サッカーという矛盾するスポーツ

2010-08-24 21:57:46 Theme: myfootballlife
2006年ドイツ大会のJFAテクニカルレポート を読み返していたら、オシムさんと布さんの対談に改めて目を奪われた。

「勝つことと育てることとの矛盾の間にサッカーコーチは生活しているのです」


以下「Technical News vol.15」より一部抜粋


布:日本ではどうしてもある現象として、目先の勝負に勝ちたいと、コーチが考えてしまうことがあります。

オシム:
世界中に共通する問題で、負けてもいいから選手を育てればいいということを口では言いますが、負けてばかりいるチームでは選手は育ちません。
つまり勝つことで自信をつけるわけです。大事なことは、誰のためのサッカーなのか、誰のためのチームなのかということです。
例えばU-15の全国大会で優勝したとします。それでコーチが自分のタイトルを取ったということで喜ぶだろうけども、もっと大事なのはその年代を卒業したあと、選手がどうなるかということをコーチがどれだけ考えているかということです。
勝つことと育てることは矛盾すると同時に矛盾しない、両方が言えますが、問題なのはコーチが大事なのか、選手が大事なのかということをコーチがどう考えるかということです。勝つことと育てることとの矛盾の間にサッカーコーチは生活しているのです。



「当たり前」に起こる矛盾に真っ向からぶつかり、矛盾を感じることを「当たり前」に感じていくことが凄く難しい・・・
AD
いいね!した人  |  Comments(3)  |  リブログ(0)

myfootballlifeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Comments

[Publish Your Comment]

3 ■この言葉、僕も大好きです。

何でもありで勝つことだけには反対です。

たとえば、選手に判断させず、蹴らせるだけなど・・・


大事なことは、守備でも、攻撃でも、選手にサッカー(判断をともなう)をさせているかではないでしょうか。

2 ■No Title

オシムの言葉は・・
頭では簡単に理解できても、実践は難しい
それだけに重たい と思います

1 ■矛盾・・ですかねえ

最終的には

「チームを勝たせる」

選手が育ってほしいですから

勝たなければ仕方がないと思うのですが


勝つ過程の中で選手が自発的に

勝つための創意工夫を面白いと感じてくれるようになれば

将来もあるのではないか

そんな風に考えています

単純ですが

Add your comment

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。