新居に入居しての心境

テーマ:

前回のブログ更新から3ヶ月ほど空きましたが、先日、無事に新居が完成し、引っ越しも終わりました。

ある程度片付けが一段落したので、新居に住み始めての実感(プラス点・マイナス点ともに)を今日は書き下してみます。

まずはプラス点

風呂で足が伸ばせる

これまでは集合住宅に住んでいたので俗に言う0.75坪風呂。

自分は標準的な日本人男性の身長ですが窮屈でした。

新居では1坪風呂なのでゆったりと足を伸ばして風呂に入られるようになりました。

入居した初日から実感し◎。

駐車場が家のすぐ隣

やはり集合住宅ということで、玄関から車までの距離が少し離れていました。

今は、駐車場が敷地内なので雨が降っていても傘をささなくてもほとんど濡れずに車に乗れるようになりました。

新居で必要な物の買い出しに行くときに実感し◎。

家を自由にできる

持ち家になったことで遠慮なく壁に穴を開けられるようになりました。

例えば、2歳の息子が階段を勝手に登らないようにするためのゲートを設置するため、壁をネジで早速開けちゃいました。

新築の家でためらいがなかったわけではないけど。。。(笑)

部屋干しでもしっかりと服が乾く

高気密・高断熱・全館換気の家にしたことで冬の日でもしっかりと服が乾くようになりました。

妻が喜んでいます。

次はマイナス点

スーパーが遠くなった

前の家は目と鼻の先のところにスーパーがあったけど、今は少し遠くなってしまいました。

ただし、車があるのでそこまで致命的な問題ではないです。

最寄り駅までバス通勤になった

流石に駅近くの一等地を買うほどの予算はなかったので、今は一部バス通勤になりました。

先週あった会社の飲み会でも、最終バスの時刻が気になってしまいました。

ただしこれも、徒歩圏内に新駅が開業予定で期間限定のマイナス点。

太陽光発電のパワコンが意外と五月蝿い

これは完全に盲点だったのですが、パワコンからそれなりの大きさのモスキート音がします。

玄関隣の土間収納に設置したので部屋の扉を閉めれば、居室でうるさく感じることはないのですが。

この前、来客があったときも玄関でパワコンの音が気になった様子でした。

何か対策できないかなぁと思案中。

コミュニティーを再形成する必要がある

引っ越しには大抵つきものですが、近所付き合いが一からに。

ただし、これから長く住むことを考えると最初のうちだけだと思います。

 

そんな感じで、順風満帆に新居での生活をスタートさせることができました。

新居がZEHの家・W発電の家ということで、今後このブログでは月々の光熱費を記録していこうかと考えてます。

AD