歯医者さん

こちらに来てから三軒、歯医者さんを訪ねた。

 

一回目は8年前、前歯の差し歯が折れた時。

このときは健康保険に加入してなかった。

 

「どうせならインプラントがいいですよ」

「え、抜く必要はないから、元のように治してください」

「日本人はインプラントに抵抗があると聞いています。わかりました。全部で30万W(3万円くらい)にしましょう」

 

保険対象外だから、一括でいくらということだろう。

 

(来る前に日本で全部治してきたのに、全く、あの若いお医者さん、やっぱりだめじゃんー!)と後悔しきり。

「日本に戻って治療できますから、飛行機チケットの料金見てから決めますね」

 

結局、前歯がないのも何だし、時間もかかるし、飛行機代も安くないしで、お願いした。

 

 

 

 

それから引っ越しした。

二度目はセンター近くの歯医者さん。

小さいトラブルをちまちま治してもらい、保険も適応され、そのたびにお金を払った。

 

良心的と評判のお医者さんは、

「長く使える歯は大事に使って、国に帰ってから治してね」とおっしゃってくれた。

でも奥歯に大問題が発生しインプラントをする羽目に。

 

 

三つ目の歯医者さんで、検査後相談をした。

先生は難しいところを英語でも説明してくれる。

「検査からインプラント治療が終わるまで、全部で130万Wです。が、紹介を受けているから110万ウォンにしましょう」

 

結局、インプラントの他に対案を思いつかないので着手。

「骨が薄いねー」とか言われて、びびりながら手術の日を待っている (T_T)

 

 

わたしの経験では他のお医者さんでも

「紹介で来てくれたから初診料はいいですよ」とか

「今日は治療費は安くしておきます」とか、言ってくれる。

 

腹痛のためある内科に飛び込んだら、その日はたまたま病院開院の日だとかで、

お餅や歯磨き粉、ティッシュペーパー、栄養ドリンク入りの袋をもらったことがある。

「ありがとうございます。お腹が治ったら食べますね」

 

ドラマなどでよく見るが、こちらでは病院も「サービス業」であることがわかりやすい。
 

 

ブログランキングに参加しているので、

二つの絵を押してください。

皆さんには何もありませんが、meiのやる気がでます。

 

불러그렝킹에 참가하고 있으므로

두 그림을 눌러주세요.

여러분에게는 별일 없지만 mei가 힘을 얻겠어요.



  にほんブログ村 

人気ブログランキング

 

 

AD