君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:
bombfreak


自民公明、歴史的大敗。
民主党大勝利。

政府の度重なる不祥事に、
国民が遂に三行半を突き付けた。

今回の選挙は、今後日本の趨勢に於いて、
非常に重要な一戦となったと言えるだろう。


しかし、これほど重要な
国家の一大事にも拘わらず、
そんな事そっちのけで
ロック音楽だのもち豚だのに夢中になっていた輩が
3万余人も居た事を皆様はご存知だろうか。

フジロックフェスティバル’07。

これから数日間、このブログでは、
そんな非国民共による由々しき乱痴気騒ぎの全貌を、
赤裸々に暴いていく所存である。


7/26(木)

仕事終了。
自宅に戻り、前日に用意したリュックを背たろい、
新大阪へ。

B.U.Pと合流、
星空トレイン待ち合わせ場所へ。
今年の星空トレインは
星空トレインではなくなってしまった。

バスの車体にはNARAの文字。
急遽日本交通さんが用意したバスは、
決して大きくない、
180cm近くある俺が寝るにはチトきつい
地方の観光バスだった。

しかし、四の五の言ってる場合ではない。
予約したタコ飯を腹に収め、
バスへ乗り込む。

添乗員が全員の搭乗を確認すると、
エンジンは唸りをあげ、
バスはゆるりと動き出す。

車内の乗客だけを見渡しても、
俺より10は歳食ってそうな人から、
外人さんまで、様々な人が見受けられる。
既にフジロックとは
日本の若者だけの祭典ではない事が分かる。

バスは闇の中をひた走る。
今から向かう場所が、
天国であっても地獄であっても
対処出来るよう、
今はただひたすらに眠る。


俺、エクスプレスって、
列車だけに使う言葉かと思ってたんだけど、
速けりゃなんだって言っていいみたいね。
と云う訳で、bomb freak express。
当然ノリノリでゴキゲンなサウンドです。

ズボンズで唯一カラオケで歌える名曲
「HOT LOVE」収録。Bomb Freak Expr/ズボンズ

¥450
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
brick

少し古い話で恐縮だが、
先週末くらいのニュースで、
オールスター戦において、
新人のマー君が6連打を浴びKO、火だるまになった、
と聞いた。

スターで新人のマー君と言えば、
モデストマウスに加入したジョニー・マーしかいないのだが、
そのマー君がKOを喰らい、その上火だるまにされたとは、
穏やかでない話だ。
誰にKOされて着火させられたのか。
やはりモリッシーなのか。
サマーソニックは大丈夫なのであろうか。


さて、実は未だにサマソニ参戦を、
1日にするか、2日間行くかで、
悩んでいるmzd216なのだが、
それはさておいて、
今は眼前に迫っている
フジロックへの準備を考えるべきなのだろう。

狂熱のガンズライブの次の日、
筋肉痛に苛まれながら
神戸と梅田を理想のフジロック用品を求めて
練り歩いた。

この日は主に靴を探したのだが、
理想のモノがなかなか見つからず、
最後に梅田にて、
ようやく、機能、値段、デザインの3要素が
交差する一品を発見、購入。

お店のぽっちゃり姉さん曰く、
「今日フジロックに行くお客様凄く多くて、
 皆この商品履いていかれますよ!」
との事。

そう言われると
履いていくのが気恥ずかしいが、
今更変更するのも面倒だ。

それを見ていたB.U.Pも
こともあろうか、
全く同じ商品を続けざまに買った。
なんと流されやすい人間。

フジロック会場で、
MERRELLのカメレオン2の黒を履く
知的レベルの低そうな
男女を見かけたら
それは我々である可能性が高い。

そんな時は是非
「ここの所、ブログの順位の下落が酷いけど、
 めげないで頑張って!」
など、声を掛けて頂きたい。

と言うわけで、
皆様に大体週4ペースでご機嫌を伺っている
「君、整理!?」だが、
週開けまで暫しのフジロック休みを頂く。

週明けまで更新されないという事は、
その間当然順位も下がり放題という事なのだが、
それは非常に悲しいので、
心優しい皆様には、
これから週末に掛けて、
更新されてない事を分かりながらも、
是非とも当ブログを訪ねてもらいたい次第。


フジ参戦アーティストからイギー。
ガンズ(当時)のスラッシュが参加してるってんで、
初めてイギー買ったんだったっけな。
あと、サイキックで板さんが掛けたんだよ確か。
Brick by Brick/Iggy Pop

¥1,189
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
appetite

ギョッ!?
何と、肉まんが、
段ボールの中に!?

普通だ!!
搬送だ!!


ここ最近の中国の報道には
政治も事件もビビらされる事ばかり。
内政の現状を見ても、経済は成長したものの、
人民は中国共産党の監視下に置かれ、
真の民主主義を手に入れてるとは言い難い状況だ。

中国の民主主義は一体いつ手に入るのだろうか。

チャイニーズのデモクラシーは一体いつ手に入るのだろうか。

…はっ!!

そうだ、今日(21日)は
ガンズの大阪公演じゃあないか!!


と云う訳で、
仕事もそこそこに会社を後にし、
いざINTEX。

以下には、
GUNS 'N' ROSES大阪公演のレポートを記していきたい。
初めに言っておくが、長いぜー。


INTEXに着いたのは開演時間5時の10分前。
普通のライブなら皆大慌ての所だが、
外にはまだ客が大勢、
誰一人として慌ててない。
誰もが「すぐに入っても仕方が無い」と思ってるのだ。

それならばと、俺も当日券を買ってから
暫し外で時間を潰し、
程なくして中に入る。

すると、何ともうライブ始まってた!!
うわ、やばい!!

しかし、どう聴いてもアクセルではない、
耳慣れぬ歌声に、
その主の姿を求めると、日本人フォルム。
前座さんが居たのだ。

気の毒な程、客が静かだ。
いや、全体の2%程から歓声が飛んでいる。
前にいる女の子2人がパラパラのような振りを繰り返している。

最初は誰だか皆目分からなかったが、
MCで「ムック」なるバンドである事が分かる。
俺の記憶が正確ならば、
ビジュアル系の方々だったはず。

でも、格好はガンズTシャツだし、
顔も遠目にはお化粧してるようには見えない。
ははぁ、ある程度売れてるビジュアル系なのだろう。
ビジュアル系の方は、売れるとお化粧を落とす傾向にある。
まぁ、ガンズだって最初はかなりグラム色があったし、
それは別に悪い事ではない。

全公演オープニングアクト務めさせて頂きます、
今日は最終日なので、
最後まできっちりやらせて頂きますので、
宜しくお願いします、
みたいな感じの、意外に普通のMC。
いや、聴き取り辛く不明瞭だったが、
もしかしたら、ムックだけに
「今日は最終日ですゾ!」
とかも言ってたかもしれない。
多分言ってない。

音はかなりヘヴィで技術も相当ある。
イントロ、Aメロはスリップノット、KORNばりの破壊力、
そしてサビはどこかマイナー調の演歌チックだ。
つまりムックの音楽性は「演歌コア」という事になるだろう。
これぞ日本のバンドにしか出来ない新しい音楽だ。
がんばれ!ムック!!

程なくして、終了。
それとともに、2%の女の子もフロアから消える。


さて、次はガンズだ。
後方でムックを眺めていたであろうガンズファンが、
大挙前へと押し寄せる。

流石に年齢層が高い。
半分くらいは30代だろう。
若い子も勿論居るが、共通しているのは、
皆ロック臭のしない普通の人が多いという事。
いつもはライブとか行かないけど、
今日は昔を思い出してガンズTシャツ棚から出してきました、
みたいな趣き。
エルメスのハンドバッグにハイヒール、
という完全OLさんみたいな人も居る。

既にガンズとは、
ゴリゴリのロックファンというより、
普通な人々に支えられている。
その事実に些か狼狽する。


とか考えて時間を潰しているのだが、
案の定、全然始まらない。
ムックさんが終わったのが、5:40くらい、
一応予定は6:00スタートなのだろうが、
ケータイに電源を入れてみると、
既に7時を回っている。
体力の無いおじさんおばさんは相当辛そうだ。

あまりに動きが無いので、
もしかしてガンズなどは来ておらず、
これは爆弾テロ犯をおびき寄せるための壮大な計画なんじゃないか、
という思いさえ過る。
INTEXの近くのビルでは、
犯人と刑事が丁々発止、
「ガンズなんざ、来ちゃおらんよ!」
2人は組んず解れつ屋上から転落、
「行くぞ、9番……」

しかし、サマソニの時も1時間待たされた。
これもガンズのライブの一部だ。

延々客入れSEが続くが、
さっきかかったAC/DCがもう一度かかる。
成る程、この曲は出囃子なんだけど、
さっきは何らかの理由で(恐らくアクセルの我が侭)
出をとちり、もう一回かける羽目になったのだろうな。

その刹那、やはり暗転。
場内を歓声が包む。

ステージ後ろには、
菊の御紋を模したマークに、
漢字を意識したGNRロゴが施されたタペストリー。
観る人が観れば不敬かもしれないが、
そんな事は関係ないぜ!
だってアクセル、外人だもの!

暗闇から一人の髭面が現れる。
exNIN ロビン・フィンクだ。

からかからからん

もう何百回も何千回も聴いたであろうイントロを繰り返し鳴らす。
ギターは当然レスポール。
「Welcome to the jungle」
バンド全体が音を出すと同時に、
アクセル天皇が姿を現した!!

「なんとかーっ!!」

何て挨拶したのか全く分からないが、
とにかくその声は20年前のハイトーンボイスそのままだ。

PAのせいか場所のせいか、
サウンドは余り良くない。
バンドもいまいちまとまりと言うか、殺傷力に欠ける。
それでも、そこでWelcome to the jungleが流れて、
アクセルが歌ってるんだ。
踊らない訳にはいかないじゃないか。

アクセルは袖に引っ込む度にお色直しをするが、
頑なにお腹は出さない。
可愛らしい一面も見せるアクセル。

流れは大体サマソニ時と一緒。
正直興味の持てない意義のわからない
ギタリストのソロコーナーも健在。
アクセルの休憩タイムなのかな。

アペタイトを基本にイリュージョン曲と新曲を
ちょろちょろ混ぜる構成なのだが、
新曲は前回同様全く耳に残らない。
アペタイト曲とその他の寒暖差が激しい。
新曲を退屈タイムにしないためにも、
チャイデモを早く出し曲を周知させる必要がある。

興奮と退屈を繰り返しつつ、
情熱と冷静の間を行き来しつつも、
ライブは終盤に近付く。

アンコールでまた新曲、テンションはまた下がるが、
最後は勿論、「Paradice city」。
俺がガンズで一番好きな曲。

これで最後だ、踊り倒せ。
年寄りゾーンを抜け、前方若者ゾーンに歩を進める。
いや、引き寄せられると言った方が正確か。

間奏では三人のギタリストの見せ場だが、
こいつらが速弾きとかしやがる。
スラッシュ以上に速いソロなんて邪魔なだけだ。

それに合わせて、真っ赤な紙吹雪が舞う。
確かに盛り上がる演出なのだろうが、
それさえも邪魔だ。

アクセルは本物だった。
APPETITE FOR DESTRACTIONの楽曲も本物。
それ以外は虚飾蛇足惰性。

スタジアムロックとはそういうものなのかもしれないが、
それでも俺は贅肉を削ぎ落としたガンズが観たい。
身体は太ったままでいいから。
いっその事メタリカみたいに、
アペタイト全曲再現とかどうだ。


とか何とか言いつつ、
聴きたい曲はほぼ聴けて、
アクセルの声も調子良くて、
非常に大満足ではあるんですけど。


一回出してるけど、
もうCD選ぶの面倒臭いんで、
アペタイトで。

発表されて20年近く経つが、
全く色褪せない。

俺もロックを聴き始めて20年近く、
その萌芽がこのアルバムでホントに良かったと思うよ。
Appetite for Destruction/Guns N’ Roses

¥1,179
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
mikaduki


どうでも良い事だが、
最近の俺のCD紹介は酷いな。
今何となく過去のものを見返してたら、
前回のサンボのシングルなんか、
過去にもう2回も出してたよ。

と言うわけで、
CD棚の整理 、という大前提が、
瓦解しつつある「君、整理!?」です。


オリコンが今年も発表した
「好きなアーティストランキング」。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070719-00000015-oric-ent

今回の栄えある一位は宇多田ヒカルに輝いた。
以下、コブクロ、ミスチル、aiko、ドリカム、
絢香、スピッツ、ポルノ、福山雅治、B'zと続く。

昨年もこの話題を取り上げた様な気がするが、
その時も、ウチのCD棚には
このトップテンのものは並んでおらず、
唯一持っているのが、
スピッツだった。
そして、今年も同様になった。

他の9組は出せば大ヒット間違いなしの
ビッグアーティスト達だが、
スピッツは少しニュアンスが違う気がする。

細かい数字は知らないが、
スピッツはここ数年、
所謂ビッグヒットと呼べる曲は出してないはず。

にも拘わらず、
この位置を維持し続けているのは、
ちょっとした快挙だと思う。

ただ、この結果に
物足りなさを感じるのも事実。

しかし、昨日観た「ランク王国」に因れば、
「行きたい夏フェス 第一位」は、
フジロックだった。
日本国民は皆、フジロックを望んでいるのだ。

であれば、フジロックに出るアーティストが、
もっと「好きなアーティストランキング」の
上位に来ても良いのではないか。

サンボやベンジーや赤犬が
上位に来ても良いのではないか。
福山雅治の次が三上寛だって良いのではないか。

よし、こうなれば
ソウルフラワーユニオン辺りを、
「好きなアーティストランキング」上位にしてしまおう。

どうやって投票するのか全く知らないが、
これを読む皆様は、
今後このアンケートに投票する機会があれば、
是非「ソウルフラワーユニオン」に一票投じてほしい。

そうすれば、ほら、
この世の中も少しは平和に近づいた気がするじゃあないか。

VOTE FOR CHANGE!!


スピッツで三日月ロック。
これはまだ出してないよな?
「さわって・変わって」は良い曲だ。
三日月ロック/スピッツ

¥1,999
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
tanbarin

ap bankの中止をネタにした因果か、
厄災がこちらにも回ってきた。

俺が乗るはずだったフジロックへの直行便、
「星空トレイン」が先の地震に因り運行中止、
代替バスになってしまったのだ。
http://www.fujirockfestival.com/news/?id=467

もう着いても良いはずのチケットが待てども待てども届かないので、
日本旅行に直接問い合わせた所、
帰ってきた答えはこれだった。


前回のフジへはバスでの強行軍、
非常に厳しい思いを強いられた。

今回はそれを踏まえ、
少しレベルアップして列車で、
それも星空トレイン、
星空トレインって何だか名前からして楽しそうだなぁ、
という算段だったのだが、
結局バスに逆戻り。
憧れの星空トレインは今年もお預けとなった。
星空とのディスタンス。

田村潔司も負けちゃうし、
ツいてないなと自分の運を呪うが、
天災なら仕方ない。
この不運は俺だけの話ではない。

もっと言えば、
震源地近くの人たちは、
被害甚大、不運どころの騒ぎではないだろう。
同じ新潟でありながら無事フジロックが開催され、
そこに行けると言うだけで、
我々は幸運に思わねばならない。

恐らく、フジロック会場には、
募金箱なども設置されるだろうし、
ポケットのお金ひと掴み入れてくる、
くらいの事はせめてせねばなるまい。
後ろめたさを払えるくらいの額、プラスα。
免罪符と考えれば格安だ。


今回のフジロックのあらゆるアクトの中で、
一番最初のアクト、サンボマスター。

彼等はそんな重い空気を一掃せねばならない。
また、彼等はその任務に非常に適役かと思う。


この曲もアッコさんのカバーももう一曲も良いです。
全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ/サンボマスター

¥880
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
threesnakes


我がバンドに入った新しいドラマーさんの上達がすこぶる著しい。
完全に素人さんだったのだが、
持ち前のパワーと好奇心で、
目の前に迫る課題を捩じ伏せていく。

特に彼の叩くタムは、

……、タム……、

タムぅ~!!!!!………、

●柴田 勝頼(日本/ARMS)
○ハレック・グレイシー
(ブラジル/グレイシー柔術)

●所 英男
(日本/チームZST)
○ブラックマンバ
(インド/フリー)

●田村 潔司
(日本/U-FILE CAMP)
○金 泰泳
(日本/正道会館)

お前らは一体何をやっておるのかと。
サダハルンバが考えたアングル、
全部ダメになったじゃないか。
誰か一人ぐらい応えてやっても良いじゃないか。


あ、HERO'Sの話ですよ、
もうバンドの話、終わってますよ。


強いて言えば宇野、
ただ相手が永田という、
勝ってもイマイチ評価されない選手だし。

特に田村の敗戦は痛い。
俺も痛いし、谷川も痛がってる事だろう。

田村は自分の出番を熟知する男ではあるが、
自分のコンディションと金の力量を見誤った。
これで秋山復帰の青写真も考え直しだ。

所もペケーニョ戦、ホイス戦の貯金も
底を着いた感。
確かにブラックマンバはレベルアップしていた。
が、それでもあの程度の選手には快勝してもらわないと困る。
レベルの差を見せつける為の足関だったのかもしれないが、
負けてしまっては意味が無い。
所への期待値は彼自身が感じているより高い。

HERO'Sは地味に強い外人をずらり揃えてくるが、
TBSの外人の煽り方の下手さを認識してるのか。
日本人が勝てないのならば、
感情移入出来る強豪外人の育成は重要課題。
五味を引き抜くみたいな話もあるようだが、
それより佐藤大輔引き抜いた方が早いかも。

船木の復帰というサプライズもあったようだが、
希望のように見えて、
実はそれも悲しみの種を
一つ増やしただけに終わるんじゃないか。
サクやタムがあんな目に遭うのを見ると、
そう思わざるを得ない。

HERO'Sと謳いながら、
どこを観てもヒーローは見当たらなかった今大会。

サダハルンバの作ってきた
サップ曙などのズンドコ路線は大好きだ。
しかし、この人の演出力では、
真のヒーローを作り出す事はもう出来ないのではないか。
重要なのは、安易に五味を引き抜く事などではなく、
演出力なども含めて、
きっちりと腰の据わったシナリオと、
それを描ける人間の起用なのだと、
素人ながらに思う。


全然関係ないけど、
ブラックマンバ大活躍って事で、
ブラッククロウズの蛇ネタで。

どんどん渋みを増すブラックロさん達ですよ。
って、10年以上前の作品ですけど。


最後に、現場に行った人が居れば教えてほしいのだが、
タムタムは何の曲で入場したの?
Three Snakes and One Charm/Black Crowes

¥1,242
Amazon.co.jp

Three Snakes and One Charm/The Black Crowes

¥999
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
rokability


取り敢えず、まずは一勝すべし。
それもある程度の内容が求められての。
釈迦に説法ではあろうが、
一応言っておくと、金ちゃんは強いぜ。

「君、整理!?」は田村潔司を応援します!!


さて、ap bank、京都大作戦など、
各地方フェスがタイフーンの影響で
バタバタと中止になる中、
邦楽フェスの雄、エゾロックのタイムテーブルが発表になった。

今年は不参加だが、
一応俺もスケジュールを組んでみよう。

8/17(金)

15:00 SAKEROCK

16:20 ハナレグミ

17:40 井上陽水

18:40 8otto

19:10 ザ・クロマニヨンズ

19:30 JOY HEIGHTS

20:50 SOIL & "PIMP" SESSIONS

23:00 中村達也 and Heavy Friends

0:10 SCOOBIE DO


8/18(土)

13:00 DOES

14:20 LA-PPISH

15:40 ミドリ

17:00 ジョー山中

17:30 浅井健一

18:00 V∞REDOMS

18:20 エレファントカシマシ

19:00 矢沢永吉

20:15 The Birthday

21:15 qyb

21:50 METALCHICKS

22:05 M.J.Q

22:45 うつみようこ & YOKOLOCO BAND

23:20 髭

23:45 EZOIST

1:10 FRICTION

2:00 フジファブリック

3:30 Cocco

4:50 曽我部恵一BAND


アレ!?
今年はどっちかって言ったら
エゾはイマイチでフジの方が良いかな、
という感じがしてたんだけど、
こうして改めて見ると
今年のエゾ、無茶苦茶良いな。
選択失敗したかな。

クロマニヨンズとソウルフラワー、
DOESと勝手とスガ、
ベンジーとボアとエレカシの三つ巴、
永ちゃんとユアソン、
UAとBirthday、
髭ちゃんとブンサテ、
辺りが悩みどころですね。

行かないんですけども。

あと、Birthdayが何でボヘミアンなのか不思議だったんだけど、
こっから4、5時間、キュウちゃん出ずっぱりな訳ね。
こりゃ面白い。
今回の裏の目玉やね。

行かないんですけども。

ラスト、曽我部で夜明けって素晴らしいなぁ。
第一回エゾへのオマージュなんだろかね。

行ってないんですけども。


キュウも大ハッスルなYOKOLOCOバンド。
その上、弦楽器隊にフラカン、
キーボードに奥野真哉という、
完璧な布陣。

でも、当たり前だけど、
ライブの方が全然良いね。
Rockability/うつみようこ&YOKOLOCO BAND

¥2,375
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
utukusiku


何故こんな事になってしまったのか。

足はもつれ、侭ならない。
恐らく足を止めてしまえば、
1秒と立っていられないだろう。
今は前へ進む事だけが、
自分の身を支える唯一の方法だ。

ゴールはまだか。
あと何km走ればいい?
いや、既にキロなんて概念はとっくに消えた。
今が何時か、夜か昼かさえ分からない。

そもそも何の為にこんな事をしてるのか?
環境のため?
局のため?
少なくとも自分のためじゃあない。
運動なんか大嫌いだ。

畜生、何故こんな事になっちまうんだ。
何故こんな事に……。

……、何故こんな事に、だって?

これは…、これはいけるかもしれない。
何故こんな事に。

いや、もっとポップ性が必要だ。

何でこんな事になっちゃうの?

いや、もっと短く!

なんでそーなるの!?

これだ!
なんでそーなるの!?
俺はこれでまた視聴率100%男に返り咲くんだ!……

……気が付けば目映いライトに囲まれていた。
幾十もの目が倒れている俺の顔を覗き込んでいる。
いつの間にか俺はゴールに辿り着いていたらしい。

そして、思い出すんだ。
ああ、アレはとっくの昔に生まれて
とっくに消えていったんじゃないか、
ってね。



何が「ってね」なのか分からないが、
真夏に24時間掛けて70km走る羽目になった大将の、
60km地点くらいでの気持ちをシミュレーションしてみた。

まぁ、何が言いたいかって言えば、
マラソンとか走ってる間ってどうでもいい事しか考えないよね、
って事ですよ。


欽ちゃん繋がりでスカパラ。
あっちは欣ちゃんか。
民生目当てで買った一枚だけど。
彼等のライブは大好きだが、
フジではソウルフラワー観るんで観ないかも。
美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ

¥1,189
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
prodigy3


海老蔵さんが風呂場で転倒、足に大けが当面休演(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070713-00000514-yom-ent

「もう、歌舞伎は断念するしかないッ…!」
海老蔵は風呂場に倒れ込んだまま、
そう呟いたという。
(その後日プロへ…)


そんなフランケンシュタインな嘘はともかく、
ロックフェスの話である。

今年も遂に夏フェスのシーズンが始まった。
その先陣を切るは、
明日から3日間通して開催される、ap bank fes。

見事夏フェス特攻隊長の任を果たしてくれるかと思いきや、
いきなり、初日の開催の中止が発表された。

絢香、HOME MADE家族、
KAN、レミオロメンなど、
そしてMr.Childrenと、
僕も大好きな人気アーティストがわんさか集合する、
ap bank fes初日だが、
台風4号が来るのでは仕方が無い。
一青窈(2号)には通用したさしもの小林武史神通力も、
流石に天変地異にまでは効力は無いようだ。

小林氏もさぞかし苦渋の選択であった事だろう。
しかし、第一回フジロックの惨劇を
我々はもう繰り返してはならない。

山の天気を嘗め、
疲れと雨と寒さに凍えた観客達、
そんな観客を一人ずつ抱えて救助する本田多聞、
二日目が中止で暇になったと、
富士急ハイランドで遊び倒すプロディジー、
天神山スキー場は正に地獄と化したと聞く。

小林氏もあの惨劇を知らぬ訳が無い。
無理に強行して被害者でも出れば、
今まで積み上げてきた日本ロックフェスの歴史が
塵へと帰してしまうかもしれない。
もしくは、無理に強行して、
暴風雨の中レミオロメンが「粉ー雪ー」とでも歌おうものなら、
「どこがやねん!!」と、
大暴動に発展しかねない。
ここは大英断を決した小林氏に拍手を贈ろうではないか。


レミオロメンは残念ながら持ってないので、
プロディジーで。

良いアルバムではあるが、
暴走具合は少し鳴りを潜めている感じ。
まぁ、キース・フリントもマキシムも不参加なんで、
しゃあないと言えばしゃあないのか。
Always Outnumbered, Never Outgunned (期間限定特別価格盤)/プロディジー

¥327
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
shiny


降り止まぬ雨。

朝、サドルの表面が乾いているからと、
安心して自転車に跨がるが、
会社に着いてみれば臀部が濡れている。

昨晩の雨がサドルに深く染み込んでいたらしい。
逆チャームナップとでも言うべきか。
いや、言うべきかどうかで言えば、
特に言うべきではないだろう。

湿るジーパンを気にしながら
仕事を始めるが、
どうにもお尻がムズムズする。

プール終わり5時間目の授業中のあの感触が、
突然over30男の脳にフラッシュバックを起こす。

何故バスタオルでもっとちゃんと拭かなかったのか。
あと、何故毎年シャワー時に手印を組み、
「修行」と言ってしまうのか。
パンツを履いたまま海パンに履き替える術を
開発したからどうだと言うのか。
何故八杉君はチンゲが生えているからというだけで、
あれだけいじめられたのか。
(あだ名はジャングル)

しかし、そんな束の間のタイムスリップも、
大粒の雨音が俺を現在へと引き戻す。

梅雨はまだ当分続きそうだ。
台風も近付いてきているというから、
この雨も長雨になるだろう。
だが、この雨が止めばフジロックだ。

そこまで連想すると、
今度は数週間先未来の苗場へと意識は飛ぶ。
来るべき楽園の風景を夢想する。

そして問題は、お尻がムズムズしてから現時点まで、
全く仕事が進んでないということなのであろう。


早い梅雨明けを願って、Shiny Day。
つじさんはフジロックも参戦。

ウクレレのイメージが強いつじさんだが、
いきなりのストラト系ギター音でのイントロでビックリ。
何でもグレイプバインと一緒にやったんですって。

これはこれで良いが、
結局ウクレレ一本で歌い上げる
カップリング3曲目「いつも君のそばに」が一番良い。
Shiny Day/愛の真夏(初回)/つじあやの

¥700
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。