君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:
$君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)


傍聴席で「それは俺だ!」名乗り出た共犯者を逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000152-yom-soci

「それは俺だ!」
カッコいい!
これ、俺も言いたい!!


「あら、仏壇に供えてたまんじゅうが
 一個食べられてるわ」
「それは俺だ!」

「安達祐実のお母さんの写真集って誰が買うんだろう」
「それは俺だ!」

「明日のテレフォンショッキングのゲストは?」
「それは俺だ!」

「ドアをノックするのは誰だ?(ボーイズ・ライフpt1:クリスマス・ストーリー) 」
「それは俺だ!」

「FBIの二人に捕まった宇宙人」
「それは俺だ!」

「カレーが嫌いな人なんているの?」
「それは俺だ!」

「昨日、顔が榮倉奈々で体が曙みたいな奴見たよ」
「それは俺だ!」

「この中に一人、ニューハーフが混じってます!」
「それは俺だ!」


この犯人は当然罰せられるべきですが、
裁判中という最高のシチュエーションで、
「それは俺だ!」という最高の台詞を
(恐らく親指を自分に向けて)吐いた事に関しては、
羨望の眼差しを向けざるを得ませんよね。
映画化の際には宮内洋がキャスティングされる事でしょう。


それはさておき、皆さんお久しぶりです。
なんか毎回のようにお久しぶりですと
書いてるような気がします。

取りあえず黒鉄ゾンビのライブの方は
随分前に無事終了致しまして、
ご来場頂いた皆様には今更誠に感謝致します。

来て頂けなかった方には、
是非次回はご来場頂きたいんですが、
次のライブはいつなんでしょうね。
もう、TBSのオールスター感謝祭並のペースでしか
ライブ出来てないですからね。
いや頑張りますけど。

あとは脚本、ホントさっさと終わらせんと。
ペトロシアンが山本優弥をKOしたくらいにさっさと。


というわけで、昨日K-1MAXやってましたね。
どの試合も非常に面白かったんですが、
あのペトロシアンってぇのはもうどうしようもないですな。
強すぎる。
強すぎる=人気が出る、って訳じゃないですからね。
魔裟斗が体を張って作り上げたMAXも下手すりゃ終わりますね。
少なくとも地上波放送的な意味では。

ヘビー級でも、
「一応応援しておく存在」な武蔵が居なくなったし、
会場の縮小、地上波放送の減少は免れないのでは。

ファンにぶーぶー言われながらも甲子園の放映を止めないのは、
別にHIROYAで無くても良いからとにかく、
二代目魔裟斗を!って事なんでしょうけど、
はてさて完全沈没までに間に合うかどうか。


「天才とは」
「それは俺だ!」

嘘です。
天才とはペトロシアンみたいな人の事です。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
nihonnouen


フジロック第一弾。
http://www.fujirockfestival.com/

BLACKMARKET
Bootsy Collins Tribute to the Godfather of Soul
eastern youth
FLOWER TRAVELLIN’ BAND
THE GO!TEAM
HARD-FI
IAN BROWN
M!NK
MY BLOODY VALENTINE
SPECIAL OTHERS
UNDERWORLD

何となくサマソニに後塵を拝した感もあるが、
取り敢えず一番のどっきりはマイブラという事になるんだろう。
マイブラといっても、
「俺のブラブラしているモノ」
という意味ではない。
ただ、一度はこのシューゲイザーというヤツを、
ライブで体感してみたいとは思う。

しかし、真のサプライズは、
どう考えてもフラワートラベリンバンドの方だろう。
昨年エゾに、ジョー山中が参戦して、
世間を狭い範囲で驚かせたが、
満を持して、遂にあの伝説のバンドが復活!

フラワーと言えば、
ライブ中に角材持って殴り込んできた全共闘を、
見事に返り討ちにして(ジョーは元プロボクサー)
土下座させた事で有名、
ここはひとつフジでも是非再現してほしい所だ。

とか言いつつ、
フラワー、ジョー山中に関しては、
ほぼ吉田豪の本「人間コク宝」(必読!)
でしか知らない。

で、今ネットで漁って聴いてみたら、
思ってた以上にカッコいい!!

ジョー山中と言えば、内田裕也、
苗場に裕也さんも来るのだろうか?
ニューイヤーズロック化するフジロック
というのもなかなか楽しそうじゃないか。


フェスと言えば、
今年の荒吐が凄い。
http://arabaki.com/home.php

eastern youth
忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
うつみようこ & YOKOLOCO BAND
エレファントカシマシ
木村充揮×近藤房之助
銀杏BOYZ
斉藤和義
佐藤タイジ(Ba:ウエノコウジ)
サンボマスター
SION & The Cat Scratch Combo
SHERBETS
SUPER BUTTER DOG
曽我部恵一BAND
つじあやの
toe
THE日本脳炎
髭(HiGE)
フラワーカンパニーズ
FRICTION(ЯECK・中村達也)
BOOM BOOM SATELLITES
MONO
ゆらゆら帝国

取り敢えず、特に観たいアーティストだけを列挙してみたが、
凄いなこれは。
エゾ超えてんじゃないのか。
日本脳炎て!!
これに原田知世やみちプロが加わるんだから、
もう何がなんやらですよ。

ただ、問題は遠過ぎる事。
日にちも連休に絡んだりしてなくて、
普通の土日だし。


また、「とぶ音楽祭'08」というものがあって、
http://www.vintage-rock.com/popup/w_tobu08.html#top

ゆらゆら帝国
YOUR SONG IS GOOD
bonobos
OGRE YOU ASSHOLE
大島保克
曽我部恵一BAND

と、まだ発表アーティストは少ないながら
ツボを押さえた面子。
ただ、やはりこちらも会場は埼玉と遠い。


関西圏となると、
SAL CULTUREなるイベントが楽しそう。
http://www.salculture.com/

The Birthday、ズボンズ、小島麻由美などの
有名所の参加も嬉しいが、
その他の半分くらいが全然知らない無名アーティスト、
そこが、不安でもあり、期待でもあり。


この中でどんだけ行けるのか分からないけど、
何にせよ、今年も仰山フェスに行きたいなぁ、
ってご報告でした。


THE 日本脳炎。
邦楽ロックから日に日に消え往く不良要素ですが、
残ってる所には残ってるもんです、
不良純度が異常に高い
メチャメチャイカす天然記念物的バンド。

ノイジーでキャッチー、
70~80年代不良ロック、
インディーズへの愛が感じられます。
こういうバンドがいないとね。
50回転ズ好きとかにもお薦め。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
shibuya


前回、ミートホープ問題を、
Yahoo!ニュースの情報のみで俺なりの考察を述べたのだが、
実際の記者会見をテレビで見たら、
あまりに俺の描いた田中像とかけ離れてた。
田中稔って言うから、
もっとバチバチファイトな人かと思ってたのに。


昨日は、B.U.Pの付き添いで、
VOLA&THE ORIENTAL MACHINEを観に、
十三ファンダンゴへ。

恥ずかしながら、
関西人でありながら、
今まで阪急十三駅の外へ出た事が無く、
今日初めて未踏の地へ降り立ったのだが、
想像していた以上に、
下品できらびやかでビックリ。
新世界と難波と京橋を足して割った感じ。
人間の欲望をそのまま街の形に具現化。
「鉄コン」の宝町に近いかもしれない。

前から行きたいと思いつつも、
結局まだ行った事のない第七藝術劇場も、
意外やキャバレーとかが入るビルの中にあってまたビックリ。

当然、ファンダンゴも初めてだったのだが、
行くといきなりライブハウスに隣接する
寒々とした立体駐車場の中へ集められ、
そこで開演まで待たされた。

こんな殺風景な所に集められるなんて、
ライブと言いつつ、
実はこのままガス室に送られるのではないか、
と訝しんでいたのだが、
聞けば、ファンダンゴは繁華街の中にあるので、
店の前で多人数を待たせるのは、
他のお店や通行の邪魔になるとの事。
この歳にして初めて知る十三ルール。

さて、VOLA。
この間、イベントで観た所だが、
その時はイマイチ、
今回改めて評価を決めようと、
単独公演に同行したのだが、
結果、印象は前回と変わらず。

俺は見た目がイケメンな感じのアーティストに対しては、
最初退いてしまいハードルが上がってしまうのだが、
最後までそのハードルを越える事が出来なかった。

俺にとってのアヒト・イナザワは、
ナンバーガール、ZAZEN BOYSの元ドラマー。
俺の中で、VOLAでの活動がこれらを上回る事は今後無いと思う。


と言う事で、
ナンバガ時代のアヒト・イナザワ。
カッコいい。
シブヤROCKTRANSFORMED状態/NUMBER GIRL

¥1,900
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
sappukei


いとはんとコイサンマン。
昨日思い付いたので忘れないうちにここに書き記す。

さて、飯島愛引退、宇多田ヒカル離婚と、
今日も色々ある芸能界、
その幾つかの事柄に関する適当に思い付いた感想を、
書き記したい。


昨日、「金曜プレステージ
『会いたかった~向井亜紀・代理母出産という選択~』
というテレビドラマが放映された。
向井亜紀の壮絶な戦いを描いた第二弾、
向井さん役は前回に引き続き松下由樹だ。

今や松下由樹が出てるだけで、
画面が「ココリコ・ミラクルタイプ」と化してしまう、
日本随一のコント女優になってしまったが、
向井さん直々のご指名とあって、
非常に熱の入った演技を見せてくれた。

背格好も向井さんに似ているため、
仕事しながらチラチラ観てた俺は
途中、この人がホントは誰なのか見失った程だ。
松下さんはコント女優という異名と共に、
「世界一の向井亜紀女優」という名も手に入れた。

そしてその伴侶、我らがノブさん、
高田延彦役は前回の加勢大周に代わり、沢村一樹。
恐らく「体格が良く無精髭が似合う演技が下手な俳優」
という事でキャスティングされたのだろう。
しかし、当たり前だが高田には到底見えない。
猪木ならば「よりによって一番弱いヤツが出て行った」
と言う所だろう。


先日、クリスタル・ケイさんの新曲「こんなに近くで...」が発表された。
ベストフレンドに恋をしてしまった女の子の切ない片想いを歌う、
バウンシーで爽やかなアッパーチューンだ。
バウンシーって何だ。

今日仕事場でFM802を聴いていると、
リスちゃん、失礼、クリちゃんがゲストで出演され、
何でも先週誕生日を迎えられ、21歳におなりになったという。
邦楽R&B界の中心的存在、
つまりはJ-POPシーンの陰の核とも言える
リスちゃん、失礼、クリちゃんの今後の
一皮剥けたマメな音楽活動を期待したい。


遂に森進一さんは「おふくろさん」封印を決めたという。
「おふくろさん」の冒頭に勝手に歌詞を付け加え、
耳にフェレットを飼う男、作詞家・川内康範氏の逆鱗に触れた、
というのが事の顛末だが、
この名曲が聴けなくなるというのは、
何とも寂しい限りではないか。

そこで川内氏にご提言したい。
「おふくろさん」を森氏に唄わせないというのならば、
我が黒鉄ゾンビに唄わせては戴けないだろうか。

ウチのバンドは演奏技術こそ中学生に毛が生えたレベルだが、
森進一にも引けを取らない声量、情念量を持つボーカルを擁している。
以下にウチの楽曲を載せておくので、
是非御聴き頂きたい。
川内氏、心が決まれば、
是非コメントして頂ければ幸いである。

http://www1.odn.ne.jp/~cci86780/wild.mp3
http://www1.odn.ne.jp/~cci86780/goukyurobo.mp3
http://www1.odn.ne.jp/~cci86780/bet.mp3

この事はメンバーにまだ伝えておらず、
俺の独断ではあるが、
メンバーも川内氏公認で「おふくろさん」が演奏出来るとなれば、
納得せざるを得ないだろう。

そして、唯一の「おふくろさん」バンドとして話題になり、
その勢いのままフジロックに出演、
世界進出への足がかりを作る。
これが今年の我がバンドの青写真だ。

川内氏、何卒大英断を望む。


向井さんが出てきたので、
別の向井さんのCDを。

ナンバガを代表する、否、
90年代を代表する一枚。
あ、これ2000年発表か。
じゃあ、2000年代を代表する一枚で。

ナンバガは好きだが、
年老いた今では身体が弱くなったのか、
あまり聴けんくなってしまった。
対峙するのに体力のいる一枚。


NUMBER GIRL, 向井秀徳
SAPPUKEI
SAPPUKEI/NUMBER GIRL

¥1,800
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
therenow


俺が北海道に行ってる間に、
榊原代表とタイソンが握手したり、
PRIDEとタイソンがファイト契約を結んだり、
洋介山がタイソン戦に名乗りを挙げたり、
色々あったようで、俺はすっかり浦島太郎状態なのだが、
そんな長い長い永遠にも思えた時間も終わりは来る。


RISINGSUN ROCK FESTIVALに関する述懐(その4)

8/20(日)

何とかライジングするサンも臨め、
WESS山本さんの挨拶も終わり、
(と思ったら、そっからまたKEMURIが出てきて1曲やって、
 でまた山本さんが挨拶し)
場内は昨年同様、U2が流れ、終幕を演出する。
また来年。

我々はバスに乗り、新千歳空港に。
構内は同じTシャツの高校生が一杯。
駒苫の生徒諸君だ。
甲子園へ決勝戦の応援に行くようだ。
その日で終わらない事も知らず。
そして次の日敗北する事も知らず。

北海道最後の飯、折角なのでまだ食してない海産物を。
海産物を食わせてくれる店は沢山あったが、
手頃な値段の店をチョイスする。
ウニ、エビ、イカ、その他色々入っている雑多なメニューを頼むが、
空港内で出る飯等どこもろくなもんじゃないし、
材料も料理人も大した事ないだろうと高をくくって一口、
んまーい!

その後、飛行機は離陸、着陸、
バスに乗って神戸に。
バスで隣に座った同じエゾ帰りの女の子は、
よっぽど疲れていたのだろう、
ヨダレを垂らしながら、
俺が十数回肩を叩いても起きない程熟睡していた。

斯く言う俺も、家に帰り一度ベッドに横たわると、
そこから15時間起きなかった。
旅が終わり、次の記憶が会社というのは何とも悲しい。


さて、ここで総括。

今年も色々観たエゾロックだが、
改めて振り返ってみると、
結局昔から聴いている’90sアーティストばかりを観てしまった。
まぁ、当たり前と言えば当たり前なのだが、
もうちょっと冒険しても良かったかも。

でも、冒険した小谷美紗子とドーパンがガツンと来なかったしな。
今回はサプライズな出会いは無かったかも。


今回のテーマは「如何に踊れるか」であった。
今にして思えば。

日頃のライブではそれ程踊る事も無く、
比較的後ろの方で、ディレクター面して、
「フム、彼らなかなか良いね」みたいな感じで観ているのだが、
エゾではついつい無闇に身体が動く。
エゾの作り出す非日常空間に一度入ると、
自分が自分で無いような一種の躁状態になってしまうのだ。

そんな状態でライブを観るんだから、
そりゃ踊れるかどうかが判断基準となる。

その判断基準で行くと、
ベストアクトは自ずと、
初 日 ZAZEN、
二日目 ズボンズ、
となる。

ROCK 'N' ROLLが、
「ROCK」と「ROLL」に別れるならば、
この二バンドはROLLを過剰に感じさせてくれるバンドだと思う。

もう一つROLL量過剰バンドを挙げれば、
やはりニートビーツ。

こいつらの、“敢えてやる”という精神が素晴らしい。
このアルバムも潔くて良し。
ジャケも可愛い。


他に素晴らしかったアクトは、
真心、民生、InK、モーサム、ベンジー。
それに三人の侍、魂(with 向井徳次郎)、ゆら帝、
クロマニヨンズが続く感じ。

以上にて、「君、整理?」~旅情編~を終了。
ここまで読んで下さった方、お疲れ様でございました。
明日からは通常営業に戻ります。


THE NEATBEATS
THERE NOW
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
num


8月4日は、佐々木健介が生まれた日ィや!!


報道ステーションなどを観ていると、
何やら「摂理」なる宗教団体が世を騒がしているらしい。

何でも教祖を名乗るチョン・ミョンソクという男は、
韓国や日本で相当数の女性信者に対して、
性的暴行に及んだとか。

チョンは2001年に強姦容疑などで
国際刑事警察機構(ICPO)に追われる身となり、
現在、世界中を逃げ回っているようだ。

行く先行く先の女性と関係を持ち、
ICPOに追われる生活……、
それってルパンじゃん!!
人の心、盗み過ぎ!!


しかし、教祖というものはそれほどモテるものなのか。
毎日毎日いろんな女の子に性的いたずら……、
お金は信者が多額の献金をしてくれる……

よし!
俺も教祖になる!
名前は「摂理」の向こうを張って、「整理」だ!

教祖って何をするのかよく知らないが、
適当な教義(ガラスは古新聞を濡らして拭くと奇麗になる等)
を得意げに言ってれば、大丈夫だろう。

向こうの広告塔が一条ゆかりなら、
こっちは美内すずえ、山本鈴美香を引き抜く!!
「ガラスの仮面」と「エースをねらえ!」が読めるのは、
「整理」だけ!!

という訳で、いたずらされても
マスコミにたれ込まない信者募集!!
あと、ドラマー募集!!


NUM HEAVYMETALIC。
一切宗教心は感じられない向井だが、
宗教感は色濃く出てる一枚。
あ、アヒト・イナザワみたいなドラマー募集!!


ナンバーガール, 向井秀徳
NUM-HEAVYMETALLIC
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
wildzero

大型連休が始まった。
まずはみどりの日。
♪少数派ーにー なーりたいよー♪

しかし、特にどこに行く予定も無い。
アラバキに行く方のブログを読んで終わりそうだ。

今、アラバキのHP見たけど、
無茶苦茶楽しそうだな。
地元と密着している感じが良い。

地方フェスはフジ、サマソニが出来ない独自性を持つ必要があり、
アラバキはそれに成功しているように見える。

行かれる方々、レポ楽しみにしてます。

さて、バトンの続き。


3)一番最初に出会った『ゾンビ』とは?


最初に見たのは髪の長い女だった。
道の真ん中で背中を向けて跪いていた。

その傍らには男性らしき人が倒れている。
男性らしい、が正確には判別出来ない。
服は全て血の赤に染まり、
なおかつ、その体には頭部が無かった。

ダンカンが「何アレ?」と呟いた瞬間、
アレはこちらを振り返った。

男性の首は彼女が抱いていた。
頭蓋には大きな穴が開き、
彼女の口からは脳漿が糸を引いている……

「キャアッ!」

あの時と同じ悲鳴がポプラに響いた。

「久美子ォッ!」

俺は反射的に軽トラのドアを開け、
ポプラに飛び込んだ。

パン!!

乾いた火薬音が耳をつんざく。


そして、俺の頭上にカラフルな紙片が降ってきた。

「お誕生日おめでとう!」

「ワー!!!」
「パチパチ!!」

ポプラの中は死んだはずの仲間達が全員俺の顔を見て笑っている。
天井からは「32歳おめでとう」と書かれた垂れ幕が下がっている。
久美子の手にはトカレフではなく、鳴らした後のクラッカー。

「おめでとう!
 ビックリした?

 うふふ、全部ドッキリよ!
 途中の死体とかゾンビとか全部!

 リック・ベイカーさんも招聘して、
 5万人に特殊メイクしてもらったのよ!
 あと警察に裏から手を回して、道路封鎖して、
 近隣住宅全部買い取ったら、
 全部で2兆円くらいかかったんで、
 おこづかい全部無くなっちゃった!!」

「ギャフン!」

~おわり~


本当ならこの妄想は昨日で終わりのつもりだったが、
かわさんが続きを促すコメントを下さったので、
無理矢理書いてみた。


4)特別思いいれのある『ゾンビ』とは?

それはやっぱり「ゾンビ DAWN OF THE DEAD」以外無いよなぁ。
基本ホラーでありながら、
設定はSF的であり、
アメリカンニューシネマの切なさもあり。

あ、ここは我がバンド「黒鉄ゾンビ」と答える所なのかな?
しかし、特別思い入れが出来るかどうかは、
5/28のライブ次第。


5)あなたにとって『ゾンビ』とは?

何なんですかね。
何か見てるとのんびりしちゃうというか、
安らぐんですよね。

ゾンビとは安らぎです!


6)次に回す5人!お題つきでヨロシク

俺からのお題は『ギターウルフ』!

このブログを読む全てのウルフは受けて下さい。

と言う訳で
一つ、大事なゾンビを忘れていた。
ワイルド・ゼロ。
素晴らしいロックンロール・ゾンビ・SF・タイムービーです。
サントラも、ギターウルフ他、
日本ガレージパンク群のコンピとなってます。

似たような曲が沢山入ってて、
これでサントラとして成り立つのか不思議ですが、
映画を観れば納得です。


サントラ, GUITAR WOLF, THE PLEASURE FUCKERS, CHARLIE & THE HOT WHEELS, ZEROS, チェルシィ
ワイルドゼロ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
cdcase
3日間、更新しなかったのは、
何もずっと春眠を貪っていた訳ではなく、
恒例の2TBさんのチラシ関係を製作していたからだ。

ゾンビネタだからと、
気合いを入れて製作に入ったが、
逆に自分を縛ってしまい、
随分と苦労してしまった。

チラシはとにかく、内容は面白いはずなので、
今年の夏はフェスと2TBで決まり!!

7/14~17
「ママゾンビ~MOTHER OF THE LIVINGDEAD」
前売り 2,000円  当日 2,300円
詳しくは、
http://2tb.hp.infoseek.co.jp/で。

はい、宣伝終わり。


さて、これだけ間も開けば、
書く事も一杯あったはずなのだが、
その全てを忘れてしまった。

仕方がないので、
バトンでお茶を濁す。
マイミクあっきーさんから回ってきた。
またもやこのバトンには名前がない。

しかも内容が困る程にシンプル。

■1.回す人を最初に書いておく(5人)
■2.お名前は?
■3.おいくつですか?
■4.ご職業は?
■5.ご趣味は?
■6.好きな異性のタイプは?
■7.特技は?
■8.資格、何か持ってますか?
■9.悩みが何かありますか?  
■11.お気に入りの場所は?
■12.お好きな食べものとお嫌いな食べものは?
■13.貴方が愛する人へ一言
■12.回す人5人を指名すると同時に
その人の紹介を簡単にお願いします。

何だコレは!?
バトンじゃなくて、
結婚相談所(ツヴァイとか)のアンケートが
流出したんじゃないかと思う程、
シンプル且つ個人情報なバトン。

しかし、いつ何時どのバトンでも受けるのがこの俺、mzd。
早速応えてみたい。

■1.回す人を最初に書いておく(5人)

押切もえ
辺見えみり
眞鍋かをり
木村カエラ
乙葉

ある、有名人ブログランキングなるサイトで、
順位の高い順に選んでみた(美女限定)。

■2.お名前は?

mzd216。
訳あって本名を晒す事は出来ない。

下の名前はジロウと言うのだが、
高校の時、俺は何故ジロウと名付けられたのか
母に訊ねると、
「う~ん、多分キカイダーから取ったんとちゃうかったかなぁ」
と言われてビックリした。

アレ、この話前にしたっけ?
まぁ、いいか。

■3.おいくつですか?

何がだ。
紅茶に入れる角砂糖の数か。
それならば、32です。

■4.ご職業は?

左記にもある通り、
サラリーマンデザイナーをやっている。
若い感性がある程度必要なこの稼業、
俺はいつまで出来るんだろう。

■5.ご趣味は?

毎週やってるバンドになるのかも知れないが、
曲がりなりにもロックを標榜している以上、
バンドを趣味とは言いたくない。

CDを漁る事も趣味だと思ってやってない。
聴きたい音楽を探した結果だ。

となると、残るはこのブログか。
でも、やっぱりこのブログも
趣味を越えた部分で書いてますけども。


長くなったので、
今日はここまで。

本日は、CDケース。
よくソフマップなどで安売りしてる。
12枚入れられて便利。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
CDR
Macで聴く音楽は実に味気ない。

と、思っていたが、ゆら帝や初期ミッシェル他、
ガレージ系などチョイとローファイな音楽なら、
G4のしょぼいモノラルスピーカーでもちょっと味が出る。

このスピーカーは特に低音部が弱く、
低音を出すと音が割れてしまう
(まずMacの起動音のボーンてのが割れてる)のだが、
それがちょっと良い感じ。

とは言え、いつまでもこんな
音楽生活(ミュージック・ライフ)をしてはいられない。
一日も早く音楽環境を整えねば。


さて、CDも聴けずネタも無いので、
こう言う時はYahoo!頼みだ。


「メイ 本田美奈子.さんに曲捧ぐ」

この見出しだけを見て、
何の事かすぐに理解出来る人はよっぽどの
本田美奈子ファンなのだろう。
俺は軽く混乱した。

本田美奈子の名前に「.」が付いてるから、
「メイ本田美奈子」と「さんに曲捧ぐ」が別れてるみたいに見える。

「メイ本田美奈子」が見ようによっては、
「X体田美奈子」に見える。

「さんに曲捧ぐ」も見ようによっては、
「ちんこ棒曲げる」と見えないか。

つまり、謎のX体、田美奈子ちゃんが、ちんこ棒を捻り曲げてみせた、
という恐ろしいニュースを、我々はこの見出しから読み取ってしまう。

しかし、実際の記事はこう続く。

 英国の人気ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイ(58)が昨年11月6日に急性骨髄性白血病で亡くなった歌手・本田美奈子.さん(享年38)に曲を捧げた。20日に発売されるアルバム「心を込めて…」に86年に本田さんが録音した「Golden Days」のリメーク盤を収録するもの。作詞・作曲・プロデュースを担当したメイがこん身の力でバック演奏をリメークした。(以下略)

メイってブライアン・メイか。
メイ牛山かと思った。
嘘、思ってない。


下らない事を書いたお詫びに、
皆さんにアメイジング・グレイスを唄います!

アーメージーイインググレーイ、ニャニャニャー、ニャーニャー。


CDは聴けないので、
今日はCD-Rをご紹介。
借りたCDをコピーしたり、
データ保存したりするのに使うのだが、
何と言っても安いのが魅力。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

dlriru

先日、久し振りに作詞作曲をした。

と言っても、バンドの為ではない。
かといって、ソロ活動や別バンドをしようという訳でもない。

この間校了した劇団2TBさんのパンフに載せるスコアが必要だったのだ。
なんでパンフにスコアが必要なんだ、と言われれば、
実は恐らく全く必要ではないのだが。

少しネタばらしすると、
2TBさんの次の公演は学校ものなので、
仮想の高校をでっち上げる為に、
校歌もでっち上げようという次第。

歌詞はデタラメだ。
7・5調でそれらしい単語を羅列し、
最後の行に高校名を入れておけば、
何となく校歌っぽくなる。

そういう作業は、
このブログを見て貰えば分かるように、慣れている。

とりあえず、適当に歌詞をシンプルテキストに打ち、
棚の上から埃の積もったピアニカを引っ張り出し、
適当に吹く。

(以前のバンドでは俺の担当はギター兼ピアニカだった。
http://blogs.yahoo.co.jp/raizou73
ドラマー担当だったraizou73さんがここで、
その時に音源を載せているので、暇なら是非。
俺の小学校音楽会レベルの鍵盤捌きが聴けます)

プップクプー。

おお、もう出来た。
シャープやらフラットやらはややこしいので、
当然、ハ長調だ。
さぁ、これを楽譜にしなければ。

俺の音楽知識はエレクトーンを習っていた小4で止まっている。
いや、その知識も使ってなかったので、
どんどん忘れ去られているので、そこからさらに退行している。

4分の2と4分の4の違いが分からない。
この曲はどっちだ?

四分休符って何分休符?
だから、四分休符だよ。

低いレベルで悩みながらもどうにか完成したのが、
「八州桜花高校歌」だ。

どういう内容かは、
10月15・16日にある
公演を観に行かなければ、どうしようもないんじゃないかしら。
http://2tb.hp.infoseek.co.jp/nextdate.html
どうやらここに詳細が書いてるみたいだよ!

と言う訳で、ネタが無かったんで、
公演の宣伝しときましたよ。
2TBさん、なんかください。


今回、校歌製作にあたって、
最も参考にし、且つ、そこから外れなければいけない、
ということで、
非常に意識したのが
「ドリルキング・アンセム(ドリルキング社歌)」だ。

結局、この曲には楽曲も歌詞も全く敵わず、
やはり電気グルーヴは
俺の何千歩も前を歩いている事を再認識した。

電気が電気以外の名義で作った曲の寄せ集めCDだが、
名盤なんで、買えばいいんじゃないかしら。


オムニバス, 電気GROOVE, 遠藤薫, 加藤達雄, 子門’z, 忌野清志郎, 髑髏錠次, 瀧勝, ピエール瀧, 池多孝春
DRILL KING ANTHOLOGY
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。