フリーアナウンサー佐藤 ゆかりの 私のニッポン、私のイギリス

イギリス留学を経て2002年より、在英。暮らしてみて見えてきた私のイギリス、そして、そこから見えてきた私のニッポン。目に留まったこと、ココロに触れたこと、綴ってみます。よろしかったら、JOIN ME!(記事、写真等の転載はご遠慮下さい)


テーマ:

週末、いかがお過ごしですか?

イギリスは伝統的には「サンデーロースト」と言って、

日曜がローストしたお肉、特にローストビーフを食べる日なのですが、

我が家では食べたい時がおいしい時ですので(?)、

土曜の今日、夕食はラム肉のロースト。

ラム肉は小さな切れ目を入れてガーリックのスライスを挟み、庭で取って来たローズマリーを散らしてオーブンへ。

ローストビーフの伝統的な付け合わせとして知られるヨークシャープティングも作ってみましたよ。

左側の丸いシューのようなものがそれです。

小麦粉に卵と牛乳、水、塩・コショウを泡だて器で混ぜ、浅いカップケーキような型に入れ、オーブンで焼きます。味の決め手はお肉の肉汁(油)、生地を流す前に型に各大さじ1弱くらい入れます。180度くらいの高温で焼き始めると間もなくぷーっと膨れてきて、嬉しかった。小麦粉は4個分で90gほどしか入っていないので、意外と簡単に膨らみます。

 

普段は英国で有名な料理人、料理研究家として知られるデリア・スミス(Delia Smith)さん (日本でいえば栗原はるみさん的な存在でしょうか?)のレシピで作るのですが、今回はそのレシピに夫の実家のスタイルを加えたオリジナルツイストヴァージョンだったので、膨らむか、うまく出来るかやや心配でしたが、うまくいきました。(ほっ)

 

大きいですが、中はほとんど空洞、表面はサクッと、底が少しだけ厚みがあって、ぽてっとしています。このぽてっとしたところが、実家風なところです。デリアさんの軽さも残しましたので、

「ゆかりヴァージョン」と言うことに致しましょう。サくぽての食感が良く、肉汁を生かしたテイストがお肉に合います。(自己満足ですけどね・・・)。

 

ヨークシャープディングを初めて食べたのは、実は日本の英国料理のお店でした。

お砂糖とクリームの入っていないシュークリームみたいだなあ・・・などと思ったものですが、

イギリスのおいしいお店で食べた経験や自分で作ったりしているうちに、やっぱり、あった方がいいなぁと思うようになり、きょうは、好きになってしまいました。

 

ラムもおいしくいただきました。

 

おいしい週末は幸せな週末、

 

良い週末を。

 

佐藤 ゆかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。