽古のみでは得られないものだからです。


 そういう部分を私は「見えない技」の一つとして理解しており、すぐには戦いに活かせない要素もありますが、稽古の積み重ねにより攻防の際の質に影響してきます。


 その具体例の一つが、体格的には大したことはなさそうな人が、とても重い攻撃や「受け」をする、といったことです。武技のパワーを筋力と思っている場合は理解は難しいところですが、長年武術として練り上げてきた人の場合、見た目とは異なるパワーの出し方をします。


 この技の稽古をした時、実はそういう次元につながる様なポイントを説明し、この分解・解説が持つ単純な武技の解釈に留まらず、そこから色々な展開につながる様な身体意識にまで話を広げて稽古してもらいました。


 その際、「背手受け」やそこからの「手刀打ち」への展開などに関して具体的な要領までも含めてアドバイスしましたが、その詳細はブログでは割愛させていただきます。概略的なことを一つだけを説明すると、それぞれの技の軌跡です。それに伴う身体意識が合わせて必要になりますが、稽古ではそういうことをポイントとして理解してもらい、数をこなしました。


 他の技についてもお話ししたかったのですが、今日も一つだけになってしまいました。機会があればお話ししたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp











いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の続きで、BBK(ボディバランス空手)の稽古の話です。


 稽古の初めは基本を意識し、移動稽古の形式で「突き」や「蹴り」を行なった、ということを書きました。他の攻撃技としては「打ち」や「当て」などもありますが、防御の技がなければ武術とは言えません。つまり、攻防の技をバランスよく稽古することが必要というわけですが、今回はその為の稽古を単独の移動稽古として行なうのではなく、「基本動作Ⅰ(きほんどうさいち)」と「基本動作Ⅱ(きほんどうさに)」として行ないました。


 「基本動作」には「蹴り」はありませんが、やはり移動しながら「突き」や「受け」を稽古するもので、立ち方もそれぞれに応じて変化させますので、基本の稽古として効率的な内容になります。


 今日のブログのテーマは、タイトル通り「受け」ですので、この点に焦点を当ててお話しします。


基本動作Ⅰ 外受け(正整立ち)  まず、左のイラストは「基本動作Ⅰ」に登場する「正整立ち(せいさんだち)」による「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」の様子です。


 ここでは「突き」と「受け」の拍子が異なり、「突き」の場合は通常通り、素早く、パワフルに「極め」を意識して行ないます


 でも、「受け」の場合はそうではなく、呼吸と共に絞るような感じで行ないます


 これは基本だから、ということもありますが、「外受け」自体、強く弾くような感じ行なうものではなく、相手からの攻撃をうまく逸らす、といった感じで行ないます。その時の上肢の動かし方、並びにその時にどのような上肢の意識が必要か、ということを体得してもらうためです。那覇手系の流派でよく見られる動きで、そういう動作から展開される武技は、単に受けるということだけではなく、関節技や投げ技への展開が容易になる動作になりますので、そういう意識を持った上で稽古することが必要です。


 具体的な展開例については、このブログでもお話したことがあると思いますが、その基本はこういう稽古の中にきちんと存在しているのです。


基本動作Ⅰ 外受け(四股立ち)  今度も「基本動作Ⅰ」の中の動きですが、上の場合とは立ち方が異なります。


 冒頭のイラストは「正整立ち」になっていますが、ここでは「四股立ち(しこだち)」で受けています。


 見た目は立ち方だけの違いですが、実はこの違いが腰の使い方にも大きく影響しており、そこから意識すべき個所も変わります。


 「正整立ち」の場合、下肢の締めを伴っての技になりますが、「四股立ち」の場合、元々下肢の深層筋が伸展されている状態になっており、その張りを前提とした腰の使い方の意識が必要です。


 また、そこには腰の落としに伴う技の重さが加味されなければならず、腰や下肢の締めから得られる「見えない技」的な質のアップとは異なる内容になるのです。


 ですから、ここでは中途半端なフォームではなく、この姿勢から得られるパワーをどう発現できるか、という意識で稽古することが必要になります。


 そこから、鍛練として行なおうとすることを意識し、「四股立ち」による「突き」と「受け」をペアを組んで移動稽古として行なうことなども必要になります。


 立ち方の関係から、前後の動きには強いのですが、進行方向に対して横方向、つまり身体の正面・背面方向に対してはバランスを崩してしまうようなことがあり、この点の強化を意識しつつ稽古することが必要になります。この日の稽古ではそこまでは行ないませんでしたが、今後の稽古メニューの一つになります。


基本動作Ⅱ 揚げ受け  続いて「基本動作Ⅱ」からの話ですが、左のイラストはその中から「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」を行なっているところです。立ち方は「正整立ち」です。


 「基本動作Ⅰ」との違いで行な視すると、ここでの「受け」はいずれも「突き」の場合同様、極める意識で素早く、パワフルに行ないます。「基本動作Ⅰ」の場合、攻撃と防御の際のリズムが異なりましたが、ここでは同じになるわけです。


 でも、それは前述したように、「受け」の意識として学ぶテーマが異なっているからです。


 また、稽古では呼吸と共にゆっくりやっているように見える「外受け」も、実戦では悠長にできるわけではありません。実際には、互いに戦う意識で身体を動かしているわけですから、その状況に対応したものでなくてはなりません。


 そういうところが稽古の課程と実戦の場合との大きな相違点の一つになりますが、それぞれ段階で修めなければならない身体意識があり、そこでは指示された通りに動くことが最良の方法です。


基本動作Ⅱ 内受け  さて、「基本動作Ⅱ」にも「中段受け(ちゅうだんうけ)」があり、それが左のイラストになります。


 ここでは「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」になり、「正整立ち」で行ないます。


 基本稽古で技のフォームについては理解しているはずなので、そういう点もチェックしつつ、全体的な動きにも注目していました。


 極まった時のフォームは「外受け」と「内受け」は似ていますが、稽古では前述の通りリズムが違います。


 しかし、「基本動作Ⅰ」の稽古の時のイメージが強いのか、極めのフォームが似ている分、つい呼吸と共にゆっくりやってしまう人がいます。


 でも、前述の通り、「受け」と「突き」のリズムが異なるのは「基本動作Ⅰ」の場合であり、「基本動作Ⅱ」では同じように行ないます。


 こういうところをきちんと意識し、そこから何を得るのかということを考えてもらいたいところですが、まずは言われたことを行なうのが精一杯の様ですから、ここでは相手の「突き」を弾くようなイメージで行なってください、というアドバイスの上で稽古してもらいました。もちろん、その時の腰の使い方も意識してもらうことになりますが、同じ中段を受ける技でも技のベクトルを含め、様々な点で違いがあることを比較した上で理解してもらえればと思っています。


基本動作Ⅱ 下段払い  最後が左のイラストにある、「四股立ち」による「下段払い(げだんばらい)」です。


 「受け」としてここで意識しなければならないのは、上肢の重さをそのまま「受け」の重さに加える、という意識です。その場合、上肢の脱力と緊張の瞬時の変化が要求されますが、それに腰の落としに伴うパワーアップも加味しなければなりません。


 その最たるタイミングは、「正整立ち」から「四股立ち」へと変化する時であり、「受け」とその変化が上手くシンクロすればかなり効果的な技になります。


 もちろん、「四股立ち」で移動する時も、微妙な膝の抜きなどを活用することで重力を加味した重い技にすることは可能ですが、その様な見えない部分での身体操作のためには、ある程度の期間、武術としての意識の上で身体意識を練ることが必要であり、残念ながらBBKではまだそういうことを求めて実践できるだけの人はいません。


 もう少し時間が経てば、少しずつその様なこともできるようになる人が出てくると思いますが、今はその為に地道な稽古を続けるだけです。


 でも、こういうところで培った身体意識が、この後に行なった組稽古でも発揮されることになり、単独稽古よりも組稽古の時のほうがきちんと意識できた、という人もいます


 いずれにしてもきちんとできればいいので、それぞれの身体の使い方からもっとも効果的な技の定着が図れればと思っています。


 稽古はまだまだ続きましたが、長くなるので今日はここまでにしておきたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
 
 
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp











いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日のBBK(ボディバランス空手)の話です。新旧の稽古生が入り混じる中、やはり基本の徹底は大切であり、その為には細かなチェックと共にきちんと数をこなすことも必要になります。


 そこで最初はその方針に基づき、というより最近のBBKでは同様のバターンで稽古していますが、特に昨日の場合はその点を意識しました。


 ある程度進んでいる人でも、基本を疎かにしたらそれ以上伸びませんし、比較的新しい稽古生の場合は今がこれからの基礎作り、という意識でやってもらわなければなりません。


 そういうことをミックスした意識での稽古ですから、基本といってもそれなりの熱が入り、みんな黙々と指示された内容をこなしていきます。


 今日はそういう稽古の内、最初に行なったことを中心に綴っていきますが、タイトルにあるように基本が中心です。でも、今回はその場稽古ではなく、移動稽古中心に行ないました。


前進後退 連突き














 まずは定番の「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」です。


 たまたま、前進しながらと後退しながらの様子を表わすイラストがありましたのでそれをアップしましたが、今回、後退する時はターンして行なうのではなく、前進する場合と同様の向きのままで行ないましたので、まさに上にイラストのような感じになりました。


 基本で培わなければならない身体感覚の一つに、自身のフォームを正しく身体に覚え込ませる、ということがあります。移動稽古で上に示した「中段追い突き」の場合、「正整立ち(せいさんだち)」で行ないますが、目線を向けている前進方向では正しい歩幅が取れていても、正面を向いたまま後退する場合、大抵は歩幅が狭くなり、スタートラインまで戻れない、というケースが多くなります。


 これは歩幅という身体意識が自身の身に付いていないことを示していますが、この日の稽古でもその傾向は見られました。稽古生のレベルにより、その傾向が顕著に出ますが、それが上手くいかない理由の一つには、この日の状態が関係している部分もあります。


 というのは、昨日は気温と湿度が比較的高く、足もベタベタとした感じになっており、運足時に床に引っかかるような状態になっています。そのため、変なブレーキがかってしまうことになりますが、ついそこで足を固定してしまうことになり、それが狭い歩幅の原因になっていると思えるシーンもありました。


 ならば床と足の隙間を意識すれば、ということになりますが、武術の場合、原則としてすり足なので、必要以上に床と足の間隔を空けることはありません。その微妙な身体操作が武術に必要な身体意識になりますが、それは高度な内容であり、それなりの稽古を行なわないと身に付かないことです。


 ある意味、この日のような条件からそれを理解してもらう、ということも視点を変えれば効果的とも言えるかもしれませんが、実際にそのように実感してもらい、身体操作を変えていくためにはこちらからの説明と共に、そのことを意識して稽古を重ねる、ということの繰り返ししかありません。


 でも、できる人、できない人がいたというところに、普段からの細かなアドバイスを欠かさず行ない、それを数多く繰り返すことで身体に染み込ませていくことができる、ということが示されていたと実感されます。


四股突きの移動














 もちろん、「突き」自体にもチェックが必要です。


 この日の稽古生の場合、「正整立ち」による「追い突き」・「逆突き(ぎゃくづき)」については中段・上段共にさほど問題点はありません。武技としての質に関してはもう少しスピードがあればとか、パワーがあれば、といったところはあるものの、コントロールするところについては及第点です。


 しかし、上のイラストに示した「下段四股突き(げだんしこづき)」については少々気になる点がありました。


 これもよくあるパターンですが、「突き」のコースの問題です。


 「四股突き」の場合、身体の向きが半身になる分、肘が開き気味になりやすく、その分、「突き」というより「打ち」に近い感じなる人がいます。この日も意識しているところではきちんとなっているものの、集中力が欠けると変なコースの「突き」になっている人がいます。


 その稽古生は股関節に問題がある人で、おそらく「四股突き」の立ち方のほうに気を取られ、上半身のコントロールの意識が疎かになったのでしょう。


 こういう場合、できていないところを指摘するのか、できているところを褒め、できていない時があることを理由をつけてアドバイスする、という方法がありますが、後者のパターンを選択しました。


 実際、今回の場合は理由が明確ですし、それはこちらも理解しています。股関節への疲労が溜まる前であればきちんとコントロールされていることも事実ですので、基本的なところはできているわけです。肉体的な部分の強化、という課題はあるものの、良いところは良いと評価し、改善すべきところはきちんとアドバイスする、ということが大切です。今後の稽古の指針として理解してもらった感じになりました。


足刀横蹴り


















 移動稽古では「蹴り」も行ないました。


 上のイラストは「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」ですが、スタートは「前蹴り(まえげり)」からです。


 「前蹴り」の場合、日常の歩行にも通じる身体意識がある分、他の「蹴り」よりもコントロールしやすいことが多くなります。もちろん、武技として細かなことを言い出せば注意すべきポイントはたくさんありますが、この日の稽古生の様子から考えれば、注意すべき「蹴り」は「足刀横蹴り」でした。


 それでそのイラストをアップしたわけですが、足刀(そくとう)」そのもののフォーム、「蹴り」の際の軌跡、上体の傾きも含めた全身のフォームなど、アドバイスできそうなポイントはいろいろあります。


 これまでの稽古でも何度も注意したところですが、この日の稽古生の場合、それがきちんと行き届いており、それなりの水準をキープしていました。特に注意して見ていた膝の引き上げや「蹴り」の軌跡も、そのレベルなりのコントロールができていましたし、「足刀」のフォームも意識してキープしようという意思がきちんと感じられました。


 ただ、前述したよう、基本の数稽古をこなした関係で、足裏の皮が剥けた人がいましたので、少し休憩の後、別のメニューに切り替えました。


 そこまで書くと長くなますので、今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
 
 
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp











いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古の話ですが、「二十四歩(にーせーし)」の分解・解説に終始しました。出席者の顔ぶれやレベルから設定したものですが、良い感じで質問が出てきます。その質問が解釈のさらなる展開に結びついていきますし、隠れた部分のあぶり出しにもなります


 武術の伝承の場合、ある研究者によると不完全相伝である、という話があります。本来、武術というのは戦いの体系だからこそ、伝承の際にあえて不完全なものにするとか、技と異なった展開にするなどして、技術の不要な流出を阻む、あるいは他流に技を盗まれ、自流が不利にならないようにする、などの理由で一部の人にしかその技の真の姿を見せなかった、という話もあります。


 空手が沖縄から日本本土に伝えられる時、「形(かた)」は教えても「手」は教えない、ということが暗黙の了解になっていた、などの話も耳にしたことがあります。その具体的な内容(例えば、それはどの先生のことなのか、あるいはその内容は、といった点です)は不明ですが、いざ実戦という際、自分の手の内が知られていれば不利、というのは戦うもの同士であれば当然の意識ですし、むしろそのような意識の有無は武術の伝承としては必要です。


 だからこそ、一般的に「形」の分解・解説として稽古する中にも、その内容について別の視点でも観る、という意識は必要であり、ここが前述した良い感じの質問、として出てきた、というわけです。


 その上で具体的な稽古の話になりますが、「二十四歩」の分解・解説として公式に行なうのは11の技があります。そこからの展開や、別の解釈なども存在しますが、まずは基本としてここから稽古します。


 その際、通常は1番から行なっていますが、これまでのパターンでは後半ができなかったことが多かったため、今回は11番からスタートしました。


終了動作


















 その11番というのが、上のイラストに示した動きの分解・解説で、この動作は「二十四歩」と「鷺牌(ろーはい)」のみになります。他の「形」の終了動作は似てはいますが、異なっています。


 そこから、終了動作とは言ってもここに何らかの武技的な意味があることが容易に想像できますが、それがここでは具体的な武技の例として紹介され、また稽古されるのです。


二十四歩 解説11番  
 さて、その具体的な技ですが、上のイラストに示してあります。


 受ける側は「結び立ち(むすびだち)」で両手の掌を重ねるようにし、顔の前に位置します。攻撃する側は基本通り「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」で仕掛けますが、受ける側は左の「掌底(しょうてい)」による「押さえ受け(おさえうけ)」を行ない、相手がそれにより前のめりになったところをカウンター気味に「手刀(しゅとう)」で眉間を打つ、という内容になります。


 この眉間にある部分は「烏兎(うと)」という急所で、正確に当てることができれば効果的な部位です。


手首の橈屈・尺屈  ところで、その時に行なう「手刀打ち(しゅとううち)」ですが、打ち技の基本的な意識として、いかに効果的にスナップを使うか、ということがあります。


 今回の技の場合でもそれは例外ではありませんが、ここでの技は基本の稽古で行なうような用法ではありません。いくらカウンター気味に打つ、といっても手首のスナップという「手の内」的な「見えない技」の有無により、武技としての質は大きく変わります。


 そこでアドバイスしたことですが、実はここで手首を動かす方向は、上のイラストに示した「橈屈(とうくつ)」を意識したスナップを活用します。当たる瞬間、指先側を立てるようにすることで手首側を張り出すような感じにするわけですが、そのタイミングが上手くシンクロすれば、技が一段とパワーアップします。


 そしてそのことは、直真塾でよく行なうその意識の有無による技の質の違い、ということで各ペア同士で確認し合ってもらいました。結果、「橈屈」を意識して手首のスナップを用いたほうが重くなることを確認してもらいました。カウンター的に用いることで、その効果がアップすることは検証しないでも理解できることですが、そういう理解の下、回数をこなしました。


 その上でもう一つ、パワーアップのコツとして、瞬間的な「膝の抜き」についてもアドバイスしました。タイミング的にシンクロさせるのが難しいのですが、当てる瞬間、ほんのわずか膝を屈曲させることで自重を技に乗せることができます


 もちろん、自身の中心軸の意識が明確で、身体操作がある程度のレベルでできることが条件になりますが、そういう意識についての稽古はこれまでも手を変え品を変え、ということでやっています。その応用バージョンとしてやってもらうわけですが、すぐにはできなかった人でも、個別にアドバイスをすることで何となく様になってきました。全くそういう身体操作が初めて、という場合はちょっとやそっとのアドバイスくらいではできないでしょうが、上手く応用ができたようです。


 さて、そういう稽古を続けでいると、ある道場生から質問が出ました。相手からの「突き」を下方に押さえるようにして受けるのは分かりますが、勢いによってはその攻撃がそのまま思った以上に落ち、タイミングによっては急所に当たることもあるのでは、ということです。


 いろいろな条件が重なり、偶発的にそういうことが起こり得る可能性は否定しません。


 通常、「受け」の原則としては、相手からの攻撃のベクトルを自身から外すことを意図しますが、この「押さえ受け」の場合は下方に落とすということになりますので、完全に自分から技の切っ先が外れたわけではないわけです。


 実はこういう質問を待っていたわけですが、ここから別の技に展開する話をし、実際にその稽古を行ないました。それに関しては以前、このブログでも写真付きでご紹介したことがありますが、ここではそういう気付きを待っていたのです。


 それを書くと長くなりますので今日はここまでにしておきますが、いずれ改めてお話しする機会があればその時にしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp











いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 また「開手(かいしゅ)」をテーマにした話です。この話も土曜日に行なった稽古の一つで、昨日同様、この技も「鎮東(ちんとう)」の中に出てくる動作からのものです。


 この「形(かた)」にこだわったわけではありませんが、「鎮東」は鳥の「形」であり、羽の動きを参考に武技とする内容からは、「開手」の展開に通じるものが多く、しなやかでありながら武技としての激しさも有するところに魅力があります。


 この稽古でそういうところを感じてもらえればと思って行ないましたが、技をかけられた瞬間にぞっとした、という感想もあり、そういう意味ではこちらの意図通りだったと言えます。


鎮東 手刀掬い回し受け













 それが上のイラストに示した技ですが、「手刀掬い回し受け(しゅとうすくいまわしうけ)」です。


 ここでの「極め技」は「手刀」では無く関節技になりますが、「開手」による技であることには変わりありません。「開手」の技の広がりを時間できる具体例になります。


 この動作に関しても複数の解釈がありますが、これまで道場でやっていたのはその内の一つです。


 その画像が無いので文章だけの説明になりますが、相手からの「突き」を掴みつつ引き寄せ、肘が伸びきったところで下方から肘を捕り、そのまま肩関節からねじ切るような感じで関節を極める、というものです。関節に対してかなり強烈に極まるため、瞬間的に技をかければ大きなダメージになります。


鎮東 手刀掬い回し受けの解説












 しかし、この日に稽古したのは別の解釈で、それが上のイラストに示してあります。


 ご覧のように相手からの「突き」を「背手(はいしゅ)」で受け流し、肘が伸びたところに反対側の「掌底(しょうてい)」を当て、上肢全体を自然に回旋させつつ肘関節の逆をとる、という内容になります。


 稽古では素早く技をかける様を見本として見せましたが、瞬時に肘関節を極められる様子に、折れる、という恐怖を感じたそうです。


 もちろん、その直前で止めるのは技が分かっているからですが、この日の出席者の場合、全員その様な意識でやれば危ないので、手の動かし方に注意してもらい、肘関節を極めるというのはどういうことなのかを感じてもらいながらの稽古になりました。


 今日も昨日のブログのように一つの技を掘り下げて説明しようかとも思いましたが、タイトルにあるようにこの日に稽古したもう一つの技についても説明しておきます。


編手法 飛燕  それが左のイラストで示された技ですが、このブログによく訪問されている方の場合、つい最近もご覧になったと思います。


 その時は「突き」の質をアップするための稽古の説明として用い、そこでは「手刀」ではなく「掌底」による「落とし受け(おとしうけ)」のほうを中心にお話ししました。そして、実際の稽古でも「手刀」は用いていません。


 でも、今回は「掌底」で受けた後、「手刀」による反撃まで行なっています。


 この技は千唐流で教授される「変手法 二十八構(へんしゅほうにじゅうはちこう)」の中の「飛燕(ひえん)」という技の一部だということを先日も書きました。ですから、実際にはこの後に続く技もあるのですが、前回同様、今回もその全ては稽古しませんでした。


 しかし、前述のように、今回は「手刀」のところまで入れた稽古です。その点、前回とは全く異なる稽古になりました。


 具体的な内容ですが、ご覧のように攻撃する側は「中段突き(ちゅうだんづき)」で突いてきますが、受ける側は以前行なったように「掌底」で相手の手首を落とすような感じで受けます。相手に勢いがあればそれだけで前のめりになりますが、そのような状態になるような「受け」を行ない、隙ができたところに目を切るような感じで「手刀」を放ちます


 「目切り(めきり)」と呼ばれる用法ですが、「手刀」の使用部位が指先である点が通常の用法とは異なります。この意識で稽古する場合、本当に目に当たらないように間合いに注意してもらうことが大切で、その点は何度も強く注意しました。


 この意識で行なうところか「形」の中にもありますが、ターゲットが目というのはいかにも武術らしい内容です。


 この日に稽古した内容は、出席者にとって初めて、という人もいました。少しずついろいろな技を伝えていきたいと思いますが、並行して基本もきちんと積み重ねなければならないので、出席者の様子を見ながら稽古メニューを工夫している毎日です。


 今日は稽古日ですが、どんな内容になるかは次のブログまでお楽しみに…。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp










いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日のブログの続きです。


 土曜日の稽古が「開手(かいしゅ)」をテーマにしたものであったことはすでにお話ししてありますが、その場稽古として行なったのは「手刀(しゅとう)」のみでした。


 後半は組稽古として行ないましたが、前半が「手刀」の効果的な用法として稽古しましたので、その流れで「手刀」を極め技とした内容で行ないました。


 その内容は「投げの形 十五構(なげのかた じゅうごこう)」や「変手法 二十八構(へんしゅほう にじゅうはちこう)」にある技の中から一部を抜粋して行ないました。それぞれの内容についての全容は、いずれ少しずつ稽古していくことになりますが、今回は「手刀」を中心にその活用のさわりの部分について行なったわけです。


 基本的な「手刀」の武技としてのポイントは前半で意識してもらったので、ここではその応用、というつもりで稽古してもらいます。


 もっとも、全体の流れが異なることで、せっかく意識できたことが飛んでしまい、また基本的な用法のところに戻るシーンも出てきましたが、そういうことの積み重ねによってだんだん武技として整ってくると思います。最初に話したこと、アドバイスしたことが本当に大切なのだ、と心に沁み込むことになれば、基本稽古で説明したことの実践も容易なはずです。そういう願いも込めつつ、組稽古はスタートしました。


輪転から手刀打ち











 今日はその中の一つだけになりますが、今回受ける側は「自然立ち(しぜんだち)」で臨みました。攻撃する側は基本の「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」で行ないます。


 受ける側は相手からの攻撃に対して左方に体軸を移動しつつ「閉足立ち(へいそくだち)」になり、瞬時に輪転します。それに合わせ、相手の「突き」が伸びきったところでその下方から「手刀回し受け(しゅとうまわしうけ)」の要領で受け、そのまま歩を進めながら相手の後方に上肢を持っていきます。そうなると相手の姿勢が崩れることになりますが、その崩れに乗じて眉間に「手刀打ち(しゅとううち)」を行ないます


 この技は「投げの形 十五構」の一つで、この後にも技は続きますが、今回はこの「手刀打ち」を「極め」として行ないました。


 この稽古をした時、私はある問いかけをしました。今行なった動作は、どこかで見たことはないか、という話です。


 その際、輪転という部分を除き、両上肢の動き、という点に特化して考えるように指示しました。


 その視点でよく見ると、いずれの上肢も床とは垂直に近い角度で円を描きながらの動作になっています。再度、両上肢の動きだけに絞って記述しますが、最初の「受け」として用いる場合は、前述のように相手からの「突き」に対して下から相手の姿勢を崩すような感じで回す、ということになります。その上で、他方の上肢も円を描きながら眉間に「手刀打ち」を行なうことになります。


鎮東 手刀押さえ受けから手刀打ち









 上のイラストには輪転の動作こそありませんが、両上肢の動きについてだけ見るならば、まさに同質の内容になっており、運足を除いた部分では解釈例の一つとして考えることもできます。


 この動作は「鎮東(ちんとう)」の最初のほうで行なうところですが、正面から見ても分からなかったことでも、ちょっと視点を変えると、思ってもいない発見をすることがあります。頭を柔らかくすることでこれまで稽古してきた体系の関係性が見えてくるような感じですが、そういう話をするとこの日の出席者も喜んでくれました。何も考えなければ、「形」の稽古は変わった体操くらいの認識かもしれませんが、それぞれの動きの活用法を知ることによって、これまでと違った目で見ることができ、それこそが「形」に魂を入れることにもつながます


 さて、ここからこの技を稽古した時に見かけた問題点と、その解消のためのアドバイスについてお話ししたいと思います。


 この技を成功させるためのポイントの一つは、最初にきちんと相手の姿勢を崩せるかどうかにあります。


 見本として行なった時、相手役の人は姿勢が崩れ、それに乗じて「手刀打ち」を放つ、という流れになりました。全員で稽古する時、当然その意識で行なってもらわなければならないのですが、いずれも崩れません


 そこで何が違うのか、ということを考えてもらいました。こういうところが直真塾らしい稽古になりますが、そこでは人の身体の仕組みについての理解があるか否かが関係します。


 もちろん、壊しとして行なう武術の場合、無理やりにでも大きな力を加えて、ということでもとりあえずの目的は達成できるかもしれませんが、そういうレベルでは人として培ってきた武の技が他の動物の闘争と同じレベルになります。人間の戦いである以上、そこには「知性」が必要であり、それが身体の仕組みを意識し、武の理を考え、それに基づいて技をかける、ということです。


 そういうヒントを出しつつ考えてもらったわけですが、崩れるパターンと崩れないパターンを比較実演してみました。そうするとその相違点が分かったようで、必要なのは肩関節の可動域の意識だったのです。


肩胛骨と頸椎周辺  その際、肩関節がどのような構造になっているかを知っておかなければなりません。そこから可動域であったり、構造上の弱点を理解し、武技への理解にしていくわけですが、上腕骨(じょうわんこつ)」は肩胛骨の関節窩に収まっていますが、股関節の場合とはその深さが異なります


 それが上肢の自在性に大きく関与していますが、同時に関節としては弱い構造になっています。関節をサポートしている筋肉や靭帯も同様で、そういう概念の有無が武技として稽古する際の基本的な認識になります。


 そして、人体のいずれの関節も可動域には限界があり、肩関節も股関節よりも自在性はありながらも制限があります。


 今回の技の場合に必要な可動域の知識については、真上に上肢を挙上させた状態からどれくらいまでなら後方に動かしても大丈夫か、ということです。これは「活」の分野で意識されることですが、「殺」の視点ではどこからが壊れるか、という視点で見ることになります。


 すると、上肢を真上に挙げたところから見る場合と、床と平行にした状態での後方への可動域では関節にかかる条件の違いから異なった角度になり、最も後方に動く床に平行の状態でも30度が限界とされていますので、実際にはそれ以下の角度から身体は崩れ始めます。


 ところが、稽古では可動域の範囲内で行なっているため、この技に必要な崩しがありません


 それを比較した動きから理解してもらいましたが、今度はその上での実践です。


 ここで注意しなければならないのが、必要以上に勢いをつけたりして、肩関節を痛めないようにすることです。実戦ではダメージを与えるようにするのが武技ですが、稽古でそんなことをやっていれば身体は持ちません。だからこそ、限界を感じながら、といったくらいの感じで稽古することになります。


 そういう意識で稽古を見ていると、ちょっと勢いがついている人もいます。さっきまで崩せなかったのですが、今度は崩せることになるので、変な勢いでやってもらうことは安全管理上問題です。この点、しっかり言い含めて継続しました。


 他には「極め」となる「手刀」のことなどもアドバイスしましたが、長くなるので今日はここまでにしておきます。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古ですが、大きなテーマとしては「開手(かいしゅ)」でした。


 空手道の武技の場合、手に関しては「閉手(へいしゅ)」と「開手」がありますが、昨日の場合は後者に絞った稽古を行なったわけです。


 事前の説明の中でその主なものとして「手刀(しゅとう)」、「貫手(ぬきて)」、「背刀(はいとう)」、「掌底(しょうてい)」などがある、ということを話しましたが、時間的にすべてを行なうことはできません。単に数をこなすだけであれば次々にメニューを進めることもできますが、それぞれの技のポイントを確認し、不備なところがあれば改善するようアドバイスしつつ行なう、という前提があります。しかも、各人の癖もありますので、どうしても個別指導的なところも出てきて、細かくやろうと思えば思うほど時間を要します。


 そういうことはこれまでの稽古からも分かっていますので、この日は「開手」の中で「形(かた)」にもよく登場する「手刀」に絞り、もう一度基本から確認することにしました。出席者にレベル差があったので、そういう意味からもそこからのスタートはメリットがあると判断し、後半の「開手」を意識した組稽古へと続けることにしました。


手刀打ち











 まず行なったのが「手刀外回し打ち(しゅとうそとまわしうち)」です。上のイラストのように、「手刀」を身体の外側から打ち込む技ですが、基本稽古の定番の技です。


手刀  そのため、「手刀」のフォームそのものを事前に確認しないままスタートしましたが、どうしてもその点が気になる道場生がいます。これまでも再三注意しているのですが、この日は特に技を見直す、ということを力点を置いていたため、ここからきちんと意識してもらうことにしました。


 その人の具体的な状態ですが、掌部分が少し凹んだようなフォームになっています。見ただけで弱そうな「手刀」の状態になっているわけですが、実際にターゲットとして私の手を出し、当ててもらいますが、ほとんど衝撃を感じません


 そこで「手刀」として用いる時の手の張り方や親指の締めなど、基本に戻って再確認するわけですが、打つという動作をしない時には何となくできています。でも、実際の「手刀打ち」になれば崩れてしまう、という状態です。打ち技として上肢を動かす時に、末端部まできちんとコントロールする、というところまでの意識が働かないのでしょう。


 ただ、単にフォームを作るだけ、ということについてはそれなりの状態になっているので、今後はその意識を保ち、打ち技として稽古してもらう中で末端部までコントロールする身体意識を身に付けてもらうことにしました。


 他の人については、「手刀打ち」の質のさらなる向上を意識してもらうための稽古とポイントを説明・稽古してもらいました。もちろん、前述の人も並行して稽古してもらいますが、その際には「手刀」のフォームの不備が武技としての質にも影響する、ということも併せて理解してもらうことになります。そこからその人自身の問題点も再確認し、なるべく早期に改善を図ることを意識してもらうようにしました。


 その具体的な稽古例として、私の手を各人の「手刀打ち」のターゲットとして置き、そこに当ててもらいます。ただし、スピードをつけ、その勢いで打つ、という内容ではありません。私も「手刀打ち」に対して抵抗するようにしますが、その状態に対し、全身の効果的な使い方を意識して打突点からのフォロースルーを意識してもらうようにしました。


 重い「手刀打ち」のためには、どのような身体の使い方をすれば良いのか、ということを体感してもらうわけですが、どうしてもそれを腕力だけで行なおうとする人が多くなります。


 でもそれでは単なる力技であり、武術としての技ではないことを押し返して崩すことで理解してもらいます。実際、腰が入っていない、下半身の使い方の意識が無い、という場合にはどんなに力んでも私を崩すことはできません。


 そこで逆にこちらが同様に行なってみますと、支えることができずに崩れてしまいます。


 その差について、具体的な下肢の使い方、腰の動きなどを実演しつつ説明ししました。「外回し打ち」の場合、「手刀」の動きの方向と上半身の動きが一致します。その分、体重を乗せるという感覚は実感しやすくなりますが、全身の中心軸をきちんとキープする意識を保ったまま、下肢の動きと腰の動きを連動してもらい、かつ脇の締めといった体幹部と上肢のジョイントの部分の意識を加味することで随分質的に変化しました。


 加えて、末端部のプラスアルファのクオリティアップの要素として手首のスナップの意識を話しましたが、この点は他のポイントとシンクロさせるのが難しいようで、レベルの差により出来不出来が見られました。


 そのようアドバイスの下、再度全員でやってもらいましたが、最初の時と異なり、見ているだけで全身の使い方が変化しています。その身体意識がいつまで残っているかは今後の確認になりますが、また同じようなことを説明・稽古し続ける中で、少しずつできる人が増えてくるものと思われます。


手刀内回し打ち  続いて行なったのが「手刀内回し打ち(しゅとううちまわしうち)」です。


 左にそのイラストをアップしていますが、「外回し打ち」の場合と同様に、今回は「内八字立ち(うちはちじだち)」で行なっています。


 あいにく、その様子を表わすイラストがなかったため、型に登場する「内回し打ち」のところをアップしましたが、それが立ち方が「正整立ち(せいさんだち)」になっている理由です。


 イラストのことはここで理解していただいたとして、具体的な内容についてお話ししましょう。


 前述の「外回し打ち」と「内回し打ち」を比較した場合、単に打つ方向が逆になっている、ということだけが相違点ではありません。


 さきほど、「外回し打ち」の場合、「手刀」のコースと身体の動きの向きは同じ、ということをお話ししましたが、「内回し打ち」の場合は逆になります。その身体の使い方は基本の「受け」の中の「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」と「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」の場合と同様で、上肢の動きと体幹部の動きが逆になるのです。


 つまり、「内回し打ち」の場合、上肢は内側から外側に向かって動きますが、体幹部はその逆方向になる、というわけです。


 その場合、身体の中心軸の確保はさらに重要になり、その意識の有無は技の重さと大きく関係します。よくある悪いパターンとしては、例えば右側で打つとすれば上体が左側に傾く、といったことが多くなります。無意識に上肢の動作に対してバランスを取ろうとしているのでしょうが、これではあった時の衝撃をしっかり受け止めることができず、軽い技になってしまいます。


 ですから、打つ側と引き手側をきちんと意識することで背部を締め、それに合わせて身体の中心軸を確保することが必要になります。


 この認識についても「外回し打ち」の時に稽古したように、当たる時に負荷をかけ、それに対して打った側が崩れないように身体をコントロールしもらい、同時に技自体が重くなるようにするには、という意識で行なってもらう中で感じてもらいました。そこから全身のつながりを身を持って理解してもらい、上肢だけの打ち技になることにストップをかけました。


 もちろん、全員が同様のレベルで落ち着いたわけではありません。ベースの違いからバラバラではありますが、全体として良いほうに変化しました。


 そういう状況を確認の上、組稽古へと進みましたが、長くなるので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp










いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。