君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:
ametora

ゴールデンウィークも二日目に突入しているが、
皆さんは如何お過ごしだろうか。

私は昨日王子動物園でパンダを眺めるという、
意義があるのかどうかよく分からない過ごし方をしてしまった。
やろうぜ、動物パーティ!


さて、今世間を騒がせている事と言えば、
やはり、KAT-TUNの亀梨くんと小泉今日子の熱愛報道であろう。
その年の差なんと20歳だという。

私に例えれば、
今年52歳の海老名美どりと付き合うようなものであり、
信じられない!有り得ない!というのが正直な感想だ。

亀梨くんが誕生したのが1986年、
小泉今日子が「夜明けのMEW」を出した年であり、
もっと言えば「なんてったってアイドル」の時には、
亀梨くんはまだお父さんのキンタマの中だった事になる。

昔からの小泉今日子ファンからすれば、
「お前がKYON2の何を知ってるというんだ!」
と憤りも露わにせずにはいられない事だろう。

しかし、亀梨くんは既に、
ファン達が一生かかっても知り得ない
彼女の秘密の部分を知っている訳で、
古いアイドルファンの方々は、
20年以上、恐らく今後も
ジャニーズには辛酸を舐めさせられ続けるのである。

そう言えば10年ほど前、
キョンキョンはエイズだ、という噂が流れた。
亀梨くん!SAFE SEX!


今日はゲスいな。
ゲスいついでに、
同じくエイズ疑惑の噂が流れたUA。
動物園にも行ったし、
「AMETORA」。

アルバムになるとPOP性が無くなる昔のUAだが、
その中でも非常にバランスが良い一枚。
恐らくベスト。

UAにしろ小泉今日子にしろ、
噂を立てた奴は上手い所突くなぁ。


UA
アメトラ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
wildzero

大型連休が始まった。
まずはみどりの日。
♪少数派ーにー なーりたいよー♪

しかし、特にどこに行く予定も無い。
アラバキに行く方のブログを読んで終わりそうだ。

今、アラバキのHP見たけど、
無茶苦茶楽しそうだな。
地元と密着している感じが良い。

地方フェスはフジ、サマソニが出来ない独自性を持つ必要があり、
アラバキはそれに成功しているように見える。

行かれる方々、レポ楽しみにしてます。

さて、バトンの続き。


3)一番最初に出会った『ゾンビ』とは?


最初に見たのは髪の長い女だった。
道の真ん中で背中を向けて跪いていた。

その傍らには男性らしき人が倒れている。
男性らしい、が正確には判別出来ない。
服は全て血の赤に染まり、
なおかつ、その体には頭部が無かった。

ダンカンが「何アレ?」と呟いた瞬間、
アレはこちらを振り返った。

男性の首は彼女が抱いていた。
頭蓋には大きな穴が開き、
彼女の口からは脳漿が糸を引いている……

「キャアッ!」

あの時と同じ悲鳴がポプラに響いた。

「久美子ォッ!」

俺は反射的に軽トラのドアを開け、
ポプラに飛び込んだ。

パン!!

乾いた火薬音が耳をつんざく。


そして、俺の頭上にカラフルな紙片が降ってきた。

「お誕生日おめでとう!」

「ワー!!!」
「パチパチ!!」

ポプラの中は死んだはずの仲間達が全員俺の顔を見て笑っている。
天井からは「32歳おめでとう」と書かれた垂れ幕が下がっている。
久美子の手にはトカレフではなく、鳴らした後のクラッカー。

「おめでとう!
 ビックリした?

 うふふ、全部ドッキリよ!
 途中の死体とかゾンビとか全部!

 リック・ベイカーさんも招聘して、
 5万人に特殊メイクしてもらったのよ!
 あと警察に裏から手を回して、道路封鎖して、
 近隣住宅全部買い取ったら、
 全部で2兆円くらいかかったんで、
 おこづかい全部無くなっちゃった!!」

「ギャフン!」

~おわり~


本当ならこの妄想は昨日で終わりのつもりだったが、
かわさんが続きを促すコメントを下さったので、
無理矢理書いてみた。


4)特別思いいれのある『ゾンビ』とは?

それはやっぱり「ゾンビ DAWN OF THE DEAD」以外無いよなぁ。
基本ホラーでありながら、
設定はSF的であり、
アメリカンニューシネマの切なさもあり。

あ、ここは我がバンド「黒鉄ゾンビ」と答える所なのかな?
しかし、特別思い入れが出来るかどうかは、
5/28のライブ次第。


5)あなたにとって『ゾンビ』とは?

何なんですかね。
何か見てるとのんびりしちゃうというか、
安らぐんですよね。

ゾンビとは安らぎです!


6)次に回す5人!お題つきでヨロシク

俺からのお題は『ギターウルフ』!

このブログを読む全てのウルフは受けて下さい。

と言う訳で
一つ、大事なゾンビを忘れていた。
ワイルド・ゼロ。
素晴らしいロックンロール・ゾンビ・SF・タイムービーです。
サントラも、ギターウルフ他、
日本ガレージパンク群のコンピとなってます。

似たような曲が沢山入ってて、
これでサントラとして成り立つのか不思議ですが、
映画を観れば納得です。


サントラ, GUITAR WOLF, THE PLEASURE FUCKERS, CHARLIE & THE HOT WHEELS, ZEROS, チェルシィ
ワイルドゼロ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
zutons

ホリえもんが(少し)格好良くなってる!!
あんなのホリえもんじゃない!
そして、あんなの姉歯じゃない!


さて、黒鉄ゾンビ統括本部長の高橋君からバトンが回ってきた。
名前はまたしても不明だが、

【ルール】
『』の中を、回ってきたお題にかえてしましょう♪

とあるので、以前やった進化バトンに似て無くもない。

そして、彼が俺に与えたお題は『ゾンビ』。
このブログは何かとゾンビの出現率が高いな。


*スタート*

1)PCや本棚にある『ゾンビ』とは?

Macや本棚にゾンビは無いな。
CD棚には「ゾンビ」「ショーン・オブ・ザ・デッド」のDVDと
ホワイトゾンビが2枚、「ゾンビ」サントラ入りゴブリンが1枚、
ミッシェルの「チキン・ゾンビーズ」、その位か。

あ、「無限の住人」18巻で、
ゾンビネタやってたな。 
時代劇なのに。

その位です。
意外と少ないです。
ゾンビ映画のDVDはもっと欲しいです。


2)今妄想している『ゾンビ』とは?


あれからどのくらいの時間が経っただろうか。

俺達を乗せた軽トラックは、
太陽を追いかけ西へと走り続けている。
まるで、夜から逃げるように。

そこいら中の建物が炎と血にまみれている。
聞こえてくるのは、悲鳴とアイツらが頭蓋骨を噛み砕く音。

そして、隣で眠る彼女(麻生久美子)の寝息。

一緒に逃げてきた仲間(高野拳磁とかダンカンなど)は
皆途中でアイツらに喰われた。
生き延びたのは俺と彼女の二人だけ。

「ねぇ、ここどこら辺?」

西日に起こされた久美子が眼を擦りながら訊いた。

「お腹が空いちゃった。
 そこのコンビニ寄ろうよ。
 私、食料取ってくる」

「危険すぎるよ」

アイツらは音も無く、突然忍び寄る。
気配が全く察知出来ない。
生身で外に出るのは自殺行為だ。

「大丈夫。これがあるもん」

久美子はそう言って、小さな銃を両手で掲げた。
ダンカンが持ってたトカレフだ。
ヤクザに貰ったとかで、よく自慢された。
嫌な奴だったが、今は全てがただ懐かしい。

「それに私、車の運転出来ないよ。
 いざと言う時、急発進してもらわなきゃ」

確かにどうしたって腹は減る。
どこかで食料を調達しなければならない。
仕方なく、ポプラの入り口の前ギリギリに軽トラを停めた。

「誰もいないみたい。
 じゃ、行ってくるね」

俺は素直に頷けない。
俺の返事を待たずに彼女はドアを開け、
ポプラに入っていった。

彼女の後ろ姿を眺めながら、
俺は昨日の事を思い出していた。
昨日までは、普通の日々だったはずだ。
それが何故こんな事になったのか。

考えても無駄と知りながら、
俺の脳は思いを巡らせる。

最初に見たのは髪の長い女だった。
道の真ん中で背中を向けて跪いていた。
ダンカンが「何アレ?」と呟いた瞬間、
アレはこちらを振り返った……

「キャアッ!」

久美子の声?
しまった!

「久美子ォッ!」



という感じですかね。
お題が難しすぎます。
続きは明日。

ゾンビと言えば、ズートンズ。
ゾンビな格好してたんですな。
サックスの音が間抜けで良いです。


The Zutons
Who Killed...... The Zutons



ザ・ズートンズ
誰がザ・ズートンズを殺ったのか ?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
smokinbilly

最強の格闘技とは何かっ!!??

空手?
相撲?
グレイシー柔術?
コマンドサンボ?

今さっき、映画「トム・ヤム・クン!」を観た俺に言わせれば、
答えは一つしかない。

ムエタイこそ最強の格闘技だ。

そして、二番目がプロレスで、
三番目がカポエラ、
四番目が中国拳法、
その次にモトクロス!
嘘だと思うのなら、この映画を観ればいい。
真実はそこにある!

と言う訳で、
以下には「トム・ヤム・クン!」の感想を語るので、
まだ観ておらず、尚かつこれから観る予定の人は、
チャランボの練習でもしてて下さい。


まず、簡単にストーリーを説明すると、
タイで象を盗まれた青年(トニー・ジャー)が、
犯人と象をシドニーまで追って取り返す。
以上だ。

シドニーでは、中国マフィアやベトナムチンピラ、
地元の悪徳警察などの思惑が複雑に絡むが、
ズバリ言って、そんな事はどうでもいい。

何せ、主人公が象の事しか考えていないのだから、
観てる我々がそれ以上の事を考えたって仕方がないのだ。

台詞はドアをぶち破って「象はどこだ!」だけ!
しかもタイ語なので、誰にも理解されない!!

それだけ象を想う愛は本物!
正に、
愛という象!
イエー!!

象の前には、オーストラリア人の命なんてウンコ以下!
邪魔するんなら膝と肘と関節技で殺します!!

まずは、自転車やインラインスケート、バイクに乗って攻撃してくる、
エクストリーム・スポーツチームを全員血祭り。
何故か蛍光灯で殴ってくるけど、
そんな大日本プロレスレベルの攻撃など無効!!

最大の見せ場はゲテ物レストランにて。
なんと超長回し、4分間ノンストップで
全従業員をやはり血祭り!!
追いかけるカメラマンも大変だ!

お次は、お寺での
カポエラ、カンフー(with青龍刀)、プロレスの3連戦!
ここではカポエラ男が最高!
ここまでキッチリ格闘技としてカポエラの妙技を
押さえた映画って世界初じゃない?

最後は敵の本陣へ乗り込むぜ!
お供は助けた子象だ!
タイ人と子象がシドニーのど真ん中を闊歩!!
可愛すぎて、志村どうぶつ園みたいになってるよ!

取り敢えず、出てくる雑魚の全員の骨を折ったら、
さっき負けたネイサン・ジョーンズに仕返しだ!
PRIDEが世界最強を決める大会なのならば、
元PRIDE戦士のネイサン(北尾に敗北)に勝ったトニー・ジャーこそ
世界最強なのだ!


作品としてどうだったか?、という質問は、
この映画には無意味だ。
確かに、変に最近の映画を意識している作りの為、
作品のテンポがおかしくなってしまっているが、
トニーがひとたび超ロングジャンピングニーパッドを出せば、
そんなチンケな映画的批評など吹き飛んでしまう。
この映画に言葉などは無用なのだ。

無用とか言いながら長々書きすぎた。
とにかく男の子必見!!
エンドロールは何故か(日本版だけだろうけど)
スカパラのカッチョイイ曲が流れます。


と言う訳で、スモーキン・ビリー。
カップリングの「ジェニー」はミッシェルの中でも
一番好きかも知れません。


Thee michelle gun elephant, チバユウスケ
スモーキン・ビリー
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
forsale


今、自分のブログ観てて、何か変だと思ったら、
淫靡なトラックバック(「女子高生じっくり見れます♪」とか、
「えびちゃんが!?」とかのやつ)が全部消えてる!

凄~い!
どうやったの?
魔法?

恐らく藤田晋さんが一個一個夜なべして消してくれたんだろう。
俺はコンピューターの事はよく分からないが、
多分、deleteキーを延々連打とかそんな感じだ。
ありがとう、藤田さん!!

さて、もう一つIT長者の方々に感謝したい事が。

先日、アマゾンのアフィリエイトが1500円分貯まったようで、
その分のギフト券を贈るという内容のメールが届いた。

世のブログはアフィリが大流行で、
大儲けしてる人も多い中、
ウチも細々とやってきた甲斐があったというもの。

ウチのブログを読んで、
何が欲しくなったのか、何で欲しくなったのか、
皆目見当も付かないのだが、
ウチを通じてCD買ってくれた人、
誠に感謝致します。
今後もご贔屓に宜しくお願いします。

そして、このシステムを作ってくれた
アマゾン、ありがとう!!

アマゾン、ありがとう!!
と言うと、まるで気持ち悪いトカゲ型ライダーに
助けられた子供のようだ。

こちらは駄文を垂れるだけなのに、
誰かがそれをCDを買う目安にしてくれて、
それがお金(厳密に言えばお金ではないが)
に換算されるというのは、
何とも素晴らしいシステムだ。
一年経ってその事をようやく理解した。

ただ、1500円で何が買えるかと言えば、
CDの一枚も買えない訳で、
新譜アルバムが欲しくば、
このペースで行くとあと1年待って、
ようやく買えるという、
何とも気の長い話ではある。

そう言えば、もうすぐレッチリのCDが出るな。
凄く欲しいので、
これを読んでいる方は、
一人に付きウチのブログから
10枚ほどCD注文して下さい。


ウチのブログはビートルズも取り扱っております。
ビートルズ・フォー・セール。

ジャケではリンゴがまるで包茎手術の宣伝みたいになってますが、
少し地味ながらもまとまってていいアルバムだと思います。
一家に10枚あって良いと思います。


The Beatles
Beatles for Sale



ザ・ビートルズ
ビートルズ・フォー・セール
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
nakedbaby


場所は大学の授業中か何かで、
資料として皆で映画のビデオを見ていたら、
松たか子がやたらそれに「下手だ」とか文句言ってて、
流石に俺も堪りかね彼女に注意して、
そんな感じの関係が半年ほど続き、
ある日、彼女から「あなたの事が好きだと気付いた」と告白されたが、
相手が松たか子だけに嬉しさも微妙だった、

という夢を昨日観たmzd216だ。


さて、皆さんはライブに行った際、
Tシャツなどは購入されるだろうか。

良いライブを観るとその感動を
どう表現していいか分からなくて、
とりあえずグッズを買ってみる。

そのグッズの中で一番手にしやすいのが、
Tシャツで、確かに何枚あっても困るものでは無いし、
ライブで動き倒し、着替え用に仕方なく買う場合もあるのだが、
気が付いてみれば、引き出しに入っているTシャツの
半分以上がアーティストTだった、
という状況になっている人は少なくないのではないか。

そんな状況にありながらも、
普通に服を買いに行った際、
昔のアーティストのTシャツとかも、
思わず手にとってしまい、
引き出しの中は、ロックTフェスティバルの様相を呈している。

買った物を着ないのも何なので、
毎日のようにそれらのロックT(やたら黒が多い)を
仕事場に着ていく訳で、
結果的に俺は会社の皆に、
「俺はモーターヘッドが好きだ!」
と、暗に猛烈にアピールしている事になってしまい、
何となく気恥ずかしい思いがあったりする昨今なのである。

何かのフェスに行った次の週に、
そのフェスのTシャツを着ようものなら、
それはいわば、北海道に行った人が胸に「白い恋人」を
貼り付けて出社しているようなもので、
やはり変な照れがあったりする次第なのである。

まぁ当然社員の誰一人として気にも留めていないのだろうが。


Tシャツジャケと言えば、コレ、
と言う事で、ベン・フォールズ・ファイヴ。
このガンズT欲しい。
裏ジャケではこのガンズTで「ジャミラ」やってます。

内容はご存知の通り、
ガンズに似ても似つかぬ美しいピアノ曲満載です。

中身も知らずに中古で適当に買ったんだけど、
どうやら未発表テイクとかを集めた
ファン向けのアルバムだったみたい。
でも良いですよ。


Ben Folds Five
Naked Baby Photos
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
merdenoms
俺達に明日がないってこと、
はじめからそんなのわかってたよ。

このトリたちがどこから来て、
どこへ行くのかと同じさ。

エレクトリック・サーカス、燃え上がる空。
澄み切った色の、その先に散る。


そう円楽さんは舞台袖で呟いたと聞く。

落語界を牽引し、ズートラ(ズーッと落語の意)を
標榜してきた彼だが、残念ながら病気には勝てなかった

23年間勤め続けてきた笑点の司会を
この度引退する運びになったようなのだ。

尚かつ、同じく体の調子が思わしくない
こん平さんも同時に脱退するという。
鉄壁だと思われた現メンバーも
メンバーチェンジを余儀なくされる。

「俺らが解散する時?
 それはあるとすれば、誰かが死んだ時じゃねえかな」

と、こん平かチバかどっちかが、
ロッキンオンジャパンのインタビューで
語っていたと記憶しているのだが、
あの時の思いが貫けなかったのは、
本人が一番辛いのだろう。

こん平さんの後釜には、
サポートで入っていた林家たい平がそのまま加入する模様。

三遊亭円楽。
林家こん平。
この二人のラクゴ・モンスターを我々は永遠に忘れないだろう。


等と、知ったかぶりして書いてみたが、
日曜夕方はバンド練習が入ってて、
ここ数年笑点観てないんですけどね。


一つ思うのが、笑点メンバーって、
ガチだとどのくらい面白いのかな。

一度でいいから見てみたいのは、
女房がへそくり隠すとこなんかじゃなくて、
セメントの笑点!!

たい平!
お前、コレ仕掛けろ!(右手はシュートサイン)


今日は円楽と言う事で、
ア・パーフェクト・サークル。

まだ聴き込んで無いんで感想めいた事は書けないけど、
一聴した限りではTOOLの方が良いな。
サマソニ楽しみです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
zootro
(ガラガラ)

大将「ヘイ、らっしゃい!」

稲葉「よう、大将。
   どう?今日は何か良いの入ってる?」

大将「今日はゆるぎないもののいいのが入ってますよ!」

稲葉「それじゃそれ一つ貰おうかな」

大将「あいよ!ゆるぎないものひとつ!」


されはさておき、活動休止から半年。
遂にヒロトが動き出す模様。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200604/gt20060

ただ、その傍らにはマーシーはいない。
ギターからドラムから、全てヒロト一人でこなしているという。

ライブはどうするんだろう。
たまに街で見る変な大道芸外人みたいに、
ギター持ちながらバスドラ背負って、
ハーモニカホルダー付けたりするのだろうか。
ボブログ三世みたいにするんだろうか。

何にせよ、スカパラとの共演といい、
ヒロトが第一線に戻ってくるのは、何とも喜ばしい。

ハイロウズとしての最後のライブ、
中央大学学園祭でのライブでは、
ヒロトの調子が酷かったらしく、
そこから病気説なども流れたが、
それは杞憂だったようで、一安心。

とはいえ、やはり一日でも早く、
ハイロウズとしてのヒロトが観たいし、
マーシーと共にずーっとロックして欲しい所。

と言う訳で、ズートロ。
「荒野はるかに」とのカップリング。


すみません、今から出掛けなきゃいけないんで、
非常に中途半端で適当な文章になってしまいました。
終わり。


THE HIGH-LOWS, 真島昌利, 甲本ヒロト
荒野はるかに/ズートロ(69バージョン)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
mammothflower
以前に書いた通り、来月には我々のライブがある。

ライブをやる、と書けば、
まるで我々が物凄く楽器が上手い人たちに聞こえるが、
実際は技術だけでいえば、
そこいらの高校生バンドにボロ負けするレベルだろう。

特に俺のギターは酷い。
もう高校時代から弾き始めているから、
15年くらいはギターに触ってるはずなのだが、
もう、泣きたくなるくらい酷い。

以前書いたかも知れないが、
昨年末辺りからギターを
レスポールからエクスプローラーに替えた。
昔の先輩FJOKさんに無期限でお借りしている。

エクスプローラーと聞いてギターに詳しくない人は
ピンと来ないかもしれないが、
メタリカのジェームズが使用している変型ギターで、
形は、稲妻のような形というか、
ジャンケンぴょん!の
「おいしい牛乳飲むのだぴょ~ん」
の時のミニモニ。のような格好、
と言えば分かりやすいだろうか。

ギターを借りたのは、
音を変えたい、というより、
レスポールは重くてしんどい、
というのが主な理由だ。

エフェクター関係が未だに一個しか無いのも、
音を変えたくない、というよりも、
周辺機器が増えると重くてしんどい、
というのが主な理由だ。

こう、改めて自分のギタースタイルを省みると、
とにかくギターに投資もしてないし、
びっくりするくらい志もレベルも低いな。

でも、でかい音で、
ギャーン!
とやるのは大好きなんだよ!

と言う訳で、もしライブに来て頂けるならば、
指は観るな!ニュアンスだけ観ろ!


俺にとって三大ギタリストとは、
スラッシュ、マーシー、アベフトシなのだが、
もう一人挙げるならば、
このフラカンの竹安氏になるだろうか。

まだ聴きだして日が浅いのだが、
この人のギターは俺のツボを上手く突いてくる。

歌詞も伊達直人とかきんどーちゃんとか
バロム1とかチンコとか言ってて好感が持てる。


何だか、やる前から言い訳しているような
文章になってしまったな。
猪木に「帰れ!」と顔を張られそうだ。
でも、バンドの音としては決して格好悪くは無いはずです。フラワーカンパニーズ, 鈴木けいすけ
マンモスフラワー
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

bombyoulive

春風邪もようやく俺の体から通り過ぎ、
ビタミンCを過剰摂取する日々も終わろうとしている。

春風邪が終われば、夏フェスがやって来る。

この場合の夏フェスとは、
「夏期に行われるロック音楽の大規模なイベント」の意味であり、
決して、ガレキの祭典、ワンフェスとか
人権啓発フェスティバルとかは含まないので、
注意されたい。

どうでもいい話だが、
大阪にあるフェスティバルホールは、
全然フェスティバルの匂いがしなくて困る。
実は困らない。

さて、数あるロックフェスの中でも日本三大ロックフェスの一つ、
ライジングサン・ロックフェスティバルの出演者第一弾が発表された。

いつもながらのメンバーも居れば、
初めましてな方々も見受けられる。

ここにハイロウズの名前が無いのは何とも寂しい限りだが、
いつまでも寂しがってばかりはいられない。
その分未来に希望を託す空間が出来たと解釈しよう。
才能あるロックンローラーは彼らだけではない。

例えば、大江慎也も参戦だ。
未来に希望を、とか言いながら、
いきなりヒロトより年上の人を挙げてしまったが、
今回のアルバムの面子はルースターズだし、
それにアベもプラスされるかも知れない。
期待するなという方が無理であろう。

では、ヒロトより年下を挙げれば、
なんと、ズボンズとゆら帝が参戦。
まぁ、二つとも既に相当ベテランさんだが。
とにかく「ライブが観たいランキング」(俺調べ)で
ここの所1、2位を独占する2バンドがこぞって出る。

特にズボンズは、年末シャングリラで行われた
フリーライブを見逃すという失態をしてしまい、
未だ未体験のまま。
ここでしっかり目に焼き付けたい所だ。

他の気になる参加者と言えば、
世の外人眼鏡マニアを狂喜させたアンジェラ・アキも参加。
この人は、秘書みたいな格好をすれば、
今の2倍のファンが付くはず(男子のみ)なので、
誰か言ってあげてくれ。


しかし、さっきからすっかり北海道まで行く気になってるが、
その日、俺が休めるかどうかは誰にも分からないのである。

と言う事で今日は、とにかく観たいズボンズの
ライブを収めた一枚なのだが、
これが実に生々しくて良い。


Zoobombs, 松尾希文, Don
ボム・ユー・ライブ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。