君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:
tamikaba


「弟は死に神ではない」=法相を擁護-民主・鳩山幹事長

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000060-jij-pol

弟は死神ではない!!
そりゃそうだ!!
だって人間だもの!


昨日は、観劇。
所はイオン化粧品シアターBRAVA!。
開演までお茶でもしようと、
IMPビルに行くと、
何やら髪の色素が薄い女子を中心に、
ビジネスパークとは少し場違いな面々が多数。
IMPホールに誰が来るというのか。

よくよく観れば、皆のTシャツには見覚えのあるAを模した、
浜崎あゆみのマークだ。
そうか、IMPでアユのライブか。
いや、アユがIMPでやる訳が無い。
喫茶店から川向こうを臨めば、
大阪城ホール前には夥しい数の人が集まっていた。

耳にハンデを背負ったとは言え、
まだまだその神通力は強力と思われる。


さて、お芝居、
演目は「春子ブックセンター」、
大人計画、02年の舞台の再演、
いや、こういうのは再演とは云わないのかな?
カバーかな?

今回は劇団による芝居ではなく、
方々からの寄せ集め集団。
それ故に、軸がぶれた印象が強い。

俺は大人計画を観た事が無いので、
想像で云うのだが、
恐らく大人計画版はもっと
「笑いとは何か」というテーマに沿ったお芝居だったのではないか。
今回はそのテーマが消化される前に終わった感がある。

笑った回数こそ多いものの、
その殆どがなだぎ、友近の個人技、
もしくは、バッファロー木村の吉本芸人的ノリから来るもの。
特になだぎの身体能力の高さは白眉、
彼が少し動くだけで、客席が揺れる。
また、主演の友近の芸も素晴らしい。

が、それはどちらも、
テレビで観たものの再確認作業でしかない。
なだぎも友近も劇中のキャラは自分のネタの延長線上。
そんな即効性のあるネタの前では、
芝居の流れでのネタがなかなか機能しない。
現にもっと受けて良いはずの
他の演者によるネタが殆どウケてなかった。

ウケなかったのにはもう一つ、
ハコ自体がでかくて、
星野真理、金子さやか、ハローバイバイ金成辺りの声が
客席まであまり届いてなかったせいもあるが。

今回の演出は鈴木おさむさんという、
テレビ側の人である事からも
このようなテレビ寄りな笑いが主体になったのだろうか。

とにかく、主題とキャストにズレを感じ、
山程笑ったのに納得いかない、
という不思議な結果に終わった。


外に出れば、
背面側面にアユの絵をあしらい
空が飛べそうな程にカスタマイズされたワゴン車が
ズラリと並んでいる。
そんな幻想的な風景を潜り抜け、
我々は家路についた。


カバーバージョンということで、
カバーズ。
どれもそれなりに上手く消化しており
それなりに聴けるが、
GLAYの「野ばら」にはどれも敵わない。
音楽で爆笑したのは久しぶりだ。
TERU、最高!!
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
pastone


友人の友人はアルカイダ!
鳩山邦夫、またの名を死に神!!
イチイチエピソードがカッコいい!!


さて、昨日は仕事が早く捌けたので、
気になってたイベントを観に行く事にする。

「kill your idol」
十三ファンダンゴでのキングブラザーズ主催イベント。
King Brothers vs THE BAWDIES vs 塚本功

THE BAWDIESなるバンド名は、
各所でちょこちょこ目にしていて、
気になっていた。

まだ随分と若いようだが、
やる音楽は初期ビートルズ丸出しな
マージービート。
格好もタイトなスーツに
おかっぱ頭。

ボーカルの人がハンサムでありながら、
渋くしゃがれたハスキーボイス、
前列の方ではその甘い声にイカれたガールたちが
黄色い歓声を飛ばす。

全員がニコニコと笑顔を振りまきながらの演奏、
もしかしたら、昔のGSってこんな感じだったのかなぁ、
と何となく思う。


ネームヴァリュー的には
次は当然、塚本功さんだろう、
と思ってたら、極悪兄弟+2がセッティングを始めた。

この日も爆音轟音、オーディエンスの鼓膜を
凶悪なブルーズでビリビリと震わせるキンブラだが、
ファンダンゴが悪いのか、俺が悪いのか、
以前VARITで観た時ほどグッと来ず。
音のバランスが悪かったのか。
キンブラに音のバランスも糞も無い気もするが、
ケイゾウのボーカル、MC、怒号も、
殆ど判別不可能。
少し残念な結果。

それでも最後はやはり全員でフロアに降りての大狂宴。
俺はこの時間帯が大好きだ。
キンブラのライブは、
客が踊る暴れるというより、
ポカンと観てる、みたいな状況によくなる。

そんな観衆との距離を、
物理的に取り除き、
カオス状態に持ち込み、
強引に全員を当事者にしてしまう、
共犯者にしてしまう。

それまでマーヤの客席乱入に少し引きながら観てた客も、
フロアでの演奏が始まるや、
何故か客の心の壁が溶ける瞬間がある。
何というか、一瞬にしてその場がフェス化するというか。

狂乱が終わり、客も憑き物が取れたような
雰囲気になっている所に、
背の小さい小洒落たおじさんがギターを持って現れた。

塚本功さんは、フロアに置きっぱなしのドラムに
興味を示しながらも、
やはりフロアの端の方で(トイレの前辺り)
ビールケースの上に置いたアンプにシールドを突っこみ、
椅子に腰掛け、やおらギターを爪弾き始める。

「最後の整理体操だと思って聴いてください」

エフェクターの類は一切無く、
暖かみのあるセッティングで、
激しい曲、スィングな曲、メロウな曲、
緩急さまざまなロッキンギターを奏でる。

「僕の音楽は踊り狂ったりするわけじゃないんで、
 座って聴いてて良いですよ」

いい人丸出しなMCで観客の笑顔を誘う。
ボーカルもあるにはあるが、
歌詞も適当な感じで、
あくまで楽器として唄ってる雰囲気。

キンブラの轟音で耳が一時的な難聴を引き起こしているが、
彼のギターで治癒していってる錯覚さえ感じる。

最後は、ドラムに置いてあったスティックを
適当に前列の客数人に渡し、
適当にドラムを叩かせて、即席セッションバンド。
曲が終わってもそのままドラムを叩き続けさせて、
自分は楽屋へと帰っていった。

その後、キンブラシンノスケがアンコールをお願いして、
もう一曲やってライブ修了。

締めの挨拶をケイゾウがするんだが、
あの人、普通の時は普通な人なのね。
締めらしくロックンロールに対する
思いを語るが、
途中からグダグダになって、
マーヤに助け船を出す。
マーヤ、ギターを手にマイクへ。

「俺はケイゾウの云うてる事分かるよ。
 今、これ(アンプ)は塚本さんのセッティングや。
 でも、俺が弾くとこうなる。
 (ギターを掻きむしり、ノイズをぶちまける)
 これをお前が弾いたら、
 また全然違う音になるかもな」

ザブングル加藤と塩見三省足してアルコールで割った
みたいな顔してカッコ良い事言うぜ。


今日はTHE BAWDIESも観たので、
ビートルズで。

ビートルズは、というか、
昔のバンドはアルバムよりもシングル主体の活動なので、
アルバム未収録のシングルを集めたこういうベスト盤や
コンピなどが重宝されている。

このVol.1は初期の曲が集められており、
非常に分かりやすい曲が並ぶ。

という認識でいいんですよね?

内容は、まぁそりゃ良いですよ。
ビートルズですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Hvarf



何も書かないのもアレなので、
当分は日記的なものを適当に書く事にする。


DREAM.4をネットで観る。

残酷な煽りVに残酷な結末。
佐藤大輔は、桜庭とMMAを知るからこそ、
大本営発表のような、
勝手で能天気な応援Vなどを
創る事は出来なかったのだろう。

http://jp.youtube.com/watch?v=Tldk0oHXqtg

いつの間にか桜庭の試合を観るには
切なさと悲しさを背負う覚悟が必要となっていた。
正直、今桜庭が引退したとしても、
何の異論もない。
が、笹原さんに因れば、
試合後サクは「悔しがった」らしい。
悔いが有るという事は、
今を引退の時とは観ていない、という事。

彼がまだやる、と云うのならば、
我々も彼の戦う姿を観続けねばなるまい。
それが桜庭和志から沢山のものを貰ってしまった人間の業だ。
途中で降りるなんて事は許されない。


落日を迎える者も居れば、
日の出の勢いの者も居る。
青木真也のフィニッシュホールド、
ありゃ一体何だ!?

http://jp.youtube.com/watch?v=ZXWiWMC3H30

その他の試合も、
どれをとっても素晴らしい。
煽りVも素晴らしい。
永田は試合はつまらないが、
佐藤さんのおかげでキャラが立ったな。

DREAMという興行名、
最初は安っぽくて嫌いだったが、
試合内容が名前に説得力を持たせた。
一度はもう観まいと思った格闘技生観戦だが、
こうなれば、7月の大阪大会は行かねばならんだろうか。


って、色んな事を短く箇条書きにするつもりだったのに、
長引いたのでこれで終わり。


シガーロスが秋に日本襲来。
これは行きたい。
行こう。

Hvarf / Heim。
ディスコグラフィ観てもなかなか出てこないので、
変だと思ったら、未発表曲集+アコースティック曲だったのね。
何も知らずに中古買ってました。

どうでもいい話だが、
最近ネットで調べたら、
シガーロスのジョンジーはゲイで、
コールドプレイのクリスは22歳まで童貞だった、
と云う事が判明。

HVARF-HEIM~消えた都/シガー・ロス

¥2,510
Amazon.co.jp

Hvarf/Heim/Sigur Rós

¥1,636
Amazon.co.jp

Hvarf/Heim/Sigur Rós

¥1,531
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
superae


ずっと思っていたのだが、
攻殻機動隊の草薙素子は、
真木よう子がやれば宜しい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080415-00000006-vari-ent


さて、このブログも随分とお休みしてしまった。
それというのも、
今月末公演されるマイミクほそGさん脚本演出のお芝居、
「ルルドの森」パンフレット、
並びにやはりほそGさん監督の映画
「ヤリタイキモチ」DVDのジャケットの製作に追われたり、
寝てたりしてたのだ。

http://loxoplay.exblog.jp/7763470/


「ヤリキモ」DVDも芝居の受付で売るとか売らないとか聞いたので、
関西近辺で
6月20日(金)?22日(日)に暇がある人は
観に行ってはいかがか。


取り敢えず作業も一段落したので、
何か書きますか。

これほど間を空けたにも拘わらず、
特に書く事も思いつかないので、
フェス話でお茶を濁します。


まず、エゾロックの出演者が出揃った。

最終発表

15日
DOPING PANDA
曾田茂一
Port of Notes
Suzuki Kenji a.k.a Kenji Jammer
YAOAO(DACHAMBO) feat.佐藤タイジ
ミドリ
KENZI
クラブキング・ヴィジュアルショー

16日
VOOREDOMS
HARRY
少年ナイフ
COOL WISE MEN with EDDIE"TAN TAN "THORNTON
椎名純平
山中さわお
OKI DUB AINU BAND feat.MAREWREW
ROVO
GAN-GAN NIGHT

ついでに、第5弾。
山下洋輔ニューカルテット
曽我部恵一 ランデヴーバンド
うつみようこ & YOKOLOCO BAND
沼澤尚 feat.ムッシュかまやつ
バンバンバザール
小谷美紗子
lego big morl
the pillows
TWIN TAIL

成る程、RIJと重複を避けると
こういう事になるのか。
これまでの発表と併せて見ても、
今回の対RIJ完全分断政策は、正しかったな。
多方面で物議を醸したこの政策、
(バラしたのは渋谷さんだが)
支持します!!

取り敢えず、ミドリとボア(韓国の歌姫じゃない方)の
参戦は有り難い。


どうでもいい話だが、
レッドカーペットはwess宜しく、芸人たちに
「ウチに出るならエンタに出るな!」
って言ってほしい。
さっきもエンタを観てたのだが、
フランチェンとかのつまらなさは最早怒りに達する。
それでも何となく観てしまうのは、
2chとかBBSとかで多分イライラする事分かってるのに、
読んでしまう感覚に似ている。


続いて、音泉魂。

先日CAPITAL RADIO ONEのイベントで、
チラシが挟み込まれており、
開催する事を知った。

奥田民生
木村カエラ
サンボマスター
ミドリ
monobright
凛として時雨
THE BACKHORN
斉藤和義
湯上りDJグレートマエカワ

実に良い湯加減。
例年よりちょい温度熱いか。
元気な若者が多いな。

エゾで観られない民生、サンボ、せっちゃんが
参加してくれるのは嬉しい。

このフェスの
あのボサッとしてていい感じは、独特で素晴らしい。
関西随一のチンタラフェス。


さて、久々の更新をしておいてなんだが、
もしかしたら、ある事情により、
今月は殆ど更新しないかもしれない。
とか言いつつ、書く事があれば更新する事はやぶさかではない。

その事情とは一体何なのか。
ぼく、桃太郎のなんなのさ。
それに関してはまたいずれ、
然るべき時期に語ろう。


ボアダムスとかROVOとかの参加は、
「RIJとは違うんだぜ!」という
RSR参加者のマイナー志向優越感を充たす効果がある。
そして、彼等の演奏は我々のそんなチンケな思いも
見事に吹き飛ばしてくれる。

Super æ。
ロックというジャンルの国境ギリギリにブッ立てた
糞とマグマから成るドロンコ金字塔。
宇宙も突こうかという程その全長は高い。

98年作か。
この頃ってやっぱり日本ロックの黄金期だったのかな。

因みに俺の持ってるのは、
プールに持って行く、
みたいな感じのビニール製のジャケのヤツ。
収納に困る。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
RHAPSODY


渋谷陽一がWESSに宣戦布告!!

http://www.rijfes.co.jp/countdownjapan/


「見ていただいた通り、ライジングサン・ロックフェスティバルに参加するアーティストはひとつもロック・イン・ジャパンには参加しません。」
「今年、ライジングサン・ロックフェスティバルはロック・イン・ジャパンとのアーティストの重複は完全に避けるという方針を出されたようです。たくさんのアーティストの方から、ライジングサン・ロックフェスティバルから、そうしたブッキングの意向を伝えられたという旨を言われました。とても残念な事です。」
「ライジングサン・ロックフェスティバルには、そうした方針を出された理由があるのでしょうが、アーティストの参加したい想い、参加者の観たいという想いを犠牲にしてまで得られる何かがあるとは僕には思えません。もし、そうしたものがあるのなら是非、ただければ、アーティストも参加者も、そして僕達もいろいろな事を考える事ができると思います。」
「無論、僕達はロック・イン・ジャパン出演のアーティストに他フェスへの出演を避けるようにお願いした事はありません。今年も一切していませんし、これからもするつもりはありません。」
「是非、その為にも来年からは、こうした形でのブッキングがなくなり、もっと自由にアーティストがフェスに出演できるようになればと思い書かせていただきました。
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008
総合プロデューサー  渋谷陽一」


これは即ち、
邦楽ロックがRIJ派とRSR派の真っ二つに別れたという事!
そしてこれから毎年のように、
引き抜き合戦が行われるのだ!
在りし日の全日と新日、
新しい所ではPRIDEとHERO'S、
嘗てマット界を血で染めた仁義なき戦いが、
今フェス界に舞台を移し、再現されようとしている!!

取り敢えず、
まずWESSは、50回転ズ、サンボ、エレカシ、
筋少、頭脳警察、SOIL、髭ちゃん、ユアソン、モーサム、
ここら辺を引き抜いて頂きたい。
(その代わり、藤井フミヤとミスチルとシャカラビッツは
 あげてもいいよ)

その内、過去モッズとロッカーズが、
メタルヘッズとパンクスが敵対したように、
ジャパナーとエゾロッカーが、
各地のライブハウスで乱闘、
みたいな事も起こるかも知れない。
(そこへニューイヤーロック派が入ってきて……!!)
斯くして日本のロックに、
バンドブーム以降消えてしまった
暴力の匂いが戻ってきたのだった!!

さぁ、面白くなってきやがった!


と、少量の情報で、
膨大に妄想して楽しんでたところに、
渋谷さんの新しいコメントが更新。

「それぞれのフェスのBBSを見ても明白なように、多くの方に失望感を与える結果になってしまいました。申し訳ありませんでした。」
「これから僕達がすべきは、フェスに出たい、フェスに出て欲しいと思うアーティストが自由に出られる状況を作る為に、当事者同士が話し合う事だと思います。そこに進みたいと思います。そこで日本のフェスが良い状況に進む、何か具体的な方法を当事者同士で作り出せるように努力したいと思います。
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008
総合プロデューサー 渋谷陽一」

いやいや!!
たとえそれが本心でも、
それは言わなくて良いよ!!
折角産まれた揉め事なんだから、
アングルとして使うべきでしょ!!

上手くやれば、WWEのRAWとSMACKDOWNみたいに
転がせるかもしれないし、
仲悪いと見せかけて、
大晦日に大連立やれば、
無茶苦茶盛り上がるはず!!
お前ら、やれんのか!


ここ数年で、日本のロックフェスは、
急速に市民権を得、日常の中に入ってきた。
それはある意味マンネリとも言える。
流石にそろそろバンド単位でのサプライズにも
限界が来てるし、
こんな状況にどうにか新鮮な空気を入れるつもりなら、
そのくらいダイナミックな仕掛けしても良いんじゃないか。

「スキャンダルを興行に結びつけられない奴は失格!!」
嘗て猪木はそう言った。
渋谷陽一とWESS山本、
彼等の心に猪木イズムは在るや無しや、
今こそ興行師としての度量を魅せる時!!


しかし、こうしてたとえ一部であれ、
内情を公開してしまった以上、
渋谷さんには事の顛末を、
これからも明らかにしてもらわねば、
皆も納得しまい。
そして、できればWESS側の反論も聞きたい。

まぁ、結局の所、
人の揉め事を覗きたいだけかもしれない。


今回、両フェスに出演する唯一のアーティスト、
曽我部恵一。
「バンドが違う」というだけで、
どっちにも出演可能!!
そんなんで良いのか!!
エディ・ゲレロがブラックタイガーとして
新日に出てたようなもんなのかな?

だったら、YO-KINGは真心で、
民生はユニコーン再結成して、
筋少はまんが道として、エゾへ、
電気グルーヴはドリルキングとしてRIJに出れば良い。

でも、今一番どっちにも出なきゃなんないのは、
間違いなく清志郎さんだろう。
この人だけは特別枠設けて良いんじゃないだろうか。

RCのライブ盤。
RCはこれしか持ってないんだが、
カッコいいですよ。
色気も危険もビンビンに備わってた頃の清志郎が
素敵です。RHAPSODY NAKED (DVD付)/RC SUCCESSION

¥4,049
Amazon.co.jp

ラプソディー/RCサクセション

¥1,900
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
letsgo


<ブラジル>未知の部族? アマゾン川流域で空撮

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080531-00000035-mai-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080531-00000012-jijp-int.view-000

画像を見れば、空撮するヘリに対して、
弓矢で対抗しようとしている。
とんでもない大和魂の持ち主達だ。

このニュースは怒髪天増子兄ィのMCで知ったのだが、
ロックのライブのMCにおいて、
このニュースをチョイスする所は流石である。

という訳で、
遅れましたが先の土曜は、
CAPITAL RADIO '08なるイベントを観てきました。
このイベントは京都のTシャツ屋さん、
CAPITAL RADIO ONEが主催する初のライブイベントだとか。
邦楽のフェスへ行けば、
かなりの確率で目にするCAPITAL RADIO ONE商品。
どれも非常に可愛らしく、俺も2枚ほど持っている。
さぁその卓越したデザインセンスが、
ライブイベントにも発揮できたのかどうか。


開演前、BIG STEPには既に
CBGBTシャツを模した「CR08」Tシャツがうろちょろ。
何でもTシャツ付きチケットが販売されていたらしい。
その甲斐あってか、チケットSOLDOUT。

開演に先立ちまして、
CAPITAL RADIO ONE社長からのご挨拶。
バックホーンだけ観て帰ろうとする客は、
増子兄ィがぶん殴ると云ってるので、
出来れば最後までお楽しみください、
とか何とか。


まずは、BACK HORN。
今日一番の若手バンドだが、
それでももう10年選手、
ここまで着実にバンドの地位を上げてきた。
エモ+70年代アニメ主題歌、
みたいな音楽性と、暗めの歌詞と絶叫、
ほんわかした会場の空気を重く変える。
以前も書いたかもしれないが、
聴きようによっては、どこかメタルっぽいというか、
筋少的にも感じる。
非常に好感の持てるロック青年たちだ。

だが、やはりまだ青い。
この後の二組を観れば、
そう云わざるを得ない。

年長組はこの間GOING KOBEで観た所で、
改めて特筆すべき点は無いのだが、
彼等のライブは本当に素晴らしい。

フラカンも怒髪も、
ぶっちゃけ言ってしまえば、
その音楽性は非常にダサく、
エレクトロだヒップホップだと進化するロックシーンの潮流に
何の関係も無い。
多分どっちも40年前の技術で出来るロックだ。
もしロックの価値が先鋭にしか無いとすれば、
彼等には何の価値も無い。

だが、実際には若者から中年まで、
幅広い年齢層を踊らせ、叫ばせ、笑わせ、
時には泣かせる。
怒髪天がR&E(ロック&演歌)を
標榜する理由が少し分かってきた。

フラカンの
40手前男が少年時代の自分と対話する
「この胸の中だけ」、
引っ込みの付かない所まで歳を食ったボンクラ稼業の
ギリギリの希望と逆ギレを歌う
「深夜高速」、そして「真冬の盆踊り」。

怒髪天はもっと単純に、
労働者を労い、酒を勧める。
「ビール オア ダイ」
「酒燃料爆進曲」
「サスパズレ」。

彼等はビートこそロックだが、
その内容は非常に演歌的。

仮に、日本人は演歌は聴かなくとも、
演歌的なものは必要であるとするならば。
演歌を嗜まない30~40歳辺りのバンドブーム直撃世代にとって、
フラカンや怒髪天のようなバンドが、
その代替物として存在しているのかもしれない。

これを普通に演奏するだけなら、
ただのダサいバンドなんだが、
この二組は演奏がカッコ良くて、
MCが面白くて、表現力が半端じゃない。
ダサいという事を忘れさせるパワーが凄いのだ。


そんな彼等を、真剣な眼差しで観ていたのが、
ザ・50回転ズのドリー。
成る程、歌詞も確かに怒髪と50はカブる所が多い。
ガレージパンク+人情味溢れる歌詞、
このバンドは将来ミッシェル世代にとっての
演歌に成り得るかも。

レッツゴー3匹!!
いやもう、ホントに単純極まりない
3人のテーマソングなんだが、
演歌は分かりやすさが重要だ。
コレで良し。

レッツゴー3匹!/ザ50回転ズ

¥1,680
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。