ticket1 そう、6月22日にケルンで行われたに本体ブラジル戦のチケットである。出張中、ドュッセルドルフから電車でかけつけたのだ。


今さら書かなくてもいいのだろうが、その場にいたものとして少しでも興奮を伝えたい。

nationalanthem ブラジルに支配されていたとはいえ勝っていてもおかしくないゲームだった。そもそも加地の先制ゴールがなぜオフサイドなのか、会場はブーイングの嵐だった。ピンチの方が多かったが数少ないチャンスでは応援にも熱が入る。後半はかなりボールを支配できるようになっていたし、同点になった後は完全に日本ペース。あと5分あれば、もしやという感じだった。

 

ロスタイムの大黒のヘッドが決まっていれば。。。


それにしても、これまでAマッチ5敗1分、総得点1の日本が先行されては追いつき、さらに追加点を奪われても再度追いついた。会場は黄色い服が圧倒的に多かったが、成り行きでオフィシャルグッズのかなりダサい日の丸と「nippon」と書かれた青いTシャツを買ってしまった。早速、着替えて日本からのサポーターとともに大声を張り上げて応援した。おかげで声がかれてしまい大変だ。


ドイツへは出張でよく立ちよる地である。ココだけの話、来年も必ず来ると内心決めている。


今日は英語とは全く関係のない記事でした。

AD

実に92日ぶりの投稿である。

3ヶ月以上も更新していないのに読者登録をして頂いたみなさん、ありがとうございました。

 

三日ほど本当に書く時間がなかった。ふと我に返ると記事を書くことに追われていることに気がついた。最近時間的余裕が少し出てきたので書こうとは思っていたが最後の一歩が出せずにいた。偶然、出張中に、astro-pod さんからのコメントを頂いて踏ん切りがついた。本当、ありがとうございました。

 

これからはブログを続けるようにマイペースで書かせてもらいます。

 

It has been 92 days since I last submitted an article.

本当に長かった。

AD