厚生労働省は14日、強毒型の新型インフルエンザ発生時を想定した「業務継続計画」を発表した。職員の欠勤率を4割と見込み、縮小や中断が可能な事務を選別した上で、業務の継続が必要な部署に人員を割り当てることとした。
 計画では、国内で感染者が確認された段階で、業務の絞り込みに着手。新規施策の立案など延期可能な業務は縮小し、緊急性のない統計調査や式典などは中断する。
 その上で、新型インフルエンザ対策と停滞が許されない年金や生活保護の給付事務などの担当部署に人員を振り分けることとした。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
新型インフルの広報検証=総括会議、報道関係者も参加
生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初

もっと気軽にお寺へ エクササイズや高齢者支援(産経新聞)
休憩時間中の医院で盗み=計40件か、容疑で無職男逮捕-警視庁(時事通信)
<強盗>ビデオ販売店で14万円奪い男逃走 大阪(毎日新聞)
まるで合コン…首相、夕食会でオバマ隣席を狙う(産経新聞)
「大阪都構想」、堺市長が研究会で検討へ(読売新聞)
AD