東京都内の刑法犯認知件数で4年連続最多を更新した足立区と警視庁は23日、「第1回足立区治安対策戦略会議」を開催し、ボランティア拡充などの対策をまとめた「治安再生アクションプログラム」を策定した。
 地域住民や事業者なども参加する総合的取り組みを重視。ボランティアを拡充するため、日程や活動ごとに募集し、参加者には特典もある「公募型防犯ボランティア制度」を導入するほか、事業者参加を促進するため、税の減免措置も検討する。
 防犯に配慮した環境整備や規範意識の向上にも取り組むとし、「防犯専門アドバイザー」として専門家2人に委嘱した。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
【特集】中東初のクラシックカー品評会
「ドバイ暗殺事件」イスラエルに反省の色なし
防犯ネットワーク整備を指示=大学生ボランティア活用も
鹿島、上場来初の営業赤字に=ドバイ鉄道工事で損失

里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)
「『両さん』像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ-警視庁(時事通信)
17年前にも「創新党」 小沢氏ら、新生党旗揚げ時に検討(産経新聞)
<風俗営業違反>検挙件数09年9.3%減、3年連続で減少(毎日新聞)
おいが84歳女性絞殺を供述、きょう再逮捕 借金数百万円(産経新聞)
AD