UFO開発とテスト飛行

テーマ:
UFO開発とテスト飛行

第二次世界大戦でドイツが敗戦したとき、
既にUFOに関するありとあらゆる秘密文書は、
破棄され、工場は完全に破壊された。
しかし、ドイツが開発したUFOは“空飛ぶ亀”
だけでなかった。

ナチス親衛隊「SS」と呼ばれた秘密部隊のもと、
“V7”と呼ばれた新兵器の開発が密かに進め
られていた。このプロジェクトでは、15のプロトタイプ
が完成していたといわれる。

ドイツ初の円盤型飛行機は、“RFZ-1”と呼ばれ、
“ヴリル協会”という秘密結社のシェーマン博士が、
その開発に携わっていた。驚くべきことに、この
“RFZ-1”が完成したのは、1934年6月。第二次
世界大戦が勃発する5年も前のことだった・

ブランデンブルクにあるアラド航空機製造工場の敷地
内でテスト飛行が行なわれた。ロター・ヴァイツという
テストパイロットが、地上60㍍まで上昇したが、
機体の安定が悪く、改良の余地を残した。

1934年末、“RFZ-2”ができあがった。特徴は、、、

つづく


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※ナチスの別のUFO見取り図。
☆RFZ-1に始まり、幾つもの機体写真が存在する。
☆今日のメルマガでも話しているけれど、戦争は初めから
勝敗が決まっているビッグビジネス。いつかここでも詳しく。
☆ヒトラーは勝ち負けで独裁政権を取ったワケじゃない。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!
https://www.encounter-web.com/
AD

空飛ぶ亀

テーマ:
空飛ぶ亀

第二次世界大戦終戦の1年前、
1944年、『ニューヨーク・タイムズ』にこんな記事が。
「謎の空飛ぶ球体は、ナチスの新型航空兵器・・・
連合軍最高司令部発。ドイツの新型兵器が
ヨーロッパ最前線の上空に現る。米空軍パイロットの
報告によると、ドイツ領空内で銀色の球体をした
飛行物体に遭遇した。それらは1機の場合も
あるが、編隊をなすこともあり時に半透明になる
こともある。」
当時の連合軍側のパイロットたちは、“火の玉”とか
“幽霊戦闘機”などとネーミングして恐れていた。

それはドイツ軍によって“空飛ぶ亀”と名付けられ
た無人のリモート・コントロール機だったといわれる。
この空飛ぶ亀は。戦時中ドイツの占領下にあった
オーストリアのウイーンにあった秘密工場で製造され、
ジェット推進により驚異的な速度で連合軍側の
戦闘機に接近し、電磁波で相手のエンジン点火
装置を狂わせ、撃墜さえることができた。

つづく

雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※パイロットから、フーファイターとも呼ばれた。
☆この時の記事も、新聞社の勘違いかとも思った。
☆1990年頃に証拠を掴むまでは、僕も懐疑的だった。
☆ここから、みなさんがホントに知りたいことにも触れます。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!
https://www.encounter-web.com/
AD

衝撃の事実に困惑

テーマ:
衝撃の事実に困惑

みなさんは、ナチスがUFOを開発していた!
というと、ほとんどのヒトが「そんなバカな・・・」
と困惑したような顔をする。実は僕もそうだった。
⒛年以上前に、『ナチスの秘密兵器』という本を書
いたけれど、欧米の一部の軍関係者だけが知っ
ていた事実。でも、詳細はどこにも見当たらず、
不確かな憶測による情報が多く、全体像は皆目
見当もつかなかった。

だから、僕は世界各地を取材してきた。その結果、
『ナチスがUFOを造っていた』という本を書いた。
あの時、僕も驚くべき事実に衝撃を受けた。

巡り遭った超大物との対談は、目から鱗だった。

この話をもう少しつづけます。


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※ハウニヴー1型とハウニヴー2型(アダムスキータイプ)
ナチスの資料を基に僕のP、K氏が描いた。
☆世界各地での取材は、その深さたるや想像を超え
☆驚くべき事実に困惑すら。観光じゃなにも分からない。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!
https://www.encounter-web.com/
AD

普通に考えてもスゴイ能力

テーマ:
普通に考えてもスゴイ能力

体長約1㌢のクロオオアリは、僕の1/162。
そんな小さなアリに感情や思考なんてないと
いうヒトもいるけれど、そんなことはない。
彼らも感情があり、頭もフル活動している。
渋谷スクランブルのように互いにぶつからないし、
敵と察すれば一致団結戦闘モードになる。
感情を全面に部隊が次々に参戦する。

アリの巣を見たことがあるだろうか?
建築士も驚く緻密に計算された居住空間は、
地下の高層ビルのように複雑に広がっている。
思いつきでこんな構造は作れない・・ハズ。
しかも、大集団の一番大切な女王アリと卵は、
なによりも大切にされる空間にある。

クロオオアリの巣の深さは2㍍にもなる。僕は、
地下に東京タワーなんてとても作れない。


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※巣に溶かしたアルミを入れた実験。とはいえ・・
(海外のアリの巣)
☆僕の約205倍の高さが東京タワー。
☆東京は暑くなりそう。地下に潜ったほうがいいかも。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!
https://www.encounter-web.com/

月の裏側でじっと居座るUFO編隊

テーマ:
月の裏側でじっと居座るUFO編隊

3年ほど前、NASAにいる友人の電話で知った。
友人は、僕の大事な情報源のひとり。
「ミスター・ヤオイ、大変だ。巨大なL字型物体が地球に
急接近している」という。
調査した結果、金属質のカーボン強化材の構造体
らしく、地球上で考えられない強度を持った物体。
とても自然のものではないと興奮を隠しきれない。
さらに、その物体はフォース・フィールドを形成しており、
接近は極めて難しいという。

4ヶ月後、火星から200マイル離れたところを通過
すると忽然と姿を消した。

しばらくして、同データを観測すると、その物体は、
月の近くに出現した。しかしその物体は、5機の
未確認物体で円陣を組んでいると連絡があった。
物体は、月に接近を続けたが、突然月の裏側に
隠れてしまい、居座っているというのだ。

ここでいったい何をしていたのだろうか。


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※太陽の上に十字架のような物体が見える。
NASA観測衛星SOHOが太陽近辺で撮影した画像。
☆今日の話は、米マクドナルド宇宙観測所で撮影された。
☆僕らが考えもつかない姿をしている物体は多い。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!
https://www.encounter-web.com/
UFOは、今さら存在するとかしないのレベルじゃない108
=NASAデータ発表の矛盾=

元NASAの科学顧問で科学ジャーナリストの、リチャード・
ホグランド氏は、「実は、行方不明ではなく、ポーランダーは、
人面岩のあるシドニア地域に着陸し、詳細な情報を秘密
施設へ送信しているのではないか」と推論しているのだ。

また、ロシア宇宙航空指令部のレオニード・アレクセイエフ将軍は、
「太陽系内に地球外知的生命体の宇宙船が存在する。
1996年に行方不明になった“マーズ・クライメイト・オービター”は、
それによって迎撃された可能性がある」と明言している。
そして、「火星周回軌道上に、長さ40Kmの招待不明の
宇宙船らしきものが時々、姿を現すことが確認される」
と報告書をロシア政府に提出しているのだ。

ここに興味深い日本の新聞記事がある。


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※4月、キュリオシティが撮影した火星の地表
☆元データは4メガ以上あるので、見たい人は、
☆NASAの公式HPを閲覧するといい。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!

どこまで隠し切れるか

テーマ:
どこまで隠し切れるか

3年前、お隣の大国は「嫦娥3号」を打ち上げ、
「玉兎号」で撮影した月面写真を次々に公表
するハズだった。機械のトラブルというアクシデント?
なども報告されたけれど、現時点で、数万枚の
カラー写真を誰でも閲覧できるよう公開している。
近年、4号を打ち上げ、月の裏側にも着陸する
計画もある。

3号の打ち上げは、2013年12月。この年の1月、
アメリカの「ベテランズ・トゥデイ」はこんな記事を掲載。
「議会で、エイリアン月面基地の存在を暴露」とある。
内容は、『NASAは証拠写真隠滅を主導し、
これまでに数千枚近くの写真を修正、曖昧で見え
にくいように細工をしていた』というものだった。

お隣の大国が公開している写真は、解像度も高く
実に鮮明なカラー写真。人海戦術ならお手の物国。
どこまで隠しきれるか。


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※大国が公開している月面写真
☆ベテランズ・トゥデイのベテランズ=退役軍人の意味。
☆軍事動向に興味持つ読者向け政治色サイト。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!

ラスボスは誰か

テーマ:
ラスボスは誰か

太陽系の惑星で、地球より大きい星は、
大きい順に、木星・土星・天王星・海王星。
木星や土星のガス惑星もかなりデカイ。
太陽系で一番デカい木星は、地球の11倍だけど、
それでも太陽は、木星の10倍の大きさもある。

水・金・地・火・木・土・天王星の惑星、
冥王星やケレスやカロンなど準惑星、無数の星片を
引きつける母星太陽は、地球の109倍のデカさ。
やっぱり母星は巨大とわかる。

僕らの地球の衛星である月が、地球を中心に
周回軌道を持つように、地球も兄弟惑星と一緒に
母星を周回している。母性である太陽も銀河系の
巨大なエネルギーを中心に周回している。
その中心にあるのがブラックホールとされる。
これも、宇宙全体の何かに影響されている。

全てを動かしているボスは、まだ未知の世界。
ラスボスは、一体どこのどいつだろうか。


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!


※地球は天国に近いのかもしれない・・・
☆宇宙には、はくちょう座V1489星のように
☆太陽の数千倍の大きさの星が存在する。
☆これもまた、またすぐに書き換えられる。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!

宇宙はデッカイ

テーマ:
宇宙はデッカイ

僕らが住んでいる、銀河系の中の太陽系。
ずいぶん端の方に位置しているけれど、
太陽のお陰で、連なる惑星が生かされている。
地球も、その中の一員。

銀河系の中に恒星は約2000億個あるとも。
各恒星のお陰で生かされている惑星は未知数。
それぐらい銀河系すら広大で未知な星の敷地。

銀河系を自国とすれば、分かっているだけで、
他国は、7兆国以上存在すると言われている。
僕ら、自国の景色も、隣県も市町村も知らない。
とてつもなく小さな井の中の蛙。

宇宙がどれぐらい大きいか、たまに考えると、
僕らの悩みなんて小さなもの・・と感じるハズ。

少々失敗しようが、大したことはない。


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※太陽系だけの大きさ比較。
☆太陽の大きさは地球の109倍。
☆銀河系の恒星の中でも太陽はスゴク小さい。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!
UFOは、今さら存在するとかしないのレベルじゃない107
=NASAデータ発表の矛盾=

「マーズ・ポーラーランダー」の頃からある極秘のプロジェクトが
実施されたという。
元NASAの科学顧問で科学ジャーナリストの、リチャード・
ホグランド氏によると、NASAは密かにJPLと同じ
コントロール技術を手に入れ、同じ施設をテキサス州ダラス
郊外の広大な土地に、工場を装い建設した。以降、
火星探査機が、火星周回軌道に到達して、小ロケットを
噴射する瞬間、電波チャンネルがこの秘密の電波管理室
に切り替わるよう、コンピューターに細工をしたというのだ。

現にポーラーランダーは、火星の南極上空に到達した後、
行方不明になっている。だが、強力な解像度を誇る
特殊カメラを搭載した「マーズ・グローバル・サーベイヤー」が、
南極の地形をくまなく捜索したにもかかわらず、
墜落した「ポーラーランダー」の本体はもとより、一緒に
落下したパラシュートの影も形も発見できなかったのだ。


雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※火星の南極冠(夏)

☆氷のように見える部分はドライアイスの可能性がある。
☆火星移住計画は決して夢物語じゃない。
☆先週アップ出来なかった記事。
https://www.encounter-web.com/

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi
◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/
◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/
◆UFO鑑定サイト「エンカウンター」要チェック!