君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:

ellaopera



人間の目というのは、

いや、人間の心というものは、実に不正確で朧気なものである。


そんな人間が持つ機能の曖昧さを証明するようなその出来事は、数年前に起こった。


江良さんは、俺の高校時代の同級生だ。
高校時代は殆ど交流は無かったが、20代半ばに行われた同窓会以降、
たまにだが、同窓生らとの飲み会に参加するようになった。

彼女は高校の時から頭が良く、
皆からは秀才キャラで通っていた。

大学もどこだか忘れたが相当良い所を出たはずだ。


ところが、ある日の事。


ある俺の友達が、彼女にこう言った。

「あれ、そう言えば今日は江良さん、眼鏡してないの?」

彼女はこう答えた。

「え?私、眼鏡してないよ。
目、良いよ」

この会話を聞いた時、我々は色めき立った!

どういう事かお解りになるだろうか?

つまり我々全員が、
「彼女は賢いから眼鏡をかけている」
と思い込んでいたのだ!

彼女の顔立ちが眼鏡の似合いそうな、
オクレさん似の美人だということも、起因しているのだろう。

そう言えば、彼女の眼鏡姿を思い出そうとしても
何故かどうしても思い出せない!
当たり前だ。

実際には存在しない眼鏡を我々は全員心で見ていた事になる。
つまりは、眼鏡の幽霊とでも言おうか。

時としてイメージという物は、とんでもない誤解を産む。


正に俺たちは、彼女の事を色眼鏡で見ておりました。(←さげ)



さて、こちらは世界のエラさん。

ジャズの世界は全然未知の暗黒大陸ではあるが、
中古で並んでたので、何となく購入。

バラード曲も見事だが、やはりスゥイングしてるアッパーな曲での、
スキャットが何とも格好いい!



高校時代の同級生に告ぐ。
このブログの存在をくれぐれも江良さんには漏らさぬよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

ilbon



ひとみさんは綺麗になった。

帰国した直後はどうにも苦労が滲み出たおばちゃんであった。
その姿だけで、北朝鮮がどういう国かが垣間見えた。

それだけに、ジェンキンスさんとのキスはそのギャップ故衝撃だった。
あの映像は、日本のテレビ史上最も美しいキスシーンと謳われた。

もしかしたら謳われていないかもしれないから、俺が今謳おう。

その後、記者会見をする度にひとみさんはどんどん綺麗になっていった。
あまりに綺麗になったんで、今は「曽我ひとみ」というより「hitomi」という感じだ。

勿論、hitomiが綺麗になったのは日本の美容技術のおかげもあるのだが、
それ以上に表情が豊かになっている。
表情が豊かという事は、感情が豊かになった、ということだ。

様々な問題を抱える我が日本ではあるが、
一人の女性を美しく蘇らせたという一点に於いては、
自国を高く評価する次第なのである。

イルボン、マンセー!


「イルボン2000」。

電気グルーブのライブ盤なのだが、
殆どノンストップで繋げられている為ライブ感はあまり感じられず、
別のリミックス盤みたいな印象。

まぁ、テクノのライブ盤とはそういうものなのだろうが。


そういえば、先日森進一、昌子夫妻が離婚した。
息子もNEWSに入ってたはずだが、
喫煙の現場写真をBUBKAかどっかに載せられ、
学業に専念してしまった。

これらの事件にショックを受け、
W森のファンであるhitomiが北へ帰るなどと言い出さなければ良いのだが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kanden!!



ようやくサマーソニックのチケットが一般発売になり、
俺も大枚はたいて購入した。

2日通し券
24,000円

これが高いか安いかは当日にならなければ分からないが、
今の所のラインナップを観ると、
まずまず順当な値段だと思う。

しかし、まだ足りぬ。
俺は欲張りなのだ。

良いアーティストが一杯来たら困るのは目に見えているのだが、
それでもやはりより凄い面子を求めて止まないのだ。

クリマンも今頃必死のパッチで、
(ずっと気になっていたのだが、
「必死のパッチ」は何故パッチなのか?
パッチという言葉は関西の方言だと思うので、
関西方面で産まれた言葉なんだろうが、
韻を踏むだけでなく、
「必死」という緊張感のある単語に対し、
「パッチ」というなんとも脱力する単語をぶつけるセンスは卓越している。
ただ、「必死」という言葉が持つ必死感は台無しになるので、
この台詞を聞いても、結果的に大して必死さは伝わらないのが難だ)
残りの空席を埋めている最中なのだろうが、
そろそろスタッフの疲労もピークの事だろう。

そこで、俺も微力ながら編成をお手伝いしようではないか。

俺が考えるのは、
オアシス日のマウンテンステージ、
ブラックロとラムシュタインの間。

肉体派インダストリアルのラムシュタインと、
伝統派ロックンロールのブラッククロウズを繋ぐバンド。

それこそが、肉体派ロックンロール、ロリンズ・バンドではないか。

ロリンズ・バンドの中心人物、ヘンリー・ロリンズは、
ロック界随一の筋肉量を誇るアーティスト。

体中に入れ墨を施したその姿は、
ステージよりも金網オクタゴンに似合いそうだ。
恐らく、ステファン・レコ位になら勝つだろう。

その肉体から発せられる超絶ボイスは
ジャイアンがコエカタマリンを飲んだが如く。

記憶が確かならば、00年のフジ以降来日していないのはず。
俺は未だこの激烈なライブを生で経験していない。
どうにか俺の体がまだ動く内に観ておきたいのだ。

おそらく、マウンテンステージ内は女子が殆どいなくなるだろうが。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

houkai


うーん。

今日B.U.Pに連れられて、
なんばハッチ(略してなっち)で観てきたんですけどね、
アジアン・カンフー・ジェネレーション。

うーん。

いや、良いライブだったんですよ。
良かったんですけど、なーんかこう、
物足りない感じがもやもやっと残るんですな。

数年前のサマソニで観た時や、
このミニアルバム聴いた時とかは
もっとこう、ロックならではの高揚感みたいなものが得られたと思うんです。

ミッシェルがいなくなって、
次のロックを背負うのは誰かと考えた時に、
このバンドも当然その候補に入れるべきバンドだと思ってたんですが、
もし今日のライブが彼らの完成型なんだとしたら、
正直その候補から外さざるを得ません。

まぁ、あくまで俺ん中だけの話なんですが。

彼らが進化を遂げるには、
膨大なポップ(大衆性)か、
圧倒的なロックを手に入れる事だと思うんですが、
今の彼らは、その両方をそこそこ持つ良質なバンド、で止まってる様に見える訳です。

ミスチル、オレンジレンジ程売れてる訳じゃない。
ブランキー、ミッシェル程ロックファンの信頼を勝ち取ってる訳じゃない。
くるり、ZAZEN程音楽的高みへ昇ってる訳でもない。

「ソルファ」も聴きましたが、
よりポップにはなっていたけれど、
絶対に売れる!という感じではなく、
どこか緩さを感じてしまう、ポップ性でした。

要は、ロック、音楽、もしくは大衆、
どれでもいいから、どれかの悪魔に魂売り渡しちまえよ!
と、言いたい訳です。

こんな所で終わるには惜しい存在なんで。

出来れば彼らがモンスターに成長した姿を、
また数年後どこかで観たいものです。

とりあえず、今のアジカンの客層はあまりにも若い女の子が多く、
会場にいるのが少し気恥ずかしいんで、当分はいいです。


どうでもいい話だが、
会場でビッグバン・ベイダーみたいな外人さんが観てた。
演奏にもちゃんとノってて何故か安心したのだが、
どういう経路でアジカンに辿り着いたんだろう?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

allthatyoucant


今日は大層疲れた。

今週からウチの会社に営業さんが一人増え、
その人の机を置くため今日は朝から丸一日事務所の模様替えだった。

因みにその営業さんは、余所から来たおっちゃんで、
名は明かせぬが、顔と声がアナゴさんに酷似している。
魚の様な顔なのに声が渋いというのは少し面白い。

さて俺は、CD整理はしたいが事務所の整理は別にしたくないなぁ、
なんて思いながら作業していたのだが、
その時朦朧とする頭にふとよぎるものがあった。

このブログは上記にもあるように
増えたCDを整理する為に始めた、事になっている。

いや、違う。
本当は違うだろ。
俺には別の目的があったはずだ。

……思い出した!

俺はiPOD欲しさに始めたんだった!

そうだ、3月中にブログ始めた人にiPOD shuffleあげるってアメブロが言うから、
それだったらやってもいいかな、と思って
急遽無理矢理大義名分を考えたのがコレだった!

で、iPOD shuffleはどうなったの?
当選は発送をもって、みたいなこと?

今、データのバックアップも考えてiPODphotoの購入を考えてるんだけど、
当たってるかどうかはっきりしてくんなくちゃ、おちおち買えない。

もしかしたらとっくに当選者発表してるかも知れないが、
俺は聞いてないよ!
っていうか、iPODくれ!

とか、考えてたらいつの間にか事務所の模様替えは終了していた。
あまりに物が減ったので、
全ての物が遠くに感じ、逆に不便に感じた程だ。

明日はアジカンのライブだが、
筋肉痛との戦いになりそうである。


iPODという事で、U2を。
U2出演のCMソングは「VERTIGO」だったっけ?
それは持ってないんで、イッコ前のこれを。

この人達は外さないね~。
このアルバムもそんなに話題になった訳でもなかったと思うんだけど、
それでもやっぱりカッコいいもんな。

でも、「Elevation」はラジオで聴いた時の方が良かった気が。
あれはシングルverだったのか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

strip



椎名林檎が結婚妊娠を発表した時はそりゃショックだった。

それまで俺は、日々如何にして椎名林檎に近付き、結婚し、妊娠させるかだけを考えていたのだから。
あの頃のお年頃の男子は全員そうだったはずだ。
違うとは言わせない。

彼女はギタリストと結婚したのだが、
その時の旦那の好きなところに対するコメントは確か

「エフェクターの少ないシンプルなギタースタイル」

みたいな事だったと思う。

だったら俺でいいだろう!

俺の持ってるエフェクター、BOSSの「HEAVYMETAL」一個だよ!
それさえもイマイチ使いにくくて、
結局ほとんどマーシャル直結だよ!

でもまぁ、三十路を越えて未だに直結ってのは
なんだか童貞っぽくて
それはそれで椎名林檎に嫌われそうなので、
この際もう一個エフェクターを買おうと思うのだ。

このブログもそれなりに沢山の方に観て頂けるようになった。
皆さんの中にもおそらくギタリストもいらっしゃる事と思う。

そこでお訊きしたいのだが、
何買えばいいかな?

今更恥ずかしいのだが、
俺はエフェクターに関する知識は殆ど持ち合わせていない。

出来ればメリハリの利いたグッと来るヤツ。
ギャーンときてグッと来るヤツ。
ジャキーンときてグッと来るヤツ。

無論、自分でも色々調べてみるつもりだが、
参考として皆さんの助言を頂きたい。

因みに使用ギターはオービルのレスポール一本。
色は絶対黒、と言いたい所だが、残念ながら汚くなったクリーム色。


今現在、椎名林檎は離婚し、独り身である。
母子家庭で寂しい思いをしているに違いない。
チャンスは今しかない。

そんな彼女の心をグッ!と掴む
格好いい音の出るエフェクターを教えて下さい。

アーティスト: 椎名林檎, 亀田誠治
タイトル: 勝訴ストリップ

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

sinjitu



その日フィオナは中国にいた。

中国は青海省バヤンカラ山脈拳精山まで、
より強くなるため(音楽的に)この呪泉郷へ修行しに来ていたのだ。

夫、ポール・トーマス・アンダーソンと厳しい稽古に明け暮れる毎日。
しかし、ある時フィオナはポールの打撃(音楽的な)を避けきれず誤ってある泉に落ちてしまう。

ポールが心配して駆け寄ってみると、
そこには見た事もない男が立っていた……!

その泉は男溺泉といい、
千五百年前若い男が溺れた泉で、
それ以来その水を浴びると皆若い男の姿になってしまうのだ!

ポールとフィオナはその事実を隠すため、
メディアへの露出は極力避けるようになる。

新作は既に出来ているという噂は随分前から囁かれているが、
一向にリリースされないのは、このためだ。

必死にこの秘密を守ってきた二人だったが、
遂に悲劇はやって来る。

息抜きにと出掛けた先のイギリスで
なんとフィオナが足を滑らせ崖から転落、海へと落ちてしまった!

ポールは慌てるが、断崖の上からではどうしようもない。
警察へ連絡するにしても、男性と化したフィオナの容姿をどう説明したものか……。

ポールが思案しかね、とりあえずホテルへ帰ると
テレビのニュースでは、どこかで見た事のあるずぶ濡れの男が映っていた…。


賢明な読者の皆さんならもうお解りだろう。

そう、今世間を騒がせているピアノマンの正体はフィオナ・アップルだったのだ!


それが証拠に、このアルバム「真実」のボーナストラックには、
ピアノマンが奏でるというビートルズの「アクロス・ザ・ユニバース」が収録されている。

証拠も何も、そこしか共通点は無いが、
きっとそうだ!

これこそが「真実」なのだ!



因みにこのアルバムの正式タイトル。
「When The Pawn Hits the Conflicts He Thinks Like A King What He Knows Throws the Blows When He Goes to the Fight and He'll Win The Whole Thing 'Fore He Enters the Ring There's No Body to batter When Your Mind Is Your Might So When You Go Solo, You Hold Your Own Hand And Remember That Depth Is The Greatest Of Heights And If You Know Where You Stand, Then You Know Where To Land And If You Fall It Won't Matter,Cuz You'll Know That You're Right」。

寿限無か!

内容は無茶苦茶良いです。
女性洋楽アーティストの中で、彼女が一番好きです。

アーティスト: FIONA APPLE
タイトル: When The Pawn...
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

elephant



俺は煙草は吸わない。
コーヒーも飲まない。

煙草を吸った人とのキスはおばちゃんとしてるみたいで嫌いだし、
コーヒーを調子に乗って飲み過ぎると手足が冷たくなって震えが起こる。

吸ったりコーヒー味だったりするものは、
パピコだけで充分だ。

そんなお子様感覚を未だ引きずるボクだが、
この映画は楽しめた。

「コーヒー&シガレッツ」。

以下は感想。
聴きたくない人はお母さんのおっぱいを吸って待ってて下さい。


この映画は11本の短編により綴られている。
こう聞くと「ナイト・オン・ザ・プラネット」を思い出す人も多いだろう。
俺も好きな一本だ。

しかし、最初の2本はピンと来なかった。
大して意味があるとは思えない会話が淡々と流れていく。

そして、3、4本目でようやくルールが分かる。
そうか、これらに出てくる2人(2組)こそが、コーヒーと煙草なんだ。

出てくる11組はそれぞれホントにどうでも良い会話をする。
それも、全てどこかちぐはぐで、お互いに気を遣ってたり、気まずかったり。
お互い遠いようで近くて、仲が悪いようで良くて。

食い合わせは良くないが、一緒に喫して初めてそれぞれを味わったと言える、みたいな事だ。多分。
それを客は向かいの席でまた煙草とコーヒーをやりながら眺めてんだな。

俺は前述した通り、煙草もコーヒーも嗜まないので、
ここら辺の感覚を理解するのに少々時間がかかってしまった。

まぁ、どうってことないと言えばどうってことない映画なのだが、
こういう映画こそが、人生の糧になるんだろう。

俺のお気に入りは「いとこ同士?」と「シャンパン」。

あと、「幻覚」のRZAだけど、
向こうのヒップホップの人ってホントにあんなにYO!YO!言うの?

さて、今日の一枚はイギーかトム・ウェイツか、
はたまた、エンドロールでリスペクトの所でクレジットされていたジョー・ストラマーか。

いや、ホワイトストライプスだな。

彼らは「ジャック、メグにテスラコイルを見せる」に出演。

彼らこそ、食い合わせが良いんだか悪いんだか分からないけど、
結果的に素晴らしい音楽を生み出す、奇跡のバンド。
メグのスリリングなリズム感がたまらない。

劇中のメグも顔の陰影がはっきり映し出されて、
可哀想なくらいブサイクに撮られてます。

アーティスト: ザ・ホワイト・ストライプス
タイトル: エレファント
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

why



昨日、順位が下がり25位になったと思ったら、
また23位に逆戻りだ。

仕方ないので、にいさんの話でもしよう。


ロックという音楽がある事を知った中学生も始めの頃。
俺は先にハードロックやメタルにはまっていた兄にこんな質問をした。

「ハードロックとヘヴィメタルとパンクってどう違うの?」

今思えば何ともバカな質問だが、当時はホントに区別が付かなかった。
兄は俺にこう答えた。

「ハードロックはロックがハードなヤツや」

「ヘヴィメタルは?」

「ハードロックのヘヴィなヤツや」

「パンクは?」

「……なんや訳分からんヤツや」

訳の分からないヤツと言われて訳が分かる訳もない。
兄はパンクは聞いていなかったのだ。

その後俺はパンクに触れ、パンクは訳が分からないもの等では無く、
どっちかと言えばメタルの方が訳の分からないモノである事を知るのだが。

しかし、この頃(80年代)のパンクのイメージは
確かに訳の分からないものだったのかも知れない。

80年代のパンクのイメージは
ライブは流血も茶飯事で、ウンコや臓物がステージを飛び交う、
という感じだったと思う。

俺も小学校の頃ビビりながら姉の部屋で小さい時の「宝島」とかを覗いたものだ。

でもその後、ブルーハーツの出現によって、
パンクは「優しい」ことにされてしまうんだから、
イメージとは勝手なもの。

とにかく、兄が「訳が分からない」という印象を抱いたのは、
こういうイメージに対してだったのではないか。

そんなパンクの破壊的、暴力的なイメージを一躍上げたのが、
ハードコア系のバンド。
ディスチャージはその始祖であるらしい。

確かにこの音は暴力そのものと言っていい。
メタル、つまり理路整然としたうるさい音が好きな兄が理解出来ないのも無理はない。

でも、歌詞自体は戦争の恐ろしさを訴えており、
いわば反暴力という「いいこと」を唄っているので、
良い人たちなんだか、悪い人たちなんだか、
俺もどうにも訳が分からなくなってくるのである。

アーティスト: Discharge
タイトル: Why
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

longwaybaby



みんな、アメブロの音楽ジャンルのトップページ見た?

http://ameblo.jp/genre/music/index.php
(もしくは右下辺りの「音楽」ってとこをクリック)

「最新の音楽情報はブログでチェック!」
とかって偉そうな事言って、女が頭振ってるけど、

お前、乳首浮き出てるよ!

そんなサラリーマンの靴下みたいなシャツ着てるから
そんな事になるんだよ!

っていうか、そもそもお前ヘッドフォン外してるじゃん!
音楽聴いてないんじゃん!

そんなでかいイヤリングだかピアスだかしてるから、
ヘッドフォン付けにくいんだよ!

イヤリングかヘッドフォンかどっちかにしろ!

もうこの際、乳首が浮き出てるのはいいよ。
どっちかと言えば浮き出てる方がいいよ。

でも、お前みたいに音楽をアクセサリー程度にしか思わない奴がいるから、
日本の音楽シーンは駄目になるんだよ!


と、ただやらされているだけのモデルさんに
怒りを散々ぶつけてみた。

読んでたらごめんね、モデルさん。


で、正しい乳首の浮き出させ方はこう!
ということでファットボーイズ・スリムを出してみたが、
思ってたより出てないな。
デブだから陥没してるんだろうな。

このアルバムだが、正式タイトルは
「You've come a long way,baby」。

とにかくハイになれる一枚。
テクノに疎い俺だが、ファットボーイ・スリムはホント好き。
陥没乳首も聴けば自然と立ってくる。
それ程の効力がこのアルバムにはある。

アーティスト: ファットボーイ・スリム
タイトル: ロングウェイ・ベイビー!!
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。