君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:
$君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)-offthewall


三枝「それでは、マイケルさん、何番!?」
MJ「えーと、じゃあ、3番」
山瀬「ノートパソコンでーす」
三枝「おっと、チャンスですよ!もう一つのパソコンは何番!?」
MJ「じゃあ…8番!!
   This is it!!」
山瀬「残念、YESNO枕でーす」

もしあのMJが存命で、新婚さんいらっしゃい!に出たならば、
こんな光景も見られたのだろうか。

と思ったら、あの神経衰弱のコーナーはもう無いらしいのであった。


まだ、2009年俺デミー賞も出してない状態ではあるが、
観てきてしまったものはしょうがない、
今回は映画の感想の回です。

取り上げるのは「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」、
そして、「マイケル・ジャクソン This is it」の2本です。

以下にはその二つの映画を観て思った事を併せて書くので、
まだ観ておらず、内容を知りたくない人は、
後ろに下がってて下さい(ムーンウォークで)。


さて、この2本、
どちらも音楽家を追ったドキュメンタリー、
ではあるが、その手触りは両極端。

まず、アンヴィル。
内容は、端的に言えば昨年の映画「レスラー」を
バンドものに置き換えて、
ドキュメントにしたものといっていい。
もしくは、フラカン「深夜高速」の映画版。

「レスラー」との違いは、家族の在り方か。
離婚し、一人娘にも愛想を尽かされるレスラーのランディとは違い、
アンヴィルメンバーの家族は皆彼らに優しい。
もしくは、優しすぎる。
周りが甘い事が、
いつまでも「夢を諦めきれない」状況を
作ってるんではないかと少し思う。

でもまぁ、家族を養う分だけは稼いでるみたいだったので、
その上で好きな事やりたいんだったらやれば?
みたいな感じなんだろうが、
取りあえず200万円だったかをポンと出すお姉さんは甘すぎる。

その200万掛けて作った音楽も、
時代と一切リンクしないダサい代物。
周りが見えてないにも程がある。

つまりホントにあらゆる面で駄目なんだ。
だからこそ、ラストシーンは泣ける。
ラウドパークのステージに上がった瞬間、
アンヴィルのメンバーは本当に奇跡を感じた事だろう。

ただ、あれだけ観たら何も知らない人は、
アンヴィルって日本では凄い人気なんだ!
と思うだろうが、多分そうではない。
日本のロックフェスに行った事がある人なら分かると思うが、
日本人は、トップバッターの誰か知らない人でも、
ちゃんと観る傾向がある。
しかも、今回のフェスはメタルの祭典、ラウドパーク、
それが真面目なメタルファンともなれば尚更。

言ってみれば、アンヴィル&映画スタッフの勘違いによる
2、3割増しの思いこみによって、
あの感動シーンは誕生したのだ。
そして、映画のラストピースがはまり、
その映画は世界中で話題となった。
新譜も全世界で発売された。
奇跡は起きたのだ。

逆に、ラウドパークが無かったら、
監督さん、どうしてたんだろう。
そういう意味では、監督さんの嗅覚というかギャンブル運、凄いな。

あと、いくら何でもスラッシュ褒め過ぎ。


しかし、このにわか人気も恐らく2年も保たないだろう。
それは音楽やライブシーンを観れば何となく分かる。
アンヴィルには売れ続ける為に必要なものが無い。

その必要なものがギチギチに詰まっているのが、
「This is it」と云えるだろうか。

このThis is itツアーはもし実際に行われていれば、
間違いなく世界最高のショーになり得ただろうし、
また、10年前に持っていっても、
10年後に持っていっても、素晴らしい評価が得られるだろう。
KING OF POPは伊達ではないのだ。

この映画を観れば、
MJ、そして彼を取り巻くスタッフが
如何に真剣に客の事を考えていたかがよく分かる。

ただ、やはり生前から持っていた「何だか異常な人」、
というイメージはこの映画を観ても変わらない。
寧ろ、増した。

昨今、彼の死によって、もしくはこの映画によって、
生前の彼のスキャンダルが無かった事のようにされてる気がするが、
その感じがどうも気に食わない。

これまでこのブログでは、
そのスキャンダラスな部分しか扱ってこなかった。
そこにしか興味がなかったからだ。

今回の映画で、彼が如何に素晴らしいエンターテイナーであるかを知った。
(勿論ある程度は知ってるつもりだったが)
これで、俺はMJのエンターテイメントの面も、
スキャンダルの面も、
言わば、MJだけに、
白い面も黒い面も楽しむ事が出来る人間になったのだ。

どっちの面もあってこそのマイケル・ジャクソン。
どっちもあるからこの人はオモロい。
それは死んだって変わらないはず。

良い所も悪い所も含めて面白がる、
それがL・O・V・E、愛なんだ。
怒ってるんじゃないんだ。


限定公開の時(と言っておきながら結局まだやってるやん!)に、
観に行ったら満員だったんで、
折角出掛けたんで千円で買ったオフ・ザ・ウォール。

これが輸入盤のスペシャルエディションのCDで、
最後の方にクインシー・ジョーンズのインタビューとか入ってて困る。
輸入盤だから対訳とか無いし。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
$君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)-covergirl

スティーブ・ウィリアムスも死ぬし、
トニー・ホームも死ぬし、
お悔やみ申し上げすぎて、
自分の中のお悔やみ量が足りなくて、
随分水で薄めてお悔やみ申し上げてるような日々が続いてます。
こちとら志村でスッカラカンだってのに。

改めて、皆様にお悔やみ申し上げます。


年末年始のあれこれの続きを。

12/31。
地場産業フェスティバル@なんばHatch。

昼の3時くらいから夜の3時くらいまで、
ダラダラやってた清水音泉主催イベント。

会場内は、フロアの後ろの方に畳&こたつ、
左方にはプロレスのリング、
という、入っただけで行き当たりばったり
ということがわかる企画。

まず、やってたのがGELUGUGU、
ご機嫌なスカビートの後に出てきたのがチョップリン、
彼らの呼び込みで横山たかしひろしの漫才。
次にガガガSPが客に水を吹きかければ、
その次は大阪プロレスが始まる、といった案配。

地場産業ということだけあって、
とにかく関西で括ってみました、と。

以下、ダイジェストで。

初めて観たガガガSP。
ライブ自体はまぁ元気があっていいのだが、
MCがちょっとムカついた。
客や他のアーティストを揶揄するのは良いけど、
それならきっちり笑い取らないと。
怒髪増子などはきっちり笑いを取るぞ。

これもお初、JAPAN-狂撃-SPECIAL。
ドラムの人がデビュー当時の紳助さんみたい。
この人、1ヶ月くらい前に古着屋で遭遇したな。
氣志團の亜流と思われてるだろうが、音楽はもっとパンク。
しかし、この格好してるんなら
もっと客をビビらせるか笑わせるかした方が良いような。
でもボーカルがあんまりお喋り得意じゃないみたいで、
笑いを取るのは難しそう。

後藤まりこ。
ミドリのボーカルさんがアコギ一本で、非常に可愛らしく。
中山千夏のカバーってのが凄く良かったな。
終わり近く、後ろのこたつで歓談してる客にチョイ切れ。
喋ってんねやったら出て行け、
僕やからええけど、つじあやのさんやったらどないすんねん、
みたいな。
終始女の子モードなまりこさんだったが、
ギラリと見せたミドリモードに場内凍る。

大阪プロレスのブラック・バッファローとタイガースマスクと、
若手っぽい二人がやったタッグマッチが素晴らしく。
笑いもレスリングも客いじりもきっちりあり、
営業プロレスとしてはお手本のような試合。

またもお初、neco眠る。
素晴らしい!!
ここまで前日前々日の疲れでこの日は大人しく観てたが、
思わず身体を動かしてしまう、否、動いてしまう。
ジャンルはなんて言うんだろ、
今少し検索掛けたらインスト・ダブ・バンドとあった。
そう聴くとなんか敷居高そうなイメージだが、
実際もっと原始的な音楽なような。
文句無し、この日のベストアクト。

つじあやの。
B.U.Pが、疲れてんのにneco眠るで踊るから、
ダウン寸前に。
二階席で椅子に座ってまったりと。
さっきまりこが怒ったおかげで、異常に静かな場内。
本人、その流れを知らなかったんだろう、
えらい静かですね、と。
随分久しぶりに観たが、相変わらず気持ちよく。
座って観たのは正解だった。

木村充揮。
この人だけのライブという意味では、これもお初か。
固定ファンが何人か紛れ込んだようで、
木村さんのライブでよくあるらしいヤジが四方から飛んでいた。
そのヤジにニコニコしながらヤジり返す木村さん。
憂歌団の「おそうじおばちゃん」もやってくれた。
当たり前のように素晴らしいです。

TV TIME。
と、タイムテーブルにあるので、
何かと思ったら、プロジェクターで紅白を観るだけ、
という画期的すぎる企画。
「大晦日はやっぱり紅白ですよね」とコメントする原辰則さん、
「壊れかけのRADIO」を歌う徳永英明さんなどを観る。
あまりにシュールな光景に爆笑する。

少年ナイフ。
今までこのバンドは何が良いのか分からなかったんだが、
ライブを観ると魅力が少し分かった。
圧倒的に音がでかいんだ。
で、女性でポップなんだ。
それだけなんだ。
それだけでOKなんだ。
CDは特に欲しくないけど、ライブはまた観たいと思いました。

ここで、一旦外に出、近くのHSGW君邸へ。
仲間内で集まってお鍋をやっているというので、
年末のご挨拶へと。
少しだけお鍋をいただき、少しだけ「笑ってはいけない」を観て、
またなんばHatchへ戻る。
B.U.Pは戻らず。
Hatchに戻ると、「笑ってはいけない」を映してた。
浅草キッドの話がオチに行く直前でカットアウトされ、
客から少し「えー」の声。

毛皮のマリーズ。
これもお初か。
東京のストゥージズなどと呼ばれて、
期待してCD買ったら、それほどでもなくて、
でも、今回ライブ観ると、おぉなるほどと思いました。
ガチガチにガレージガレージしてるのかと思ったら、
もっとポップでグラムな感じも入ってて。
途中で、カウントダウンで色んな人が舞台上へ。
ボーカルの志摩のグダグダな仕切で年越し。

騒音寺。
やはりお初。
格好だけ見るとマリーズと似た感じだけど、
こっちはもっとポップというか、歌謡曲寄り。
グラムロックというより西城秀樹に近い感じ。
ちょっとビックリした。
売れるか売れないかで言えば、
絶対に売れないと断言できるバンドだけど、
消えてほしくないと思うバンド。

ワッツーシゾンビ。
音泉魂で見たが、環境が悪すぎよく分からなかった。
改めて観れば、非常に良いバンド。
ギターボーカルが二人にドラムという、
昔のキンブラスタイル。
単純でウルサくて素晴らしい。
片方のボーカルの声が芸人っぽいというか、
高くてよく通る声質なのが良い。
アメザリのツッコミの声質に近いというか。
ラストはドラムをフロアに下ろしてぐちゃぐちゃに演奏。

トリはキングブラザーズ。
マリーズから後ろ、ちょっと似た傾向のバンドが続いて、
流石のキンブラもちょっとしんどいかと思いきや、
やっぱりキンブラは別格。
マーヤ、始まってちょっとでギターが壊れる。
キンブラといえば、
彼らも最後は楽器をフロアに持ち込んで演奏する事で有名だが、
さっきワッツーシがやっちゃってるし、
どうするのかと思ったら、
ドラムセットをリングに投げ入れた。
キンブラon the プロレスマット、
という狂った空間。


清水音泉らしいダラダラしたイベントだったが、
観たかったバンドが大分観られたし、結果満足。

この夜は非常に寒く、
THE BIRTHDAYタオルを首に巻いたまま外に出る。
もう一回HSGW邸へ行くため歩いてたら、
日本人男と外人女が揉めてた。
女は「Oh,my god!」と言ってた。
ホントに言うんだな。


今日はつじあやのさんで。
COVER GIRLというだけあって、
カバー集ですね。
ちゃんと録ってるのがTOKYO SIDE、
そこらへんで録ってるのがKYOTO SIDE、と
二枚組です。
つじあやのの良さはやっぱりKYOTO SIDEですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)-fujifab


皆様、おとそ気分もそろそろ抜けてきた頃でしょうか。
私とて年末年始、それなりになんだかんだありました。
その次第をざっと。
テイク・ざっと。
おお、面白くない。

12/29

仕事納め、掃除してすぐにインテックス大阪へ。
RADIO CRAZY(初日)。

序盤の新人枠は観られず。
気になってるSISTER JET、andymori、
もう一回観たいOKAMOTO's、ザ・ビートモーターズはまた今度。


サカナクション。
以前観た時よりもうちょっとバンドっぽいというか、
大衆性を帯びたというか、
売れる事を意識してるように見えた。
でも、このバンドが俺の心に火を点ける事は無い。
「なるほど」みたいな感想を残して終了。


フジファブリック。
ステージの上に機材がセッティングされた状態で、
その日やるはずだったセットリストのライブ映像を流す。
勿論舞台の上には誰もいない。
にも拘らずフロアには大勢の客が集まった。

本来、この手のセレモニーは偽善的で苦手だ。
「あの人は心の中で生きているんだわ」みたいな。
ミッシェルの例のライブハウスのヤツも、
どうせアベの死にかこつけた金儲けだろうと考えてしまう。

そんな気持ちもありながら、
B.U.Pに連れられて、俺もステージ前に居たのだが、
実際、そのライブは良かった。素晴らしかった。
改めて志村の楽曲センスの良さを再確認した。
大写しにされる彼の顔は少女のように美しかった。

そして、その類稀なる才能がこの世から消えたんだ、
という事実を受け入れた瞬間、スクリーンが涙で滲んだ。


帰ってきたナニワ・サリバンショー。
802主催で清志郎を中心に行われたイベントの名を冠した
この枠だったが、
結果的にはナニワ・サリバンショーは帰ってきてなかった。

トータス松本、くるり岸田、YO-KING、民生、浜崎貴司らが、
それぞれアコギ一本で清志郎ナンバーを弾いては袖に引っ込む。
メンバーは豪華だが、何と地味な演出。
俺の知ってるナニサリはど派手で、楽しくて、
いつまでも終わらないイベントのはずだ。

色んな事情もあろうが、
もうちょっとお金掛けても罰は当たらないんじゃないか。
フジファブの後だけに、
お通夜ムードが続く。


その湿った空気を振り払おうと
フラワーカンパニーズのステージに走るが、
「真冬の盆踊り」しか観られず。
よさほい。


時間が空いたので、
飲食ブースへ行くが、異常な人の列、
仕方ないので、会場を出て向かいの居酒屋へ入る。
これが最悪だった。
どんだけ忙しいのか知らないが、
料理がいつまでたっても出てこない。
その内にタイムアップ、腹ぺこのまま会場へ戻る。
「千年の宴」、あそこは最悪です。


くるり。
岸田はどっかのライブハウスで、
志村のために「ロックンロール」を弾き語りしたという。

考えてみれば、先ほどのナニサリの異常な暗さは、
志村の死の影が覆っていたのだろう。

「怪我したり、死んだり、せんように。
 生きて、また会いましょ」

岸田はそう呟いて、
「太陽のブルース」を歌った。


最後はユニコーンか怒髪か迷ったが、
B.U.Pが音泉魂で倒れて観られなかったユニコーンで締める。

ユニコーンは最高のライブをした。
前日の東京、CDJで民生は「茜色の夕日」を弾き語り、
途中涙にむせび、歌えなくなったと聞いた。

志村は民生のライブを観てその道を志したらしい。
民生にとっては事務所も一緒で、直属の後輩。
そんな憂き目に遭った後でも、
ユニコーンはユニコーンだった。
民生も他の四人もふざけ倒していた。

そう君が 泣いていた あの頃に もう一度 会いたくて
まだ君が 元気だった あの頃に 言いたくて
流れゆく 光たちよ 消えてゆく 命たちよ
舞い上がれ 燃え上がれ 時を越え 突き進め

HELLOの歌詞。
また泣きそうになる。

アンコールには、年末のこのタイミングでしか歌えない
「雪の降る町」。
世の中は色々あるから
どうか元気でお気をつけて。


半額になった屋台の飯を腹に入れて帰る。


12/30

RADIO CRAZY二日目。
この日は最初から。

場内、前日より明らかに人が少ない。
こりゃ来年の開催は厳しいな。
いや、このイベント自体が802の20周年イベントだから、
これっきりなのか。

初めてのフェスというのもあるだろうが、
色んな所で至らぬ点が目につく。
CDJはなんやかんや言われながらも、
冬にやるフェスとしては、ケアが出来ている。


黒猫チェルシー。
良いライブだったが、
まだ大箱でやるほどの技術は無いかな。
映画効果が無くなる今年は勝負の年ですね。


DOES。
楽曲自体は結構好きだし、演奏も良いので、
それなりに楽しんで観る。
が、何となく、普通の人が悪ぶってる感じが見えて、
そこが引っかかる。


THE BAWDIES。
大人気。
昔キンブラの前座で観た時よりもステージングが格段に上手くなってる。
大多数を受け入れる覚悟が見える。
その点がすれたロック好きからは、
これから嫌われるかもしれない。
しかし、そんなファンを捨ててでも、でかく売れろ。


髭。
良かった。
ただ髭ちゃんには、
良かったで済むようなバンドで収まってほしくない。


LOSALIOS。
凄かった!!
達也さん、TOKIEさん、アイゴン、スカパラ加藤、
それぞれが一体となり、怪物と化し、客を食べ尽くす!!

純粋に一つの演奏を観て、
思わず「うわぁ」とか「凄ぇ」とか口に出してしまうのは、
音楽界広しといえども達也さんのドラムだけだ。
笑いながら超絶ドラムを叩く姿は気が狂っているとしか思えない。


浅井健一。
相変わらずカッコいいが、大分老けた印象。

他所のフェスとかでもそうだけど、
ブランキーの他のメンバーも居るんだから、
ちょっと一緒にやってくれれば良いのに、
とか思うよね。


EGO-WRAPPIN' AND なんちゃら。
中納のよっちゃんはやっぱり上手い!!
男女問わず、一番上手いパフォーマーだと思う。
「GO ACTION」はホント良い曲。
ライブの中で良いフックになってる。


THE BACK HORN。
そんなに好きなバンドという感じではない。
でも、ギターの人は好き。
技術だけで言えば下手なんだが、
(大事なリフがリズムに追い付いてない)
その分を気迫だけで埋めようとしてるのが面白い。


The Birthday。
新曲を数曲やってたように思うんだが、
それらがピンと来ず。

しかし、上でも述べた
昨今のミッシェル祭には一切関わらず、
今自分がやりたい事をやる彼らは頼もしい。


という訳で、
二日目は人が少なくて飯もスムーズに食えて、
葬式ムードも無くて、
普通のフェスでした。


って、ざっと書く予定が、意外と行数掛かってしまった。
今回はこれで終わり。

今日の一枚はフジファブのファースト。

プログレ的な雰囲気と日本的な歌詞とメロディ、
他には無い独自性。
上手く行けば、
今後何十年も愛されるバンドになるはずだったんだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)-pulp

明けましておめでとうございます!
今年もこのくらいの速度で更新しようと思います。
なかなか更新出来なくてすみません。
頭の皮を削いで謝罪したいです。


という訳で、「イングロリアス・バスターズ」観てきたよ!!
それも12月も20日の話だけどな!!

以下にはその衝撃を語るので、
まだ観ておらず、内容をびた一文知りたくない人は、
さっさと映画館行けっての!!
もうやってない?
知らん!!


いや、ホント間に合って良かった。
俺デミー最有力候補作。
これかグラントリノかだな。
イーストウッドの2本とこれが同年に公開されたってのは、
何か感慨深いね。

この映画は今更云うまでもなく、
「映画の逆襲」な訳だけど、
人のブログを読んで膝を打ったのが、
まず、オープニングシーン、
あの真っ白のシーツはスクリーンのメタファー、
奴らは映画の外から仕分けにやってくる!!
ってこと!!
なるほど!!

ドイツ映画女優、フランス映画館主(ユダヤ人)、
イギリスから来る男も元映画評論家、
さしずめこの作品は映画連合軍vsナチス。

善戦虚しく映画連合軍は全滅する(バスターズは多分映画とか観ない)。
しかし、連合軍死すとも映画は死せず!!
9回裏満塁逆転ホームラン、
最後は映画そのものがナチスのチョビヒゲを焼き尽くす!!
あれ!?
歴史変えた!?
構うものか!!

ゲッベルスは映画を利用しようとする。
多大なる戦果を上げたドイツ兵を主役にし、士気高揚の為の映画を作る。
つまりは洗脳目的のプロパガンダ映画。
洗脳目的のプロパガンダ映画?
今の映画と変わらねぇじゃん、下らねぇ!!
畜生、全部燃やしちまえ!!

そんな意味が有るのか無いのかは知らんが、
とにかくあの映画館のシーンは映画史に残る名場面。


タランティーノという監督はCMやら何やらを見るに、
どうも勘違いされているように思うんだが、
今一番映画らしい映画を演出できる監督だと思う。

去年から俺も全員死ぬようなお話書いてるんだけど、
そのお手本のような見事な脚本。
分かりきった勝負なのに、見終えて負けたと思いました。

各章に出てくる密室での会話劇。
これだけで十分銭取れるレベル。
映画ってこういう事だったよなぁ、って思うよホント。


今日の一枚、
タランティーノはここから始まったってことで、
(ホントはレザボアだが、一般人にまで名が知れたのはこれから)
パルプ・フィクションのサントラ。
タランティーノの選曲って音楽界まで変えちゃうから凄い。
ホント良いセンスを持ったオタクなんだな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。