今週の見通しは?

テーマ:

株式の方は、下値固め後に自律反発をうかがう展開か?となってますが、先週の金曜日のシカゴ市場の先物が、15620円で終えているので、弱含みな展開でスタートしそう。
 ここで指摘されている底堅い価格とは、15500円を指しているのかな?
一応、野村証券の岩沢氏は、下値は1万5500円近辺とし、9月25日に付けた直近の取引時間中の安値1万5513円を下回らなければ自律反発を試す展開になるとの声もあるが、為替相場で円高が、進行すれば輸出関連株には逆風となり、ズルズルと下落する恐れもある。
 大和総研のテクニカルアナリストの木野内氏は、
 日本株固有の下げ要因だつた株式需給が改善に向かううえに、暴落レシオも売られ過ぎの水準。下値が固まったのを確認すれば1万6000円台の回復が、視野。
(週足のロウソク足は、窓を開けた塔婆、テクニカル的には、下落を指している様に見えますが、市場心理を冷やさないために、堅調なコメントを出している感じ。)

為替に方は、円高が進み,114円台も。
 これまで大量な円売り・ドル買いをしてきたヘッジファンドが、決算期での利益確定の反対売買が発生する為、円が急上昇し114円台に乗せるとの予想が多い。
 決算売りなら27日~28日が山場と思われ、29日に発表される10月の鉱工業生産で、相場が反転する可能性もある。
(日銀は、IT関連在庫増加は楽観視しているが、実際は、どうかですね。)
 少数意見として、バンク・オブ・アメリカの藤井女氏は
先週末のドル急落は、投機的な動きが主因。投機筋は、日米金利差分だけ損失となる円買い・ドル売りが継続する可能性は低いとみている。
(ボーナスシーズンになると、外債信託買いが増え、ドル買い・円売りに流れになる)

先週のレ-ティング(11月20日~11月24日)

[ドイツ証券]
11-20 据置き   A <5384> フジミインコ      3,200→ 3,900円

[G・S証券]
11-20 引下げ A→C <8628> 松井証券       1,260→ 740円
11-20 据置き    A <4966> 上村工業
11-24 引上げ B→A <9843> ニトリ            5,900円

[メリルリンチ証券]
11-24 据置き   A <8798> アドバンスクリエイト  451,000円

[UBS証券]
11-20 据置き    A <5288> ジャパンパイル    1,400→ 1,500円
11-21 引上げ B→A <7606> Uアローズ    2,600→ 2,200円
11-21 引下げ A→B <7240> NOK      3,400→ 2,400円
11-22 引下げ A→B <5803> フジクラ
11-24 据置き    A <4021> 日産化学     2,150→ 1,800円
11-24 引上げ C→B <8358> スルガ銀     1,200→ 1,450円

[C・S証券]
11-20 据置き    A <5333> 日本ガイシ       2,100→ 2,250円
11-20 据置き    A <8282> ギガスケーズデンキ   4,000→ 4,400円
11-21 新 規    A <5301> 東洋炭素          12,000円
11-22 据置き    A <7729> 東京精密         8,000円
11-24 据置き    A <3436> SUMCO        9,200円
11-24 引上げ  B→A <4568> 第一三共     3,000→ 4,000円
11-24 据置き     B <7974> 任天堂      23,000→ 28,000円

[M・S証券]
11-21 据置き    A <7741> HOYA     5,150→ 5,500円
11-21 据置き     B <7240> NOK       3,000→ 2,700円
11-22 据置き    A <4739> 伊藤忠テクノ   6,400→ 7,300円
11-22 据置き    A <5423> 東京製鉄     2,600→ 2,000円
11-24 引上げ  B→A <3401> 帝人        697→ 883円
11-24 据置き    A <4307> 野村総研     17,700→ 18,100円
11-24 据置き    C <9613> NTTデータ  375,000→420,000円

[みずほ証券]
11-20 引上げ 3→1 <6962> 大真空             750円
11-22 引上げ 2→1 <4004> 昭電工          550円
11-22 引上げ 3→2 <1812> 鹿島           750円
11-24 据置き    1 <6923> スタンレー電  2,750→ 2,900円

[三菱UFJ証券]
11-20 引上げ 2→1 <8868> アーバンコーポレイション
11-20 引上げ 3→2 <2322> NECフィールディング
11-21 引上げ 2→1 <4521> 科研製薬      940円→ 1,010円
11-21 新 規    2 <5017> AOCホールディングス
11-21 引下げ 3→4 <1824> 前田建設工業
11-22 据置き    1 <4047> 関東電化工業
11-22 据置き    2 <9436> 沖縄セルラー      353,000円

[大和総研]
11-20 引上げ 2→1 <3764> アッカネット     278,000→568,000円
11-20 据置き    1 <7541> メガネトップ       2,000円
11-21 据置き   1 <7541> メガネトップ   2,000→ 2,500円
11-21 引上げ 3→2 <3405> クラレ
11-21 引上げ 3→2 <4293> セプテーニHD     139,000円
11-21 引上げ 3→2 <6765> ケンウッド
11-21 引下げ 2→3 <1801> 大成建設
11-22 引上げ 3→2 <3405> クラレ
11-22 引下げ 1→3 <2759> テレウェイヴ
11-24 据置き    1 <4756> CCC
11-24 引上げ 3→2 <3941> レンゴー
11-24 引上げ 3→2 <9427> Eアクセス
11-24 引下げ 1→3 <7966> リンテック

[野村證券]
11-21 据置き   1 <6366> 千代田化工建設
11-21 引下げ 2→3 <2759> テレウェイヴ
11-22 据置き    1 <6135> 牧野フライス
11-24 新 規    1 <9474> ゼンリン         4,700円
11-24 据置き    2 <2873> 加ト吉

先週買い超しのM・S証券推薦銘柄をチェックすると

× HOYA <7741> 11-21 据置き A  目標株価 5,150→ 5,500円
 30円安の4330円 支持線を下回っており、短期的に株価は下降すると思われます。短期的な売り建てに 適していると言えるでしょう。中長期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。中 長期的な取引については、しばらく様子見。ただし、直近 での株価の不安定な動きには注意。
 
△ NOK <7240> 11-21 据置き B  目標株価 3,000→ 2,700円
 15円安の2085円 短期的に株価に不安定な動きが予想されます。この銘柄を売り建てしている場合は、 買戻しを検討する時期。中長期的にはあまり大きな値動きはないで しょう。中長期的な取引については、しばらく様子見。

○ 伊藤忠テクノ <4739> 11-22 据置き  A   目標株価 6,400→ 7,300円
 130円安の6450円 抵抗線を越えており、短期的に株価が上昇すると思われます。短期的な取引では、買 いに適していると言えるでしょう。中長期的には株価に不安定な動きが予想されま す。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的には買戻しを検討する時期と言えるでしょう。直近でも株価の不安定な動きには注意。

× 東京製鉄 <5423> 11-22 据置き   A   目標株価   2,600→ 2,000円
33円安の1587円 支持線を下回っており、短期的に株価は下降すると思われます。短期的な売り建てに適していると言えるでしょう。中長期的にも株価はやや下降傾向で推移しそうです。 この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。

△ 帝人 <3401> 11-24 引上げ  B→A    目標株価   697→ 883円
 3円高の701円 短期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向で推移しそうです。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。

△ 野村総研 <4307> 11-24 据置き   A  目標株価    17,700→ 18,100円
 -100円安の16000円 短期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向で推移しそうです。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。

△ NTTデータ <9613> 11-24 据置き  C 目標株価 375,000→420,000円
 -7000円安の560000円短期的にも中長期的にも、あまり大きな値動きはないでしょう。取引については、短期も中長期もしばらく様子見。

△ エクセディ  <7278> 11-09 新 規   A  目標株価   4,500円
 100円高の3460円 支持線を下回っており、短期的に株価は下降すると思われます。短期的な売り建てに適していると言えるでしょう。一方、中長期的には株価が上昇する可能性があります。中長期的な取引では、買いに適していると言えるでしょう。ただし、直近での株価の不安定な動きには注意。

× ファナック <6954> 10-30 据置き   A
10円高の10550円 短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや下降傾向で推移しそうです。この銘柄を売り建てしている場合は、短期的にはこのまま保有。中長期的にも株価はやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建て している場合は、中長期的にはこのまま保有。ただし、直近での株価の不安定な動きには注意。

△ しまむら <8227> 10-31 新 規   A    目標株価  14,700円
 -160円安の12210円 短期的にも中長期的にも、あまり大きな値動きはないでしょう。取引については、短 期も中長期もしばらく様子見。



ポイントスマイル

見返り美人ゲーム!

AD

コメント(1)