開運 納涼会のご案内 №1045

サマンサと一緒に、お喋りとお食事を楽しみませんか。

日 時:2016年7月14日(木)

第一部:心霊の世界について質疑応答(17時~18時30分)。
第二部:サマンサと一緒にお喋りとお食事(飲み物付き)(19時~21時まで)。

開場は16時30分から。いずれの部参加も可能です。

会 場:明松庵とヒルトン東京のホテルレストラン

参加費:お一人様 2万円

霊能者であり高野山真言宗の僧侶でもあるサマンサ(法名:明松みょうしょう)が交信している神仏の世界を覗いてみませんか。

不思議な体験や霊魂の謎など、たくさんのご質問にお答えしたいと思います。
さらに、ご参加の方全員に、開運パワーをお持ち帰り頂きます。

予約制です。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

(明松庵 ℡ 03-3344-3755 電話受付けは土・日・祝を除く平日11時~19時)

守護霊との付き合い方 №1044

私の守護霊は何ですか?

死んだらどうなるのでしょう。
さらに、生まれ変わりはあるのでしょうか。

ご先祖と前世の違いとは。
次元の高い自分とは、いったい何者?

質問はつきませんが、いずれにせよ現在の自分は、今世限りです。

では、守護霊や守り神などはどのような存在で、どのようにお付き合いすれば良いのでしょうか?

詳しくお伝えしたいと思います。

続きは、また。

脅された未来 №1043

あなたの息子は高校生になると、父親に反発し大変なことになる。
あなたが夫に従わないでいると、父と息子の関係は悪くなる。

子供が3歳の時に、こんな注意を受けたといいます。
それ以来、忠実に夫に従い、どんな事でも夫の意見を受け入れてきました。

そんな夫も「俺に逆らうな」と反論を許しませんでした。

実際には、子供がお腹にいる頃から、夫に反発を覚えるようになりました。
予言で脅かされたので、無理やり忠誠心を誓ったのです。

息子は大人になり、社会へ出ようとしています。
しかし、いつも不機嫌な様子。

母を愛する息子は、母と同じ思いで生きていました。
「面白くない」と言いながら・・・。

悪霊は再びやって来る №1042

霊感のあるという人に、あることないこと?を言われ怯えてしまう。
○○と言われたが、本当か。

こんな質問を受けることもありますが、共通しているのは理由を聞いていないということ。
なぜなのか?原因が分からないままなのです。

実家のお墓の横に建つ小さな墓石が問題だ。
水子の霊が視える。

先祖供養や水子供養をもとめる霊感師。
脅かされたものの、その理由は分からないといいます。

時には、私に何か悪い物でも憑いていませんか?と尋ねる人がいます。

憑依霊のせいにするのは簡単ですが、なぜあなたが憑依されたのかが問題です。
お祓いをしてもらったから大丈夫、なんて思っていると大間違い。

なぜなら、あなたが悪霊に選ばれた理由があるからです。
除霊した霊は、再びあなたの元へやって来るかもしれません・・・(怖)!

人生の再スタート №1041

自分のお店の将来が気になるというXさんは、過去にいました。
夢を追いかけ輝いていた学生時代です。

彼女は結婚し、子供を授かりました。
自分のお店を持つこともできたのです。

しかし、現実の中に彼女はいません。今を受け入れられないからです。
思い通りにならないどころか、これでは努力も報われません。

サマンサは、過去に居る彼女を現在に連れてきました。

思い通りの現実にするために、気づいて欲しいことがたくさんあります。
止まっていた時間が動きはじめました。

彼女の人生の、再スタートです。