福島瑞穂少子化担当相は2月20日、「新政権の少子化対策と医療における人材育成について」をテーマに日本小児医療政策研究会で講演し、女性医師が出産・育児後にも継続して働ける環境の整備が課題との認識を示した。

 福島担当相は、女性医師は増加傾向にあり、20歳代では産婦人科医の69%、小児科医の49%を女性が占めるが、出産後の継続就業や育児後の現場復帰が難しいと指摘。これらができなければ、医師不足がさらに進む恐れがあるとして、▽院内保育や子育て相談を充実▽出産・育児などにより離職している女性医師の復職支援のための都道府県の窓口の設置などを支援―などの対応例を示した。

 また、社民党の「産声の聞こえる街づくりプロジェクトチーム」で、全国各地の病院を視察した経験を踏まえ、年間2200億円の社会保障費をカットし続けて医療費を削減してきた結果、自治体病院などが疲弊していると指摘。「政治がそういうところを応援しなければならない」との認識を示した。


【関連記事】
女性医師の労働環境などの整備で要望書―日本女医会
女医の勤務環境改善へ25日にシンポ
「過酷な」勤務実態で産科女医の就労継続困難に
自治体病院関係団体が要請行動
各党マニフェスト 社会保障対策は?(2) 医師不足など段階的に解消へ-民主

再診料引き下げ「初めから頭にあったのでは」-日病協・邉見副議長(医療介護CBニュース)
万引き誤認逮捕…目撃証言を過信、裏付け怠る(読売新聞)
30府県がプラス予算=経済対策を積極計上-時事通信集計(時事通信)
所得税から議論着手へ=税調専門家委が初会合(時事通信)
<内閣特別顧問>稲盛和夫氏に辞令(毎日新聞)
AD