中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

NEW !
テーマ:

 昨日のブログの続きです。今週のBBK(ボディバランス空手)の稽古の話ですが、最初に転身の基礎というテーマで行なった後は、それをベースに内容を広げていきました。


 それがタイトルに挙げたことですが、その前に行なったことがあります。


 冒頭で行なった「返し突き(かえしづき)」は転身を前提とした「突き」でしたが、そこでは「正整立ち(せいさんだち)」でのことでした。


 しかし、立ち方が異なる「返し突き」もあり、タイトルにある稽古に移る前、まずそのことから入り、「返し突き」のバリエーションとして理解してもらいました。


返し突き(四股)




















 それが上のイラストに示した「四股突き(しこづき)」による「返し突き」です。


 この技の場合、「正整立ち」による「返し突き」のように足裏を意識して転身することがなく、身体の向きを変えて突くことになるので、立ち方の変化という点では容易なのですが、初学者にとっては終始腰を落とした姿勢を強いられることになり、結構辛いものです。


 そのため、稽古中に少しずつ腰が高くなってきがちですが、それは今回もありました。共通して見える注意点ですが、下半身の強さが鍛錬されていない段階では無理はありません。この点は少しずつ強化していくことなので、時間をかけて行なっています。


 もう一つ共通して見ることがある問題点は、「突き」の際の上肢のコントロールです。向きを変えて突く時に、「打ち」のような軌跡を描くことがあります。これは腰に置いた拳と肘の位置関係と、「突き」とはどういう上肢のコントロールを必要とするものなのかの理解と実戦の意識が不足しているからであり、この点をきちんとしなければ武技にはなりません。


 「突き」という武技は、肘で拳を押し出すような意識が必要ですので、身体の向きを変えた時には上半身の捻りをきちんと意識し、できるだけ肘を背部に引き寄せるようにし、その上で前述の要領で突きます立ち方の関係で上半身の捻りに制限がかかりますが、可能な限り行なうことで腰の練り、という稽古になりますし、柔軟性にもプラスに作用します。その際も立ち方を崩さないようにすることで下半身の強化にも役立つことになり、「四股立ち(しこだち)」による「返し突き」の稽古は結構な要素を含んだものになるのです。


 その分、初学者にその質を要求するのは難しく、今回は前述した中から一つでも良いので意識してください、ということで稽古を進めました。


返し突き





















 その後、「四方突き(しほうづき)」の稽古になりましたが、ここでは「正整立ち」による「突き」で行ないました。その関係で昨日使用したイラストと同じものをアップしましたが、この「返し突き」を必要とする内容になります。


 具体的に説明しましょう。


 まず、「追い突き(おいづき)」を行ないます。これが1本目になり、続いて「返し突き」を行ない、これが2本目になります。3本目で方向が変わりますが、今度は90度の運足を行ないます。その後はまた「返し突き」を行ない、これが最後の4本目になり、「四方突き」になります。ここでその方向を見てみると、正面からは90度横を向いていることになります。この4本の「突き」を1セットにし、4セット続けて行なえばまた元の向きになり、これは右を主体で行なっても左を主体で行なっても同様です。


 初学者の方が難しく感じるのは、転身のところは当然のこととして、他には方向転換があります。やっているうちに、どの足をどちらに動かせば良いのかこんがらがってしまうのです。今回も同様の問題がありましたが、それを見た時、その後にゆっくりした号令に切り替えましたので、自分の中で整理することができるようになったのか、そのリズムで行なう限りは間違いをせずに動けるようになりました。


 ただ、動かす足を変えるとまた間違えるようになりましたが、これも初学者ならではのことです。初めてのことですから少しずつ身に付けてもらいます、ということを話し、稽古は続きました。


中段前蹴り 蹴込み


















 最後に行なったのが「四方蹴り(しほうげり)」ですが、これは「前蹴り(まえげり)」で行ないました。


 「突き」の場合と異なるのは、「蹴り」の際には片足で立つことであり、それが転身時のリズムにも影響を与えるということです。もっとも、今回の稽古は初学者の段階での話ですからあまり関係ありませんが、上級者の場合はそういう点にも心を配り、いかにすれば迅速な動きができるのかに留意してもらいます。


 しかし、今回は上のイラストのように蹴った後にきちんと着地し、正しい立ち方になったところで、この日の冒頭で稽古した足の運びを意識して転身してもらいました。


 ところで、「四方突き」と「四方蹴り」を比較すると、前者は「突き」が終了した時点で一つの括りになりますが、後者の場合は次の展開の関係で転身するまでが一つの括りになります。これが両者の違いであり、集中力の持続にも関係することですから、この括りのことについては少しずつ意識してもらうことになります。


 進んでくれば括りがあってもないような感じで行なうことが要求されますが、今回は初回ということもあり、少しずつ意識してもらうことになります。


 これまでやったことがなかった稽古だけに、初学者の方にとっては良い刺激にもなったようです。さらなる精進を期待します。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
 
 
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日のBBK(ボディバランス空手)の話です。


 ここでは空手道の動きをベースに、身体意識・操作性の向上を目指しますが、中でも「中心軸」の意識は大切にしています。その場合の効果的な稽古の一つが転身で、バランスを崩さずに方向を変える、という身体操作を身に付ける中で、自然に「中心軸」を養成することになります。その動きは基本稽古の中でもありますし、型として稽古する時にも入っています。


 稽古生のレベルがバラバラですので、上のほうに合わせて行なうと下の人がついてこれなくなりますが、前者の人には復習という意識を加味して行なうと、それなりに一緒に稽古することも可能です。転身は重要な身体操作ですので、ここはその意識でその基本から稽古することになりました。


返し突き























 その具体例の一つが上のイラストに示した「返し突き(かえしづき)」ですが、いきなりこの稽古を行なったわけではありません。


 180度向きを変え、その上で突くわけですから、身体の使い方部分でそれなりのベースが必要になります。単に回転して突く、といったやり方では悪い癖が身に付いてしまう可能性があるところから、ここはゆっくりで構わないので、確認も含めながらの稽古になりました。


転身時の足の運び













 ゆっくりという意味は、「返し突き」の動作のスピードを落として行なうというだけでなく、動作の要素を分解し、その一つずつを稽古し、その上で合わせる、ということです。そのため、まずは足の運びからスタートしました。


 それを分かりやすくする為、あえて足の部分だけをピックアップしましたが、基本はご覧のように前後左右に大きく動かすものではなく、足裏の動きを最大限に活用に、なるべくスピーディーに、しかも隙を作らない、といった意識で行なってもらいます。


 もちろん、そのレベルで最初から行なえるわけではありませんし、実際には各人の体格的な条件から多少の修正を加えながらの動作になります。


 しかし、その基本は前述したように足裏の操作にありますので、まずはこの点を説明し、繰り返し稽古してもらいました。


 その内容を具体的に説明しましょう。


 まず立ち方ですが、「正整立ち(せいさんだち)」になります。他流でも同名の立ち方がありますが、細かなポイントについては相違点があり、ここで行なう場合はあくまでも千唐流の立ち方という前提です。この場合、前後の立ち幅は「一膝一拳(ひとひざいっけん)」、左右は肩幅くらい、前足のつま先はやや内側を向き、奥足はそれと平行かもう少し正面を向く、という状態です。体重は前足・奥足に均等にかけ、両膝とも適度に曲げ、特に奥足の膝は突っ張らないように注意する、といったことが基本的なポイントです。


 この条件を前提にした足の動かし方ですが、まず前足のつま先をかかとを中心に内側に向け、続いて奥足のかかとを上足底を中心に内側に向け、ちょうど横方向に「内八字立ち(うちはちじだち)」のような状態になった時、奥足側だったほうを今度はかかとを中心にしてつま先を開き、最後に元々前足だった側の上足底を中心にかかとを開き、身体の向きを変える、という流れになります。


 今、かかとや上足底を中心に動かす、ということを書きましたが、その時の動かし方如何で足がもつれたりすることがありますので、その加減の部分が要稽古であり、前述したように体格の違いから多少の微調整が必要になる場合もあります。


 そして、このような足裏の動かし方が素早い転身を可能にするベースであり、大変重要なポイントになるのです。


 稽古の様子を見ていると、初めて行なった人もゆっくりやることで何とかできています。この方の場合、この日はそれでOKということですから、続いて「突き」を伴った稽古に移りました。


追い突き





















 転身を伴った「突き」というのは今回、冒頭のイラストに挙げた「返し突き」として稽古しますが、もう少し動きを伴った内容でやりたいと考えましたので、まず上のイラストのように追い突き(おいづき)」を行ない、そこから転身して突く、という内容で行ないました。


 そうなると、最初の「追い突き」のところから気が抜けません。


 つまり、「追い突き」の際の足の置き方の意識がどうなっているかで転身時の足の運びに影響を与える、ということですが、前後や左右の歩幅、前足の向きなどがきちんとコントロールさせていなければ、「返し突き」の時に立ち方が乱れ、正しい「突き」にならない、ということになるのです。


 もっとも、今回は全てにおいてゆっくり行なってもらいましたので、足の置き位置なども含め、最初にしてはそれほどの狂いはありませんでした。これを勢いをつけて稽古してしまうと、肝心の身体操作が疎かになり、単に回転して突いているだけとなり、動作だけの技になってしまう可能性があります。BBKでも直真塾でも、そういうことにならないように稽古のステップを考えており、最初の段階はよちよち歩きのようなことでも構わないので、正しい身体の動かし方の基本を理解してもらうのです。


 それが認識されれば、自分の動作を鏡で見て、自身で修正することも可能になるでしょうし、そういう稽古生が増えていくことを願っています。


 今回のような稽古がその一つになればと思っていますが、この後も転身を意識した内容で続きました。長くなるので今日はここで終わりますが、機会があればお話しします。








 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
 
 
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日のブログの続きです。きちんとお話しできなかった「逆突き(ぎゃくづき)」をテーマに、パート2として綴っても良かったのですが、最後のほうにも書いたように、このテーマは別の機会に発表したいと思っています。


 そこで今日は稽古の後半の話を綴っていきますが、ここでは「その場稽古」ではなく「移動稽古」を行ないました。「その場稽古」については「逆突き」でたっぷり行なったので、今度はそれも含めてちょっと応用、という意図で行なったわけです。


 とはいっても、「その場稽古」がきちんとできているわけではありません。ですから、今後も行なっていきますが、稽古のメニューの場を広げるため、この日は基本的な稽古バージョンについての認識を持ってもらうことにしたわけです。


 そうなれば、固定された「その場稽古」ではなく、動きのある「移動稽古」の存在を理解・体験してもらうことが大切であり、それがこの日の後半のテーマになったのです。


 前半の稽古が「逆突き」でしたので、それを運足を伴って行なう、ということもできましたが、ここは定番通り、「追い突き(おいづき)」からスタートしました。


追い突き














 その様子を示したものが上のイラストですが、出ている足の側と同じ側で突く、というものです。


 もちろん、この場合も「逆突き」の際に用いた「正整立ち(せいさんだち)」で行ないました。稽古ではそのフォームは当然として、合わせて運足の軌跡についてもきちんと意識してもらいました。


 初学者の場合、このような時にまっすぐ足を進めてしまいますが、武技として行なう場合はイラストにもあるように軸足になる前足に一旦引きつけるようにし、そこからまた円を描くような感じで足を進めます。その際、すり足になりますが、この意識がなかなか難しく、慣れていないせいもあり、どうしても足裏が浮いてしまいます


 昨日のブログでお話ししたように、この日は新入会者中心の稽古になりましたので、初心者に対する目線での話が多くなりますが、経験者の方や他の道場生はきちんとやっています。あえてことわりがない限り、問題点の記述のところは全くの初心者の方の場合、とご理解ください。


 話を続けますが、その新入会者の方の良かった点もあります。


 それは移動時に膝が伸びることによる姿勢の上下がなかったところです。身体を動かすベースとして、その人はアイスホッケーの経験者で、おそらくその時の膝の使い方が自然に出ているのかもしれません。初心者の方のほとんどに見られるアドバイスポイトンなのですが、そういうところがなかったことは大きな収穫です。


 「突き」のフォームやそれに関係することについては、「その場稽古」との絡みがありますのでそちらに譲るとして、この稽古で意識してもらったことの一つに運足と「突き」のタイミングのことがありました。


 細かく言うとまず足が先で、その後に「突く」という流れになります。もっとも、その拍子は限りなく1拍子であり、見た目は同時といっても過言ではありません


 でも、土台の大切さが意識されなければ武技として存在できませんので、あくまでも意識は足が先です。拍子のことは今後の稽古の質で改善していくことになりますので、まずはその意識作りのベースとして今回はあえて運足、そして突く、という2拍子で稽古しました。前述のように、そこから少しずつ拍子を縮めていきますが、稽古の順序として2拍子からのスタートになったわけです。


 こちらとして分かりやすいようにという配慮でしたが、やはり手足の連係となると難しいようで、その拍子はバラバラでした。数をこなすうちに少し修正されましたが、そういう乱れもよくあるパターンの一つですから、ある意味想定内です。そもそも「追い突き」の時の手足の動かし方自体が慣れていない身体操作ですから、時間をかけながら体得してもらうことになります。


逆突き


















 続いて行なったのが移動しながらの「逆突き」です。前半で稽古したことを前提とした移動稽古ですが、手足の使い方については一般的な歩行パターンと同様なので、「追い突き」よりもやりやすいと感じる人が多くなります。


 今回の新入会者の人について言うならば、この点は一般的な場合と合致していました。


 ただ、全体的なことで言うならば、「追い突き」の場合もそうでしたが、「突き」の位置が高くなる傾向がありました。それはもう1人の新入会者の方も同様ですが、その方の場合、これまでの稽古で染みついたものがあるのでしょう。見た目は同じでも、その理由については異なると考えた方が自然なので、今後のアドバイスはその視点で行なうことになります。


 長くなりそうなので、今回話しそびれていることは別の機会にということにして、もう一つ行なった「四股突き(しこづき)」の話に移ります。


四股突きの移動














 上にその様子をアップしましたが、最初に説明したのは「四股立ち(しこだち)」のことです。立ち幅や姿勢、腰の落とし方、つま先と膝の方向など、普段行なわない立ち方の分、説明しなければならないところが満載です。


 加えて、この立ち方は慣れないと下半身の負担が大きく、すぐに崩れてしまいます。それは姿勢も同様であり、特に新入会者の場合は柔軟性に問題があるとのことなので、この点は少しずつ整えてもらうことにしました。


 運足も姿勢をキープしたままということが難しさに加算され、足の軌跡とそれに伴う操作法にも留意してもらわなければなりません。


 また、他で経験のある新入会者の場合、「突き」そのものについてアドバイスをし、拳の位置の改善について説明し、その違いを理解してもらうべく押し返してみました。ビフォー・アフターで明確な違いを認識されましたので、今後その意識でやってもらうことになりますが、その定着にはそれなりの時間を要するものと思われますので、やはりしばらくは基本を意識した稽古を続けてもらうことになりそうです。


 もっとも、経験がある分、それを上手く活かしてもらえれば習得も早いのではと思いますので、その点に期待したいと思います。


 他にもいろいろアドバイスしたことがありますが、長くなりますのでこの話もまた機会を改めたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古の話です。


 台風の関係で雨の予報が出ていたせいか出席者が少なく、新入門者の人や白帯が多いという状態でした。最近のパターンは、2組に分けて別々のテーマで稽古する、ということが多かったのですが、この日は全員基本稽古に特化し、「形(かた)」や組手でよく使用される「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」の質的向上を意図したところからスタートしました。


 もちろん、それ以外の稽古も行ないましたが、今日はタイトルにもあるように、「逆突き」にスポットを当ててお話ししたいと思います。


中段突き














 上の写真は3年前、香港で行なわれた千唐流の世界大会「宗家杯」での試合のワンシーンです。強烈な「中段逆突き」がヒットし、身体が「く」の字になっているのが分かります。受けようとしている様子も分かりますが、タイミングが遅れ、見事な1本になったシーンです。


 「形」に登場する「逆突き」の様子についてはあえて画像をアップする必要もないでしょうから割愛しますが、流派、「形」の種別を問わず、たくさん見かけます。


 本来、空手道の「突き」は、「追い突き(おいづき)」がメインとされますが、同じように重宝されるのが「逆突き」ですので、昨日の稽古では試合のためだけでなく、実際に戦った時に相手を倒せるだけのクオリティを秘めたものにする為のコツを説明したのです。


逆突き・引き手・中心軸  左に「逆突き」の様子を示したイラストをアップしましたが、「突き」の前にきちんと確認したのが土台となる立ち方です。この部分がきちんとできていなければ、その上に構築される武技の質は推して知るべし、ということになり、本来発揮できるはずのレベルに達しないことになります。千唐流では「正整立ち(せいさんだち)」を基本としていますので、ここでもその立ち方で行ないました。


 そのため、「正整立ち」のポイントから確認しましたが、それについては先日お話ししたばかりですので今日は割愛します。


 武技としてまず説明したのは、「逆突き」の基本的な構造です。この理解がないまま次のステージに行くことはできません。新入会者の一人は全くの初心者ですから、「逆突き」という概念もありません。同じ新入会者でも、もう一人の人は他で経験がある分、基本認識はきちんとあります。実際に動いてもらっても、見た目には問題ありません。


 その基本動作的な部分が左のイラストなのですが、この時にしっかり意識してもらうのが身体の中心軸です。イラストでは点線で示されていますが、まずこの軸をきちんとイメージし、それを中心に拳の押し出しと引きという正反対の動きを行ないます。


 初学者の場合、同時に行なうこの動作が難しく感じる人が多く、今回も同様でした。特に引きを意識できないケースが多いのですが、よく見かける通り、拳が腰のところまで引いていない、あるいは拳がきちんと握られていない、拳の返しが十分でない、押し出しと引きの勢いのバランスが悪いなど、定番のパターンが散見されます。


 こういう時、初学者の人によくお話しするのが最初から全て意識できる人はいない、だから1回の稽古で何か一つで良いからきちんと意識し、少しずつレベルアップしていきましょう、ということを話しています。自分にとってのテーマを決め、その意識で稽古に臨み、着実にステップアップするように、ということをアドバイスしているのです。ですから、前述の問題点についても、この日に自分がもっとも気になるところを集中的に意識し、その克服に努めてもらいました。


 そして、もう一人の新入会者の人を中心に「逆突き」のブラッシュアップということで、タイトルにあるように武技としての視点からのアドバイスをすることになりました。もちろん、他の道場生にも同様の意識で稽古してもらいました。中には復習として確認してもらった人もいましたが、それも必要なことですから一緒にやってもらいました。


上から見た逆突き  左のイラストは「逆突き」を上から見た時のものです。


 道場でよくお話ししていることの一つに、武技というのは自分のパワーを相手に伝えるだけでなく、その反作用をきちんと受け止めることが大切であり、その為にフォームや身体の中心軸、土台の意識などの要素が必要になる、ということがあります。


 そのために必要な意識の一つに、上肢の中心軸やその軌跡の意識があります。その説明のために上のイラストをアップしたわけですが、突く際にこの要素が意識され、そして実践されているか、ということに注目しました。その上で、極めの際にその意識が上肢のフォームとしてきちんと実践されているか、ということをチェックしました。


 そういう時は、極めの状態、つまり上肢を伸ばしているフォームを取ってもらい、インパクトの瞬間の意識で必要な身体の締めを行なってもらいますが、それなりに筋肉がついている人の場合、少々押してもビクともしない、というイメージです。


 でも、どこかしらに意識の抜けがあると、見た目とは裏腹に崩れてしまいます


 今回の場合もそういうことがあり、まっすぐ突く側の正中線の方向に押し返すと、「突き」が崩れてしまいます。それは何度やっても同様です。


 こういう場合、何が原因で、そしてこうすれば改善する、ということを体験してもらうことが必要ですが、この日の稽古はこのような流れで進んでいきました。


 前述のケースの場合、問題点は上肢の絞りにありました。


 見た目には上肢の中心軸はきちんと取れているように見えるのですが、肘を中心に上腕と前腕の絞り込みが不十分で、脇の締めの甘さがあったのです。そこで、上肢の絞りの意識をそれこそ手取り足取りの感じでアドバイスし、その上でフォームの改善を図りました。その兆しが見えたところで先ほどと同じような感じで押してみたとろ、今度は崩れません。上肢の意識に一味加えただけで、明確な変化が生じたのです。


 こういうことは、私がやるだけでは加減したのではと思われるかもしれませんので、稽古生全員で互いに確認してもらいました。結果は同様であり、だからこそこの意識の大切さを改めて理解してもらうことができました。


 そこで次のポイントの説明になりました。


 「逆突き」で意識してもらうことに一つに腰の使い方がありますが、引き手や中心軸の意識に伴う大切なポイントです。そしてこれは上半身の状態にも関係することであり、その連動の意識の大切さについて実験とアドバイスを行ないました。


 さらには肩胛骨の意識の大切さについても同様に実験とアドバイスを行ないましたが、先ほどの腰と上半身の連動の話とチェック法、具体的なポイントの話も含め、ブログで書くには長くなりすぎますし、こういうことはいずれ書籍で公開したいと思います。


 肘と脇の締めについては少し書きましたが、その詳細も含め、基本として行なう「逆突き」も武技として意識すれば「見えない技」の部分でいろいろある、ということを稽古では理解してもらいました。なお、今お話ししたテーマについては稽古も含め、道場では全て説明してあります。ブログでは分量的なこともあり割愛させていただきましたが、武術として意識すべきところを理解してもらう稽古になりました。


 冒頭お話しした通り、稽古はこの後も続きましたが、今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の続きです。


 「二十四歩(にーせーし)」や「三戦(さんちん)」で多用される「扇受け(おおぎうけ)」ですが、これまでお話ししていなかったその際の身体意識・操作についてお話ししたのが昨日のブログです。


 今日はその「受け」を使用する際、ちょっとした意識の違いが次に続く反撃技に影響する、という話ですが、もちろんそれは「扇受け」の場合だけでなく、「受け」一般の話としても活用できることです。この考え方は、「受け」という武技を、単に相手からの攻撃をブロックする、ということではなく、反撃に転じる際のターニングポイントにする為、という位置づけで考えることになり、重要な内容を持ちます。


 これまで「受け」に関しては、「受け即攻撃」という概念はお話してきました。強烈な「受け」により、それをそのまま接触部位に対する攻撃にする、というものですが、その場合はそれである種の完結になります。でも、今回の話は広義の連続技であり、そういう意識で「受け」を見直すわけです。


 もっとも、その具体的な様子は「形(かた)」の随所に存在しており、全体的なイメージは空手道を稽古している方であればご承知のはずです。


前進後退 受けから突き















 例えば、上のイラストは「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」から「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」という、いろいろな流派のいろいろな「形」・「型」の中でよく見かける連続技の一例です。


 まさしく今日のテーマになっている具体例ですが、次に続く技によっては「受け」にちょっとした意識を加味することで、その武技の質が変化するケースがあります。


 今日のお話は先日稽古した「二十四歩」の分解・解説のアドバイスをした時のことですから、その具体例をその中からピックアップしてお話しします。


扇受け  昨日のブログでも登場したイラストですが、「扇受け」を行なっている様子です。左右同じフォームで受けるため、いずれの側でも受けることができ、それぞれにそこからの展開があります


 この日、タイトルにある内容でアドバイスした技は、左のイラストにあるように右側で受けた時の展開でしたが、前述の通り、そういう意識は他の場合でも活用できますので、ここでアドバイスしたことはこの技の限ったことというより、「受け」全般で意識してもらうよう話しました。


 今後の稽古全てで実際に意識できるかどうかは不明ですが、その重要さを理解すれば自ずと実践するものと思います。こういうことは身体の中に染み込ませることが重要ですので、まずはその「理」を理解し、その上で数をこなければなりません。「理」の理解が稽古の際のセルフチェックを容易にしますので、今後の稽古では折に触れこの話をし、しっかり頭と身体に染み込ませていきたいと思います。


二十四歩解説1番












 さて、「扇受け」からの展開例として2つ挙げたいと思いますが、その内の1つが上のイラストです。


 前述の通り、「扇受け」の右側で受けた場合からの技ですが、受けた直後、「上段突き(じょうだんづき)」を行ない、連続して「中段突き(ちゅうだんづき)」を放つ、というものです。


 今日のテーマと絡む大切なところは、直後の「突き」のためにどう受けるかです。


 約束事というつもりで行なう場合、あまり意識しないかもしれませんが、相手の上肢の位置関係で「突き」の出しやすさが変わる、ということに気付かなくてはなりません。接触後にすぐに同じ側で反撃するわけですから、その時の両者の位置関係で反撃の「突き」にも影響が出ることになりますが、相手の上肢の位置が高くなっていれば、反撃する側の「突き」の邪魔になります。その結果、ターゲットが上手く補足できない、反撃の「突き」のコースがずれる、技の威力が減じるなどのことが出てきます。


 そうならないためには、「受け」の時点でその展開を前提に一工夫し、接触時に相手の上肢の角度が下がるようにします。その為には、昨日お話ししたことの中で出てきた上肢のフォームの維持が必須であり、「受け」で相手の上肢を押える、という意識で行なってもらいました。


 この意識で行なうと、わずかですが相手の上肢の角度が変わり、反撃の「上段突き」が出しやすくなっている様子が客観的に見ても分かります。接触時の身体操作のことですが、このようなことが武技の手の内として働くわけで、きちんと入る技とそうでない技、という分岐点になることを改めて実感してもらいました。


二十四歩解説2番  2つ目が左のイラストに示してあります。


 先ほど同様、「扇受け」の右側で受けた後の展開ですが、受けたほうと同じ側で「猿臂(えんぴ)」を放つ、という技です。


 「上段突き」に転じる場合とどこが異なるか、という意識で見ていただきたいと思いますが、前述の技が相手の上肢の上のほうに展開しているのに対して、この技は下方で展開しています。


 その場合、前述の「受け」の意識は逆効果になります。相手の上肢の角度が下がっているようであれば、脇の下に「猿臂」を放つことは難しい、というわけです。


 この違いは武技の質を理解する時に大切です。見た目は同じ「受け」でも、その後の反撃技により接触時のちょっとした操作の違いを要求され、その意識の有無が武技の質に影響する、という事実の理解が必要なのです。


 そこでこの展開の場合の「受け」の意識ですが、ここでは相手の「突き」を後方に受け流す、ということが大切になります。


 最初の技の場合、相手の上肢を押さえるという意識が必要であり、その際は「突き」のベクトルを下方に向けるようにしましたが、今度の場合は床との角度は変わらずに、左方に向けるようにした(攻撃側を基準にした場合)わけです。


 この意識は那覇手系の流派で行なわれる「外受け」の用法と重なることになりますが、それがそのままこの技に生きていることになります。見た目は同じ「扇受け」ですが、「見えない技」の部分では異なる技なのです。このような意識の有無が技の質に大きく影響を与えますが、武技を行為だけで捉えていれば、何が違うのか分からないままに過ぎ去っていくことになります。


 今回の稽古が出席者に良い影響になることを願っています。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の稽古ですが、また2組に分けて行ないました。1組はこれまでお話しした通りの新入門者の組ですが、もう1組は上級者クラスで、前回と異なるメンバー構成です。前者の組のテーマは先日このブログでお話しした「受け」であり、お話しするには前回からあまり間が空いていないので、今日は後者の組の稽古について綴っていきます。


 その組の構成メンバーですが、先々週に出席した人がいました。以前の稽古で、次回この続きを稽古しよう、という話をしていましたのでその約束通りの稽古になりました。


 その際、図らずも最初にアドバイスしたことが「受け」で、新入門者組と同じテーマでした。


 もっとも、具体的内容もアドバイスの内容も違います。ですから、テーマだけが同じだったということですが、異なる視点で見れば。稽古内容のステージの違いが明確に出た内容だったということです。その様子については、新入門者組の人たちは見ていなかったのでどんな内容だったかは分からないと思いますが、このブログで知ることになるかもしれません。


 ただ、その具体的な差異についてお話しすることはなく、今日は上級組のクラスで稽古した「扇受け(おおぎうけ)」が中心になります。


二十四歩 扇受け



















 その具体的な様子が上のイラストに示してあります。


 「扇受け」は千唐流では「二十四歩(にーせーし)」や「三戦(さんちん)」で見られ、両腕を用いる技になります。


 見た目と動作は「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」を同時に行なったような感じになり、基本的なフォームも同様です。つまり、拳は肩の高さ、肘の角度は90度、体幹部と肘の間隔は拳1つ分、ということです。それを左右で行なうところに難しさがあり、またその状態の意義があるのですが、今回はその点についてのアドバイスを行ないました。


 前述のように、この「受け」が登場する「形(かた)」の場合、呼吸法を重視した鍛錬を兼ねたものであり、この点も今回の稽古で意識してもらったことの一つになります。


呼吸時の肺













 上のイラストは武術で意識される腹式呼吸の際の横隔膜骨盤底筋の動きの様子を表わしたものですが、呼吸をしっかりしたものにするならば胸郭の状態にも心を配らなくてはなりません


 いわゆる「ハラ」を意識するならば腹式呼吸の意識は必須ですが、呼吸は胸郭の状態にも関係しますので、実際には腹式呼吸を意識しつつ胸郭の動きにも留意します。


 そしてそれは胸郭の外側にある筋肉や骨格の状態にも影響し、こういう部位は武術で意識されるべき中心軸の確保や、上肢による武技の質にも関与します。


 特に極めの瞬間には、武技の反作用をしっかり受け止めるだけの状態であることが必要ですので、それに耐えうるだけの武術体の養成も「形」の大切な役割であり、特に鍛練の意味が濃い「扇受け」が多用される前述の2つの「形」の場合、単独稽古はもとより、その動作の解釈を稽古する場合でも、その意義を忘れてはなりません。


 今回、呼吸との連動で胸郭を意識してもらったのは分解・解説の稽古の時だったのですが、次のステージのために、武技の伝承と武術体の養成という2つの目的の融合、という意識もありました。


 ですから、そのことについても説明しなければならないのですが、おそらく今日は無理だと思われますので、その点は改めてお話しします。


 でも、今日の話のベースになったのは分解・解説の稽古の時でしたので、具体的な武技の話に入る前の「受け」のところだけをピックアップし、話を続けます。


扇受け  左のイラストは相手からの右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」を、「扇受け」の右側で受けたところです。


 分解・解説ではここから反撃に転じるわけですが、その為にはまずこの「受け」がしっかりしたものでなければなりません。


 しっかりしたものというのは、確実に受けることは当然ですが、自身の姿勢が崩れないようにすることも大切で、そこは前述した武術体養成が意識されなければならないところです。この点が欠落していれば、なければ実戦では負けます。約束事の場合はともかく、実戦で相手が本気で攻撃してきたことに対する適切な対応と、自身に隙を作らないようにすることが必要であり、きちんとした身体操作の意識が大切です。


 その具体的なポイントの一つが胸郭の状態であり、呼吸と連動して武技にする際、いかに上肢に関係する武技の土台を確保するか、そして正しい姿勢と身体全体の支柱となる中心軸をどう作っていくか、という意識が必要です。


 「形」の稽古の際、この動作のところでは「短呑長吐(たんどんちょうど)」のリズムで行ないますが、最初に息を吸うわけですから横隔膜は下がり、胸郭は広がります。その直後、息を吐くことになりますが、それを普通に吐いていたら武術としての鍛錬にはなりません。武術体を作ろうと思うならば、胸郭を拡張したまま横隔膜を上げ、肩を下げて背部を締めるイメージで体幹部を締めることが必要になります。


 この時の背部の動きについては全員に確認してもらいましたが、背筋や肩胛骨がどのように動いているか、そして胸郭全体がどのようになっているか、ということを実感してもらいました。


 その上で話したことが、この「扇受け」という動作は、そのような身体操作の際に左右均等に、しかも胸郭の状態に作用させるために必須の補助動作になり、実際に受ける側と反対側の部分は「受け」には直接的に関与しないものの、その土台の部分には大きく関係している、ということを理解してもらいました。


 基本の「受け」との関係で言えば、前述のように「中段外受け」が関係しますが、その際の大切なことは引き手になります。でも、「扇受け」の場合は引き手はなく、その分、反対側の上肢も同じ動作を行ない、それで背部の操作を行なうわけです。


 もう一つの組の場合、ちょうどそのことを意識して稽古していたわけですが、全くの初心者の人の場合、引き手の意識が希薄です。初めてのことですから当然なのですが、もし上級者の稽古の様子が少しでも耳に入ってたら、意識が変わったかもしれません。でも、この日はそこまでの余裕はなかったようですし、初めてのことですからまずは受ける側の上肢のフォームについて意識してもらいました。今後、数をこなす中で一つずつポイントを自分のものにしてもらえれば良い、ということを話してあるので、そこから今日話したような段階まで上ってきていただければと思っております。


 稽古はこの「受け」の意識をベースに具体的な武技へと入りましたが、その話は後日にしたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は久々には空手の話題とは異なるテーマで綴ります。


 ゴールデンウィークならぬシルバーウィークというのがありますが、上手く休みが重なれば今がその時期のはずです。


 昨年の場合、5連休でしたが、今年はよくある連休のパターンになり、シルバーウィークという感じではありません。


 でも、3連休ということでそれなりに楽しんでいらっしゃる方も多いと思いますので、その中日である今日は、近所にある山本有三記念館に行ってきました。


 しかも今朝行ってきたばかりですので、最新の様子です。


 ただ、出かける時から小雨がぱらつき、帰る時はしっかり降ってきました


 ブログを書いている今は止んでいますが、今日の記念館はタイトル通りの様子で、これまでとはちょっと異なり、しっとり感がありました。


山本有三記念館













 記念館を正面から撮ったものですが、画像からはタイトルのような感じはお分かりになりにくいかもしれません。


 土砂降りというわけではありませんでしたので、雨の様子も今一つですが、不足分は皆様の頭の中でのイメージを膨らませていただければ幸いです。


庭の花1













 記念館を訪れると必ず撮っているのが庭の花ですが、種類も少なく、季節の変わり目ということも関係あるのか、春の感じではありません。


 それでも目について花があり、その一つが上の写真です。


庭の花2













 青い花のそばですが、小さくてピンクと白の花がありました。


 それが上の写真です。


庭の花3













 裏庭に行く途中で見かけた花です。


 2株しかありませんでしたが、色がキレイでしたのでカメラに収めました。


 ソフトフォーカス気味になっていますが、天気や距離などが関係していると思われます。


裏庭













 裏庭の様子です。まだ、濃い緑です。


 紅葉の頃になると、この裏庭もきれいに色づきますが、それはまだまだ、という感じでした。


ハナミズキ越しの記念館












 しかし、中には秋の到来を思わせる木もありました。


 ハナミズキでしたが、上の写真は色づいた葉越しに裏庭から見た記念館の様子です。


 今回、色づいた木はこの1本だけでしたが、少しずつ本格的な秋を感じられることと思います。


 最近は以前ほど明確な季節の変化を感じない年もありますが、今年、期待しています。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日もこの前の火曜日の話ですが、今度は上級者の組の話です。


 先日のブログで、その内の一つのペアの話を書きましたが、今回は別のペアが稽古していたことについて綴っていきます。


 いろいろなパターンで稽古していましたが、私がアドバイスした時は「蹴り」の捌きの場合でした。このペアの場合、各種大会で優勝した経験の持ち主なので、それなりの工夫をしており、こちらもその前提でアドバイスしました。


 それは捌く側に対するだけでなく、攻撃側の質を上げるためにも行ない、そういう実践が武技の質を向上させることになります。


後回し蹴り














 そのうちの一つが上のイラストに示した「後回し蹴り(うしろまわしげり)」で攻撃した場合です。


 実際の戦いでいきなり出してくるような技ではありませんが、この日の稽古のように初撃で行なうようであれば、その隙を見つけるのは容易です。


 でも、約束組手的に行なう稽古の甘さからか、「受け」の部分が今一つであり、そこからの崩しもピンときません。このペアのレベルにふさわしい内容で行なってもらいたい、という気持ちがあるからですが、一瞬で極める意識でやって欲しかったのです。


 そしてその場合、必ずしも上肢で受けることは必要ない、という前提で実例を示しました。


下段回し蹴り  それが左のイラストに示した「下段回し蹴り(げだんまわしげり)」の活用です。


 具体的に言うと、互いに普通に構えている場合、左側が前になっていますが、攻撃する側は前足(左足)を軸にして奥足(右足)で蹴ってきます


 この場合、「蹴り」の軌跡は受ける側から見ると右側から回ってかかとが飛んでくるように見えますが、受ける側が前足を左斜め前に動かすと、比較的容易に相手の裏を取ることができます。「後回し蹴り」が連続技として用いられる時は、最初の攻撃次第でそのタイミングは読みにくくなりますが、今回のように初撃で放たれる場合は入りやすくなります。こういう稽古を続けることで、この技で攻撃された時で反射的に同様の動きができるようになるはずですので、こういう場合の身体の使い方を稽古することは有効です。


 その様にして相手の制空圏の中に入ることができた時点で放つのが「下段回し蹴り」というわけですが、これは軸足を狙うことになります。


 ただ、稽古では本気で蹴ることはありません。触れるだけに留めますが、中途半端な動作では稽古になりませんので、その加減は難しくなります。この点も緩急の意識で調整することになりますが、触れた瞬間に「蹴り」の勢いを消す、という身体の使い方になります。上級者への技として示しましたので、そこにはそういう身体操作の部分も含まれます。


 ここでは原則として運足を意識した捌きで相手からの攻撃に対応することになりますが、それでも保険をかけておかなくてはなりません。それが間合いを切る時の上肢の意識で、「蹴り」が狙っていると思われる側頭部や後頭部をガードするような感じになっていなくてはなりません。これは、運足の意識がある程度できた時点でのアドバイスでした。


 さて、ここで蹴る側の質のアップのためのアドバイスもしました。


 前述のような捌きが可能なのは、「蹴り」自体が大振りになり、間合いの中に入られるからです。ならば「蹴り」のコースに留意し、しっかり絞り込んだコースになるようにすれば良い、ということになります。


 そのためには方向転換時の軸足や腰の使い方に工夫を加え、足を振り出すタイミングやコースを修正するようにアドバイスしました。


 直真塾では、アドバイス後には必ずビフォー・アフターの確認をしてもらいますが、アドバイス通りに蹴られたら、最初の場合によりも足の伸び方や顔面に近づく感じが異なり、「蹴り」の怖さを感じるようになった、という感想が漏れました。


 そうなると、運足や上肢によるガードの大切さがより深く意識されることになりますので、攻防いずれの場合にもプラスに作用することになりました。


前蹴り  また、「前蹴り(まえげり)」で攻撃された場合、という設定でも行なわれました。


 当然、蹴込みであり、深く蹴ってきた、という設定です。引きを意識した「蹴り」の場合よりも、この攻撃で倒そうという意識で蹴ってもらったほうが、反撃する側としても効果がしっかり出せます。


 この場合も一般的な構えからのものですが、最初に稽古していた設定が奥足で蹴るものではなく、前足で蹴る場合でした。そのため、どうしても少し軽くなりがちでしたが、それでは意味がないので、よりしっかりと体重を乗せて蹴るつもりでやってもらいました。


 そういう設定だからこそ、この日のテーマである捌いて崩す、ということに適することになりますが、やはり約束事だからということからか、少し動きの意識が軽くなっています。本気で崩し、ダメージを与えるまで行なう必要はありませんが、それは接触してからの変化という身体操作で対応すれば良いわけで、触れるまでは実際の武技という意識で行なうことが必要です。


弓勢  受ける側として、この時に意識してもらったのが左に示した「弓勢(きゅうせい)」という動作です。


 ご覧の通り、一方は「上段外受け(じょうだんそとうけ)」のような動作、もう一方は「下段払い(げだんばらい)」のようになっていますが、よく見かける解釈としては左右の敵から一方は「上段突き(じょうだんづき)」で、そしてもう一方は「前蹴り」で同時に攻撃された時に用いる技、という具合に説明されることが多いようですが、それとは異なった用法もあります。


 イラストにも示してありますが、「上段外受け」のような動作は少々大きい軌跡を描いています。その動きを異なった視点から見れば「掬い受け(すくいうけ)」的に用いることもできる、という見方もできます。


 そして、この日はその立場で用いることになりました。


 つまり、相手からの「前蹴り」に対して、少し身体を開くことで捌き、奥手のほうで「弓勢」の意識で相手の下肢を下から掬うような感じにします。


 それだけでも崩しになりますが、さらにしっかり崩すために前手を相手の首に引っ掛け、下方に落とすように動かすことで、崩しをより完璧なものにします。その様相は上のイラストの「下段払い」の雰囲気にも似ており、それが今回、「弓勢」のイメージで、といった理由にもなります。他の解釈例としては、「掬い受け」までは同じですが、間合いによっては「下段払い」のところを「拳槌(けんつい)」による「金的打ち(きんてきうち)」と解することもできます。今回は崩しにつなぐことを意識しましたのでこの説明はしませんでしたが、いずれ稽古することもあるでしょう。


 捌きというのは見た目はちょっとした身体操作によるものであり、崩しもコツが分かれば効果的です。もっとも、その要領を掴むのは難しく、また度胸も必要になりますので、見た目ほど簡単なものではありません。それは崩しの場合も同様であり、動作が縮こまっていたり、タイミングを間違えたりすれば不能になります。稽古を通じ、そういうコツを身に付けていただければと思っています。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古の話ですが、今日は新入門者の組のことです。先日のブログではこの日、「前蹴り(まえげり)」の稽古についてはみんな一緒に行なったけれど、その後は2組に分けて行なったとお話ししました。


 もともと、「蹴り」については「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」まで行なって2組に分けようと思っていたのですが、先日お話しした通り、時間が無くなってきたのでそこまで行かずに、別々の稽古を行なうことになりました。


 今日お話しする内容は、分割後に行なった「足刀横蹴り」のことですが、それは先日お話しした通り、経験者の方と全くの初心者の方の組の稽古です。前者の方には直真塾で教えている内容と過去の稽古との異同を理解してもらうことになり、後者の方にとっては未知の内容を学んでもらうことになります。


足刀の形  先日、「前蹴り」のところで最初に説明したのは足のフォームでしたが、「足刀横蹴り」の場合も同様に、足をどのような状態にするのか、ということからスタートしました。


 「足刀(そくとう)」のフォームは、「前蹴り」の際の「上足底(じょうそくてい)」を意識する場合よりも難度が高く、その意味ではよりしっかりと意識してもらわなければなりません。


 その具体的な状態が上のイラストに示してありますが、親指を反らし、他の4指は屈曲させます。流派によっては全ての指を反らしているところもあるようですが、千唐流ではこの状態で蹴ることになります。


 それにより「足刀」の芯ができ、より強力な武技となるわけですが、5指の向きが異なるところから足が攣ってしまうケースがあります。幸い、この日はそのようなことはありませんでしたが、それは他の意識がきちんとできていなかったため、「足刀」のフォーム自体が不十分だった、という可能性があります。


 というのは、イラストからも明らかなように、「足刀」のポイントは指の操作だけでなく、実際の接触部位がかかとの側面になる関係上、その押し出しの意識と共につま先をしっかり体幹部に引き寄せる意識が必要で、かつ、足裏で蹴ることがないように、足裏と脚の中心軸との角度もきちんとしたものにしなくてはなりません


長趾屈筋  ここで「前蹴り」の時にもお話しした足の指の動きに関係する筋肉について説明しましょう。


 先日のブログでは「長趾伸筋(ちょうししんきん)」のイラストをアップし、親指を除く4指の反らしについての話をしました。その際、屈曲に関係する筋肉もあり、前述の指の場合は「長趾屈筋(ちょうしくっきん)」が作用するという話をしました。その筋肉が左のイラストに示してありますが、「足刀」を形成するにはこの筋肉と、親指を反らす時に意識される「長母趾伸筋(ちょうぼししんきん)」が共に活用されることになります。


 「伸筋」と「屈筋」が同時に意識されなければならないところに「足刀」のフォームの難しさがあるわけですが、それだけの価値があるからこそ、基本ではこの状態をきちんと作るために数をこなし、身体にその動作を定着させることになります。


 ただ、「足刀」の正しいフォームのためには、足首の屈曲も意識しなければならず、その際には前述の筋肉も影響を受けますので、それでも問題が生じないだけのゆとりが必要になります。それは一般的なイメージの柔軟性ではなく、武術体に関係することであり、正しいフォーム作りの意識はそのような時にも作用することになります。


 「足刀蹴り」の際、足裏が攣るということを訴える人がいますが、それは上のイラストからもお分かりの通り、4指を屈曲させる筋肉が足裏を走行しているためで、余裕がないため過緊張となり、攣りという状態になるのです。そのような傾向にある人は、正しいフォームでゆっくり足を動かす稽古をすると同時に、筋肉の走行部位を念頭によくほぐしておくことが必要になります。


足刀横蹴り 膝のかい込み  ここで実際の「蹴り」の際の基本的なポイントについて解説しましたが、その様子が左のイラストの赤丸で囲ってあるところです。


 「前蹴り」の場合同様、膝のところと足の部位のところを囲ってありますが、まず前者のことからお話ししましょう。


 イラストでは「A」と表示してありますが、その高さについては「前蹴り」の場合同様、どの部位を蹴るかによってかい込みの様子は変わります。「前蹴り」と異なるのは、身体の面に対する角度で、それは45度くらいになります。「前蹴り」の場合は、正面に引き上げますので、身体の面に対しては90度になりますが、「足刀横蹴り」の場合はやや開き気味になる、というわけです。


 また、膝のスナップを十分活用するには、足の引き付けも重要で、基本は軸足の膝辺りの高さに、自身の足裏が見えるような状態で引き上げることが大切です。


 この状態がきちんとできているか否かが「蹴り」のポイントの一つをクリアしているかどうかにつながりますので、疎かにしてはいけません。


 そのため、実際に蹴る稽古の前段階として、やや広めの「平行立ち(へいこうだち)」の状態で膝の引き上げと共に、足裏の引き付けの稽古を行ないました。その際、軸足側に身体の中心軸にいちいち移動さないように、というアドバイスもしましたが、ゼロからスタートした人にとってはやはり難しかったようです。他で経験がある方の場合は、この点は意識してもらうことでそれなりにできており、この点は経験の差を感じました。


足刀蹴り













 この「足刀横蹴り」の際、もう一つ注意したところがあります。


 それは上のイラストに赤丸で示してある腰の意識と、それに連動した股関節の意識です。


 「足刀横蹴り」の稽古の際によく見かける問題点の一つに、股関節の柔軟性があります。もしこの危惧が当たっている場合、体幹部と下肢の角度が効果的な状態にならず、蹴った時の反作用で自身の姿勢が崩れてしまう可能性があります。


 この「蹴り」の場合、自分の側方に対して攻撃するわけですが、身体の面と下肢の角度は180度以上でなくてはなりません。ところが、股関節が固いような場合、腰が引けたような状態になり、前述の角度が180度以下になります。


 このような状態が、蹴った結果で自身の崩れを招くことにつながるわけですが、そうならないようにするには、やや臀部を相手側に向けるような意識で蹴ることが必要になります。骨盤と大腿骨の角度の意識、ということになりますが、途中で「蹴り」の反作用のベクトルが関節部にかかる負かを変な方向に抜け、それが姿勢の崩れにならないようにする、というわけです。


 そこには股関節の状態が重要になりますが、柔軟性と共にしっかり固定できるだけの強靭さも必要になります。こういうところも基本稽古の下肢の締めにつながることであり、武術として稽古する場合、いろいろなことが関連しているという認識の下、それぞれでポイントとされている箇所については一つずつ確実に自分のものにしていく必要があるのです。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古の話です。昨日は新入門者の組の話をしましたが、今日は別の組の話で、ここではペアを組んでもらい、タイトルにある「捌き」と「崩し」をテーマに稽古してもらいました。


 この組では、具体的な内容については各ペアに任せました。そのため、仕掛ける側もそれを捌く側も、いろいろ工夫している様子がよく分かり、アドバイスについてはもう1組の指導の合間に行なう、ということで進めました。この組の場合、出席者の中では上級者になりますので、各自の個性を伸ばす為にも自分で工夫した技を稽古する、というのは効果的です。その上で客観的に見て問題点がある箇所、あるいはこうすればさらに良くなる、というところに絞ってアドバイスしました。


互いに構える
















 こういう時、戒めなければならないことが気の緩みです。


 約束事だから、という意識が一番の大敵で、たとえ攻防の手の内が分かっていても、触れる瞬間までは実戦の意識そのままで、接触後は互いに怪我をしないように気を付けながら行なうことが大切です。特に今回のテーマになっている「崩し」の場合、互いに気の抜けた状態で行なえば、バランスを崩したりすることで思わぬ怪我をすることがあります。


 また、そこで展開する武技についても魂の入らない中途半端なものになり、実戦では使えないレベルの内容を身体で覚えようとしているのか、といった内容になることが懸念されます。


 そういうことも含め、今回目に付いたことについていくつか具体例をお話ししていきますが、まずこの組の組合せについて説明しておきます。


 大きく分けて少年部からの移籍組と、大人同士のペアという具合に、2つのグループに分かれました。今日の話は前者のグループで見かけたことですが、経験が浅い分、これまで稽古してきた技のアレンジが目に付きます。まだ自分で工夫して、というレベルには達しておらず、そういう意味ではちょうど良いレベル同士で分けることができました。


二十四歩解説5番  その具体例の一つが左のイラストのイメージで行なっていた技で、出所は「二十四歩(にーせーし)」の分解・解説の5番目の技です。


 この日に稽古していた内容と、イラストに示してある技と似た点と異なる点ですが、まず前者のほうからお話しします。


 画像からは判別しにくいと思いますが、相手の肘と手首に自分の前腕を巻き付けるような感じで当て、関節を極める、というものです。ですから、厳密に言うと今日のタイトルに示した内容である「捌き」と「崩し」ということにはなりませんが、ここは少年部からの移籍組の稽古ということでOKとしました。


 その上でこの技のポイントについてアドバイスしましたが、そのことが分解・解説とは異なる点の説明と重なります。


 具体的に言うと、「形(かた)」の分解・解説として行なう場合、受ける側は相手の上肢の橈骨側から受け、技をかけますが、今回は尺骨側から受けていました


 細かく説明すると、相手は「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」で仕掛けます。受ける側はそれを奥手(冒頭の構えを前提に説明すると右側)で「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」を行ないます。この場合、「外受け」らしく、弾くような感じではなく、受け流すといった意識が必要ですが、この点は茶帯同士ですからそれなりの動作になっていました。


 そこから受けた側は肘を返し、相手の前腕に対して垂直に近くなるように上肢を動かします。同時に、反対側の左腕は素早く相手の肘の内側に滑り込ませ、肘関節の曲がる方向に対して体重をかけ、自分の方の引き込むようにします。


 この両者の動きが上手くシンクロすれば、技の入り方は異なるものの、極めは似たような状態になります。


扇受け 2  前述の内容で稽古している組の様子を見ていて、ちょっとぎこちなさを感じたのは、そのペースとなる分解・解説の稽古で、「受け」を左のように相手に対して正面を向いた状態で行なっており、その身体意識のままに今回の技を行なっているためです。


 今回稽古している技の原形との相違を上手く咀嚼していないためのことであり、ここではその翻訳作業とも言うべきアドバイスを行ないました。


 その一つが受けた時のフォームのことで、今回は冒頭のイラストに示した通り半身の状態ですから、相手が右側で突いてきても、それを右の「外受け」で受けることは体捌きを含めて行なう分には何の違和感もありません


 そして、「形」の分解・解説の時の反対側の腕の意識ですが、これは構えの際の前手が相当し、その位置関係からそのまま相手の肘関節付近に前腕をあてがうことが可能であり、むしろそのほうが自然にできます。「形」の動作を自分の構えから展開、、という応用として行なったわけですが、その意識も評価されます。


 ただ、武技の質、という点から見れば力技で肘を極めようとする感じがあり、この点は修正を加えました。


 先ほどの技の説明の時にもお話ししましたが、この技は手首側に当てた前腕の動きと肘関節に当てた前腕の動きを上手くシンクロさせることが大切で、特に肘関節に当てた側は肘関節付近の急所に対する刺激を加えつつ、体重を活用しながら巻き込む、という意識が重要です。ところが、実際には左右いいずれかの側に意識が行ってしまい、両者を同等の意識で動かす、という状態に至っていないのです。ゆっくり行なってもらうのは、この点の認識をしっかりやってもらう、という狙いもあります。


 このようなことは身体操作の問題になりますが、ゆっくり行なってもらうのは危険防止の意味も含めてあります。体重のかけ方などについては全身の使い方がきちんとしていなければならず、上肢のほうだけを意識しないように、ということを特に注意しました。


 アドバイス後は、この技だけに特化して稽古していた関係で、最初の頃とは随分良いほうに変化しました。技の数は少なくても、一つの技に特化して意識を集中した結果だと思います。ここで培った身体意識・身体操作などが「見えない技」として定着すれば、他の技で活かせますので、ぜひそういうことになって欲しいものです。


 稽古はもう1組も含め続きましたが、そのことは別の機会にお話ししたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp







いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。