自画自賛な男

テーマ:

こんにちは!みゅうです。

 

 

 

今期のドラマ、なかなか面白くてけっこう見入ってます。

今期の特徴としてじわじわ面白くなってくるドラマが多く

なかなかいいですわ~。

 

 

朝ドラは今日もつっこみどころ満載で

べっぴん作るんじゃなくて

今度はタケちゃんのお嫁さんつくろうとしてましたー!

仕事して~仕事っ!!!

(見てない方、毎回毎回すみません!)

 

 

 

 

あとあと、土曜日ドラマも見始めましたー!

おもろいやーん!!

わんさま、教えてくださってありがとうございます!!!

 

 

 

 

 

 

 

さて、あいかわらずののん太郎ですが

いっこうにしっかりせず、ガックシな毎日ですーーー。

 

 

 

今日の朝もグダグダしているもんだから

 

 

私:「ねぇねぇー!!遊びながらごはん食べないで!!」

って注意したら返ってきた言葉が・・・

 

 

のん:「のんたろうくん、”ねぇね(姉)”じゃなくて、”にいに”!!!」

 

 

 

いや、そういう意味じゃなくて・・・

呆れてしまい、怒り続けることが不可能に・・・・。

 

 

 

 

 

その後、ため息交じりにのん太郎の顔をみながら

 

 

 

私:「はぁ・・・・のん太郎ってさ、顔はさ可愛いんだけどな~

   顔は!!!」って協調してみたら

 

 

目がルンルンで

「え??あとはどこが可愛いの??顔とぉ~あとはどこ~???」

 

 

超プラス思考な男です。

 

 

 

 

 

さて、今日もがんばりますかっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとう。

 

 

 

 

 

 

美羽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

おはようございます。みゅうです。

 

 

 

どうしましょう。

朝ドラが激しくつまらなくて

頑張ってみるまでになりましたー。

それでも頑張ってみようと思います。

 

 

教えてもらった土曜ドラマ録画しましたー!

見てみまーす!!!ありがとうございます。

 

 

火曜日のカルテットがシュールでおもしろく

じわじわきてますwww

4人のやり取りが最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、コメントさんで

 

 

>小学生の男の子もワイルドだよね(笑)
>雨の日に、傘もささず

>かぶってた学校の帽子に水たまりの水を入れ

>そのままかぶってる男の子を見たことがあるよ(笑)
>お母さんは怒らないんだろうか(笑)
>息子がそうして帰ってきたら、どう反応するんだろう、私・・。

 

 

 

男の子の系統って色々あると思いますが

のん太郎は同じタイプだと思いますwww

だからそういう子を公園で見ると

不思議とね可愛くみえてしまいます。

きっとそのお母さまも慣れっこなのではwww

 

 

 

 

男の子を育てていると

育児の延長上にそういうことあるよね~と思います。

毎日の積み重ねが

そういう突飛の行動の心構えとなっていくんですよね。

忍耐。忍耐(笑)

 

 

 

ちなみにのん太郎も新しい傘を買ってあげた初めての雨の日

傘をさしてあげたら、やめてくれと言われ

理由を聞いたら「傘が濡れちゃうでちょ!!」と言うてた。

 

 

その日、よりによって大雨で

それでも傘をささないという息子の手をとり

ずぶぬれで保育園へ到着。

先生たち、慌ててバスタオルを持ってきてくれました(泣)

 

 

そんなことがあったかと思えば大雨の翌日

泥んこの水たまりに逆さに広げた傘を入れて

泥水をすくい、頭から浴びてた。

もはや、ささないでいてくれた方がマシだった事件。

大事にしてたらしい傘も、あっという間に汚くなりました(泣)

 

 

 

 

 

 

さて、最近のん太郎は”オバケ👻”に敏感です。

怖いけど見たい。見たいけど怖い。

人間ではない何かってことはだいぶ理解していて

特にオバケが怖い存在っていう設定はしてこなかったんだけど(笑)

やっぱり怖いらしい。

 

 

 

そんなのん太郎に昨日の夜寝るときに

「ね~、のん太郎・・・今、なんか音がしたよ!」

と、驚かせてみました(むふふ)

 

 

超、敏感に反応するのん太郎。

何も言ってないのにオバケじゃないよ!違うよ~という(笑)

 

 

そこで私・・・

 

 

 

 

「ね~・・・のん太郎。

 やっぱりね、さっきの音・・・おばけみたいなの。」

 

のん太郎も顔も真剣です。

 

「どうやらね・・・・

 かわいい子だけを(ここ強調)

 食べちゃうおばけみたいなのよ。」

 

と、言ってみました。

 

 

そしたらね、のん太郎ったら・・・

 

 

「のん太郎君は、かっこいいんだけど・・・ 

 大丈夫かな・・・・」

と、真剣に悩むわけです。

 

 

もう、だいぶ可愛いのですが

この話はまだまだ続きます↓

 

 

「けど、ママとのん子ちゃんは食べられちゃうよ・・・

 大変だよ!!!!!」と、目は真剣。

 

 

だいぶ、可愛いのですがどうしましょうwww

 

 

「あ、なんか可愛い子とかっこいい子も狙っているみたいよ」

と、少しシナリオを変えてみると・・・・

 

 

 

「ママ・・・寝よっか。」

 

 

寝ることで解決しようとする息子。

そのまま一緒に寝室へ。

 

 

怖がらせるのもアレなんで

 

 

 

「のん太郎どうやらね

 愛されている子はね可愛くてもかっこよくても

 食べられないんだってよ!!!」

と伝えてぎゅーってしてあげたら

 

 

「そっか!じゃあ、のん太郎くんは

 パパとママに愛されてるから大丈夫か!」

と、言いそのまま眠りにつきました。

 

 

 

 

まさか可愛い子だけ食べちゃうオバケの設定だけで

ここまで親子で楽しめるなんて

(楽しんでたのは私だけだけど)

思ってもみませんでした。

自画自賛は相変わらずのようです。

 

 

 

みなさんのお子様にもぜひとも

可愛い子だけ食べちゃうオバケを

登場させてあげてくださいませ!!!

 

 

 

 以上!!

 

 

 

 

 

いつもありがとう。

 

 

 

 

 

 

美羽

 

 

 

 

 

AD

こんばんは!みゅうです。

 

 

 

 

 

 

今日の朝、のん太郎がお着替え中に

大真面目でズボンを頭から被っていて・・・・

 

 

「ママ~このお洋服ちょっと変だよ~入らないよ~」

と、言いうわけですよ。

 

 

ふざけてなら私もそのボケにのっかれるんだけど

大真面目に2つある足の入り口から

両手を出そうとするもんで

変だ~変だ~この服変だ~という息子に

 

 

 

「変なのはおまえだ~!!!もっとしっかりしてくれーー!!」

と朝から叫んでおりました(泣)

みなさまの朝はもう少し穏やかでしょうか・・・・?

 

 

 

うちの息子は大丈夫かいな・・・と心配になり

担任の先生に朝の出来事を話したら

 

「けど、のん太郎君、ズボンだったってことにあとで気付いたのね?」

と、聞いていて

「すぐにはわからなかったけど、あとからわかった!」

と、のん太郎は返答。

 

いやいや、すぐにわかれよ!!

と、母が突っ込む前に

 

 

「そっか!ちゃんとわかったんだね!偉かったね!」

と、ほめてくれました。

 

 

 

まさかそんなところに褒めポイントがあるだなんて・・・

先生ってすごいな・・・・・と思った次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことがあった今日の夕方

4人組の小学校4年生くらいの男の子たちが

私の前を颯爽と走っていったんだけど

おもいっきり持っていたジャンパーを落として走り去るわけですよ。

 

 

いやいや、こんなでっかい落とし物あるかい!!

しかも落としたことに気付かないんかい!!!

 

 

「おにいちゃんたち~!!おい~!!

 ジャンパー落としたよ~!!」と叫ぶと

やっと気づき

 

 

「あ!おれのだ!」

と、言って取りに戻ってきました。

 

 

私も

「ねーねー、普通さ着ていたジャンパー落としたら気づかないのー!?

 しっかりしてよ~!!」と、言ったら

 

 

「うん。これでもう3度目なんだよ~」と、いうその男子(笑)

「ママに怒られるでしょ?」と、言ったら

「うん・・・。しっかりしなさいって言われる!!!」と、元気の良い返事が・・・。

 

 

 

その後もジャンパー片手に走っていきました。

きっとまた落とすことでしょう(笑)

 

 

しかしなんだろ・・・。

ものすごい可愛かったです。

 

男の子、ずるいなw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の日記で

のん子がラクだと書きまして

これは2番目女子だからだと思っていましたが

2番目女子でもわんぱく女子もたくさんいて

コメントさんを読ませてもらってそのエピソード

とても微笑ましかったですー。

 

 

 

 

のん子がラクだなと思うのは

食事に全く手のかからないことが大きく

食事って1日3回あることなので

結局ごはんの心配が多い主婦にとって

食事に手のかからないというのはとても大きなことなのかなと思うのです。

 

 

 

とりあえずパンを片手にもたせておけば

落ち着いて食べるし

たとえそれがフランスパンだとしても

生後9か月にして

舐めて柔らかくしてちぎって食べるということもできるし

手先の動かし方や租借が上手なので基本的に手がかかりません。

 

 

もっと食べたければ泣くし

味付けが気に入らなかったら食べないので

味の直しが明確にこちらもできる。

それはとてもわかりやすくてありがたい。

 

 

 

 

朝ごはん食べながら昼ご飯の心配をして

昼ご飯を食べながらお夕飯は何にしようかと考える。

寝る前に明日の朝ごはんのメニューや段取りを考える。

なんか1日食事のメニューのことを考えてるな思うけど

そこに食べてくれるかなという悩みが付随してこない為

私は、楽だなと感じるのだと思う。

 

 

 

 

 

 

わんぱく女子も大好きだけど

我が家はのん太郎にほんと~に手がかかるのでとりあえず今のまま

現状維持でお願いしたいところですwww

 

 

 

きょうだいってうまくできてるんでしょうかね。

きょうだいともに大変というコメントさんもいただきましたが(笑)

 

我が家もこれからどうなるかが楽しみです。

 

 

 

 

 

育て方ももちろんありますけど

生まれ持った本人の気質って

いくつになっても大きいのかなと私は強く思います。

 

 

 

自分の育児に

言い訳するつもりはさらさらないんだけど

子供がしてしまったことを

全て親の責任としてしまうと

しんどいなと思う今日この頃です。

 

 

 

子供がしてしまったことは

全て親が責任をとるものだけど

そのこどもの行動すべてを”育て方”とは一概に言えないんだよな~と

そんなことを思います。

 

 

 

 

心底、可愛いと思ったり

心底、腹が立ったり

それでもやっぱり世界で一番わが子がかわいい。

 

 

小学生の子を持つ友達が言ってた。

1歳、2歳が本当にかわいかったんだけど

小学校になってほぼ対等に話ができるようになった今

今が一番かわいいって。

 

 

 

子供の成長を見逃さないよう

期間限定のこの幸せな時間を

私も大切にしていこうと思った瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとう。

 

 

 

 

 

美羽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

女の子育児

テーマ:

こんばんは!みゅうです。

 

 

 

女の子を10カ月、男の子を4年育てています。

(初めて訪問してくださった方にちょっと自己紹介してみました)

 

 

 

※今日の日記はあくまでもみゅう家の場合とお考えくださいませ。

 

 

 

 

 

 

友達や街を歩いて声をかけられたり

知り合いのおばちゃんだったりは決まって私にこう言います。

 

 

 

”男の子のあとの女の子はラクよ~。”と。

 

 

 

うちの場合、のん太郎がザ男子タイプなので

この言葉を信じて(?)女の子を育てること10カ月。

 

女の子育児をラクという言葉で表現するのは如何なもんかと

思ってはいたものの・・・・

のん太郎に手がかかりすぎるせいか、2人目だからのか・・・

のん子ちゃん育児、ラクをさせてもらってます(汗)

 

 

 

その分、第一子男児は大変ですが・・・・。

 

 

 

なんでしょう。

女の子って生まれた時から”女子”じゃないですか?

のん太郎とは比べ物にならないほど・・

なんでしょう?教えていないのにできることが多いと言いますか・・・

いや~全然違います。

 

 

 

だってね、まず大声的な奇声をのん太郎はよく発していたんですが

のん子ちゃんはそういうのはあまりないです。

外食の時もところかまわずぐずっていたのん太郎に比べ

のん子は外食の時は決まっておとなしく座っていられます。

ベビーカーから脱走しそうになる的なことはまずありません。

 

 

 

 

そしてなんと言っても食事!!!家での食事でも外食でも

めちゃめちゃ掴み食べが上手!!

な~んも教えてないのに、ちぎって食べたり

食べられる分だけ口にちょっとずつ運びます。

いや~天才ですwww

 

 

 

のん太郎はぐっちゃぐちゃだった。

いや、今でもけっこうぐだぐだになることもあるので

0歳ののん子の食事の方がよっぽど落ち着いてます。

兄よ・・・しっかりしてくれよと言った具合です。

 

 

 

まぁまだね10カ月なんで

これからいくらでも変わっていくのでしょうが

とりあえず全然違うというか

生き物が違うという表現が一番しっくりくるように思えます。

こりゃ、男児2人のところは大変じゃ~と思うけど

もし3人目が望めるなら、男の子がいいななんて勝手に想像したり

違う愛らしさを感じる日々です。

 

 

 

にこにこにこ~って穏やかに笑う仕草や

同じ場所にずっと座っていられる落ち着きっぷりに驚きつつ

のん太郎にはなかったママ追いを今たっぷりと味わっております。

これも新鮮なんですわ!!かわいいです~。

 

そんなのん子はお兄ちゃんが一番好きで

のん太郎の声がするだけで声を出して笑います。

 

 

 

のん太郎は

”にいにと呼んでくだちゃい!!”と言い

のんたろう~と呼ぶと、のん太郎じゃなくて、にいにと呼んでと

訂正が入ります。

 

 

保育園のお友達にも

”にいにと呼んで”と言うらしく

お友達には

”いや、ぼくのお兄ちゃんじゃないから・・・”

と、言われているそうです。そりゃそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子が”ラク”なんじゃなくて

(のん太郎が”大変”というのは事実だけど)

そもそも男の子と女の子の大変な時期が違うのではと

私は思っていて

きっと女の子が大変になってくるのは

人間関係が色濃くなってくる時期で

もう少しあとなのかな~なんてぼんやりと思います。

 

 

だから正直ね

悩みの深さからいくと女子の方が大変なのかもしれないと

そんなこと考えます。

 

 

 

とにもかくにも

しっかりと育てていきたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まずは、のん太郎だ・・・。

 

 

 

あと2年で小学生。

このままじゃ保育園留年だーー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続く・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

美羽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専業主婦の道を考える

テーマ:

こんばんは!

みゅうです。

 

 

 

今日も朝からべっぴんさんを見ながら

「暗いんだな~。朝から暗いんだよ~。」

ってテレビに文句を言ってたら

のん太郎が電気のスイッチをつけて

部屋に明かりを灯してくれました。

 

 

そんな様子をパパが見ていて一言。

「子供に気をつかわせてどうするんだよ~。」

 

 

はい。ごもっとも。

 

 

 

 

んなわけで、NHKさん。いや、脚本家さん!!

もう一度自分の脚本を読み直してくださいませーー!!!

 

 

来週の予告も気になりましたよーーー。

すみれとさくら和解するのー?なぜー?どうしてー!

 

 

さくらが母すみれの愛を感じるらしいんだけど

母としてすみれにだって問題があったのに

そこを改めず顧みず・・・

どこに愛を感じたとですかーーー!!!

 

 

そこを重点的にみていこうと思います。

もはやこのドラマの楽しみ方が路線変更ですーーー。

 

 

 

脚本家さん、たのみますよー!!

これじゃ、見るほうも演じるほうも

ましてや舞台であるファミリアさんも

だれもむくわれなくってよーー!!!

 

 

 

 

 

 

話は変わってみなさん

インフルエンザはお近くで蔓延してませんかーー!!?

 

 

 

 

 

実は先々週から我が家はインフルエンザの大騒動でして

まずは私から発症しまして続いて娘が発症。

あ~!やっと私たちよくなった~!!!

と思った矢先にパパと息子が同時に発症いたしました。

 

 

 

よやく終結しましたが

インフルエンザの感染力おそるべしです。

 

普通こどもからもらうのに

率先して私がかかり子供たちに移してしまいました。

すまんーーー!!

 

 

 

 

 

どうでもいいと思いますが

どこからあの強力なインフルエンザ菌を

わたくし、もらってきたかといいますと・・・・

絶対に市民プールに行った時かと思いますーー。

 

 

 

 

のん太郎がこんなに寒いのにプールに行きたい!なんて言うもんで

近くの温水の市民プールに行ったのですが

暖房がしっかりきいておらず極寒(泣)

 

 

冬はしっかり温水にしてくださいーーー(泣)

更衣室も暖房がかかっておらず極寒。

もう行きませんーーー。

 

 

 

そんなプール事件があった翌日

調子があがらないなと思っていたら、その翌日に発症。

40.6度まであがりまして死にかけましたーーーー。

大人の40度越えは生死をさまようレベルですーーー。

 

 

 

1週間かけて治したんですが

あれって不思議なんですが

急にラクになる瞬間がありまして

あ!インフルエンザ菌が体からぬけた~!っていう感覚があるんですよ。

インフルエンザはつらいですが、その瞬間だけは最高ですwww

 

きっとなんかの呪文が解けた時も

こんな感じなんだろうなと思いますー。はい。

 

 

 

 

私、去年もかかり今年もかかり

インフルエンザにもだいぶ慣れたもんです。

インフルマスターと呼んでくださっても結構です!

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぅ。

 

 

 

本題!!!

 

 

 

 

相変わらずこのブログは本題までが長いの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のん太郎が生まれる前までバリバリ働き

のん太郎が生まれたあともフルタイムでやってきて

役職にはつかなかったものの

その業務内容は多岐に渡り

働くママとして精一杯やってきた。

 

 

 

そして二人目が生まれ

のん太郎は来年度から年中クラスになり

のん子ちゃんは4月生まれなので1歳で復帰でも

0歳クラスから保育園生活がスタートする。

 

 

 

自分はずっと働くものだと思ってた。

役職にもついて、子育てをしながら働くものだと思ってた。

そんな中、のん太郎が生まれ役職を辞退した。

そんな選択をした自分にも驚いたが

そんな自分がここに来て今度は仕事の継続を悩み始めている。

 

 

”仕事を辞める”という選択肢が

まさか自分の人生にあるとは思えず

人は変わるものだと2人の子供を育てながら

冷静にそんなことを思う。

 

 

 

 

仕事の変わりはいるけど

母親の変わりはいない。

ありきたりの言葉が身に染みる。

 

 

 

育児は時間じゃない。密度だって・・・

ずっとずっとそう思ってきたし

のん太郎はそう育ててきて4歳になった。

 

 

 

保育園でたくましく育つ息子は愛おしいし

働くという選択をしたことに後悔は全くない。

 

しかし2人目が生まれ

働くという選択に初めて揺らぎが生じた。

 

 

今は育休中ってこともあり

専業主婦となった生活が1年たち

家事と育児の生活。

働いていた時とはくらべものならない時間的余裕。

それがとても心地よい。

 

 

 

専業主婦は専業主婦でけっこうやることが多くて

掃除洗濯料理に・・・(ドラマ鑑賞に)

あっという間にお迎えの時間で

まさに家事と育児に追われる日々を送っていて

ゆっくりとした自分の時間なんてないし

仕事をしていた時のように一人の人間として家族以外に

必要とされることも正直ない。

 

それがね苦痛になるものだと思ってたのにそんなこともなかった。

人間とはわからいものだ。

それが意外だった。

 

 

 

 

さすがにこのまま仕事を辞めますってわけにはもちろんいかないし

一度しっかり復帰をし、改めて自分の人生を見つめなおしていこうと思う。

昔からの読者様は、もしかしたらまさかの選択!って思うかもしれないけど

私自身も、まさかの選択と思っているので

考えて考えて結論を出せたらと思うのです。

 

 

 

具体的はのん太郎が小学校へあがる前かなと検討していて

小学校にあがるとだいぶ手が離れるから

もったいないよ~とも言われるし

本当に迷いに迷っているさなかです。

 

 

しかし一度きりの人生。

思うように納得いくまで悩み

また結論が出たらここで報告させてください。

 

 

 

あとね4月1日に復帰するときは

もうねフルタイムで働くことはできないと職場に丁重にお断りをしてきました。

職場のみなさんも・・・驚いておりました(汗)

 

最大限の時間短縮勤務を使い

子供との時間を大切にしていくという決断が

今できる精一杯の選択となりました。

 

 

 

 

以上!

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとう。

 

 

 

 

 

美羽