さりげなく飾る暮らしの花☆初心者さんも自分で出来ちゃいます(横浜市神奈川区)

センスも器用さも不要!近所の花屋さんやスーパーで購入できる手に入りやすい花で、イケア、セリア、無印などプチプラショップの器を使い、お金をかけずにお花を楽しむことができます。初めての方がご自分で日常の暮らしの花を楽しむ方法をお伝えします。


テーマ:

こんにちは。「横浜わたしの花時間」の中田りょうこです。
「花をさりげなく飾る暮らし」って憧れちゃうな~と、フラワーアンレンジメントを習い始めたのがきっかけで、プロのフラワーデザイナーになったのが15年前のこと。生徒さんやお友達から花に関する質問を受けることから、プロの目線で、簡単でお金をあまりかけずに、お花を楽しむ方法をお知らせしていきたいと思い、このブログを始めました。このブログを通じていろんな方と交流できたらと楽しみにしています。
(*^_^*)
2016年2月26日に始めたばかりで、まだまだ未完成なブログですが、ご訪問頂けると嬉しいです。
☆中田りょうこのプロフィールはこちら☆
ブログを始めて27日目です。
はじめてこのブログにいらした方は、ぜひ最初から順番に読んでいただけると、よりわかりやすい構造になっていますので、どうぞ1日目から読んでみてください。
1日目「はじめまして」





花に便利な「吸水スポンジ(※通称オアシス)」について




みなさん、「吸水スポンジ(※通称オアシス)」を

見たこと、使ったことありますか?

フラワーアレンジメントのギフトを頂戴したときの、

かごの中に入っている、深緑のアレです。




私のレッスンにきてくださる生徒さん達は、

口をそろえて、

「この吸水スポンジってすごく楽しいですね!」と

吸水スポンジを使ったレッスンを

気に入ってくださるので、

詳しくご紹介したいと思います。


{92D45898-7BED-4C80-B7F6-F91A2731C0AD}



【目次】

(1) 「吸水スポンジ」とは

(2) 正しい吸水の仕方

(3) 吸水スポンジのメリット・デメリット

(4) 購入方法

(5) 始末の仕方

(6) 保管の仕方





(1) 「吸水スポンジ」とは

フラワーアレンジメントに使用する

「花留め(はなどめ)」の一種です。



「花留め」を使用することで、

花を思った位置に固定することが出来ます。



他に有名な花留めに、

いけばなに使う「剣山(けんざん)」があります。

ハリネズミみたいなアレです。





ちなみにこの「オアシス」という通称について。

「吸水スポンジ」と「オアシス」の関係は、

「漂白剤」と「ハイター」と同じです。



「ハイター」は「花王」さんが販売している漂白剤。

「オアシス」は「オアシス社」が販売している吸水スポンジ。


以前NHKの情報番組に呼んでいただいたときに、

「吸水スポンジと言ってくださいね」と言われました。

具体的な商品名はNGってことですね。




吸水スポンジはドライな状態で販売されており、

使用する前に、吸水させます。





カットには専用のカッターもありますが、

ご家庭で使うには果物ナイフや包丁で十分です。






(2) 正しい吸水の仕方

表面積が1番広い面を下にしてお水に浮かべます。

自然に沈み、色が全部変わるのを待ちます。



吸水の途中で上からお水をかけたり、

無理に押したり、吸水スポンジを

回したりしてはいけません。





動画を撮ってみましたので

ごらんください。(16秒)









(3) 吸水スポンジのメリット・デメリット

メリットは、初心者さんにも

使用しやすいことです。

むずかしいテクニックなしで、

お花を自分の思ったところに

固定することが出来ます。



デメリットは、基本、使い捨て、

ということです。

何度も挿しなおしていると、

穴はあいたままになるので、

穴だらけになってしまい、

花がグラグラしてしまうことも。





(4) 購入方法

ご近所のお花屋さんで購入可能です。

商品としてお店の見える場所に

置いているお店はまれで、

「吸水スポンジ(オアシス)を

分け売りしてもらえませんか?」と

お店の方に声をかけてください。

快く販売してくださいますよ❤️



↓この写真のようにバー状の
「オアシスバー」を販売してくれます。

{D7CEA6C3-C37A-47CF-8F55-FE6E6FB66936}

大きさは、23㎝×10・5㎝×7・5㎝です。

これをかごや花器に合わせて、

切り分けて使います。




料金はお店によって100円~300円の間かな?






(5) 始末の仕方

捨てるときは、手でギュッと握って、

水分を抜いた状態のものを

「燃やすゴミ」として捨てます。

(お住まいの自治体のお約束にしたがってください)




再利用したくて、吸水スポンジを

カラカラに乾燥させる方がいらっしゃいますが、

残念ながら、吸水させてから乾燥させたものは

元のように吸水することはできません。



再利用したいならば、逆に、

お水を入れたバケツにドポンとつけて、

乾燥させないでください。



吸水スポンジをひっくり返して

違う面を使えば、

穴があまりあいていなくて、

再度使えることが多いです。




(6) 保管の仕方


ドライな状態であれば、そのまま1年以上は

保管したものでも使えます。



一度吸水させてしまったものは、

お水の中でバクテリアが増殖しますから、

数日中に使ってしまうか

お水をきれいなものにかえてあげてください。



こんなふうに、バケツの中で

保管します。

{B2934B4B-95C9-4BF9-9579-F0D8BB38719A}

初心者さんにもわかりやすいように

書いてみました。

ご不明な点などありましたら、

どうぞお気軽にご質問くださいませ☆




↓↓↓もしよろしければ、こちらもどうぞ~↓↓↓

☆このブログの人気記事「漂白剤を入れると花が長持ちします」はコチラ☆

☆このブログの人気記事「漂白剤を入れて花を長持ちさせる方法」はコチラ☆


本日もお読みいただいて

ありがとうございました☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。「横浜わたしの花時間」の中田りょうこです。
「花をさりげなく飾る暮らし」って憧れちゃうな~と、フラワーアンレンジメントを習い始めたのがきっかけで、プロのフラワーデザイナーになったのが15年前のこと。
生徒さんやお友達から花に関する質問を受けることから、プロの目線で、簡単でお金をあまりかけずに、お花を楽しむ方法をお知らせしていきたいと思い、このブログを始めました。このブログを通じていろんな方と交流できたらと楽しみにしています。
(*^_^*)
2016年2月26日に始めたばかりで、まだまだ未完成なブログですが、ご訪問頂けると嬉しいです。
☆中田りょうこのプロフィールはこちら☆
ブログを始めて7日目です。
はじめてこのブログにいらした方は、ぜひ最初から順番に読んでいただけると、よりわかりやすい構造になっていますので、どうぞ1日目から6日目のブログ記事を読んでみてください。
1日目「はじめまして」
2日目「プロフィール」
3日目「花教室(札幌時代)の生徒さんから感激のコメント」
4日目「あなたは「花を日常にいける人生」と「花を日常にいけない人生」のどちらを選びますか?
5日目「あなたもこんな感じで飾れるようになります」
6日目「ハサミで花が長持ち?!~一生使えるハサミを1本だけ~」







きのうご紹介した花ハサミです。
実際に私もコレを愛用中~♡

{3BA0BEE8-F214-475A-9BB0-0AD3076961EF:01}
アルスコーポレーション:アルス ファミリーデラックスホワイト 140DX-W 型式:140DX-W/アルスコーポレーション
¥2,500
Amazon.co.jp





オススメその2.
上の欠点「ゴツくて女性の手になじみにくい」を改良した小ぶりなタイプ。
次に買いかえるときは、私もこれにします。

{8AABB4A9-64FB-4920-8086-2508A2BF935C:01}

アルスキューティー QT-14
¥1,645
楽天











ハサミを長く使うための簡単なお手入れ法

それでは、きのうの続きで、花ハサミについてです。

どんな花ハサミを購入すればいいのかを、前回の記事で詳し~くご紹介しました。

今日は、花ハサミのお手入れについてお話しますね。





花ハサミを使ったら、しまう前に、軽く布や新聞紙などの紙、またはティッシュで拭きましょう。

以上です(笑)。

これだけでいいのですよ。





きのうご紹介したような高性能のハサミはさびませんし、切れ味も悪くなりにくいです。

良いものを買うと、お手入れも楽なんです✨

数か月ぶりに引っ張り出してきても、やはり、さびていることはありませんし、切れ味も良いままですよ。





もし、ヤニだったり、ベタベタする液が切り口から出る植物を切った場合、汚れが付着して切れ味が悪くなることがあります。

これは、見た目で黒っぽくなるので、わかると思います。

その場合は、キッチンのシンクで「クレンザー(研磨剤)」をつけたスポンジでこすってみてください。

汚れがとれて、スッキリ。

見た目は先ほどの黒ずんだ様子から、ピカピカのシルバーによみがえります!





同じように、しばらく使っていると、切れ味が悪くなったと感じる日が来るでしょう。

その場合も、キッチンのシンクで「クレンザー(研磨剤)」をつけたスポンジでこすってみてください。

また切れ味が良くなります。





日常の暮らしの花を楽しむ頻度では、上記のお手入れだけで、一生このハサミを使い続けられると思ってください。





ここからは、「万が一」のお話。




クレンザーを使ったのに、切れ味があまり復活しないとき!

よ~くハサミの刃の部分を見てみてください。

どうですか?

「刃こぼれ」していませんか?

「刃こぼれ」とは、使っているうちに繊細なハサミの刃の部分が欠けてしまうことです。

ご紹介したような高性能なハサミが刃こぼれするのは、かなり使い込んだか、無理に硬いものを、おかしな角度で切ってしまったかのどれかだと思います。






一般的な工作ハサミでは、アルミホイルを切ると切れ味が復活したりしますが、花ハサミはむずかしいですね。





その場合は、私はプロにお願いしています。

ハサミを研いでくれる業者さんにお願いするのです。

ハサミを購入するよりもお安いです。





いかがでしたか?

簡単なお手入れだけで、ずっと切れ味の良い状態をキープできることがわかっていただけたでしょうか。






ここからは変化球ですが・・・。

このハサミ、花以外のものも結構切れるのです。

「万能ハサミ」としてお使いください。

私は、ちょっとしたワイヤーなどの金属もガンガン切っています!

大型ごみになってしまう、長さのあるプラスチックゴミなども、切って燃やせるごみに出しています。

(※2016年の横浜市での話です。お住いの自治体のお約束にしたがってくださいね。)






つまり、工作ハサミでは用を足さないものを、このハサミで切ることができるとおもってください。






私は、「大切なものだから、使わないでしまっておく」というタイプではありません。

あることを忘れてしまうのが、一番もったいない!と思う派。

「あんまり使わないから~」と断捨離のターゲットにされてしまっては、元も子もありません!






せっかく購入したのであれば、どんどん使えたらいいですよね。

花をあまり特別なものとして、神聖化しすぎなくてもいいのかなと思います。

だから、このハサミは、「花ハサミ」というより、「花も」切るハサミが正しいかしら(笑)





この花ハサミで、花をはじめとしたいろいろなものを切って、あなたの手になじんだころには、きっと、「日常にさりげなく花を飾る」ことができるようになっているはずです!

花ハサミは友達!!!
仲良くやっていきましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。「横浜わたしの花時間」の中田りょうこです。
「花をさりげなく飾る暮らし」って憧れちゃうな~と、フラワーアンレンジメントを習い始めたのがきっかけで、プロのフラワーデザイナーになったのが15年前のこと。
生徒さんやお友達から花に関する質問を受けることから、プロの目線で、簡単でお金をあまりかけずに、お花を楽しむ方法をお知らせしていきたいと思い、このブログを始めました。このブログを通じていろんな方と交流できたらと楽しみにしています。
(*^_^*)
2016年2月26日に始めたばかりで、まだまだ未完成なブログですが、ご訪問頂けると嬉しいです。
☆中田りょうこのプロフィールはこちら☆
ブログを始めて6日目です。
はじめてこのブログにいらした方は、ぜひ最初から順番に読んでいただけると、よりわかりやすい構造になっていますので、どうぞ1日目から5日目のブログ記事を読んでみてください。
1日目「はじめまして」
2日目「プロフィール」
3日目「花教室(札幌時代)の生徒さんから感激のコメント」
4日目「あなたは「花を日常にいける人生」と「花を日常にいけない人生」のどちらを選びますか?
5日目「あなたもこんな感じで飾れるようになります」






実は、さきほど、きのうのブログタイトルを変更しました。
変える前は、「あなたもこれくらい飾れるようになります」でした。

いやいや、日本語ってムズカシイですね!
「これくらい」って、「程度を表現するあいまいな言葉」として使ったのですが、あらためて読むと、「これくらいできるでしょ!」みたいな、ちょっと高圧的な意味を含んでいるような気がして、変更しました。

振り返ってみて、「これは自分の意図するところとは違うニュアンスを感じられるかな?」と気づいたところは、より分かりやすい表現に変えていきたいと思います。






それでは今日の本題に入ります。

どんなハサミを購入すればいいの?

よく、生徒さんやお友達から質問を受けるのが、
「花ハサミはどれを選んでいいかわからない」
です。


私の教室の体験レッスンやワークショップに来ていただく方には、「花バサミをお持ちでなければ、キッチンハサミでもいいですよ」と、お伝えします。

それは、最初の時点で、あまり道具にお金や手間をかけすぎると、面倒になって疲れてしまうからです。

それならば、ご家庭にあるキッチンハサミは手軽でいいですよね。

普通の工作ハサミではなく、キッチンハサミを推しているのは理由があります。
それは、「水に強く、サビずらい」からです。






そして、100均の花はさみについて。
ここ1年以内にチェックしてないのですが(ごめん)、以前の100均の花ハサミは、質が良くなくて、残念なものでした。

なので、オススメしません。

(普段私は100均大好き♡です。
「100均でOK~。」を飛び越えて、「100均の方がいい!」ものも沢山あるのですが・・・。)







ハサミは、あえて、そこそこのお値段がするものを購入されるのがいいと思います。

どうしてかというと、ハサミの切れ味が、花の長持ち度合いに深く影響があるからなんですよ。






中学時代の理科でやったのを思い出せるかな?
よく切れるハサミを使うと、植物の導管(根から水と養分を運ぶ管)・師管(葉などで作られた養分を運ぶ管)がつぶれることなくスパッと切れるので、お花が長持ちします。

反対に、よく切れないハサミを使うと、植物の導管・師管をつぶしてしまい、花の寿命が短くなるのです。






ちなみに「手折り」といって、ハサミを使わずに手で折るという手法があります。

それは、お料理でキュウリを手で割ると、包丁を使うよりも味が染みるのと同じ原理で、くきの断面積をふやすことで、吸水しやすくなるというものです。

「手折り」が向いているのは、折っても導管や師管がつぶれてしまうことがない植物です。

※「手折り」のことは、頭の片隅に少しおいておいてください。
ちょっと脱線しました。







これまで15年間で、いろんなハサミを使ってきましたが、
結論から先にお話してしまうと、コレをオススメします。↓↓↓

{3BA0BEE8-F214-475A-9BB0-0AD3076961EF:01}

アルスコーポレーション:アルス ファミリーデラックスホワイト 140DX-W 型式:140DX-W/アルスコーポレーション
¥2,500
Amazon.co.jp

少し大きめですが、このタイプは、太い枝も、細くて柔らかいクキも、両方をこの1本で切ることができるのがオススメの理由です。

かわいくないお値段(笑)

でも、お花屋さんやフラワーデザイナーなど、大量の花を毎日切るのでなければ、一生モノですよ!

「一生モノ」!






そして、聞くところによると、ヘアサロンの美容師さんが使うハサミは、万単位からスタートで、何十万のものもあるのだとか・・・。

それに比べれば、現実的なお値段かな?







上のハサミをわかりやすいように、開いてみました。
※同じハサミです

{5870CE58-593A-478E-98C3-5A9421749B4D:01}

このように、刃先がまっすぐなことがオススメのポイントです。







コチラ、違うハサミ。

このような、刃先が丸くカーブしているものは、太い枝を切るのに向いていますが、細くて柔らかいクキをきるのは上手くいきません。

{459905A8-AC72-41B5-B36A-89B28FD817F4:01}

ですから、売り場にある時は似ているので、きちんと「刃先がまっすぐか、カーブしていないか」をかならずチェックしてから購入しましょうね。







それでは、このハサミ。
これは私が教室の生徒さんに購入してもらっている2本目のハサミです。

{2596068A-80FB-417B-9F4F-910E758D96A4:01}

これも悪くない、いいハサミなんですよ。
女性の手の大きさにもなじみますし。
でも、枝を切るにはむずかしいですね~。

このハサミの良いところは、リボンや紙などを切るのに向いています。

教室ではリボンや紙を切ることも多いので購入してもらっていますが、このブログを読んでくださっている、「これから、日常にお花をさりげなく飾りたい」と思っている方は、きっとすでにお持ちでしょう、「工作ハサミ」で用が足りると思うのです。




最後にもうひとつ。
これもいいですよ!

{8AABB4A9-64FB-4920-8086-2508A2BF935C:01}





裏面も。JANコードなどチェックすると、売り場で同じもの買えますね。

{CAB87247-B108-4C43-A9A3-B6B18DDCEA06:01}

アルスキューティー QT-14
¥1,645
楽天


これは、一番最初にオススメしたものの小型・軽量版です。
新しめの商品のようです。

実は、生徒さんように一番最初にオススメしたものを仕入れに行ったら、なんと無くて!

そのかわりにこれがありました。



私も次の買い替えはこれにしようと思います。





私自身、買い物は大好き~♡ですが、物をむやみに増やさないように気を付けています。
例えばヘアワックス。
夫と同じ硬めの使用感のヘアワックスを一緒に使っていました。
手で伸ばす加減を調整すれば、ひとつでいいのですよ。




でも、当時通っていたヘアサロンの美容師さんに、もっとやわらかい使用感のものをすすめられてしまって、「モノをなるべく増やしたくないんですよ~」と、お断りしたことがります。





このブログでは、なるべくあれもこれも買いなさい、みたいな流れにはしたくないなあと思っています。

だから、ハサミは1本だけ、一生使えるいいものを購入することをオススメします。





購入場所は、ホームセンターにありますよ。
ご近所のホームセンターをのぞいてみてくださいね。





あ!花器など、買い足していってワクワクするようなものや、生花の方は、買い物を楽しみましょうね!

私が思う、買った方がいいもの、買わなくてももののメリハリも、このようにお伝えしていきます。





長分にお付き合いありがとうございました。

同じように、生徒さん達からの質問が多い、「ハサミのお手入れ方法」は次回にしようと思います。

お楽しみに~☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。