Normanのブログ

リロケーションコンサルタントのノーマンです。

英語力・営業力・経営力を日々追求しています。



テーマ:

 今週は名古屋です。

 神戸より大きい街なのに、
 高級賃貸住宅の量や質で、
 全く太刀打ちできないのは、
 地元民としては残念で、、、
 逆に神戸がうらやましい。。。

 しかしこの1年。
 どんな地方より、
 賑わっているというか、
 勢いがあるのは、
 名古屋に違いないでしょう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::
 外国人ゲストに快適を!
 簡単な手続きで40平米以上の
 家具付きアパートメント
 開く窓・バルコニー・キッチン
 はホテルにはありませんよ!
 info@newrealjapan.com
 横浜・静岡・浜松・名古屋
 大阪・神戸・京都・四日市
 広島・岡山・米子・鹿児島
:::::::::::::::::::::::::::::::::

 ノーマン上西です。
 リアルジャパンです。
 http://www.newrealjapan.com/
 英語力.営業力.経営力を追求します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 2015年01月20日
 VOL.612

 【仕事の答 その2】

 もう22年。
 同じ業界にいます。

 特に独立してからの13年間は、
 取引する業者の数も増えました。


 ボクのビジネスの場合、
 顧客の数が少ないのに、
 エリアが東京から沖縄までと、
 広く散るため、
 ひとつの業者と、
 数多くの取引をする、
 という事にはなりません。

 だから、
 1年か2年ぶりぐらいに電話して、

 ◎ ご無沙汰しています
   覚えていますか?
   また物件をご紹介ください

 というカンジで、
 取引はあったけれども、
 特別扱いされるほど、
 上客ではない。
 いや、上客の真逆で、
 厳密に言えば、

 ● 1年おきに物件資料をだせ
   と連絡が来るけれども
   成約に至ったのは
   過去13年間で、
   たった2件じゃないか

 と思っている業者が多い、
 と客観視しています。


 その程度の、
 お付き合いなのに、

 労力だけ提供して、
 成約に至らなかった過去の事は、
 これっぽっちも表さず、
 一生懸命協力的にやってくださる、
 業者さまの存在には、
 恐れ入ります。

 日本の不動産屋は、
 まさにアメイジングですよ。

 そして、
 それができる会社や個人は事実、
 売り上げを高く長く、
 保っていらっしゃる。
 つまり、
 単なるお人好しじゃないんです。

 学ぶべき立派な仕事は、
 テレビや本にしか出ていない、
 と思ったら、これは大間違いで、

 身近に存在しているという事です。


 【編集後記】

 どんなに仕事が忙しくなっても、
 英語の勉強と朝の運動を、
 欠かさないコツが見えてきました。

 それは、
 酒を飲まないことです。

 そして、
 どうしたら飲まずに済むか?

 夜にアポを入れる事です(笑)
 工夫すれば夜に回せる仕事があるんですね。

 まだまだです。。。





---------------------------------

 REAL JAPAN 株式会社
 代表取締役
 上西 伸弘 (Norman)

 〒451-6040
 名古屋市西区牛島町6-1
 名古屋ルーセントタワー40階

 当社が提供する、
 リロケーションサービスとは?

---------------------------------

 ボクの仕事を改めて説明すると、
 外国人赴任者の現地サポートです。

 具体的には、
 外国人が転勤で日本に来る時、
 本来なら、
 その会社の人事部や秘書が、
 するであろう外国人に対する世話を、
 外部の専門家に委託する事がある。
 ボクはその外部の専門家だ。

 依頼はこんなカンジ。

 ○ 上西さん
   住宅を探したいのですが
   予定者は今ドイツにおりますが
   来週一時的に来日しますから
   その際彼と会ってください
   ちなみに彼の
   実際の任務は3月1日からで
   住宅の予算は月々○○万円です
   詳細はメールしますね

 その後ドイツの氏と、
 メールでやりとりし、
 住宅に関する要望や、
 会う日程を確認します。

 同時にその日程に、
 有意義なツアーを行うため、
 準備に取り掛かります。
 資料を作ったり、
 各業者とアポを取ったり。

 そして当日空港で、

 ○ アーユーノーマン?
   Mr.レーヴ?
   やぁやぁ
   Nice to meet you

 とあいさつし、
 ツアーが始まるわけです。

 そしてこのツアーの結論は、

 ○ 2月28日に再会し
   氏の選んだ住宅に
   氏を連れて行き
   そこにはベッドや家財が
   既にセットされていて
   電話・ネット・テレビなど
   氏が不便を感じる事なく
   使えるようになっていて
   ボクは去り
   氏はシャワーを浴びて
   簡単な食事を作り食べ
   熟睡し
   3月1日の朝
   職場に予定通り着き
   本業に没頭する

 今日もボクはそのゴールを見据えて、
 ツアーの準備をしている所です。

---------------------------------




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 神戸では、
 安藤忠雄氏設計のマンションを、
 クライアントに見せる機会に、
 恵まれました。

 築20年以上ですが、
 メンテナンスが行き届いており、
 未だに安藤氏の気合が感じられる、
 背筋の伸びる物件でした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::
 外国人ゲストに快適を!
 簡単な手続きで40平米以上の
 家具付きアパートメント
 開く窓・バルコニー・キッチン
 はホテルにはありませんよ!
 info@newrealjapan.com
 横浜・静岡・浜松・名古屋
 大阪・神戸・京都・四日市
 広島・岡山・米子・鹿児島
:::::::::::::::::::::::::::::::::

 ノーマン上西です。
 リアルジャパンです。
 http://www.newrealjapan.com/
 英語力.営業力.経営力を追求します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 2015年01月13日
 VOL.611

 【仕事の答え】

 ボクは安藤忠雄氏を、
 心から尊敬していますが、

 年末に、
 もっとスゴイんじゃないか、
 と思われる大人物に出会って、

 ◎ 職業の答え

 というか、

 ◎ 目指すべきひとつの実例

 を目の当たりにしました。


 今会社の全ての業務や、
 顧客や業者との、
 些細なやり取りも含み、
 大幅に見直すというか、
 方向性の改善に着手しました。


 今までは、
 売り上げとか、
 会社の規模とか、
 そういう分かりやすい目標を掲げ、
 しかもある程度達成して、

 この良い状態を、
 より長く継続する事が、
 ひとつの目標ではあるけれども、

 しかしその先どっちへ行くか?
 何に価値を求めるか?

 答えが見つからない問い、
 を発して、模索して、
 見つかるようなものではない、
 とあきらめていたところに、
 光が差しました。


 その大人物とは、
 商売が異なるので、
 あくまでもエッセンスを真似る
 事しか出来ないかもしれませんが、
 しかしまだ生きている人で、
 現役ですから、
 多くを盗める気がしています。


 具体的な事が書けなくて残念ですが、
 本当にすごい人は、
 45年以上も同じ業界に居ながら、
 テレビや雑誌に載ったり、
 語ったりしませんね。


 ◎ 是を以て知る
   知るものは言わず
   言ふものは知らざることを


 このメルマガも、
 3月いっぱいで卒業しようと思います。


 【編集後記】

 今週は神戸、名古屋、豊橋です。

 二男が成人式を終えました。



---------------------------------

 REAL JAPAN 株式会社
 代表取締役
 上西 伸弘 (Norman)

 〒451-6040
 名古屋市西区牛島町6-1
 名古屋ルーセントタワー40階

 当社が提供する、
 リロケーションサービスとは?

---------------------------------

 ボクの仕事を改めて説明すると、
 外国人赴任者の現地サポートです。

 具体的には、
 外国人が転勤で日本に来る時、
 本来なら、
 その会社の人事部や秘書が、
 するであろう外国人に対する世話を、
 外部の専門家に委託する事がある。
 ボクはその外部の専門家だ。

 依頼はこんなカンジ。

 ○ 上西さん
   住宅を探したいのですが
   予定者は今ドイツにおりますが
   来週一時的に来日しますから
   その際彼と会ってください
   ちなみに彼の
   実際の任務は2月1日からで
   住宅の予算は月々○○万円です
   詳細はメールしますね

 その後ドイツの氏と、
 メールでやりとりし、
 住宅に関する要望や、
 会う日程を確認します。

 同時にその日程に、
 有意義なツアーを行うため、
 準備に取り掛かります。
 資料を作ったり、
 各業者とアポを取ったり。

 そして当日空港で、

 ○ アーユーノーマン?
   Mr.レーヴ?
   やぁやぁ
   Nice to meet you

 とあいさつし、
 ツアーが始まるわけです。

 そしてこのツアーの結論は、

 ○ 1月31日に再会し
   氏の選んだ住宅に
   氏を連れて行き
   そこにはベッドや家財が
   既にセットされていて
   電話・ネット・テレビなど
   氏が不便を感じる事なく
   使えるようになっていて
   ボクは去り
   氏はシャワーを浴びて
   簡単な食事を作り食べ
   熟睡し
   2月1日の朝
   職場に予定通り着き
   本業に没頭する

 今日もボクはそのゴールを見据えて、
 ツアーの準備をしている所です。

---------------------------------




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 年始は自然と気が張ります。
 雪が積もった朝は裸足で運動し、
 氷点下になった朝は、
 2時間ほど歩き、
 何でもない朝は30分走り、
 いずれも冷水を3分浴びて、
 トレーニングを締めました。

 日中は、
 それぞれの案件の準備を、
 時間をかけて周到に出来た、
 すばらしい正月でした。


 しかし、これだけしても、
 夜、床に就いて、
 明日の仕事がうまく行くかどうか、
 不安でいっぱいになります。

 そしてうつらうつらしたら、
 電話が鳴って、

 “ノーマン、暖房が利かない”

 23時45分。

 そう。
 これはボクが選んだ人生です。


:::::::::::::::::::::::::::::::::
 外国人ゲストに快適を!
 簡単な手続きで40平米以上の
 家具付きアパートメント
 開く窓・バルコニー・キッチン
 はホテルにはありませんよ!
 info@newrealjapan.com
 横浜・静岡・浜松・名古屋
 大阪・神戸・京都・四日市
 広島・岡山・米子・鹿児島
:::::::::::::::::::::::::::::::::

 ノーマン上西です。
 リアルジャパンです。
 http://www.newrealjapan.com/
 英語力.営業力.経営力を追求します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 2015年01月05日
 VOL.610

 【奇跡 その3】

 お正月三が日中に、
 エアコン、ネットテレビ、
 その他合計3件の、
 メンテナンスイシューが発生し、
 即日解決しました。

 管理戸数が増えればその分、
 メンテナンスイシューの頻度が
 高まる事を実感しています。


 そもそも、
 ボクには信念があって、

 ◎ 24時間
   問い合わせを受け付ける

 という姿勢の方が、
 最小限の応対で済むため、
 その体制を維持し、
 サービスを磨いてきたつもりです。



 通常の管理会社はおそらく、
 1月5・6・7日と、
 苦情と対応に追われて、
 大騒動ではないでしょうか?
 まず、
 なだめなければなりませんから、
 待たされた顧客の感情を。



 仕事はどっちにしろ、
 大変なんです。

 どうせ大変なら、
 顧客がいつでも、
 当社を頼れる状態にしてしまおう!
 というのが原点ですが、

 しかし、
 実際のメンテナンスイシューは、
 (電話でのやり取り時点では)
 入居者の使用方法が悪いのでは、
 と疑ってしまいがち。

 疑うという事は、
 電話のやり取りそのものが、
 そっ気ないものになりがち。

 気がなければ、
 そもそも電話を受けるべきでない
 のでは、と考えがち。。


 そのような堂々巡りをして、
 何件も何年も応対するうちに、
 24時間体制の心構えと、
 実際の問い合わせに対する姿勢が、
 確立されました。

 確立されるまでは奇跡ですが、
 それを今実際運営している事自体は、
 なんでもありません。

 いまや、むしろ、
 通常管理会社がされているような、
 事務的応対の方が、
 困難に思えてなりません。


 
 商売の技術は、
 反復練習が奇跡を生むようです。

 理屈で善し悪しを論じている内は、
 何も見えてこないし、
 奇跡の起きようもありません。



 【編集後記】

 今週は静岡、名古屋、神戸です。
 ツアーが目白押しですが、
 ひとつずつ丁寧に行きたいです。



---------------------------------

 REAL JAPAN 株式会社
 代表取締役
 上西 伸弘 (Norman)

 〒451-6040
 名古屋市西区牛島町6-1
 名古屋ルーセントタワー40階

 当社が提供する、
 リロケーションサービスとは?

---------------------------------

 ボクの仕事を改めて説明すると、
 外国人赴任者の現地サポートです。

 具体的には、
 外国人が転勤で日本に来る時、
 本来なら、
 その会社の人事部や秘書が、
 するであろう外国人に対する世話を、
 外部の専門家に委託する事がある。
 ボクはその外部の専門家だ。

 依頼はこんなカンジ。

 ○ 上西さん
   住宅を探したいのですが
   予定者は今ドイツにおりますが
   来週一時的に来日しますから
   その際彼と会ってください
   ちなみに彼の
   実際の任務は2月1日からで
   住宅の予算は月々○○万円です
   詳細はメールしますね

 その後ドイツの氏と、
 メールでやりとりし、
 住宅に関する要望や、
 会う日程を確認します。

 同時にその日程に、
 有意義なツアーを行うため、
 準備に取り掛かります。
 資料を作ったり、
 各業者とアポを取ったり。

 そして当日空港で、

 ○ アーユーノーマン?
   Mr.レーヴ?
   やぁやぁ
   Nice to meet you

 とあいさつし、
 ツアーが始まるわけです。

 そしてこのツアーの結論は、

 ○ 1月31日に再会し
   氏の選んだ住宅に
   氏を連れて行き
   そこにはベッドや家財が
   既にセットされていて
   電話・ネット・テレビなど
   氏が不便を感じる事なく
   使えるようになっていて
   ボクは去り
   氏はシャワーを浴びて
   簡単な食事を作り食べ
   熟睡し
   2月1日の朝
   職場に予定通り着き
   本業に没頭する

 今日もボクはそのゴールを見据えて、
 ツアーの準備をしている所です。

---------------------------------




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード