君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:
$君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)
気が付けば二月!!
フェブラリー!!
ヘブライリー!!

「こちら、香港から来たリーさんです」
「おお、ニーハオ」
「……」
「ニーハオ」
「……」
「リーさんは両親がイスラエル人なのでヘブライ語しか喋れません」

ヘブライ・リー!!


もうイチイチ、ご無沙汰してます、とか書きませんよ。
今はこういうペースですよ、このブログは。

ここ最近は、
普通の残業、万化さんのチラシ作り、
脚本書き、脚本改稿、などに追われてます。

しかしブログを書く暇は無くても、
映画を観る暇は在るのかって話で、
とにかく前回のエントリーから
映画館には3度ほど足を運んでまして。

「THEE MOVIE」
「かいじゅうたちのいるところ」
「板尾創路の脱獄王」
観てから随分時間が経ってますが。

以下にはその報告を書きます。
感想というほどのものは書かないです。
なので、まだ観てない人でも読んでも差し支えない
とは思いますが、もしかしたら、
ネタバレするかもしれないんで、
ここからは自己責任です。


「THEE MOVIE」。
このタイトルの時点でチバ(他2人)は全く絡んでないんだろうな、
と言う事が窺える。
これまでの曲名アルバム名ツアー名とかに比べて、
明らかにラインが違うというかダサいというか。
他のTHEEシリーズも同様。

内容も然り。
格好いいのはミッシェルだけ。
ミッシェル以外の要素、演出は悉く格好悪い。
ミッシェルの4人以外の人のための葬儀ですね。

こないだのMステでtATu事件が放映されてたらしいんだけど、
ミッシェルを観る、という意味では
そっちの方がノイズが少なかったのでは。
見逃したんだけど。(ポニョ観てた)


「かいじゅうたちのいるところ」。
うーむ、期待したんだけどなぁ。
ここまで外連味が無いとはなぁ、
かいじゅうは最高なんだけど。

原作絵本を子供の観た夢として、
そこからリアルに子供ってこういう風な夢を見るんじゃないか、
大人たちのよく分からない感じって
子供はこういう風に処理してるんじゃないか、
って事なのかな。

子供を持つ人と持たない人の反応が割れそう。
当の子供たちはどう感じるのかも気になる。


「板尾創路の脱獄王」。
実に惜しい!
映画としても時代物としても
非常に良いところまでいってるとは思うけど、
やはり所々に感じる素人臭さが気になる。
監督はプロに任せても良かったような。
総監督板尾、くらいで。

配役もちょっと芸人が多すぎる。
重要な役以外は全員無名の役者とかで十分だと思う。
芸人さんが出てくると一瞬そっちに気が取られるしね。

そこらへんを抜きにしても、
非常に楽しい一本。

板尾という役者は、
喋らない時が一番上手い、
という事を本人が一番よく理解している。


「かいじゅう」のサントラがカレンOさんの手によるものということで、
ヤーヤーヤーズ。
確かに「かいじゅう」の音楽良かったなー。

今調べたら、スパイク・ジョーンズとちょっと付き合ってたんですって。
時期的に、付き合ってる彼女に仕事を頼んだのか、
昔の彼女に仕事頼んだのか。
そこで男としての度量の評価が大分変わってくるよね。



どうでも良い事ですが、
ブログはなかなか書けないから、
という訳ではないですが、
最近ツイッターを始めました。
ホントにただの呟きなので、
面白みは特にないですが、
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
fivelive


友人Mに言わせれば、
先週から今週に掛けては黄金週間だそうである。

先週、ゾンビ仲間兼アメブロ仲間のウタさん率いる
「キャップライス」のライブが、
今日は、やはりゾンビ仲間のバンド
「ソウルキュービック」のライブが、
昨日から明日に掛けては、
我が黒鉄ゾンビのメンバーの半分が所属し、
俺自身も印刷物関係で大変お世話になっている、
「シアターシンクタンク万化」の公演の真っ最中、
そして月曜、
大トリは我々黒鉄ゾンビの心斎橋クアトロライブが
控えている、
という次第だ。

既に、キャップライスライブ、
ソウルキュービックライブは終了したが、
万化の公演最終日と、
黒鉄ゾンビライブはこれから行われる。

万化さんの今回のお芝居は、
「トランスルーセント」と題され、
人気漫画が元ネタらしい。
初日には原作者と編集者の方もお見えになったというから、
万化の世界戦略もいよいよ本格化してきたと言うべきか。

出演者曰く、非常に面白いらしいので、
暇さえあればmixiの足跡を覗いてるような人は、
たまには芝居小屋へ足を延ばされては如何だろう。

http://2tb.hp.infoseek.co.jp/


それが終われば、
いよいよ我々の出番だ。

ライブ情報は上記をご参照頂きたい。

WWFで言えばマジソンスクエアガーデンに匹敵する、
憧れのクアトロ舞台に立てる事は、
全く光栄の極みではあるが、
我々の侵攻はこれで終わらない。

28日には東京でのライブがあり、
20日までにフジロックに音源を送る予定。

そうなれば当然7月にはフジロック出演となるだろう。
クアトロ、東京、フジと、
この規模の伸び率を考えれば、
2年後には黒鉄ゾンビは、
グラストンベリーのトリを飾っている計算になる。

近く発売するだろう1stアルバムは、
全米全英で1位を獲得するだろうし、
(しかし日本では何故か15位に甘んじる…)
そうなればグラミー賞も新人賞にノミネートせざるを得ないはず。

当然、世界のセレブ美人も俺を放ってはおかず、
俺とシャーリーズ・セロンの密会がタブロイド紙の一面を飾る。

「黒鉄ゾンビはブッダより有名さ」
という俺のジョークが問題となり、
世界中でバッシングが巻き起こる。

俺らを認めない記者に対し、
カミソリで自分の腕に「4月馬鹿」と切り刻む……、


以上が黒鉄ゾンビの今後の予定と、
エイプリルフールの嘘だった訳だが、
結果的に嘘というよりホラ、
というかただのネタになってしまった事をお詫びしたい。
嘘、お詫びしない。


4つのライブの事を書いたので、
ヤードバーズ、FIVE LIVE。
若き日のクラプトンのカッチョ良いギターが聴けます。

先週買ったのだが、
今、以前に買ったと見られる、もう一枚を発見してしまった。
(これは本当)


The Yardbirds
Five Live Yardbirds
Five Live Yardbirds/The Yardbirds

¥2,968
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
kedamono


こんばんわ、出産させる機械、
mzd216です。

「女性は子供を産むキカイダー」

重ねてどうでもいい事を言ってみた。
早速、バトンの続きいってみよう。

7:特技は?

何分多才な俺の事、
一般人から見れば特技と呼べるものは
幾らでも持っているが、
その中でも最も得意なのは、
「会社帰りに自転車で三宮まで映画を観に行く」
という事になるだろう。

最近は何やら色々忙しく、
なかなか映画も観に行けてなかったのだが、
今日は偶々仕事が早く終わったので、
この機会を逃してはならぬと、
一路三宮へ。

観たい映画は多々有れど、
二部作の片っぽだけ観て、
もう片っぽを観てないというのが
ずっと気にかかってたので、
「硫黄島からの手紙」をチョイス。


因って、
以下にはその感想を内地に向けて書き留めるので、
まだ観ておらず、尚かつこれから観る予定の人は、
北へ退却(退却は卑怯じゃないよ!)。


観る前からおかしな映画だと思ってたのだが、
観た後でも十分変わった映画だと思う。

まず、この映画は
監督クリント・イーストウッド
製作スティーブン・スピルバーグという、
れっきとしたハリウッド映画である。

これに先駆けて公開された「父親たちの星条旗」は、
過去の戦争のワンエピソードを深く掘り下げ、
アメリカ国家とアメリカ人の哀しきメンタルを描いてみせた。
それがハリウッド映画として成り立つのはよく分かるのだが、
今作はアメリカ人が特に興味のない
日本の戦争を通し日本人メンタルを
尚かつそれを日本人キャストで描いており、
これが興行的に成功するとはとても思えない。

本編を観ればリスクを覚悟でこの映画を撮った
イーストウッドの意図が分かるかと思ったが、
見終えた今でも実はよく分かってない。

ただ、見えてきたのは、
日本人の脆弱なメンタル部分。

手榴弾も銃もまだ残っているというのに、
上官の命令を無視してまで、自決を選ぶ日本兵。
それは本当に武士道なのか。大和魂なのか。
いじめられて自殺する中学生と
何ら変わらない。

しかし、諦めや自虐を歪めた勝手なヒロイズム、
あと、過剰な集団心理。
それこそが日本人の特質なのだろう。
俺があの場にいても、恐らく死を選んでると思う。

そんな情けない日本人を見事に演じていたのが、中村獅童。
敵を待ってる内に寝ちゃって、
そのままズルズル何となく投降、
多分一番シンパシーを感じたのは彼だ。

もしかしたらイーストウッドは、
そんな日本人の本質を改めて、
我々に見せてくれたのかもしれないが、
そんな事をわざわざでかいお金掛けてやるというのは、
やっぱりよく分からない。


難点を言えば、
イーストウッドが日本語が分からないからか、
重要な役以外の役者が下手な人が多い、
あの時代っぽい台詞回しが出来てない人が多い、
多少噛んでたり、台詞が不明瞭でも使っちゃってる、等、
もうちょっと日本人にチェックさせる作業が欲しかった。

あと、二宮くんと裕木奈江の夫婦は流石に歳が離れ過ぎだろう。
wikipediaで年齢調べたら13歳差だよ。
でも裕木奈江、未だ可愛いなぁ。
あのバッシングが無かったら、
日本でももっと良い位置で芝居出来たろうに。

で、二宮君だが、なかなか見せてくれた。
先日観た「鉄コン」も良かったが、
(ってか、俺今年になって二宮くん映画しか観てない!)
あと1、2年もすりゃ相当化けると思われる。


嵐繋がりで、
「ケダモノの嵐」。
俺は実を言えば、ソロ転向後から民生ファンで、
ユニコーンはそれほど聴いてない。
後追いで只今追いかけている最中だが、
追えば追う程、
俺はユニコーンではなく民生が好きなのだと実感。
そんな中でも結構好きな一枚ですかね。


UNICORN, 奥田民生, 堀内一史, 川西幸一, 手島いさむ
ケダモノの嵐
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
painful


今日は土曜日だというのに、遅くまで残業。
ふと気が付くと時間は8:55。

しまった!
今日は9時からK-1GP開幕戦!
カラエフの勇姿を観なければ!

時間が過ぎていれば諦めもつくのだが、
間に合いそうなんだから仕方が無い。
大慌てで自転車を飛ばし、
コンビニでビデオテープを購入、
家に戻り予約セット、
そして、また会社に戻り仕事を続けた。


そんな面倒臭い思いまでして観たK-1開幕戦の感想を。


ホーストVS藤本。
ホーストの動きが驚く程鈍い。
年齢のせいじゃないのかもしれないが、
それでもやはり月日の流れを感じてしまう。
あの華麗なコンビはもう観られないのか。

ボンヤVS GG。
結果的にはこれが一番動きがあった試合に。
ボンヤは復調の兆しが見えたし、
GGも「力持ちの頑張り屋さん」という
キャライメージを守ってみせた。

カラエフVSバダハリ。
よく分からん試合。
カラエフのパンチが当たった事になってるが、
確認出来なかった。
動きはバダの方が良かったし、
カラエフも堪能する前に終わってしまい、
いちいち残念。
バダは色物で終わるタマじゃないと思うんだが。

グラウベVSスロウィンスキー。
なかなか見応えのあった試合。
グラウベ、ブラジリアンキック出しまくりで楽しい。
ポールさんも相当良い選手だったし。
ただ、髪の毛を少し伸ばしたグラウベ、
禿げが目立つからよしなさい!
フィリオといい、ハゲは極真ブラジル支部の伝統なのか。

シュルトVSビヨン。
もしかして良い勝負するかも、
とか思ってたのだが、完全ワンサイド。
シュルトのパンチ(というか直突き)と
前蹴り(リアル十六文)って
無茶苦茶効くわ、画的に映えないわ、
誰からも嫌がられる攻撃だな。

武蔵VSハリッド。
メタリカのパロディロゴを施した、
おニュー武蔵Tを着込んでの、
気合いの入った入場だったが、残念な結果。
ディフェンス技術とロー、細かいパンチなど、
小ネタで何とか今までごまかしてきた武蔵だが、
そろそろ限界なのかも。
次のヘビー級日本人が出てくるまで引っ張れるか?

バンナVSホンマン。
動きは悪かったけど、ホンマン本当に強いかもしれない。
あの身体で細かいパンチ撃たれたら他の選手きついと思う。
懐入れば、捕まえて膝、だし。
シュルト、ホンマンのツインタワー時代も近いかも。
まぁ、ロー対策はまだまだなので、
スロウィンスキーがやれば倒される気もする。
バンナは意地と勝負の間で迷った感じ。
懐に飛び込んでみせたのはカッコ良かったけど。


総括としては、
やはり、世代交替の波が如実に表れた大会だったと思う。

フグはとっくに鬼籍に入り、
この日ベルナルドは引退、
ホーストは精彩に欠き、アーツは病気。
ミルコとハントはPRIDEへ、
セフォーも武蔵も何となく負け、
辛うじてバンナは勝ったが、
いつか観た圧倒的な強さは垣間みれず。

勿論、シュルトもボンヤもホンマンも頑張ってはいるのだが、
何かこう、GP大会全体がこじんまりしてる感じは禁じ得ない。
第二のホーストは一杯いるが、
第二のアーツ、フグがいない感じ。

つまり華が足りない。
強さや信念や背景に裏打ちされた華のある選手が足りない。
フジテレビもストーリーが作りにくくて
困ってるんじゃないだろうか。
まぁ、スポーツとしてのレベルはアップしてるんだろうけど。


格闘技は観てて痛そうなので、
「PAINFUL」。
フジでライブを観て良かったので、中古で購入。
このアルバムも凄く良かった……、
と言いたい所だが、
このCDを聴けば、余りに気持ちよく、
ほぼ間違いなく寝てしまい、
最後まで聴いた記憶があんまりない。
でも多分良いです。


Yo La Tengo
Painful
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
war


片や、ロシア人、元いいとも青年隊、ハンサムな男。
片や、元十両、全日本プロレス、不細工な男。

人間として完全に逆のベクトルを指すはずの二人が、
奇しくも七夕の日に黒い共通点を抱える事になってしまった。

もう皆様はご存知だろうが、
今日のニュースに因ると、
元いいとも青年隊のイワン(本名ソン・ツェフ・イワン)と、
元相撲軍団の嵐(本名高木功)が、
大麻不法所持の為に逮捕されたらしい。

ロシア人と力士、
共に最強幻想を背負う者達、
そのあまりの重責に、
思わず禁断の実に手が伸びてしまったのだろうか。

しかし、誰もイワンと嵐に最強など求めていない。
では、彼らに何の重責があったというのだろう。

いいとものポスター貼りの仕事はそれ程きついのだろうか。
いや、イワンは既にその仕事を終えている。

この際、イワンはいい。
外人だし麻薬に関する認識も日本人とは違うのだろう。

問題は嵐だ。

あのしょっぱい体で、
ガンジャを吸ってたという時点でかなり面白いのだが、
気になるのがその意識。

嵐は取り調べに対し、
「プロレスでの痛みを和らげるため、吸引目的に持っていた」
と語ったという。

プロレスラーが痛みから逃げてはおしまいである。
プロレスラーがプロレスを麻薬使用の言い訳にしてはおしまいである。

どうせなら、
「俺がドラッグを好きなんじゃない、
 ドラッグが俺を好きなんだよ」
くらいの事をキースばりに言えばまだカッコ良かったのだが。

この二人はそれぞれのジャンルでも、
非常に中途半端な所に位置する。
お務めを終え、戻ってきても、
彼らの居場所は無いだろう。

こうなれば、二人でタッグを結成し、
プロレス界に(大日本辺りに)殴り込んでほしいものである。
いや、この場合だとタッグではなくジョイントというのか。


嵐という事で、WAR。
いちいち説明しませんよ!!

U2はあまり詳しくないが、
初期U2の集大成的アルバム、という事になるのだろうか。

SUNDAY BLOODY SUNDAYは学生時代にカバーしたのだが、
ベースだった俺は、ずっと同じフレーズを弾いてりゃいいという、
余りに楽なベースラインに衝撃を受けた。


U2
War



U2
War



U2
WAR(闘)



U2
War



U2
War/ October/ Wide Awake in Am



U2
WAR(闘)
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。