さりげなく飾る暮らしの花☆初心者さんも自分で出来ちゃいます(横浜市神奈川区)

センスも器用さも不要!近所の花屋さんやスーパーで購入できる手に入りやすい花で、イケア、セリア、無印などプチプラショップの器を使い、お金をかけずにお花を楽しむことができます。初めての方がご自分で日常の暮らしの花を楽しむ方法をお伝えします。


テーマ:
こんにちは。横浜わたしの花時間の中田りょうこです。

本日ブログを始めて4日目です。

はじめてこのブログにいらした方は、ぜひ最初から順番に読んでいただけると、よりわかりやすい構造になっていますので、どうぞ1日目、2日目、3日目のブログ記事を読んでみてください。

1日目「はじめまして」

2日目「プロフィール」

3日目「花教室(札幌時代)の生徒さんから感激のコメント」

どうでしょう?
きのうまで、私にについてのあれこれを書かせていただきましたので、
それでは本日、いきなり本題に入っちゃいます!


あなたは「花を日常にいける人生」と「花を日常にいけない人生」のどちらを選びますか?

わたしは、「花を日常にいける人生」にしたい、そう思ってフラワーデザインを始めたんだなあと。
きっとこのブログを読んでくださっている皆さんも、「花を日常にいける人生」にご興味があって、ここにいらっしゃるのではないかと思います。

「花を日常にいける人生」って、何だろう?

あらためて考えてみると、むむむ。むずかしい。意外と。
で。うーん、うーんと、もっと考えて出した答えは、

「花を日常にいける人生」って、私にとって、「理想の暮らし」を象徴するものなんですよね。
そして同じように、
「花を日常にいける自分」になれたら、少し「理想の自分」に近づけるような気がしたから、フラワーデザインの勉強を始めたんだと思います。

人によって、ものさしは違うのだろうな~と想像します。
例えば、「赤のフェラーリに乗ること」が、「理想の暮らし」を象徴する方もいらっしゃるでしょうしね。
私の「ものさし」が、「花」だったんだと思います。

もちろん、お金が無くてはお花も買えない訳ですから、好きなお花を少し、ときどき買うことができる暮らしぶり、というのも、私にとっての「理想の暮らし」なのかもしれません。


20代の頃は未熟な自分がなんだか不満で、いつか素敵な大人になりたいなあと願っていました。
今はその頃から少し(本当はたっぷり!)時間が経ったので、「素敵な大人になりたい」気持ちと、「等身大の自分に優しくありたい」気持ちが、半々です。

だって、「素敵なひとになりたい」そんな気持ちが強すぎると、なんだか疲れちゃうな~。
(正直に言っちゃいます!)
でも。
「素敵なひとになるのは疲れるから、やーめた」とは思いたくないから、ゆる~く「素敵なひとになりたい」と願ったりして。

でも、「自分に優しく」ばっかりになってしまったら、なんていうか…。
つまらない。

そう!つまらないんですよ!

疲れなくて、つまらなくない、そんなさじ加減がいいなあと思うのです。

20代の頃に想像していたよりも、今の自分は子どもっぽいところも多いですし(これは予想外。とほほ。)、完璧からは程遠いけれど、「花を日常にいける人生」を手に入れることができたことについては、本当に嬉しく思っていて、しみじみ良かったなあと感じています。

だから、「花を日常でいける人生」に興味がある人!
おーい!!!←呼びかけています。

これから「花を日常でいける人生」になったら、そしてその過程で、なんていうか、ちょっとした「自信」を感じてもらえたら嬉しいです。

あと、「花を日常でいける人生」を漢字二文字で表すならば、

「余裕」

だと思うのです。

「気持ちに余裕がある」
「時間に余裕がある」
「心に余裕がある」

「余裕がある人、キレイだな」は、モデルの梨花さんの資生堂のCMのキャッチコピーでもありましたね!

だから、
「気持ちに余裕がある」
「時間に余裕がある」
「心に余裕がある」
これらを反対の表現にしてみると、、、

「最近、ちょっと気持ちに余裕が無いな~」
「毎日忙しくて大変、大変!」
「心に余裕が欲しいかも」

↑み、ん、な、思ってます!!!(笑)
私も思ってます!!!(笑)

もちろん、
「最近、ちょっと気持ちに余裕が無いな~」
「毎日忙しくて大変、大変!」
「心に余裕が欲しいかも」
という気持ちが、「日常に花をいける」ことでゼロになるわけではないのだけれど、でも、「あのときは花に救われたな」と思うことがあるのも事実です。

イライラした気持ちのときに、ふと見たキレイなお花で、肩の力がふっと抜けて、気持ちがさわやかになった経験のある方もいらっしゃると思います。

「花を日常にいける人生」になるのを、どうぞお楽しみにしてくださいね!

できれば、私が一方的に上から目線でお伝えするのではなく、みなさんと一緒に気持ちをシェアしながら進んでいけたらいいなと思っていますので、コメントやメッセージなど、大歓迎です。
きっと、あなたのコメントやメッセージで、「うんうん。わかるよ。わたしもそう思う」って、共感してくださる方がいるんじゃないかな!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。横浜わたしの花時間の中田りょうこです。

本日ブログを始めて3日目です。

はじめてこのブログにいらした方は、ぜひ最初から順番に読んでいただけると、よりわかりやすい構造になっていますので、どうぞ1日目、2日目のブログ記事を読んでみてください。

1日目「はじめまして」

2日目「プロフィール」




きのうの記事「プロフィール」をアップしたところ、なんと!!!札幌時代の生徒さんである、あきこさんから、コメントを頂戴しました!

私個人にあててくださったメッセージならば、私の心の奥にしまっておく(おけるかな?)のですが、コメントしてくださったということで、ぜひ、記事として取り上げさせてもらいたいと思って。

彼女からのメッセージと、私のお返事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。 ご無沙汰しています。
姉妹ブログの方からやって参りました。

なんだかいろいろな言葉が浮かんできて何をどう伝えたらいいのか分からないのですが、ブログの向こうから応援している気持ちを伝えたくて出てきました。

なかなかコメントまでは残せていませんが「楽しそうなレッスン、いいなぁ~。」とか「へぇ~そんなことができるんだ~。」とか心の中でブツブツ言いながらブログを拝見しています。

どうか体調に気をつけて。これからも楽しみにしています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あきこさん⁉️
みなさん、あきこさんは、札幌時代の生徒さんなんです!

札幌時代の生徒さんたちの存在は、私の心のダイヤモンドです。

実は、このブログを始めることは、私にとって、札幌から神奈川にやってきたのと同じくらい、新しい出発の意味があります。
だから、あきこさんからのコメントは、巨大な「開店祝い」のお花が届いたような気持ちです。
本当にありがとうございます!

元気百倍になりました。

あきこさんがいてくれて、良かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日で3日目のこのブログですが、昨日、おとといと、思っていたのは、

「私の真剣な気持ちを、読んでくださっている方々に伝わるように、丁寧に書かなくては。
そのためには、自分の心を開いてみよう。勇気を出そう!自分!」

それで、あきこさんから、「想いが伝わりましたよ!」という内容のコメントを頂戴したときは、うわー!ちゃんと伝わるんだ!って、びっくりしました。

しかも、こんなにすぐ!!

あきこさん、本当にありがとうございます。



私は小心者で、なるべくなら平和に暮らしたいな~という気持ちが行き過ぎて、自分の想いや気持ちを、極端に抑えてしまう場面がときどきあります。

過去に自分の言ったことで、誰かにいやな思いをさせてしまったりした経験・・・。

そんなの無い人、この世にいないよね~(笑)
みんなそうだよね~。程度の問題はあるとしても。

ということで、あまり臆病にならずに、
「伝えたいことを伝える」ことが一番大事なこと!
からぶれないで、進んで行ってみようと思います!




私も本題の「お花を普通の暮らしで、一生楽しむ」に入りたくて、うずうずしているのですが、みなさん、もう少々お待ちくださいね。

ちょっと、丁寧に進めていきたいのですよ。
読んでくださる方々となるべく、近い気持ちで、近いモードで、進んでいきたいと思っています。
読んでくださる方と、このブログを大切にしていきたいと思っています!




だから、どんな内容なのかが気になる方は、「テーマ」に、これから書いていく予定の記事の章立てをすでにしてありますので、こちらをご覧になって、「ほほう、これは面白そうだなあ」なんて、妄想していてください。

「この章が気になる!」なんてコメントも歓迎します。


お読みいただいて、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。横浜わたしの花時間の中田りょうこです。

このブログ2日目なんですけど、最初に少し私のことを書かせてください。
いや、少しじゃないかも・・・。
どうぞお付き合いください。



【出身】北海道札幌市 (高校時代は父の転勤の関係で旭川ですごしました)

【現住所】横浜市神奈川区

【家族】夫・娘(5歳)・愛犬(ウエストハイランドテリア6歳♀)

【職業】「横浜わたしの花時間」主宰 フラワーデザイナー

【年齢】42歳

【趣味】本屋さんをブラブラ。夫とのデートも書店です♪

【好きな作家】村上春樹さん



24歳でフラワーデザインに出会い、27歳で講師になる資格を取得して、プロのフラワーデザイナーとして出発しました。

最初は生徒さん、もちろんゼロ。

今考えると、「不安で当たり前な状況じゃないの!?」と思いますが、当時の私はドキドキ・ワクワクする気持ちが不安にまさっていたように思います。

もちろん、不安はありましたよ。
でも、頑張ってみようかな~という根拠のない自信(笑)
(根拠のない自信、すご~く大事だと思います。
「自信」って、「自分を信じる」ことですものね!)

「どうなっていくかわからないけれど、いけるところまで行ってみよう。それからまた考えても、それはそれでいいじゃない」。
それが私の考え方の根本的なところです。

とても慎重なタイプの方と比べれば「思慮が浅い」とも表現できるかもしれませんが、自分で大人として責任をとれる範囲であれば、「自由に。のびやかに。」と、言えるかもしれません。
「自由」は人生にとって最高なこと!

それからは、沢山の方々にお世話になりながら、いろいろなことに恵まれ、酸いも甘いも経験し、7年が経った34歳のころには、自分のスタジオ(賃貸だけどね~)でのフラワーアレンジメントレッスンでは、満員御礼、さらに同じビルの上の階の別の部屋を借りて、講師の私が階段を行ったりきたりしすぎて、足がつる!(笑)
それぐらい沢山の方々にレッスンに来てもらえるようになりました。




※ちょっと脱線させてください。

このプロフィールを書くにあたって、昔のことを思い返してみると、自分の未熟さに、机の上のものをザザザーっと床に落としてしまいたいくらい、うわ~、恥ずかしい!!!

大きな失敗もしました。
小さな失敗も沢山しました。
人として心が冷たくなっていた時期もあったかも。
でも。
挑戦をやめなかった過去の自分を、42歳の自分が抱きしめてあげたい!
そんな気持ちになりました。

※話を戻しま~す。



レッスン以外にもブライダルブーケのお仕事も好調で、素敵な可愛らしい花嫁様たちにどんどん出会い、私ひとりではできないくらいのボリュームになっていきました。
スタッフがひとり増え、お仕事がまた増えるのに比例して、またひとり増え・・・。
34歳の時点で3人のスタッフと一緒にお仕事をすることになりました。

そんな7年の間に、離婚も経験しました。
「仕事が忙しくなったのが原因?」と当時聞かれたことがありますが、冷静に当時を振り返られるくらい時間が経った今考えてみても、

「仕事と離婚は関係ないな~!!」

相手があることなので、内容についてはノーコメントですが、どうしてわざわざブログのプロフィールでこんなカミングアウトするのかというと、私の人生における「結婚観」が、このブログと関係してくるからなんですね。

最近、有名な女優さんが「自分はこどもを持たない人生をあえて意識的に選んだ」ことをインタビューでお話されて、話題になりましたよね。

いろいろな価値観をお持ちの方がいて、当たり前。
むしろ、自分と鏡のようにまったく同じ価値観を持っている人は、この世にいない訳です。
だから、ご自分の考えをはっきり発言されたこの女優さんは、勇気があってカッコイイなあと思いました。

そこで「私の個人的な希望」をお話しますと、「結婚して、子供を産んで、育ててみたい」という気持ちが、ぶれることなく、一貫してありました。
前述の女優さんのような考えの方がいてもいいし、私のような考えの人がいてもいい。
これこそ自由ってことですよね。
やっぱり自由は最高!

しかし。

現実的なハナシ、離婚後の私には、札幌や北海道(範囲をひろげてみた)に、私と結婚のご縁のある男性が現れなかったのです。
とほほ。

今の温かい家庭に恵まれている私からみると、「結婚はひとりとしかできないのだから、あせらないで、大丈夫!これから素敵な人と出会えるよ」と、過去の自分にやさしく励ましの言葉をかけてあげたいところですが、当時はなかなかうまくいかないなあ・・・と、ショボンとしていた時期も長かったです。
(その分、お仕事に恵まれていた時期だったので、仕事を頑張ることで、かなり仕事に励まされました!働く女性ならば、わかっていただけるのでは?)



じゃーん!
現れました、運命の人。

それは、東京在住の人でした・・・。

どうするの!し・ご・と!!!
私、ばっちり地域密着型の仕事してますけど・・・。




結果からお話すると、東京の彼と結婚して札幌のスタジオをクローズすることにしました。

お仕事も彼もとても大切。
(あえて同じくらい、とは言いません。)

でも、どちらかを選ばなくてはいけない。

さきほどの女優さんのお話のように、私とは違って、お仕事を選ぶかたもいらっしゃるかもしれません。
ひとそれぞれですよね。
私は彼との結婚を選びました。

不器用なワタシには、両方を上手に切り盛りしていくことはむずかしいなあと判断して、両立は距離的な問題(札幌⇔東京)などからあきらめました。

仕事については、「今、札幌の仕事をクローズしてゼロになっても、新しい地で、また一からやり直すのもいいじゃない」そう思ったのです。

しょうがないこともある!前向きに考えるしかない!




そうして、北海道以外に住んだことのない私は、34歳にして首都圏に移住してきたのでした。

夫は優しい人で、「しばらくゆっくりしたらいいじゃない」と言ってくれて、子供ができるまでの2年間は、主婦を中心にした生活を送りました。

その2年間も、専門学校の講師や、企業のギフトフラワーのお仕事を頂戴して、まったく花の仕事がゼロというわけではなかったのが、仕事が好きな私にとっては、ありがたいことでした。そうじゃないと、やっぱり、やりきれない気持ちになっていたと思います。

そして、その2年間で一番大きかったのは、あたたかい家庭の基礎を作ることが出来たことです。

前の結婚では、諸事情から、落ち着いた家庭を作っていくことはできませんでした。
ですから、結婚当初の私は、自分が結婚というもの自体に向いていなかったらどうしよう、という漠然とした不安がありました。

この不安を「もう大丈夫!」と消し去ることが出来たのは、前の結婚期間6年を、今の結婚期間が上回ったときです。
いつも優しく私を包み込んでくれる夫の愛情に、本当に感謝です。



札幌のフラワーレッスンやブライダルブーケなどの「華やかで特別な日の花」をプロとしてやってきた私ですが、この2年間で、「家庭の日常の花」という新しいジャンルに足を踏みいれます。

そこで、「さりげなく日常にお花を飾る」をやり始めるのですが、意外や意外!プロの私が全然できないんですよ!

びっくりしました!

「プロの私ができないのは、どうしてかな?」

そんな疑問から、「家庭の日常の花」を研究することがスタートしたのです。

そして、娘を妊娠・出産することで、ママ友ができるんですね。
このママ友達が、子育ての合間にベビーちゃんを連れて、レッスンに来てくれるようになりました。
ここでママたちがお花を楽しまれて、ご家庭でご主人やお子さんたちが、どんな風にお花を喜んでくれるのか、とか、ナマの現場(=家庭)の声を聞かせてもらえるようになります。

そして、フラワーレッスンに来てくださる、とても仲の良いママ友のおひとりから、

「りょうこさんと出会って、世界が広がりました。ありがとう」

そんな嬉しいお手紙を頂戴しました。

このお手紙こそが、私のグランジュテ(新たな一歩)でした!

「こんな風に思ってもらえるなんて!
もっと家庭の日常の花を研究して、多くの方々にお伝えしたい!」
そう思うようになったのです。



そうして、現在の「日常の暮らしの花」を研究する日々につながっていくのでした。


すごーーーい長文に、お付き合いありがとうございました!
感謝です!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、はじめまして。
横浜でフラワーデザイナーとクラフト作家をしている中田りょうこと申します。

「普通の暮らしにさりげなくお花を飾れる人になりたいな~」

そう思ってフラワーアレンジメントを習い始めたのが24歳。
フラワーアレンジメントに魅せられ、プロになったのが27歳。
今42歳の私は、お花のプロになって15年になりました。

「普通の暮らしにさりげなくお花を飾る人」になった今、24歳の私に教えてあげたいことが、頭の引き出しいっぱいになりました。


このブログでは、あなたのご近所のお花屋さんやスーパーの花売り場で手に入れることが出来る草花を使ってデザインすることで、「あれもない、これもない。」ということがないようにします。

そして、花器や花びんは、IKEAやダイソー、セリア、ニトリ、無印などの、身近なお店のプチプラで使いやすいものを探してきますので、お近くのお店で同じものをご購入することが出来ます。




また、花のある暮らしをお金をあまりかけずに、簡単に楽しむ方法はないだろうかと、研究していくと、

【3パターンを覚えるだけ!】
【完全コピー】

という方法を考えつきました。
この方法だと、特別なセンスも、器用さも必要ありません。
たったひとつの必要なことは、

「普通の暮らしでさりげなくお花を飾ってみたい」

そんなきらりと光る好奇心です。

暮らしを「丁寧に」楽しみたい方はもちろん、あまりマメではないなあ~と思う方も大歓迎です!

特に、失敗してしまったり、うまくいかなかった経験から、「お花は向いてないのよね~」とコンプレックスを感じているあなたへ。

さあ!リベンジのチャンスですよ!



花のある暮らしに憧れる忙しい女性が、このブログを通じて手軽に花を楽しむことが出来るようになり、ご自身や家族が喜ぶ「花のある暮らし」を実現できるようになれば、最高に嬉しいです。

よろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。