これまた先月の釣行記となります。

4月から新しい仕事になったのですが、その兼ね合いで3月は時間が取れたので貯金が続く限りの範囲で釣りに行きまくっておりましたあせる

 

でもね、行ける日と天候や波の状態とかのタイミングが悪くて、行った回数の割には行けなかったんですよね。

 

特に小田原の渚では俺が行けない日に他の人が良い釣果を上げたりしてね。

 

羨ましいのなんのって。

 

え?腕が悪いから釣れないですって?

いやいや、タイミングの問題ですよニヤリ

 

俺は釣れない時は自分の腕じゃなくて大海原の所為にしてます(笑)

海の状況の違いは、釣り人の腕の違い以上に大きくプラスマイナスの作用があると思います。

 

だって、個人個人の腕の差なんて同じ日の同じ時間帯で同じ餌で同じポイントで同時にやらない限り優劣なんて付けられないってもんです。

その条件でだって運が左右する部分も多いと思いますしね。

 

小田原の渚なんて、ベタ凪・澄み潮・干潮なんかが重なったらどんなプロだって釣れないんじゃないのかなと思う。

 

「いやいや、そういう条件でも俺は釣ったよ~」

って言う人もいるかもしれませんが、表面上は同じような条件であっても、海の中は微妙に違う事だってありえますしね。

 

何より同じ日・同じ時間帯・同じポイントで竿を出してない限りはそういう悪条件でも釣れた時があったとしても、それはその日に竿を出したからそういう結果になったんだと思う・・・っと俺は思います(笑)

 

とりあえず小田原の渚では、自分が釣れない状態で他に釣られる・・・という事はまだないです。

 

俺が釣れる時は周りも釣れてるし、周りが釣れてないと俺も釣れない汗

なんか愚痴みたいな負け惜しみみたいな文章をだらだらと書いてしまいましたが、要は俺の行けない間に他の人が釣ってるブログを見て、

 

「俺も釣りて~~~」

 

って気持ちになっていたという事ですニヤリ

 

って事で、小田原の渚に2度目のチャレンジをしたんですがやらかしてしまいましたよ。

 

 

 

◆今回の釣行動画

https://youtu.be/r2pYK4HfKK8

 

 

この日は潮回りが悪い中強行しました。

到着時で干潮間近だった為、物凄く潮位が低かった。

 

しかし、適度にサラシが出来ていて薄濁りという海の状況。

これはそこまでは悪く無さそうな雰囲気でした。

 

 

メジナが釣れて幸先が良いな~っと言う感じです。

ここいらではメジナが釣れる時はそこそこ状況は良いという印象があるので期待します。

 

そして期待した夕マズメで・・・・やっぱPEラインでのウキ釣りはトラブル発生率が高いよねぇ・・・。

 

語るのも悲しいので、内容は動画でも見てやって下さい♪

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村

AD

先月(3月)の上旬頃になりますが、小田原の渚へ黒鯛狙いに行って参りました。

 

まだまだ水温が低いかと思いましたが、クサフグとキタマクラは絶好調の最悪な状況。

 

水も澄んでいてウネリも小さくてあんまり望みの無さそうな感じでした。

でも夜になれば望みはあるのかな・・・。

 

 

途中から地元の名人さんがやって来ましたが、状況はこちらと変わらない様子。

 

◆今回の釣行動画

https://youtu.be/OajAEAGJqlY

 

 

フグ類の猛攻が収まらないまま、日没が近付き夕マズメのチャンスタイムを迎えました。

 

「さあここから!」

 

っという状況の中、仕掛けを回収して来ると足元に細長い銀色の魚がピョンピョンと跳ねている。

 

 

よ~く見るとイワシ!

しかも沢山いる!

 

国府津~小田原の海岸ではたまにスズキやヒラメや海鳥なんかに追われたイワシがパニックになって砂浜に大量に打ち上げられるという現象が起こると聞いた事はあったが、まさか自分の目の前でそれが起こるとはあせる

 

生で見ると興奮しますね。

 

自分も、近くで竿を出していた地元の名人さんもイワシ拾いにシフトチェンジです(笑)

 

 

もう物凄い数のイワシがどんどんと打ち上げられて行きます。

釣り座となっていたブロック帯の隙間に挟まって動けなくなったイワシは獲り放題です。

 

素手で拾っているのでツルツル滑って拾い難かったです。

もし網みたいなの持って行ってたら200匹くらいは拾えてたかも?

 

拾いに拾って60匹くらいは拾ったでしょうかね。

その気になればもっともっと拾えそうでしたけどね。

 

まあそんなに持って行っても独り身では無駄になっちゃいますからね。

 

 

結局釣りを再開する頃には辺りは真っ暗ガーン

 

完全に黒鯛の時合をのがしましたとさ・・・。

 

日没後に再開するも、フグの高活性はまだ続いておりました。

それでも20cm前後くらいのカサゴ2匹とメバル1匹が釣れました。

 

その後アタリは無くなって集中力が途切れます。

 

そんな中、ブロック帯の際を流していたウキが根掛かりのような感じで沈みました。

 

根掛かりだと思って仕掛けを引っ張ると、一気に竿が絞り込まれましたあせる

慌てて合わせを入れましたが、すぐに針が外れてしまいました・・・。

 

そりゃねえぜって感じの不意打ちでした。

 

結局拾ったカタクチイワシと、針を飲み込んでしまったカサゴをお持ち帰りました。

 

全て揚げて食べましたが、とっても美味しかったです。

余ったイワシはタッパに分けて冷凍し、後日食べました。

 

太刀魚の季節に釣れていたら良い餌になってたろうな~。

黒鯛は釣れなかったけど、イワシ祭りに遭遇出来たのは幸運ではありました♪

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村

AD

荒れ過ぎの諸磯で撃沈!

テーマ:

行っても行ってもベタ凪・澄み潮の諸磯。

 

今回は前日からのウネリが残って結構なサラシが出ていて良い雰囲気♪

「今日は釣れるぞ!」っと思いましたが・・・。

 

 

実際に竿を出してみると荒れ過ぎ!

横波に仕掛けが引っ張られてまともに仕掛けが流せない。

 

コマセもどこへいってるのやらわからん。

 

 

しかし外海側のポイントはこんなに荒れていても満員(平日)。

更に爆釣!

 

やってらんねぇ~~~~~。

 

撃沈しましたわ。

撃沈という結果だけならまだ良いですが、周りは釣れていたという事で精神的ダメージが非常に大きかったですね。

 

 

◆撃沈釣行動画

https://youtu.be/RGsb9cUXlMk

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村

AD

2017年1月下旬頃の諸磯への釣行記となります。

この日は波予報が1.5mだったので、良いサラシが出ているだろうと思って諸磯の高飛び込みへ向かいました。

 

しかし・・・行きのバスから見えた海はベタ凪。

 

来てしまったからには仕方ないので釣り場へ向かいます。

到着は15時前くらい。

平日ではありましたが外海側は満員です。

 

ワンドの浅場は望みが薄そうな状況でしたが、外海側に入れなかった感じの人が1人、ワンド奥で竿を出してました。

 

 

自分はワンド側の外海寄りで竿を出す事にしました。

 

準備をしている間にも外海側の釣り人はアイゴ混じりではありますが中型メジナをコンスタントに掛けております。

 

状況は悪くはなさそうですが、外海側とワンド側とではもはや別の釣り場と思っても良い程ですのであてにはなりません。

特に凪の日では雲泥の差が生まれる事もあると思われます。

 

かと言って愚痴を言っても入れないので我慢するしかないですね。

 

 

◆今回の釣行動画

https://youtu.be/ZmQyJQs2sWY

 

※以下文章ネタバレ要素有り

 

 

 

開始早々餌が取られます。

真冬といえど1月下旬ではまだそこまで水温が下がっていない様子でした。

 

コマセが効いてくると餌が瞬殺される程になってしまいました。

オハグロベラ・小メバルと釣れた後は、アイゴ地獄に突入!

 

30cm~35cm程のアイゴが嫌というくらいに掛かりますショボーン

 

相変わらず外海側では釣れているのにこちらはアイゴばかりで焦ります。

 

 

沖にある沈み根の向こう側へ仕掛けを入れて、漸く釣れたのは30cmちょいのメジナでした。

「やっと来た!」っと思うも、連発する事はなくまたまたアイゴ地獄に突入汗

 

 

結局アイゴ地獄から抜け出せずに日没を迎えてしまい、辺りは暗くなってしまいましたお月様

 

根掛かり覚悟で竿下付近の近場の根際を攻め、やっとこさメジナ(32cm)が釣れました。

暗くなってからのメジナなので、もう少し大きいのを期待してましたが贅沢は言ってられないですね。

 

そして程なくして連発!

 

・・・・っと思いきや、真っ暗なのにまたまたアイゴが釣れましたガーン

夜にアイゴはメンタルやられますね。

 

次もアイゴって事はないだろう・・・と思いつつ続行。

そして同じポイントで再度ヒット!

 

でも引きがアイゴっぽくてアイゴを疑ってしまいます。

しかし、磯に引きずり上げたのは34cmのメジナでした♪

 

夜に釣れるサイズとしてはイマイチですが、もう仕方ないですね。

 

その後は色々と攻めるポイントを変えてもアタリが途絶えてしまいました。

 

 

もう帰ろうかなと思いつつ、明るいうちに攻めていた15m程沖にある沈み根の向こう側に仕掛けを投入してみます。

 

ウキ下は2ヒロくらいでしたが、水深は全然測ってません(笑)

 

すると、根掛かりみたいな感じで一瞬ウキが沈みましたがすぐに浮いて来てしまいました。

結局何も掛かっておらず、根掛かりか魚かわかんなかったですが再度同じ場所に投入します。

 

するとしばらくしてウキが沈んで行く・・・魚じゃん!

っと思って合わせを入れると何かが掛かってます。

 

引きはそこそこ強めですが、重量感がないのでカサゴかな?っと思いながら抜き上げたのは39cmの大アジでした!

 

ここで過去に大アジを釣った事はありましたが、1月の下旬且つワンド側で釣れるとはビックリしました。

 

慌てて同じポイントに仕掛けを投入・・・またもやアタリが有りヒット!

 

しかしこいつは途中で針が外れてしまいましたあせる

 

この時使ってた針がいつもの丸セイゴではなく真鯛針だったのがまずかったなあ・・・っと後悔するもその後は無反応で終了。

 

メジナに関しては外海側の釣果には惨敗でしたが、大アジのおかげで満足する事が出来ました。

時合も短くて回遊も不定期なので、狙って釣るのは難しいだけにかなり貴重です。

しかし諸磯は周りの釣果が気になってしまうので、心理面ではあまり良くないですね(笑)

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村

2017年1月某日の釣行です。
この日は釣り雑誌に紹介されていた、間口港の横にある磯に行って参りました。

夕方~夜釣りがメインの浅い場所との事で、自分好みの場所だったので気になりましてね。


しかし!
釣行日は日曜日だったのですが、土曜日から大寒波が襲来して最高気温5℃という極寒状態。
日曜日もその影響が続き、晴れてはいましたが空気はキレのある寒さでした。


◆今回の釣行動画

https://youtu.be/2qwy6CIBWK0

 

 

めっちゃ寒いこの日でしたが寒空の下、駐車場で茶色い猫が一生懸命交尾をしておりました。
頑張りますねぇ~。


現場に到着して、見た感じは自分の好きな地形でしたね。
でも気になるのが外海から来るウネリ。

あると嬉しい場合もあれば、あると困るというウネリ。
今回はかなり気温が低い状態だったので、浅い釣り場でサラシが大きく出ると冷たい外気と撹拌されて水温が一気に下がってしまうのであまりよろしくない状態です。

それに夜釣りメインで考えていたので、ちょっとウネリが大きくて不安がよぎりました。

水温がある程度高ければ非常に面白そうな程のサラシだったんですけどね。


明るいうちに釣れたのはベラとウミタナゴでした。

餌が残って来る事が多く、活性はやはり高くないようでした。


日没後・・・満潮に合わせてどんどんとウネリがきつくなり、仕掛けが右に左に振られまくってやり難い。

しかも根がそこそこキツイのでちょくちょく根掛かりします。
波がきついので磯際や沈み根際をピンポイントで攻めるのが出来ないのがきついです。

初めての場所なので地形も見たかったのですが、ちょっと沖目に関してはサラシが邪魔をして地形が全くわからないです。


日没後は意外とアタリが多かったですが、ロックフィッシュ主体でした(笑)
何故か夜なのに木っ端メジナが釣れて完全に脱力です汗

 

結局ムラソイ・メバル・ウミタナゴ・木っ端メジナが釣れました。

今回は大寒波による冷え込みと無駄なウネリに翻弄されてしまいましたが、条件さえ揃えばもっと良い釣りが出来そうな雰囲気のある場所でしたね。

メバルは卵を持っていたのですが、針を飲み込んでしまっていたので罪悪感はありましたが持ち帰りました。
刺身で食べたら物凄く美味しかったです。

こんなサイズのメバルを釣ったのはいつぶりだろうか?


まぁ4月以降にでもまた行ってみたいと思う、可能性を感じる磯でした。
でも今回は条件悪く撃沈してしまいました。

 

 


にほんブログ村