東京都は6月22日、都市部の低所得高齢者対策住居である「都市型軽費老人ホーム」整備事業の説明会を開催し、入所定員や設備関係など施設の許可審査基準などについて説明する。

 同事業は、23区と武蔵野市、三鷹市の一部の社会福祉法人、医療法人、株式会社、土地や建物のオーナーなどが対象。「創設・買取」で300万円、改修で210万円まで整備費を補助する。

 説明会は午前10時からと午後2時からの2回、文京区の東京都社会福祉保健医療研修センターで。申し込みは6月15日までファクスで受け付ける。


【関連記事】
6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都
「介護サービス情報の公表」制度でシンポ
男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査
福祉サービスへの苦情、横ばいの2500件余-全社協調査
「介護事故」の定義を明確に―日本介護福祉士会

<詐欺>容疑で男女2人を逮捕 転売目的で口座開設(毎日新聞)
医師「流産したと知らず」=「信じてた」と女性―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
Microsoft 社内には 1 万人を超える iPhone ユーザーがいる
大卒就職率91・8%、過去2番目の低さ(読売新聞)
裁判員制度施行1年 「職務意識の高さに感動」 大阪で裁判官が意見交換(産経新聞)
AD