京都の春を彩る「京おどり」の衣装合わせが18日、宮川町の歌舞練場(京都市東山区)であり、芸舞妓(まいこ)がパンフレット用の写真撮影に臨んだ。

 61回目の演題は「花絵姿京洛瑞祥(はなのえすがたみやこのずいしょう)」で、総勢74人が出演。全7景のうち「舞妓の童唄」では舞妓が三味線を披露する。

 これまでにもお囃子(はやし)はあるが、三味線は初めて。舞妓のたね若さん(19)は「すごく緊張するのどすけど、舞妓のかわいらしさも出せれば」と話していた。

【関連記事】
古都の春は早いどすえ 舞妓さん「北野をどり」へ衣装合わせ
【京都MONO語り】変身処「舞香」 あこがれの舞妓はん
舞妓さんが華やかに豆まき 京都・八坂神社
実り多い年願う 梅に稲穂の簪
冬の祇園で「ティーパーティー」 舞妓さんの抹茶で至福のひととき

PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏(医療介護CBニュース)
PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏(医療介護CBニュース)
若者はしか予防追加接種の低迷続く 東北18歳は平均上回る(河北新報)
住宅火災2人死亡 埼玉・越谷(産経新聞)
手錠外して1分後、逃走男逮捕…締め方緩かった(読売新聞)
AD