• 06 Nov
    • 2017年、11月

      去年と同じスケジュールで、怒涛の週末が終わりました 昨日は午後からいのこです。 4時間以上かけて町内の全世帯を回りました。 60軒くらい?つかれたわ aiの同級生の子が、きょうだいに混じって2人参加してたんですが、 その子たち、お昼からにもかかわらず、4時間完歩してましたからね。 年少さんの体力にびっくりです aiちゃんも小学校になったら全部参加してほしい。来年から少し歩かせようか。 日曜日は早朝から弁当作り。 午前中は、小学校の音楽発表会です。半分以上の時間はお外で遊んだり、歌を歌って過ごしました。 わたしは、兄の出番が見られたので満足です。 昼からは、自宅となりの神社のお祭り。 最初、「いきたくない」と。 〇〇したい、したくない、の言い回しは最近言うようになりました。 鬼が出る、と思っていたようです。(この前のお祭りは、確かに神楽で鬼が出た。よく覚えている。) おかしがもらえるよ、と話したら納得した様子でした。 母は、aiが拒否しても、なんとかやらせようと思っています。 おやつ、ジュース、アンパンマン見る、新しい〇〇がある、 のどれかで誘うと、時間かかってもおおよそは大丈夫。本人、しょうがないなぁーと思ってくれていたらありがたいのですが。 (最近は「わすれてたー」といってやることもある) お祭りでは、宮司さんが拝んでいる間、じっと静かに待っている…というのはまだ難しい。 じいちゃん→ばあちゃん→とうさん、と、くっつきに行ってました。母さんのところにはあんまり来なくて、別にいいんだけど、人によって態度変えるヤツになってる。 終わったら、「おわった!」と何度も大きな声で言います。まだ声の大きさのコントロールも難しいんで。 それから、トイトレ。 保育所では、トイレでほぼできるようになり、失敗が少なくなったのですが、 時間誘導で行けるようになっただけで、自分からトイレ!と言うことは少ない。なので、土日は失敗が多いです。(というか主にオムツ生活) 自分で行かれるようにならないと意味ない…まだ道半ばですわ。 金曜日もおやすみだった…金曜から怒涛の週末。 大きな公園に行きました。嬉しそうにパンを食べているところ。 公園で遊んでいるとき、メガネに史上最高に酷いキズがつきました。 ショック 来年6月にならないと処方箋もらえないというのに…

      7
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 上履きデビュー!

      Benesseの、まいにちの園の靴 買いました。↓http://shop.benesse.ne.jp/shimajiro/201208_shoes/ 保育所では、年少から、靴下を履く場合に上履きを着用します。 さすがにそろそろ寒くなってきて。 靴下をまだ自力で履けないので、こちらがめんどくさく、できるだけひっぱってました。 上履きは、かなり長い時間履くものの割には、バレーシューズ(というのかしら?)タイプで、心もとない感じです。 あんなに外履きに気をつけてるのだから(今はすくすくのミドルカットを履いてる) いろんな方のブログで紹介されていたこちらにしました。 まいにち園の靴‼️写真影だらけ バックルを剥がして、履いて、締める、という、ふつうの上履きよりは履くの面倒かなと思いつつ… かかとは硬くてしっかりホールドされそう。 インソールもしっかりしてる。 バックルがかなり大きめ。つかみやすい。何より金具が付いていることで、剥がしても元に戻らない! ↑ これ、今履いてるすくすくにも採用してほしい! スペック高い、高級上履きです。 満足 これ一足で、兄の上履きなら6足は買えますが、(笑)400円の上履きがすぐボロボロになるのを考えたら、全然高くないです。 上履きは保育所の間は、一年のうち半分くらいしか履かないのですが、 下手したら、人生で一番長い時間履く靴かもしれない。徐々に慣れて欲しいです。

      4
      テーマ:
  • 08 Oct
    • 年少の運動会・続き

      がんばった運動会、実は、前日の夕方に発熱してまして…💦💦 耳鼻科の薬飲んで寝たら、夜中は熱もなく、朝も熱は下がっており。そのまま行かせました。 出番の時は元気にしていたそうなのですが、 全ての出番が終わってしばらくたって、熱があるとのことで、運動会途中で早退しました そのまま向かった小児科では熱が急に上がり、39度になっていました 大人が欲出してしまって、無理させてごめんよ 少し残念、とか言っちゃったけど、 ほんとうによくがんばった ---- 運動会全体の感想としては、まー昨年通り、ゆる〜い感じでした。 各クラスに、集団行動がとれず、悪目立ちしてしまう子が一人ふたりはいます。 でもそれだけじゃなく、全体が、ざわついてるというか落ち着かない感じ。 兄の頃は、年中年長はもっと真剣に取り組んでた感じがするんだけどなぁ…記憶違いかな 年長さんになると、秋には他のお祭りなどへの出演もあり練習が忙しい。 9月 学区敬老会(太鼓) 10月 運動会 11月 学区文化祭(別の太鼓) 12月 発表会 というスケジュール。 以前は全ての行事毎に出し物が違い、運動会・発表会と並行して太鼓の練習をしており、大変そうでした それが、「年長さんってすごい」ってことになってたんだけどね。 今年は、太鼓の2種類を運動会の出し物にしていて、だいぶ負担を減らしたな、という印象。 出し物のレベル自体も以前よりは下げていて、 来年のキックボードとか鉄棒の前回り、年長の竹馬や跳び箱、やることが少しになった! ダンス(太鼓)もあの程度ならついて行かれそう。 今年のクラス担任は、「aiちゃんだけでなく、他の子もしんどくなるから、運動会に向けての練習はそこまで無理しない。」 「運動会は、4月から取り組んでいることの発表の場」ということをおっしゃっていた。 年少さんはまあ、ハードな練習はやりようがないから当然として。 年中年長も、(メンバーに合わせて)無理はさせない、という流れになっているように思いました。 年長さんになったら、全部はこなせないよなぁ〜どんどん差が開いて、親も子もしんどくなるかなぁ〜と、漠然と不安に思っていたけど、 さらに成長することも考えると、意外とそれなりに、がんばれる姿が想像できるようになりました。 今年はある意味、不安要素が少し消えた運動会になったのでした おわり

      6
      テーマ:
    • 年少の運動会

      今年の運動会、無事に終わりました。がんばった…かなかけっこ🏃おそらく余り走れない3人組で走ります。よーい、のポーズが上手。カーブも楽々クリア。そして…えっ⁉️まさかの⁉️トップ‼️‼️速いが…最終カーブ前、まさかの…逆走…先生の追走なしで走ってたんですが、先生が慌ててやってきて、方向修正してくれました結局ゴールまで一人で走りきりましたラストスパート結構速かった。練習の時は、常に誰かの後ろを走っていたのだと思われ、目の前に誰もいなくなったので、どこに向かったらいいのか、わからなくなったのだと思われます。でも、途中座り込まないで走れるようになったのが最近のことだったようで、良く走りましたまぁ、今回の運動会、万事こんな感じで、「がんばったけど、少し残念 (ギャラリーにはウケた)」でしたわそうなった原因は、ギャラリーがいたこと、だと思います。家族を含めて、人がいっぱいなのが気になって、気になって、という様子でした。次。サーキット🏁三輪車は結局こげるようにはならず、先生に押してもらいました。やっぱりギャラリーが気になって、次何するかより、こっちに来ちゃう。加配の先生がずっとついておらず、練習の時は一人でもできてたんだろうなと思う。手を降ってる場合ではなーい‼️あと補助が必要なのは、平均台と、巧技台からの飛び降りぐらいで、良くやってました。かけっこと同じ三人組でやったんだけど、これはチームわけを考えた方がいいかもな。この三人はみんな補助が必要なので、このチームの時だけ人手が足りない(笑)(かけっこの時も、うちなんか順位どうでもいいから、いい距離を保って先に走ってくれる子と一緒がよかったのかも)ダンス🕺踊りはとっても良くやってましたどの時でもそうですが、一人では入退場が難しい。(どこに行ったらいいのかわからないと思われ。あと、じっと何もしないで立ったり座ったりしてることが難しい。曲がかかる前から一人だけずっと踊ってる‼️最初後列に並んでて、間奏の時に前にでてくるのもわかってる様子で、先生が立ち位置を直してくれた程度、最後にみんなで円になるのも上手に移動していました。が‼️気になるギャラリーにいつまでも背を向けて踊っていられるわけもなく…(一番前で大きな円になっていたので後ろ向き)最後、親の目の前に来て踊る暖かく見守る先生すぐに戻してくれ…最後に親子競技🐌子供たちがかたつむりになり、段ボールの草の陰に隠れ、親が見つけておんぶしてゴール、です。みんなは一目散に草の方に走ってったんだけど、aiは、親が並んでるところとギャラリーの方へ…ハラハラしたけど、なんとか草の後ろへ行きました。先生が促してくれましたが、結局座って隠れる事はせず。まあ、他の子も、気になって頭出してたんだけどね。(カワイイ)ひじょーにマッタリした競技でしたわ。出番はここまで。よくがんばりました。つづく。

      2
      2
      テーマ:
  • 03 Oct
    • インクルーシブなんてさ。

      「特別な教育」の功罪 リタリコに関わっておられる方のブログです。 インクルーシブ教育についてとても参考になる記事が多い。最近記事が少なくて残念だけど。 〜〜引用の引用ですが〜〜 障害のある子どもへの教育の在り方が模索されていた時代において設立された国立特殊教育研究所(現在の特別支援教育総合研究所)の初代所長であった辻村泰男氏は障害のある子どもへの教育について、 「個人差に応じた適切な指導が、単に障害児についてだけでなく、学級の全員について行えるような教育的諸条件が整備されたなら―そのとき障害児の多くは、特殊教育から通常の教育に戻っていけるにちがいない」 という言葉を残している(辻村, 1968)。 〜ここまで〜 これがインクルーシブ教育の全てだと思っている。 地元小の通常級が、aiにとってインクルーシブな環境じゃないからこそ、とてもじゃないけど放り込めないよなぁ…と思うわけで。 あんな一斉指導の方法を取らなくても、教育目標は達成できるんじゃないかな?成績上がるんじゃないかな? インクルーシブ的な考え方するとそうなる。 分ける教育をするなら、別にそれに適応するからいいんですよ。必ずしも悪いことじゃないしね。この国に生まれて、それに抗おうとは思わない。 ただ、モヤモヤというか怒りを感じるのは、国は表向きインクルーシブをかたっているのに、どんどん歪曲していって、実際は全然するつもりはないんじゃないか、と感じるから。 (注:地域の教育に対する価値観の違いはとても大きいと思います) 来月の学校へ行こう週間に行ったら、またそういうモヤモヤを抱えるんだろうな…

      3
      テーマ:
  • 28 Sep
    • めんどくさい人・iPhone8

      イヤイヤが進化しています。 自分で思う通りにやりたかったのに、母さんが勝手にやってしまった ↓ ムキー❗️ というイヤイヤです。 例えば、最近多いのが、お風呂からスムーズに出てこない。 はやく〜と、扉を開けようものなら、 自分で開けたい 開けるタイミングそこじゃない 「もう◯×※△のに〜‼️‼️」 と言ってグズグズ座り込んでしまいます。 じつに め ん ど く さ い そこで、私も元気な時はなんとか聞き出そうと話しかけてみると、 「◯×※△◯×※△◯×※△‼️‼️」←文章らしい。ほんと聞き取り不可能。 イラっとしてると、ハァ??はよ出! …となってしまいます 本人も冷静な時は、「じぶんで!」と言えたりします。 まぁ大概はグズグズです。 涼しくなってきて、最近は朝の出発はスムーズ。 手を洗ってきてねー!で、台持ってきて乗って、蛇口上げて…ひと通り自分でできたりする時も。 機嫌さえよければ…ね それから、従来からの、要求がかなわないイヤイヤもまだ当然あります。 車に乗るとき。 シートのベルトをしようとすると、「◯×※△~‼️」と暴れる。 たまに聞き取れる発言によると、車に乗りたくない!ばかりでもなく、 CDかけてくれ おもちゃとってくれ という時も多い様子。 そんなことなら冷静に話してくれれば、やりますってば そんな中でも、最新の行動は、あきらめ❗️ 「しょーがないなぁー」 といって、しぶしぶお風呂場にやって来たりする こんなことがたまーにあったりすると、イヤイヤに屈しなくてよかった、とは思います。 ---- あと、お決まりのめんどくさい行動。 お迎えの時に、母に気づくと、「キャキャッ❗️」と大ウケして、先生にしがみついて顔を隠す 周りから見ると可愛いんだろうと思いますよー でも母はかなり冷めてるんで、 いつもなんなんそれ❓帰ろうや❓ ってなってます。 家の外では、褒められると、体をくねくねさせて照れたりしてるみたいです。 想像できるー❗️ 昨日は、父さんからカエルコール(古!)かかってきたので、aiにiPhone渡してみたら、 えー?!父さんなの〜?なにはなしたらいいの〜まよう〜! みたいなうれしさととまどい、みたいな面白い顔しながらも、話せず。 その直後、大好きなぽぽちゃんに、おもちゃの電話持たせて、 「もしもしっ!うん。うん。はい。△◯※□げんきー?」 と、かなり流暢な電話応対してて笑えました 半分以上は何言ってるのかわからなかったけど。 母の気持ち次第ですね。 めんどくさいと思うのか、おもしろいと思うのか 素直に成長を喜ぶべきところ、どんどん複雑になる女子に振り回され気味。 充分、順調に成長してきてると思いますよ⁉️↑天の声 親なんて勝手なもんでーーー どうでもいい私事ですが。 iPhone8買っちゃってテンションMAXですよー❗️初めてAppleストアでiPhone買った❗️ 格安SIMサンクス❗️ 最高ですよー❗️デザリングできるとか神❗️今度はiPad買う❗️ iPhone6ちゃん、短い間でしたがありがとう。 こんな姿ですが買取りしてくれるとこもありそうで助かる。 なにこのバリバリ… 相棒よ…2年間お疲れ様…

      3
      2
      テーマ:
  • 16 Aug
    • お盆休み

      駅前のデパートのイベントへ。錯視が起こる絵や立体を展示していました。療育手帳見せたら、母とこども1人は無料になりラッキーあそびにいくよ!ということにしてたので、入場したらすぐに走り回る!さわらないで❗️触りまくってすみません兄が見終わるまで監視。父さんが休みになり、家族でお泊まり。隣県の大きなプールへ行きましたこどもプールがとっても広くて満足満足❗️ここは滑り台がたくさんあって楽しみました。かなり水が汚かったけど特に滝が好きになったようで、きゃっきゃ言いながら滝の下へ行ってた唯一の写真水が汚いのが気になったのと、気温が意外と低く寒かったのが、フラグプール終わってからキャンプ場まで行ってバンガロー泊という弾丸ツアーですよキャンプ場近いと思ったら遠かった…到着したらすでに18時近くになっちゃった。今回は、疲れてやる気ないだろうと、最初から火おこしの予定なしです。とりあえずは休憩したいよね。カセットコンロでうどんをゆで、冷やしうどんとスーパーのお惣菜の夕食でした。「にいちゃん、ねてる」次の日。朝この時までは元気だった…父さんにキャンプ場近くの室内の遊び場に連れてってもらいました。帰ってきたら、カラダがすごく熱い。なんと39.5度あったいったん帰宅してから当番医へ(遠い…)予想どおり激混みで、2時間待ちでした熱でぐったり以外は症状がなく、ただの風邪だろうと、熱冷ましのみもらいました。そして昨日。機嫌あまり良くないながら、熱は下がった様子❗️夕方から庭でバーベキューこの夏二回目。義姉一家もやってきて大人数だったが、みんな疲れ気味で、あまり盛り上がらず写真もなし。明日からaiは保育所へ。夏休みの行事もあと少しだ、がんばろう

      9
      テーマ:
  • 04 Aug
    • だいじょうぶ

      帰省の話の続きです。山梨県の忍野に行きました忍野しのびの里です忍者のからくり屋敷があった。吹き矢にいちゃんは喜んでたけど…ここはイマイチ感が否めず宿の中にあるプールへ貸切状態水飲みまくり次の日リニア見学センターへここは予想外に面白かった❗️試験走行日で、午前中は実験線をリニアが行ったり来たり何度も通り過ぎるのを見られました。時速400kmで5両編成があっという間に通り過ぎるリニアのしくみとか、どこを走るの?とかお勉強になりました。その間aiは、2時間キッズコーナーで遊び込んでたらしい写真なし…近くの道の駅でご飯を食べて、帰宅。(豪雨すごかった)-----成長を感じる?出来事がありましたしのびの里で、忍者ショーを見たんですよ。最初のアナウンスで、「暗くなったり、大きな音が出ます。小さなお子さんが怖がるときは遠慮なく途中退出してください」って流れて、そういえばaiちゃん重低音ドンドンいうの嫌いだったよなぁ〜失敗したかなぁ…と母が少々不安に。ショーが始ったら、突然暗くなり、スピーカーの大きな音で、案の定ビビり気味のai。泣きそうになりながら、すごい勢いで母にしがみついて、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」って連呼してました。ショーは、殺陣ばかりでもなく途中明るくなって武器の説明とか、お客さんとのやりとりなどもあり、そのときはこわごわ前を向いてました。でも暗くなると再びしがみつく。ちらちら舞台の方を覗いてみては、怖くてしがみつく半泣きで「だいじょうぶ、だいじょうぶ」ってずっと言ってました。でも結局、泣きはしなかったんですよねー忍者が敵を倒したら、他の人に合わせて、aiも拍手。もう、引きつり気味の笑顔で必死のパチパチ。舞台に背を向けてパチパチ。終了後、抱っこしてやってすぐ外に出ました。それで、出るときに初めて、「こわい」ってつぶやいたんですよ。「そうなの、こわかったの」って母が言ったら、そこから声をあげて泣き出しました…がまんしてたんだなってなぜ、泣かんように!って思ったのかはわからないけど、「だいじょうぶ」って自分に言い聞かせてこわいのがまんしてたんだーと。そんなことも思うようになったんだ、と。ほんと驚いた。何言ってるかわからないことも多く、イヤイヤ期で言うこと聞かす中、本人の思いが言葉に出てきている時。もっと母が、気持ちの動きを感じてあげないといけないな、と思いました。そういうの分からない方なので余計に。

      13
      2
      テーマ:
  • 31 Jul
    • 帰省しています

      実家に帰省しています曇りの日が続き、少し涼しくて助かりますやっと新幹線の意味がわかり、「しんかんせん」「しんかんせん、のる」と言っていました。でも電車に乗っても、「しんかんせん!」と言っている…車内ではありえないくらいいい子❗️うろちょろしない❗️大体席に座れてる❗️昼寝もできました-----次の日。兄対策の科学技術館へ。http://www.jsf.or.jp/皇居となり、北の丸公園にあります。地下鉄の駅から遠いから大丈夫かなぁーと思いましたが…行きは何とか歩きました。曇っててよかったここは、内容ももちろんだけど、家族連れで行きやすいところでした人多すぎず(平日)、広々していて、自由に遊ばせても大丈夫。展示はほとんど触ってよくて、その辺気にする必要なし。何ともよかったのが、休憩スペースがとても多くて、展示室の様子を見ながら食事もできるところお弁当持参でもいいし、マジ軽食(カップラーメンにお湯そそぐ的な)も売っていますこれ喜んでた。合わせ鏡。床が斜面になってる…巨大シャボン玉の中に入れるのとか。aiでも遊べるコーナーがたくさんあってよかったです。もちろん兄とは完全別行動、にいちゃんは、みたいところみてきていいよー❗️と放置。それで一度、兄の方に付き合ってたら、aiが消えた❗️探し回っても全く見つからなくて、すごく焦った探しまくって上下の階も探したら、上の階でスタッフのお姉さんとブロックしていたという…びっくりした。反省しました階段登る方が得意だったね…結局、一日中いました。それでもまだ全部は見れてないかな。疲れて眠くて帰りはほぼおんぶ興奮したのか寝られず。aiでもかなり楽しめた様子。-----別の日。去年、私の弟に三つ子ちゃんが産まれており、初めて会いに行きました❗️むっちゃかわいかった最初、3人ベビーチェアに座ってお出迎え(お食事の後だったのね)してくれたのが衝撃的にかわいかった 顔そっくりに見えたけど、体の大きさや顔つきが少しずつ違って、性格も違うみたいで。ほんとかわいかった❗️軽かった❗️癒されたぁー2か月早く産まれてて、長くNICUに入院してた子もいたらしく、まだちっちゃいスクスクと育ってほしいな❗️aiは一緒に柵の中に入れてもらい、おもちゃで遊んでました。残念ながら赤ちゃんには興味なし。おもちゃに向かって一目散ですよ…逆に彼らのほうが興味持って近づいてきてくれました。 aiらしいといえば、らしいが…大丈夫か 最後にお泊まりに出かけて、その後帰宅しますたのしみー

      7
      テーマ:
  • 25 Jul
    • つかれた

      あつい 先々週ころからか、aiちゃん、保育所&療育園で、座り込んでぼーっとして、動かなくなることが増えたらしくて。トイレに行く、ズボンはく、ごはん食べる、パジャマにきがえる、などなど。ぼーっとして座り込んだり、遊び始めたり、してたらしいです。「きょうは、ぜーんぜんうごかなかったです〜。あついからかなぁ?」「トイレの後のズボンが進まず、カウントダウンしたらはきだした。」などなどの報告をきいていました。この前保育所では、好きなはずの給食の時間も、床に座り込みぼーっとしていたそうで。配膳終わってみんながテーブルについて「いただきます!」したらやっと、お弁当箱を取りに動き出したらしい…これはさすがに大丈夫なのかと思いました。保育所の先生は、何度も何度も声かけするのではなくて(聞いてないから言っても無駄)、aiが自分から動くまで待っててくれてるようです。あと、できる範囲で、カウントダウンしたり歌ってくれてる。療育園の先生に聞いてみたら、みんながご飯食べ始めて気づいたなら、それはいいことだと思う。自分で判断して動けるのも課題、のこと。あとは、座り込んでるなら後ろから立たせて一緒に歩く。(↑母もやってますそれ。何度も立たせたら立つから、半ば無理やり一緒に歩くヤツ。そこまで頑固じゃないんで、結構歩きます。)療育園のアドバイスを伝えて、待つか立たせるか、臨機応変に対応してもらうことにしました。あと、上着の着替えはまだ一人では難しいので、始めだけ手伝ってもらうことを再度お願いしました。体力なくてみんなよりしんどいんだろうけど、だからといって、もうやってもらうわけにはいかないよなー。ある程度はできるんだから。-----自宅も基本イヤイヤなんですが、一番母にストレスなのが、朝、出かけるとき、靴を履き始めるのに時間がかかる。ことです。出かけるのは理解してる。でも、「あそぶ!」と言って、非常に機嫌が悪い。(この時点でグズグズのときもありその上あまり得意ではない、靴を履く作業、そして日当たり良過ぎて灼熱の玄関先aiにやらせようと、朝は余裕もたせてるんだけど、こちらも暑いしイライラ…保育所への道のりも、半分地点まで車で行って、残り数百メートルだけ歩くことにしました。aiのための時間にしてるとはいえ、毎日機嫌を取りながら行くのはほんと疲れる。こちらの心の余裕がないと、ご機嫌取って歌ってやったり褒めたりできんわ。療育園の先生に、イヤイヤ期長いよ!と言われて早1年以上が経過していますが…いつになったら朝スムーズに保育所行ってくれるのであろうか つかれる お庭でバーベキューの後、スイカと花火でご満悦。汚Tシャツ

      5
      4
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 年少、就学先を考える

      前回の続きです。Masamiさんの記事を受けて、「なぜこの進学先なのか」ということを今の時点で考えてみます。今のところは、地元小学校の特別支援学級に就学させるつもりでいます。(我が家の場合他校は選択不可です。)普通小学校を希望する理由は、本人が、まずいまの状態で、社会性には問題なく、友だちに興味があって真似しようとする性格であると思われること、小学校に上がるころには、身辺自立は少しの手助けでできそうだという見込みがあること。この2つの理由により、支援学校ではないかなと。もちろん、双方の理由ともかなり楽観的に見て、ですが…。次に、特別支援学級か普通学級かで考えます。地元小学校の知的支援学級は、低学年の子が新たに複数人入って存続してます。うちの地域は支援学級は交流があります。今の時点で、本人が常に100%かそれ以上の状態で、定型発達児の中でなんとかついていけるか、というところ。 しかも同じように行動できるだけで、その活動の中身は同じようにはできません。 身辺自立しかり、ハサミもしかり…多分ほとんど全部の活動で。 学校で常に100%以上ってかなりしんどいと思う。普通学級での一斉指導がどういう様子なのかはわかってるつもり。要求される内容はもちろん、体力的、精神的にも無理があるだろう。 交流学級→少しがまんしてがんばることを学ぶところ。刺激を受けるところ。楽しめれば棚ぼた。支援学級→落ち着いて学べるところ。自分のペースも少しは許される。ときには逃げ場。特別支援学級に在籍して、双方のいいとこ取りしようと目論んでいます…。 それが今の時点で、一番学びが多そうな選択肢でありそうです。-----それから。定型発達児(者)の社会に交ざれるならば、今のうちに体験させておきたいと思っています。(もちろん本人の健康を損なわない範囲で)いずれは、自分と同じような人たちの社会(障害者の社会)で守られて生きていく可能性が高いと思っているからこそです。保育所〜学校生活で、定型発達児(者)もいいひとばっかりであっちちの世界もいいもんだ、という思いをできれば持って欲しい。逆に、定型発達児(者)の世界で嫌な思いした、もう二度と交わりたくない、でもいいんです。向こうがいやだから、障害者のコミュニティ、でもいいし、 向こうもいい思い出一杯だけど、やっぱり自分と同じような人と関わりたいなっていう選択でもいいです。もちろん、定型発達児(者)のコミュニティを選択しても全く構わない。しないと思うけど。経験できるなら経験から選択して欲しい。しかも知ることができるのは小さいうちだけな気がする。私自身を振り返って思うのは、同じような価値観、背景を持つ人の中にいる方が居心地がいいし、結局そっちを選ぶということです。 多様なコミュニティは、お金とか学歴とか、測れるもので判断したら階層になります。 人間はたくさんいるんだからそういう違いはあって当然。普段は混じり合うこともない。 (しかしどの階層に属しているかは、個人の幸せとは全く関係ない。) 「共生」とは、すべてのコミュニティが混じり合い、例えばおんなじ仕事したり友だちにになったりすることを強制することではなく、それぞれのコミュニティが、お互いを理解し、尊重して共存する社会なのではないかと考えます。-----自分で考えたことのつもりだけど、なんか書いてたらどこかで聞きかじった話だ。きっとMasamiさんだ。 しばらくしたら考えが変わるかもしれないし、このまま煮詰まっていくのかもしれない。

      11
      テーマ:
  • 18 Jul
    • ”就学に関する、過去記事のご紹介☆2017年”

      いま就学について考えていることのつづきです。Masamiさんの記事を読みました。もう、首が振り切れるくらい首肯した記事が満載で。ほぼ全てのリンクは以前読んだことがありましたが、改めて読み、思い直したこともありました。◯「なぜこの進学先なのか」を言葉で説明できるくらいに考える。◯障害を持った子どもにも仲間が必要。◯戦わずして仲間を得るが、心に残りました。ぜひぜひ読んでみてください❗️❗️❗️

      3
      2
      テーマ:
  • 13 Jul
    • 6月、就学説明会に行ってきた

      うちの市では、就学相談の申し込み期日が来月末です。いま真っ盛りの時期ですよね…就学関連でいくつか書きたいと思います。まずは。先月初めに、療育園の就学説明会があり参加しました。去年の説明会行った話今年は説明に、「指導課」の方がいらしてました。何だかおおよその説明をオブラートに包む感じで、突っ込んだところは全くなしでした。と、感じるのも、去年は「学事課」の方の説明で、「判定は覆りません」「判定と違うところに行っても支援できません」などとかなり強気にクギを刺されたのが強烈な印象として残っていたからです。あと、学区選択が可能な場合とか、支援学級の場合の交流時間等々、ルールをはっきりとおっしゃってたように思います。が今年はなし。(質問でなかったのもあり…)終始、「保護者の方の意見ももちろん聞きます」「お子さんの適性にあった指導をします」という感じ。方針が変わったのか。それとも説明する人(立場)によってこうも印象が変わるものなのか。学事課は事務方だから、原則はこうです。ルールに従ってください。指導課は元は現場にいらした先生なのでしょうか?教室ではこんなことをしています的な話。学区選択の説明は曖昧でした。担当じゃないから詳しくないっていってた。(え、説明会では大事なトピックなのに。)両方来てくださればいいのにねま、でもお役所ってこんなもんか。とても縦割り。文部省著作の、支援学校向けの教科書(通称星本)を持ってきてくださってました。これはとなりに座ってた知り合いママが、「字がない…」って絶句してましたタイムリーに主婦さんが、内容を詳しくアップしてくれてる。むっちゃ参考になります。私はペラペラめくっただけで、ここまで全然見てなかった。特別支援学校の教科書(国語編)特別支援学級・学校の教科書(算数編)-----同じ頃兄の件で、担任、理科のみ担当の先生、校長先生(←聞いてなくてびっくり)と話す機会がありました。兄の言語通級の様子や最近の変化など話しました。3年生になり、そろそろ「いじめ」なんてこともありがちな年齢に突入してるからこその、学校側の水際作戦というか。トラブルになる前に早めに対応!保護者とコミュニケーションとっとけ!みたいな、意思を感じました。いやぁ、親からしたら、親身になって話聞いてくれて、学校への好感度アップですよ。すかさず、aiのことも、実は、ダウン症のある妹がいて、今のところ支援学級希望しています。その際はお世話になると思います。また学校へ行こう週間などの時に見学させてください!と、宣伝しておきました。理科の先生は、特別支援コーディネーターで、去年は支援級担任してた先生だから話ができてよかった。こちらは、学校は良い方に変化しているのではないか、と思った出来事でした。

      5
      テーマ:
  • 11 Jul
    • 4歳〜4歳2か月の成長記録

      最近作ったサポートブックより。 ◯イヤイヤ期いまだ継続中!・着替える時、お風呂に入る時、朝出かける時なと、「ヤダ!」と言う。やるのに時間がかかる。着替えは、できる部分が増えてきたのに従って、ヤダ!の強さが減ってきたように思われる。以前よりも、「自分がやりたい」からヤダ!という場面が増えてきたようにも思う。〈対応〉好きな歌を歌ったり、カウントダウンしたりする。次にある楽しいこと(ジュースやおやつ、あそびなど)を伝える。本人の前にいて見ていても全く動かないので、母が用事を済ませるためにその場からとりあえず離れたりすると、意外とやっていたりする。・できないことに怒って、ぐしゃぐしゃにしたり泣いたり、絶対やろうとしなくなったりする。これはほとんど家だけでやってる。保育所では頑張ってるんだろうなと思う。〈対応〉一人ではできないだろうことは手助けを早めにする。怒ってもなだめて手助けして最後までやる。◯遊び、運動面・ままごとが好き。人形を動かして、人形が食事、ご飯、寝る、などを再現する遊び。人形を2つ持って、2人のやりとりらしきものが見られるようになった。(会話にはなってないが…)ほぼ独り言だが、ままごとの時間が一番しゃべっている。全部聴き取ることが難しい。・三輪車保育所で練習中。家でも室内で乗るようにしました。喜んで乗っている。膝や足の部分を押して進ませている。自分で力を入れるのは分かっていない感じ。・ボールなげ今までオーバーハンドで投げられなかったのが、やり方を見せたら成功することが増えてきた。・走る腕を前後に振れるようになり、走っているように見える。・うんていにぶら下がり喜んでしている。30秒くらいいけることも!手を離して着地ができないけど、怖がることもなくしてる。 ◯身の回りのこと◯食事・生野菜、緑の野菜を自分で食べるようになった。好きなものより先に食べることもある。・水分は家ではまだ少なめ。便秘気味。・下から3本指で持って食べることができるようになり、定着してきた。ただし、機嫌があまり良くないときなど、うまくできなくて怒ることがまだある。・犬食いになるので、お皿を持つように声かけをしている。お皿の中身が少なくなると持って食べられる。・机に片ひじをつく姿勢になる時は、その都度直している。椅子の上にしゃがむ時もまだあり、直させている。◯排泄・パンツ生活スタート。・おしっこもうんちも、「うんこ」「うんこでる」といって知らせることもあるが、成功することが少ない。・知らせる回数が増えてきたものの、そのまま出てしまっていることの方が多い。・うんちはいきみ出してから座らせ、おまるでできたことが数回あった。◯着替え・全体的に少しずつ手助けが減っているように思う。上着はまず腕を通させると、自分でできる。脱ぐのは最初に腕を抜くのが難しい。・靴の左右、上着とズボンの前後を、家では教えていきたい。・本人が表に返すことをしたがっているので教えている。◯その他の日常動作・歯磨き 前後の動きと、上を磨くのを練習している。・はさみ 開くのがうまくなり、一回切りがスムーズにできるようになった。 ・階段  上りで交互に足が出るようになった。のぼりおりが速くなった。・蛇口  開けられるが閉められない。(反対にひねる動きができない) ◯コミュニケーションについて・以前から、特にあいさつや要求の時に、相手を見ないのが気になっている。家では、「かあさんのほうみてー」などと言っているが、わざと目を背けたりしている。・はい、いいえ、いる、いらない、が本人の思った通りに言えるようになってほしい。・吃音は少なくなってきたように思う。

      6
      テーマ:
  • 08 Jul
    • 保育所での様子をきいて

      進級してから3ヶ月たちました! 先月の初めに、療育園の先生が保育所を訪問してくださりました。保育所の先生が、質問事項を準備してくださってたらしく、 普段のaiの行動で困っていること… ○昼寝からおきてぼーっとしてる ○トイレ終わってからズボン履かないでぼーっとしてる ○牛乳がなかなかすすまない ○散歩中に疲れて突然座り込む… の対処法や、これから運動会に向けての練習方法などお話ししたそうです。 担任の先生は、「どうしたらいいかわからなかったことが聞けてよかったです❗️」(↑若い先生なんでまぶしすぎる と言ってくださいました。 一方療育園の先生も、「aiちゃん保育所かなり慣れてきましたね。指示が聞けてるし、周りを見ることもできてる。 サーキットで飛び降りや平均台にチャレンジしてるところが見られてよかった。」 とのこと。 先生同士も慣れてきたみたいでよいコミュニケーションが取れたようでした。 よかったよかった。 ----- そんなことがあったので、かあさんも、保育所の様子や家での様子を共有したいなと思い、サポートブックの内容を追加して、話し合いの時間をとってもらいました。 保育所での様子が詳しく聴けて、いい時間になりました。 具体的にエピソード聴いてく中で、これは保育所に通うメリットだと思ったことは、 ○友だちが成長してきて、aiに気を配ったり、声をかけてくれることが増えてきた。 ○友だちがいいモデルになっている。みんなで行動するときに動きやすい。 友だちがやってることに興味を持ったりして経験が広がっている。 ことです。 aiが座り込んでると、気にかけて手を引いてくれる子がいるそうで、そういうときはあっさり動くらしい。 最初はあまり興味のなかったカタツムリのお世話を、当番の時は張り切ってやろうとしている。(その影響か、お家でも金魚にえさあげようとしてた コミュニケーション面では、やっと先生に単語で思いを伝えることがある程度。遊びは一人が多く、ましてや友だちと会話まではできてません。 そこは、加配の先生が神対応してくれてて、先生が一緒に遊べる時は、うまい具合にまわりの子をあそびに巻き込んで、aiが友だちとやりとりできるようになかだちしてくれているらしいです。 今年の加配の先生はあたりです 3語文を話すこともあり、言葉の面は成長を感じますが、そうすると余計できてないことが気になります。 aiの場合は、ことばが出ることと、人とコミュニケーションできることの違いを実感します… もっとおしゃべりできるようになったら、コミュニケーションも少しは進歩するのか、2つは別物なのか。 コミュニケーションを取り出して教える必要があるのか。 ここはとても心配なところです。 大きくなるにつれ、本人の特性みたいなのがみえてきますね。 そのことで言うと、身辺自立も焦らないことにしました。 最悪の場合、大人になるまでにできればいいかー、って 体、手先の動かなさがスプーンの扱いとか、シャツがなかなか脱げないことなどに関わってるのでは、と思っています。 本人も苦手を感じていると思われ、手先を使う作業を嫌がります。セラピーで、洗濯ばさみやら紐通しやらトングやら飽きさせないように色々としてたんですが… あとパズルがいまだに2ピースが限界。これもできないことに関係してると思う… 体の成長を待つしかないのか… 無理やりやらせて失敗しようものなら、ほんとに嫌がります。スモールステップを慎重に工夫して、本人の機嫌を損ねないように、ときにはプロンプト多めでもよしとしています。 身の回りのことが早い時期にできるようになったら、安心するんですけどね。 ちなみにトイトレも失敗続きですわ 家よりも保育所や療育園でのほうが、がんばれるようなので、そちらにおまかせしてもいいやぐらいの、余裕の気持ちでいることにしています。 いろんなことを書きすぎました。 成長の様子も書こうと思います。

      8
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 外遊び

      この頃の外遊び。兄の漢検終わりで会場近くの公園へ。網はかなりすいすいーといける。走りも軽快❗️やっと腕が前後に振れるようになり、走ってる感じになってきましたトイカメラアプリHipstamaticを久しぶりにいじくり、フィルターかけて遊んでいます家の近くにて。太った上がらない二の腕…この前バーベキューした公園へ。雨降りそう。兄はゆっくりしたいって、2人で行きました。出発じゃ❗️「おかしゃんもいっしょ!」と言われましたが、濡れてたので遠慮しましたやっとチョキが両手でできるようになったぜ❗️苦節2年くらい。保育所でうんてい(わたりぼうと呼んでいる。地域差?)に興味が出てきたらしく、先生に手伝ってもらってやっていたそうで。ハシゴを登って最初の棒をつかむのは1人では難しいながら、棒をつかんだら勝手にぶら下がってました。着地も倒れちゃうから、補助がいります。いつの間にぶら下がれるようになってたんだろう。びっくりしました保育所ではまだ外遊びができる時期のため、三輪車と、トラックを走る練習をしています。秋の運動会対策。お家でも室内用三輪車で練習しています。ペダルに足は置けるよ、ぐらいのレベルですが…乗れるようになってくれたら嬉しいなー

      7
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 川遊び

      少し前。川へ遊びに行きました。まだ川開き前で空いてた~水着に着替えるべきだった。お水が冷たい。(ここは夏でも冷たい)風が涼しくて、お天気さいこう。滑るところを転ばないように慎重に歩いてて、これは筋力つくな!って思いました。お昼は、とうさんが、火おこしめんどうだってさ。・・・だからお弁当初めておにぎらずしてみました。aiの頭の長さ角度によってむちゃ長くなる‼️‼️火おこしのかわりと言ってはなんですが、フルーツポンチ三ツ矢サイダーを真ん中にどかっと置き、ラムネを入れると、シュワーっとなるらしい。ただ、シュワーっ!で炭酸が抜けたのか、食べたとき肝心のシュワシュワ感がなくて・・・見た目重視だわ水遊びで疲れたら、まったりとお昼寝。涼しくて快適。これからの季節のデイキャンプは、ここの川にしようと思ったのでした。

      3
      テーマ:
  • 09 Jun
    • ハンバートハンバート ぼくのお日さま

      にいちゃんネタ。こんな歌を見つけました。吃音のことを歌っているのかな。嗚咽・・・二番はもう号泣。----------歌なら いつだってこんなに簡単に言えるけど世の中歌のような 夢のようなことじゃない一言も言えないでぼくは今日もただ笑ってる嫌いなときはノーと好きなら好きと言えたら----------「ぼく、ことばはつまるけど、歌はじょうずだよね!」って無邪気に言ってるにいちゃんが切なすぎるよ・・・aiのことに戻りますと。最近、療育園の園長先生とお話しました。ここのところ、「できん」が口癖になってる気がする、と、なにかの話のついでにかあさんが言いました。「aiちゃんの様子を見ていると、これからどんどん、本人がやりたくてもできなくて、もどかしい想いをすることが増えてくるように思う。そういう想いをしてもなお、自分をよしとして、チャレンジできる人になってほしい。そのために今できることは、そばについて、励ましてやらせて、できたらたくさん褒めてやる、それを繰り返すことです。」といったことをおっしゃってくださいました。ハンバートハンバートのこの歌、切ないけど、前向きになれる歌だなあと思います。子どもたちには、自分けっこうイケてんじゃん!って、たくましく世渡りしていってほしいものです。世の中そんなに簡単じゃないって思ってもね。

      3
      テーマ:
  • 09 May
    • GW

      もうすっかり平常運転です。 GWは天候が良い日が多く、外にたくさんお出かけしました。兄の友だち家族とデイキャンプ。私が誘ったら…7家族25人ほどが集まり準備はほかのママたちがしてくれました。ありがたい…私自身、子どもの頃大勢でそんな経験ないからドキドキするわaiと同級生になる子も来てたんだけど、全くからむ様子なしでしたヤギ。泳ぐ兄。想定内私と兄と2人でワンタッチテントが建てられるかどうか試したくて、近所の公園で建ててみました。連休中に行くような公園ではなく、誰もいない❗️テント無事に建つ。日陰を作るとまったりしちゃうことが判明。全員、お弁当と昼寝しかしてない広い原っぱにこれだけ建っててちょっと恥ずかしかったです兄の好きそうなイベントへ。バーチャルリアリティ体験したり、扇風機分解したり、マイクラでプログラミング体験したり楽しんだ様子。aiはビルの一階下の遊びスペースへ。赤ちゃんメインのところで、先輩風吹かせてました。(やることはほぼ同レベル(笑)メインイベントのお泊まり❗️去年、キノコ型のキャビンに泊まったキャンプ場のバンガローへ行きました。今まで掘建て小屋みたいなとこばっかりだったから…なんと豪華❗️広い❗️キレイトイレもシャワーも冷蔵庫もキッチンもある❗️炊飯器まである❗️(米炊いた)フィルターかけてみました楽しすぎて踊っちゃう。とうさんは可哀想に翌日仕事だったので、早朝に最寄り駅(まさかの自宅近く)まで送り届け、キャンプ場に戻って朝ごはん作って食べて…片付けの間に2人で散歩に行ってもらった。朝は風がさわやかで、いやもう気持ちよかったです❗️そのまま帰るのかと思いきや、近くの大きな公園に寄ってまた遊んで帰りましたaiは、兄のやりたいように連れ回しても、全くOKになって嬉しい。春のうちにまたデイキャンプ行きたいな

      16
      テーマ:
  • 20 Apr
    • できごとふたつ

      最近、いろんな意味で心動かされたできごとふたつ。にいちゃんが、食事の時、「ねぇ~aiってどうなの?」「小学校は大丈夫?」と聞いてきました。そんなの一言で答えようがない。「どうなの、ってどゆこと?」と聞き返してみたんですが。そもそも食事時に、ほかの家族と話に集中すると、aiが「私をかまって」とばかりにアピールしてきて、ゆっくり話せないんです。だからご飯の時間は、私は聞いてるだけ。「だいぶ喋るようになったじゃん。」↑この前もそんなこと言った私。「あー、そうだね。大丈夫か…」↑ほぼ兄のつぶやきここで話は終わりました。にいちゃんね〜〜この前から気になってるよね〜〜そろそろね〜〜aiのことをきちんとにいちゃんに伝えないといけないよね〜〜にいちゃんの興味からすると、細胞からDNAの話して、トリソミーのことをしっかり説明したらわかりやすいかも。それから…近い将来どんな子どもになるのか。大きくなったら、どんな大人になるのか。かあさんとうさんはどうなって欲しいと思っているのか。なぜ、かあさんと勉強を家でしているのか。なぜ療育園に行っているのか。小学校は、にいちゃんと同じ学校に行かせたいと考えてはいるが、○○1組(知的支援級)を希望していること。今4歳だけど、2歳すぎの子と同じくらい。大人になっても、普通の人とは同じようにはならない。ここまで言ってもいいかな?手前味噌ですが、にいちゃんは大人びたところのある子だから、たぶん大丈夫だと思う。この前、兄:「ぼく歌うまいでしょ!ことばは詰まるけど。」母:「お、おぅ…(やっと気づいたの??)」みたいなやり取りもあり、なんだか自己認識が急速に進んでいるようす!今がその時かもしれない!-----昨日、小学校のこども会の集まりがありました。近くの神社のお掃除というちょっとしたものです。終わったあと、小学生組は鬼ごっこで大騒ぎ!きょうだいたちも後を追ってちょこまか。aiも保育所の同級生たちとなんとなく同じ空間にいたものの、そのうち飽きてひとり原っぱへ行っちゃいました。ママたちは世間話です。そのうち、aiが原っぱにも飽きて、ママたち順番に「だっこして」と抱っこしてもらっていました。そうしたらね。だっこしてくれたあるママさんが。「かわいい~!aiちゃんおとなしいねー!やーもう、うちの子と替わってほしいわ~」といったのです。え?替わってほしいとな?ダウン症の子と?ほんとうに?大変ですよ?うちも○○ちゃんと替えたいくらい。と、私の闇の部分がとっさに反応しましたそのママさんはほんとうにいい人で、他意は絶対にないのはわかっています。だからそんなにモヤモヤはしなかったけど。aiがいくらしゃべってるっていっても、お友だちとはおしゃべりできるレベルじゃない。 知らない人に対して、いくらなんでもフレンドリーすぎる! 何かコミュニケーションに違いがあるんだよね…同級生たちと一緒にいて、感じさせられました。そのことと共に、ママさんの発言は、うれしいことでも、悲しいことでもなかったです。ただ、えー、そんなこと言っちゃう???という驚きというか。障害を持つ子の親と、普通の子の親、その壁をひたすら感じました。のんきでいいね、って。↑うわ、言っちゃった繰り返しますが、そのママさんはほんとうにステキ女子です。かあさんの方がイケてないわ。おわり。

      17
      テーマ:
AD

プロフィール

みやびん

性別:
女性
血液型:
A型
自己紹介:
生まれたところ→まち 住んでいるところ→いなか 家族→とうさん、かあさん にいちゃん(...

続きを見る >

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。