1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

日本のベスト16は偶然か必然か?

2010-07-10 23:15:18 Theme: 代表ネタ

いよいよ決勝と3位決定戦を残すのみとなった2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。

さて、日本にとっては2002年日韓開催以来となる、いわゆる「アウェイ」の大会では初となる決勝トーナメント進出を果たした大会。日本の決勝トーナメント進出により、多くの「ライト層」がこの結果をより大きな快挙として捉えてくれたことで日本中に大きな感動を産んでくれた。

ただこの結果は、果たして偶然の産物か?それとも起こるべくして起こった必然の結果なのか?
この「検証」に関しては絶対に欠かすことの出来ない最重要項目。

今大会、ドイツは準決勝で破れ優勝の道は途絶えたが、ベスト4進出という結果 は必然に感じている。

しかし、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会で日本代表が残してくれた功績は計り知れない。
だからこそ日本サッカーを愛する全ての日本人がその功績を称え、また厳しい眼差しで接していく必要を切に感じている。

日本を代表して選出される選手はもちろんのこと、それをサポートする日本サッカーを愛する全ての人の思いの結晶がW杯であると信じている。
2014年ブラジル大会を目指す選手のより一層の精進はもちろんのこと、選手としてはW杯に臨むことがない我々にとっても、出来ることのウェイトが果てしなく大きなものと感じる。

そして、今後日本が、W杯で決勝トーナメントに進出することが必然となることを信じて疑わない日本人の一人でありたい。
その為に何が出来るか?微力でもその為に少しでも貢献できるようなサッカーを心から愛する日本人でいたい。

俺は日本のサッカーが好きだ。
そのことを改めて痛感させてくれた、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会に感謝。





AD
いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)

嬉しすぎる~!!!!

2010-06-25 20:21:38 Theme: 代表ネタ

選手の皆さん、そして日本サッカーを愛する全ての皆さん、本当にトーナメント進出おめでとう!!
朝っぱらから嬉しすぎるは、うるうるきちゃうはでアドレナリン大噴出でした。

とにもかくにも嬉しいの一言。
これでまたサッカー熱が日本全体に広がってくれることを期待しちゃいます!

そして最後に予選リーグで感じた事。
中澤の経験はこのチームにとって何物にもかえ難いものであると痛感。
中澤の心身の成長なくして、この結果はなかったんじゃないかと思ってます。

W杯の舞台で戦う日本代表を、1試合でも多く観れることを信じつつ心から応援したいと思います。





AD
いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)

18年半ぶりに大学生がフル代表選出

2009-12-21 20:00:00 Theme: 代表ネタ
来年の1月6日、イエメンで開催されるAFCアジアカップ2011カタール予選イエメン戦の日本代表メンバー19人が21日、日本サッカー協会より発表されました。

今回は既存の代表メンバーにオフ期間を設けるということで、若い選手主体の選出。
特にU20世代からは、19日に行われた韓国との親善試合 で2得点した山田直、大迫、米本、金崎など約半数を占める10人が選出されています。

その中でも特に注目を集めているのが、18年半ぶりの大学生からのフル代表選出(厳密にはフル代表と呼べるものではないですが・・・)となった流通経済大学の山村と福岡大学の永井。

山村は1月のカタール国際U20親善大会 に全試合出場となる5試合に出場し優勝に貢献。
岡田監督が指揮を執った4月のU20キャンプ に選出されると、その後U20世代の主力として岡田監督からも熱視線を受けていたCB、ボランチをこなす守備能力に長けた選手。
永井は昨年のAFCU19選手権での活躍後、山村同様にカタール国際U20親善大会に出場。今期はアビスパ福岡の強化指定選手としてリーグ戦にも出場している、驚異的なスピードを生かした突破が魅力のアタッカー。

この両名に代表されるように、最近アンダーの代表にはJリーグの選手を差し置いて大学生の選出が目立ちます。大学生の選出に関して否定するつもりは毛頭無いのですが、若手育成が思うように進んでいない現況がこの現象に集約されている気がしてなりません。
幣ブログでは別記事で大卒選手の入団内定情報 もUPしていますが、反面では高卒、ユース昇格選手が2、3年で戦力外通告を受けることも少なくありません。これは選手自体に問題があることが一つの要因ではありますが、逆に言えば若い選手を育てる機能がJリーグ、各チームに備わっていないことを顕著に顕しているように感じてしまいます。
もっと言えばスカウティングする側がはっきり言って「見極める目」がなかったとしか思えません。
高卒の段階で見落としていた選手が大学で頭角を現し、大卒選手が重宝されるここ数年の流れを見ていると「いびつ」としか言いようのない感覚を受けてしまいます。

今回の記事のタイトルをあえて
「18年半ぶりに大学生がフル代表選出」
としましたが、これが今日の日本サッカーが抱える大きな問題であると感じざるを得ません。

若い選手の選出に期待すると共に、若手育成の問題に関しての改善策を早急に講じて欲しいと願う次第です。


メンバーは以下のとおり

GK

西川 周作 NISHIKAWA Shusaku 
1986.06.18 183 cm 79 Kg 大分トリニータ


権田 修一 GONDA Shuichi 
1989.03.03 187 cm 82 Kg FC東京 ※

DF

菊地 直哉 KIKUCHI Naoya 
1984.11.24 181 cm 77 Kg 大分トリニータ ※


槙野 智章 MAKINO Tomoaki 
1987.05.11 182 cm 77 Kg サンフレッチェ広島


太田 宏介 OTA Kosuke 
1987.07.23 178 cm 74 Kg 清水エスパルス ※


吉田 麻也 YOSHIDA Maya 
1988.08.24 187 cm 81 Kg 名古屋グランパス ※


村松 大輔 MURAMATSU Taisuke 
1989.12.16 176 cm 71 Kg 湘南ベルマーレ ※


酒井 高徳 SAKAI Gotoku 
1991.03.14 175 cm 74 Kg アルビレックス新潟 ※

MF

柏木 陽介 KASHIWAGI Yosuke 
1987.12.15 175 cm 68 Kg サンフレッチェ広島


乾 貴士 INUI Takashi 
1988.06.02 169 cm 59 Kg セレッソ大阪


金崎 夢生 KANAZAKI Mu 
1989.02.16 180 cm 70 Kg 大分トリニータ


青木 拓矢 AOKI Takuya 
1989.09.16 179 cm 73 Kg 大宮アルディージャ ※


山村 和也 YAMAMURA Kazuya 
1989.12.02 184 cm 80 Kg 流通経済大学 ※


山田 直輝 YAMADA Naoki 
1990.07.04 166 cm 64 Kg 浦和レッズ


米本 拓司 YONEMOTO Takuji 
1990.12.03 176 cm 63 Kg FC東京 ※

FW

平山 相太 HIRAYAMA Sota 
1985.06.06 190 cm 85 Kg FC東京 ※


渡邉 千真 WATANABE Kazuma 
1986.08.10 181 cm 75 Kg 横浜F・マリノス ※


永井 謙佑 NAGAI Kensuke 
1989.03.05 177 cm 67 Kg 福岡大学 ※


大迫 勇也 OSAKO Yuya 
1990.05.18 182 cm 70 Kg 鹿島アントラーズ ※

※は、日本代表初招集(候補含む)


↓記事を読み終えたら、是非クリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログへ

↓携帯からご覧の方はこちらからお願いします!

にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  Comments(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。