2015-04-01 19:18:06

吠えろ!主権者教育

テーマ:教育
「ともに笑う あなたと!」

こんにちは。
宮川典子です。

昨日、仲の良い新聞記者さんが会館に来られました。
「なんか、今日の部会で吠えてたって聞いて」とのこと。
そんなに吠えたつもりはなかったのに…(苦笑)
その部会とは、文部科学部会勉強会でした。

この勉強会では、18歳選挙年齢引き下げに伴う
主権者教育のあり方を考えています。
有識者の皆様からのヒアリングを重ねつつ、
さまざまな議論が展開されています。
これから何回も平場の議論を重ねていく予定です。

{81B31F64-07DF-4E68-9E02-CC3D9E821957:01}



今回、私が申し上げた意見は、以下の2つ。
①主権者意識を身につけるには、
    社会科の授業(特に公民や現代社会、政治経済など)だけでなく、
    道徳教育としっかり連動していくべきではないか。
②主権者教育をするには、教える側である教師の力量が問われる。
    教員養成のあり方を早急に考え直すべきではないか。

主権者たる自己を認識するためには、
「意識」と「知識」が必要不可欠だと私は考えます。

「意識」は、個として生まれた自分が
共同体や国家を構成する一人として学ぶべきことを、
道徳の授業や、なんなら「哲学」という新科目を設置して
国民としての自覚をもつ機会によって身につくと私は考えます。
「知識」はいうまでもなく、社会科の授業が重要になりますが、
史学と公民学が一緒になった学問の体系をつくらなければ
世の中の変化が政治に及ぼす影響のあり様は
なかなか理解しきれないだろうという問題意識もあります。

投票率が悪いのは、主権者たる実感の薄さに他なりません。
18歳選挙権をいい機会として、
主権者教育の確立ができるよう努めていきます。


でも、本当はもっともっと早く着手しなくちゃいけなかった。
選挙権が何歳で与えられようと、主権者教育は必要だったはずだから。
この反省を決して忘れず、根本的な議論と対策を進めなくっちゃ。
宮川典子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

1 ■偏った教師は困ります

先生の考え方に賛同致します。
うちの長女の社会科教師は「社会科教師で君が代を歌う教師はいない」とか生徒に言っちゃう困った教師でした。
そういう偏った教師は絶対要りません!!
教師の質の向上と道徳教育の徹底。
よろしくお願い致します。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み