後厄の一年、そして報告

テーマ:
1年前、このブログに次女の出産報告をしていました。

そして、2人育児が大変で、いっぱいいっぱいの様子も。

1年長いようで、あっという間…。

あの時は、次女が亡くなるなんて、思いもしなかったなぁ。
4月3日、次女奏海が5ヶ月で永眠しました。


原因は結局分からず、でした。

あれから半年以上。

ブログに、奏海のことを残しておきたくて、
でも書き始めては泣けて、
日常ではだいぶ前を向いているようで、
でもやはりふとした瞬間に泣けてしまって、
…まぁ無理をして書く必要もないのですが、
自分なりの心の整理ができるこのブログをやはり続ける気持ちは湧き上がってきたので、
この年末という機会に、更新しようと思った次第です。

今年は…
2月に家族4人+義母で沖縄1週間旅、誕生日に岐阜お出かけ、次女保育園決定と大きく動いた月、
4月、いよいよ入園の前日、まさかの出来事、それから1週間の休みをいただいた後、仕事復帰
8月、がむしゃらに頑張って哀しさを紛らわせてくれた仕事が一段落ついて、家族3人、和歌山三重旅行。
後は…仕事に追われながらも、休日はのんびり家族での時間を過ごせたかな。

今年を漢字で表したら…「家」かしら。

常に家族を思い、思われて、
全てが家族中心の生活だった気がします。
でも、家族以外にも、復帰した仕事場では、
私の事情を知った上で、
学童保育の子どもたちも職員も、
戻ることをすんなり受け入れて、包み込んでくれました。
そのことが、本当にありがたく、
よく、「学童保育は昼間のお家」と言われて、指導員が目指すところなんですが、
それを私自身が感じさせてもらいました。


ぽっかり空いた次女への想いは、
生涯消えることはなさそうですが、
娘のためにも、笑って過ごせています。



そして、ご報告。
今、新しい命が私の中に来てくれました。

順番待ちの兄弟が来てくれたのか、
奏海が戻ってきてくれたのかわかりませんが、
5ヶ月たったところ、
順調にいけば、来年5月28日が予定日です。

たくさんの方に気にかけていただいた年でした。
来年は、皆さんに幸せのおすそ分けをできることを願って…
2017年、ありがとうございました。

AD