茨城から宇宙とつながる「美容室」にようこそ!

旧ブログ【わくわくHappy ミュルアな気分♪】の
「ミュルア」あらため「ひでねぇ」です

茨城の片田舎で美容室やってま~す☆
環境浄化のビーワン水、テネモス水使用
麻炭漆喰まみれの天然店内

仕事とはほとんど関係ないこと呟いてますけど
何か:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


テーマ:
エコ・ビレッジわあい を知ったのは3年前

「デモクラティック・スクール」を検索してたら何でか辿り着いた
うわわ~ステキところだな♪って思った

でも四国!遠っ!
そこで話は終わった


それから1年後
わの舞の講習会で友人のクリから紹介された

『ひでちゃん こちら四国でわあいというエコ・ビレッジをやってる友達のカズさん』


な、な、なんですとーーーっ!
あのあのあの四国のわあいですとーーー?

なんてこった~!

あの密かに憧れてたわあいの管理人さんにリアルに会えるなんて


それから2年の時を経て
満を持して行ってきました四国わあい

地理に疎いおバカな私
四国はなんとなく分かるけど高松ってどこ?

そしたらなんと香川県というじゃない


香川県って四国だったのか~

なんだ~九州か日本海あたりにあるのかと思ってたよ~w
ひとつお利口になりますた(/ω\)


東京からフェリーに乗って徳島に上陸
レンタカーで高松を目指す

途中の海に寄って驚いた

ナニコレ!すごい透明度!

魚の群れがそこここに
あらクラゲちゃんまでユーラユラ

茨城の海とは明らかに違うぞ!
恐るべし香川!


キラキラ波打つ水面は初夏の光

さかな好きのチビのテンションは急上昇

石投げしたりしてしばらく遊んでからわあいへと車を走らせる


photo:01


到着した私たちの目に最初に飛び込んできたのは
噂に聞いてたわあいのマスコットガールワンコのさくらと
水と土と藁だけで作るドーム型のまあるいおうちのコブハウス


なんだかジブリワールドみたいで見てるだけでワクワク♪
なんてキュートなフォルムなの


腕の位置が見事に斜め45度の人は誰?(笑)

photo:17



まだ建設途中で完成は未定

裸足になって
土をコネコネ
それを団子に丸めて壁にペタペタ

コネコネペタペタ


手も足もホッペも頭も泥んこになりながら

夢中で作業してるとなんだか子供に還ったよう


楽し過ぎるやないか~い♪


朝日が昇ると光が差し込んでガラスがキラキラ☆


photo:22

わあいに到着した夜は
東京でシェアハウスをしてるというカップルさんや
大勢の人たちとテーブルを囲みながら
地元の人たちの料理の持ち寄りや差し入れで
旬のタケノコご飯やおいなりさんやニンジンサラダや
豪華な夕飯をいただく


そして夜にはみんなでわの舞


初めて来たのに初めてじゃないような懐かしい感覚


穏やかにゆったり流れていく優しい時間

優しい人たち

優しい空間



ここはどこ?

私はだーれ?


まるで浦島太郎が竜宮城に遊びに来たような気分


なんだろな~

忘れて来てしまった何か

置いて来てしまった何か

でもかすかに覚えている何か



その人をそのままでいさせてくれる懐の深さ

お互いの存在を讃え合う空間



そしてその夜は

爆音の暴走族も真っ青な

目の前に広がる田んぼの王様

カエルたちのハンパない音量の合唱を子守唄に

眠りについた

恐るべし香川!



次の日は私と長男はカズさんのボディワークを受けたり

チビはもう一人のイケメン管理人マサくんと

川に行ったり

川に行ったり

そして川に行ったり

って川にしか行ってないのかよw

いえいえ

わあいに生息するニホントカゲの捕獲にいそしんだり

ってどこに行っても魚と爬虫類のハンターかよw


それぞれがおのおの

ひがなもすのんびり過ごす


後日談だけど

帰りの飛行機で

茨城に持ち帰ろうとしたニホントカゲは

手荷物検査で引っかかり

大変な目にあったw


事前にスカイマークに確認していたにもかかわらず

爬虫類は基本持ち込み禁止なんだそうだ


出発時刻ギリギリまですったもんだして

どうにか何重にも包装して

特別に持ち込みの許可をもらった


髙松わあい産のニホントカゲは

茨城でも元気です、ご心配なく



滞在中は

青空の下 お庭の芝生で

不動の滝の冷たい川の中で

古民家のおうちの板張りで

踊って踊って

わの舞三昧


こんなにわの舞踊れるなんてホント貴重なひととき


踊っても踊ってもまだまだ踊りたいわの舞


あ~しあわせ♪

なんてしあわせなひとときなんだ~♪



足湯に行ったり

温泉に行ったり

薪をくべてお風呂を沸かしたり


テレビも電化製品もほとんど見当たらない古民家の暮らしだけど

実は何不自由ないゆったりした豊かな時間



次の日は子供の日のお餅つき


まずはカズさんが火打石で火を熾す

すぐには点かないからこそ

火の赤ちゃんが誕生した瞬間は毎回感動ものだ


その火を大切に釜戸に迎え入れてもち米を蒸かす


そのファイヤーキーパーは長男のミッションだ


マサくんのお祖父ちゃんが作ったという石臼で

ちびっ子も大人も

みんなで輪になってお餅つき


なんて子供たちの笑い声が似合うわあい♪




photo:19

出来立てホヤホヤのお餅をみんなで切り分けながら丸めていく

きな粉餅におしょうゆ餅


photo:20

東京から移住してきたというまあちゃん一家のパパ、通称リーダーさんが
お手製のカレースープを差し入れてくれる

なかなかカレー餅もオツなもの


ここわあいでは常に誰かがやってきては何かをシェアし合って
人やモノやふれあいが絶えず循環している



photo:18


朝5時に起きて釣って来たブルーギルを
チビが初めて三枚に下ろし
いや2.5枚かw
てか私こそまだ魚下ろしたことないw
小麦粉をつけて油であげて塩コショウしたオトコの料理



photo:10

淡白な白身魚でなかなかの美味☆

あのブルーギル食べちゃったよ~ん

そしてあのブルーギルがこんなに美味しいなんて!
恐るべし香川!


3匹の釣果だった沢ガニも素揚げにして
かろうじて足の1本もよばれたがこれまた美味☆


もうこれでチビは自給自足で生きていけるな

『ママ、俺に切れる包丁を買ってくれ』
『ヨッシャ―!料理はお前に任せたぜ!』



お餅をみんなで美味しくいただいた後は
はしゃぎまわるちびっ子たちに囲まれて
大人はしっとりわの舞

日常茶飯事わの舞
生活の一部わの舞
なんて贅沢わの舞


心地よい快に包まれながら
みんなでお昼寝タイムに突入のベストタイミングで
のりちゃんのクリスタルボウルが登場♪



photo:15


空間が~
カラダが~
細胞が~

ゆ~ら~ぎ~ま~く~り~♨

そんなのりちゃんが連れてきたのがともちゃん


なんでもともちゃん
偶然にも私のブログを何年も前から読んでくれていて
わざわざ私に会いに来てくれた

ありがたい☆


のりちゃん、ともちゃん共々
初めて会ったような気がしない懐かしい感覚
多くのコトバを交わさなくても
静かに温かいものが流れ込んでくる
いつも通りの空気感、不思議


そしてのりちゃんの極め付け

『ひで姉、今度いつ高松に帰ってくるん?』
『そうやな~夏休みには帰ってくるけん 待っとって~』


なにこのガッツリなウエルカム状態☆
メッチャ嬉しい
恐るべし香川!


のりちゃんのアメブロ→のりちゃんの『のんびりブログ』

ともちゃんのアメブロ→『サントリーニに花束を』



最後の夜は釜戸でカレー作り

みんなでワイワイガヤガヤ

カズさんのパートナーのまこちゃん
クリスタルボウルののりちゃん
そしておいなりさんやニンジンたっぷりのポタージュスープを
御馳走してくれたつきあかりさん
最近孫が生まれたという超若いおばあちゃんのナナちゃん


気が付きゃ西の魔女たちが集結の夜

ニンニク、ショウガ、味噌、醤油
キムチの素やら柚子ジャムやらコーヒーやら
餅つきで残ったきなこやら
じゃんじゃん投入
恐るべし香川!

そしてみんなの笑顔がスパイスになって
究極のゲキ旨カレーの完成☆


最後の夜は
のりちゃんのクリスタルボウルに身を任せながら
それぞれが眠りについた至福の夜


ヘンプデザイナーまこちゃんのサイト→。gamara

お料理上手なつきあかりさんのアメブロ→山・川・海・温泉・水辺が好きだー



photo:21



ある時の会話

本当の自分を生きるという話になって


『本当の自分を生きてないと苦しいよね

だから本当の自分を生きることが大切だよね』


『でもそもそも本当の自分がわからない人はどうしたらいいの?』


『本当の自分を生きてる人のそばにいってみたら』


『それってここじゃん』



本当の自分を生きる


この現代文明の中において

これほど難しいことはないかもしれない


本当の自分は何を望んでいるの?

本当の自分はどうしたいの?

本当の自分はどこにいるの?

本当の自分ってなに?



でもね、どの瞬間のどんな自分も

すべて

すべて

本当の自分に繋がっている

いつでも繋がっている


だから大丈夫なんだよ、きっと



本当の自分を生きる人たちが集う

本当の自分に出会える空間

わあい


懐かしいのに新しくて

穏やかなのに濃密で

温かいのに切なくて

ゆっくりなのに一瞬で


ハートが

魂が

悦ぶんだ



数日の滞在だったけど

たくさんの目には見えないギフトを受け取った


ありがとう☆わあい

ありがとう☆みんな


また夏休みに帰るけん 待っててね~☆



そして我ら旅がらす3人衆は『か・え・り・た・く・な~~~い』

という同意を胸に秘めつつ


カズさん、まこちゃん、マサくんとともに

地元で1番美味しいという

讃岐うどん[『空海房』で朝ごはんを済ませ

みんなとお別れした


泣いてたんじゃないよ

目にゴミがはいったのさ



いろんな意味で

恐るべし香川!

わあいのサイト→エコ・ビレッジわあい



レンタカーを返却したあとは

高速バスに乗って淡路島を渡り神戸へ



大阪の友達ましろんと待ち合わせて

神戸でケーキ&カフェをしてる友達さだぼーの店へ


そういえばましろんともアメブロを通して知り合ったんだっけ

かれこれ長い付き合いになるな~


歳も環境もまったく違うのに不思議なご縁だ

短いひと時だったけど楽しかった~☆

ワタシ的には大阪のオバちゃんの必需品アメちゃんがツボですた(笑)


さだぼーは栃木県の益子のカリスマカフェ

スターネットで働いたあと実家の神戸に戻って稼業を継いでいる

神戸市内に5店舗も展開するケーキ屋さん



今回ケーキ店に隣接してカフェがオープンしたので

ランチもいただいてきた


カフェ店内はやはり益子のカリスマ大工高田くんが手掛けた

オサレなナチュラル志向の店舗


さすが匠の技がところどころに光っていた


ちょうど昼時もあってか

次から次へとお客さんが来店して大繁盛


忙しい時間帯にもかかわらず

あたたかいおもてなしをありがとう☆さだぼー


神戸に行ったら寄ってみてね☆

ボンポアン 鈴蘭台店



ランチもワンプレートのお野菜たっぷりで美味しかった~

ましろんのブログに写真が載ってるから見てね♪

ましろんのアメブロ→心きらめく Special Day


photo:16


そして茨城に戻った今

まだわあいの時差ボケで

浦島太郎状態の私


さてさて浦島太郎が持ち帰った

玉手箱の中には何が入っているのかな?



iPhoneからの投稿

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

ひでねぇさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。