君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:
$君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)-acdc


こんにちは、非実在青少年、否、実在おじさんのmzdです。

このネタも既に古いし、
且つtwitterでつぶやき済みなんだな。
どうしてもスピードの違いで、ツイッターに書いちゃう。
ちょっとしたネタは全部あっちに回ってしまう。

ツイッターの登場により、俺が書いてきたことなんて、
全部140文字以内に済んじゃう事が判明。
これはというネタはやらしくも、
脚本用にとっておいたりして。

じゃあここには何を書くかといえば、
140文字では書ききれない事、
尚かつ脚本には活かせない事、
ってなったら、もう感想文か妄想文しかない。

というわけで、感想文。

観てきたのは、AC/DCと65daysofstatic。
最近の俺としては珍しく洋楽2本。

AC/DC。

mixiやらツイッターやらで、
東京公演を観た方々がこぞって
「生涯ベスト!」などと仰り、
FM802でも各番組で煽るし、観念して行って来ました。

開演ギリギリに駆け込んだんだが、
大正駅から京セラドームまで、
おっさんどものプチマラソン大会。
みんなニコニコしながら走ってた。

会場に入ると同時に幕が開く。
席に着けば両隣おっさん。
煽りVがエロくて格好良くて少し泣きそうになる。
あれが本当のエロかっこいいだ。

ライブ内容は今更語るまでもあるまい。
多分、何十年も前からそしてこれからもずっと一緒だろう。

アンガスはロードオブザリングのゴラムと
ターザン山本を足したみたいだった。
そんなターザンゴラムがストリップ始めるて、
何の嫌がらせだと思うんだが、
それでもかっこいいんだから不思議だ。

客席を見渡すとナウシカの後半のように、
攻撃色が無数に光っている。
グッズのACDC角をみんな頭に付けてるのだ。

終演後も駅までみんな頭の先をピカピカさせている。
どこかで観た風景、ああディズニーランドに似てる。
ディズニーランドでは子供から老人まで
ヤンキーから堅物まで、
みな何かしらのグッズを付けてニコニコしてた。

ディズニーランドと同じく、
日常とは隔絶された完全なロックンロールランド、
それがAC/DCのライブだ。
老若男女のロック好きが2時間魔法にかかるのだ。
(おっさんのストリップとかで)

俺の周りには中年層がひしめいていたが、
駅で人の流れを眺めていると、
結構若い顔も見受けられた。
中学生と思しき二人連れは
「こんなに叫んだのは生まれて初めてだ」
と興奮していた。
未だにロックンロールの扉としても有効なんだな。
改めて素晴らしいバンドです。


65daysofstatic。

名前からしてポストロックでござい、なバンドだが、
俺がこのバンドが未だに好きなのは、
ポストロックのお上品さと共に
ちゃんとロックの持つ下品も備えている所。

具体的に言えば、
「オイ!オイ!」ってこっちに拳を挙げさせたり、
音頭的なリズムを打ち鳴らしたり、
踊れるグルーヴがあったり。
おすましするのがポストロック、みたいな風潮がある中で、
そういう風に肉体的に客と関わっていこうとする姿は
凄く良いと思う。
まぁ、AC/DCには敵わんが。

もっと派手に、もっと暴れてもいいくらい。
ポストロックってジャンル自体が、
過去のものになりつつある今、
加えてこの不景気の時代、
ちょっとやそっとじゃサヴァイブできないぞ。
ホント頑張ってほしい。
何回でも観たいんだ。

どの曲がどう、とかは分かりません。
何せアルバム1枚しか持ってないもので。

それを言えばAC/DCだってこのライブ盤しか持ってない。
いや、RAZERS EDGE持ってたけど、
実家に置いてきてしまった。

でもまぁ正直、ライブ盤一枚(二枚組だが)で
事足りると言えば事足りると思う。

俺が持ってんの、この正方形のやつじゃなくて、
縦に長いやつ。収納に困るやつ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)-kwacker

あれ!?
もしかしてバンクーバーオリンピック終わってる!?
バンクーバー!!
晩食うバー!!

「ウチは軽いものでしたら、
 ディナーも出してるんですよ」

晩食うバー!!
それなりにやっていけるだろう!!


バンクーバー、終わっちゃったよ。
ブログのネタ満載だったのに。
まぁ殆どツイッターの方で呟いたからいいけど。


ようやくバンタムクラスステージさん、
シアターシンクタンク万化さんの
印刷物仕事が一段落しまして。

取りあえずその告知をしておきます。

バンタムクラスステージ7
「とはずがたりのマリア/
THE KISS, grants a name(to you.)」
3/5?8
会場:芸術創造館
料金:前売\2500当日\2800

シアターシンクタンク万化
「ホワイトライ」
4/23?25
会場:シアトリカル應典院

是非是非見に行ってみてください。
どっちも絶対面白いはずです。


さて、世の中が滑ったり転んだりしてるのを観てる間に、
映画を二本ほど観てきました。

「ライブテープ」と
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。

以下にはその感想をさらりと述べるので、
まだ観ておらずこの映画の情報を遮断したい人は、
初詣にでも行っててください。

まずは「ライブテープ」。

ツイッターで曽我部恵一が褒めてて、
漏れ聞こえる評判も頗る良いんで、
小雨の中チャリを飛ばして新開地KAVCへ。

余談、途中福原を通って行くんだけど、
町が何か人通りが少なくて、
花街も不景気なんだなぁとしみじみしてしまった。
もしくはエロい人が減ったのか。

さて、映画、
いやぁ、素晴らしい。
一見ヌルい企画に見えて、
実は恐ろしくスリリング。
暖かい厳しい。
少し笑える泣ける。

始まってすぐは、全部筋の無いアドリブなのか?
そんなので時間保つの?
と心配になるが、
ちゃんと要所要所に見所は段取りされてて。

言うなればケツだけ決まってて、
あとはアドリブな昭和プロレス、
もしくは、素人もののAV、とでも言うか。

序盤はちょっと罰ゲームみたいで、
そういう意味では、
笑ってはいけないシリーズっぽくもあり。
こっちも町にいる変な奴をニヤニヤ観てる感じで。

ところが、二胡との対決辺りから、
緊張感とか覚悟とかがぐわーっと見えてくる。

その後も色んな刺客と相対する感じなんか死亡遊戯みたいで。

で、公園みたいなステージでエンディングを迎えるんだけど、
バンドは演奏してるのに、
カメラがどんどん他所に行きだす。
この他所に行く感が凄く良い。
はしゃぐ子供をギュッと抱くおばあちゃんとか奇跡。
最後は夕焼け空で終わったんだったかな。
歌が街に溶けていくような。

凄い映画だと思います。


「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。

原作は読んでないんだけど、
峯田で負け犬ものなら、まぁ間違いは無いだろうと。
実際、期待通りではあったんだけど、
期待以上では無かったかな。

でも、真剣にこの物語に取り組んでる感じは非常に伝わってきて。
例えば、女の子(チハル)の在り方も、
しょぼい映画ならアイドルなままで終わるとこだろうけど、
少しずつズルズル感を出していく感じがリアル。

序盤は髪で顔のラインを隠してて可愛いけど、
青山と付き合ってる時は髪を上げて、
顔のぷよぷよのラインを露にして不細工に見せてる。

青山と揉めてるとことか、
凄い既視感。
聖女がそこらへんによく居る馬鹿女に成り下がる過程が素晴らしい。

mixiにもちょっと書いたけど、
どんどん役者としてのレベルを上げる峯田、
反比例としてロックとしての
輝きが失われている気がしないでもない。
本人のインタビューで
演技はある意味でなめてやってる、
って言ってたんで、大丈夫とは思うんだけど。

ああ見えて、実は器用な人なんだろうな。
泣きながら下品過ぎるスピーチをさせれば、
峯田の右に出るものはいないね。

青山との決闘のシーン、
ケージマッチならボクシングより、
テイクダウンとポジショニングを練習した方が良かったのに、
とか思うけど、
男が決闘する時はやっぱりボクシングなんだな。

映画だからアレだけど、
マンモスの社員が全員ヤなヤツって凄い。



今日は内容とは関係なく、今更「KWACKER」。
ミック・グリーンが死んだってね。
随分前のニュースだけど。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。