算数が好きになる!鶴田式算数塾

鶴田式算数塾
2歳児から、小学生、
中学生まで個別指導で、
性格に合わせてサポート

解けるではなく分かるを

たし算、ひき算だけでなく
計算から分数、面積など全て
積木を使い、徹底的な量感育成

楽しく、ゆる~い学習が、算数を得意にする。


テーマ:

教室には、現在、年少さんから新6年生まで通っています。

中には、他の塾に通っている子どものいます。そして、他の塾でやってわからなかったことも勉強します。事前に準備をするわけでもなく、子どもがわからなかった問題を持ってきてその場で始めてみます。

そこから一時間程度で、理解させなければなりません。

有名塾で出来なかったこと、分からなかったことをするのですが、今まで翌週に持ち越したことは数回しかありません。

基本、幼稚園児に教えるのも、6年生に教えるのも、中学生に教えるのも同じです。

ここに鶴田式の魔法の種があるのです。

一言でいうと、「理解できないのは見えないから」なのです。ですから「見えてないものを見せる」ことができれば、一瞬で理解し解決します。

簡単にいうとそれだけなのです。そして、私は、今まで様々な教材では見せることが出来なかったものを具体的に見せます。

手品と同じです。見えない状態は、不思議に見えるものが、見えてしまうと「なーんだ」と感じるものです。算数はその典型なのです。

算数は数学になり、高校で抽象化されていきます。ですからこのやり方が通用するのは、中学までです。しかし、中学までの数学をちゃんと理解していれば、抽象化はさほど難しくありません。

具体的例を理解し、性格や性質を理解していれば、それは正しく抽象化したことと同義です。ですから、中学までの算数・数学を見える形で学習することは、高校の数学への基礎作りとしては、最も有効な学習なのです。

ある意味、具体的事象から抽象化する方法を学んでいるともいえます。

そして、現在この手法を採用している大手は一か所もありません。
私が知る限りでは、個塾も含めて一件もありません。

理解を優先する鶴田式は、習う順番も全部ひっくり返してしまいます。
ひとつ例を示します。

大きい数のたし算


このプリントは、足し算・ひき算が終わったらすぐに勉強します。当たりまえの様に直ぐにできるようになります。しかし、本来学校では、かけ算が終わった後で教えます。早い子は、就学前に大きい数字に対する概念理解は終わらせます。この問題は段々難しくなり、最終的には、大きい桁の筆算(たし算・ひき算)へと繋がります。しかし、それも、わずか数か月で終了し(その間にかけ算の概念理解も始めます。)10桁を超えるたし算・ひき算が自由にできるようになります。

無理をするわけでも、宿題をするわけでもなく、ゆっくり理解しながら進んでいくと、この程度の事は、どんな子どもでもすぐに出来るようになるのです。


鶴田式学習クリニック 人気ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

算数が好きになる鶴田式算数塾さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります