「異性の心を上手に透視する方法」公式ブログ

全米ベストセラーの翻訳書「異性の心を上手に透視する方法」の訳者、カップル&ファミリー専門コーチ・塚越悦子のブログ


テーマ:

日本人と結婚して日本に滞在する外国人が、知らない間に離婚されている被害が増えているという記事を読みました。

 

知らぬ間に外国人被害 支援団体がリーフレット」というこちらの記事には、「日本の離婚全体の約9割を占める協議離婚は、夫婦が署名した届を役所に出せば成立する。署名の真偽は確認されない」と書かれています。

 

配偶者が本人になりすましてサインをして受理された離婚届により、親権を失ったり、日本にいられなくなるという被害を被る人もいるのです。

 

このように一方的に届けを出されることを防ぐために、事前に離婚届の「不受理申出書」を提出するという方法があるそうです。

 

そうすれば、相手が勝手に離婚届を出したとしても受理はされず、また一度出した不受理申出書は、出した人が取り下げない限り有効ということです。

 

関西の7団体や弁護士、大学教授らでつくるグループ「リコン・アラート」という支援団体のサイトの動画で詳しく説明されています。また、11か国語のバージョンがあるリーフレットも配布しているそうです。

 

あるFacebookグループでこの件が話題になっており、「パートナーのことは信じているけど、念には念を入れて早速「不受理申出書」を出した、と書き込んでいる人もいました。

 

お知り合いの外国人と日本人のカップルで、なにやら険悪なムードになっている人たちがいたら、念のため外国人のほうに教えてあげるといいかもしれません。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カップル&ファミリー専門コーチ 塚越悦子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります