「異性の心を上手に透視する方法」公式ブログ

全米ベストセラーの翻訳書「異性の心を上手に透視する方法」の訳者、カップル&ファミリー専門コーチ・塚越悦子のブログ


テーマ:

Dressで「成功する結婚」という連載を開始しました。

 

*前回の記事「ふたりの『結婚観』を言葉にすること」*

 

今回の記事では、私と夫が受けたプレマリッジ・セミナーでも、とても大事なテーマとして多くの時間をさいていた「コミュニケーション」について書きました。

 

国際結婚・日本人同士の結婚を問わず、カップルの間でチャレンジを抱えている人のご相談をお受けする中で、コミュニケーションについての考え方そのものも大きく違っていると感じることがあります。

 

人によっては、そんなの当たり前でしょう・・と思うのかもしれませんが、「お互いになにか不満があったら話し合うべき」とか「意見が違うことについてはコミュニケーションをとるのは当たり前」という、その前提からまず確認をしたほうがよいのでは?と考えるようになりました。

 

国際結婚の場合は「違いがあることは明白である」という点で、まだ「話さないとわからないよね」と両方が思っていることが多いですが、これが日本人同士となると、つい「同じ考え方をするはずだ」と思ってしまうことも。

 

そして結婚生活が長くなるにつれて、お互いを知っているような気になってしまうという点も、コミュニケーションをついさぼってしまう理由ではないでしょうか。

 

哲学者ニーチェが残した「結婚生活は長い会話である」という有名な言葉を借りるならば、結婚するときに誓うのは「一生の愛」だけではなく「一生、話し続けるという覚悟」でもあるのかもしれません。

 

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カップル&ファミリー専門コーチ 塚越悦子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります