"子どもが一番がんばるのは何のため?"

 

「大好きなお母さんのために頑張るのが子ども」「子どもはお母さんのまなざしがほしくて、笑顔がほしくて生きている」

 

一方、子どもの不安定や不機嫌は、実はお母さんの心の不安定や接し方からきていることが多い。

 

メディアでも多く取り上げられている、高濱正伸さんの本を読んでいます。

「勉強だけできる子でなく、将来(自力で)メシが食える子に育てる」

勉強ができるだけじゃなく、自分で生きる力、人を思いやる心を育てたいと思っている私にとって、とても共感できる言葉がたくさんありました。

 

主に母親の子どもへの接し方の書籍や多くの講演会を行なっている方ですが、

子育ての仕方、、というより、親としてのあり方。を教えられているような感じです。

子どもをどうこうするよりも、親としての自分の姿勢を考えさせられました。

 

お母さんが笑顔でいれば大抵のことは、大丈夫。母としての直感を信じていいんだと思いました。

 

できない時、駄々をこねる時、頭ごなしに怒らない。

できた時、思いっきり笑顔で喜んであげる。

こう決めるとママも楽です。笑 
私も娘とできるだけこうやって接し、娘の「できた!嬉しい!楽しい!」を増やすようにしています。そうすると娘もママが喜ぶことをやってくれる!

 

ごはんを自分でちゃんと食べてくれるし、歯磨きもとっても上手、自分の服は自分で用意できるし、「おはよう!こんにちは!」って元気に挨拶できる。ママである私も嬉しいし、笑う私を見てまた娘も笑う。

 

いつだって娘と笑い合って、成長し合っていこうと思ったのでした。

 

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

 

いつだって娘と笑い合って、成長し合っていこうと思ったのでした。

歳を重ねるっていいこと

テーマ:

日本では、年子の妹と一緒に住んでいるのですが、私とは全然ちがいます。

何が違うかというと、中高生の時はギャル。今はコンサバ系な女子。

私はギャル経験もコンサバ経験もありません。笑

ブランドやコスメにも詳しくて、性格は全然ちがうんだけど、仲良しです。

ちなみに母もブランドや贅沢が好きで、弟もオシャレで今時なタイプなんだけど、私だけマイペースで派手じゃない。

でも、派手じゃない身の丈が私には居心地がよく合っています。笑

 

さて、そんなコスメ大好き妹母で話題になっているのが「幹細胞コスメ」。

薬局などでも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

今、大注目コスメらしく

「スキンケアの革命」「エイジングケアの切り札」とも言われています。

「幹細胞のおすすめランキング」もぜひチェックしてみてくださいね!

 

幹細胞コスメは、25歳~30歳頃から使い始めるのがオススメとのこと。

人間の肌は25歳頃から確実に老化が加速、、でも40代、50代になっても幹細胞コスメは効果的。

エイジングケアは、あきらめなければ、どこまでも年齢を巻き戻すことができる!!

コスメ大好きな妹と母のおかげでそういう話はよく聞くのだけど、、

私自身も20代後半。そして今まで美についてちゃんと追求したこともなし。笑

いつもテキトーな私のお肌の曲がり角もやってきますよね。

 

でも、なにより歳を重ねることは、その分人生が豊かになって素晴らしいことですよね!

そうやって自分の人生を積み重ねていきたいです。

 

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

別居してみてよかったこと

テーマ:

色々あって、別居することになり、今後いつ私たち家族は一緒にいられるのかもわからない状態だけど、

もしかしたらもう一緒にいることなんてないのかもしれないけど、

今は考えても仕方がないので、考えないようにしています。

 

ミャンマーに突然ある日本人が来て、私たちの生活が全て変わってしまってから、

私たちは一緒にいても、ずっと苦しかった。ケンカなんてあまりしないのに、その数ヶ月は毎日のように大げんかしてました。

毎日毎日、大きな怒りと悲しみにまみれていました。

全てが奪われていく怒りと恐怖ともどかしさと、心休まる時間がありませんでした。

 

でも今は、もう全てを失って、すっかりさっぱり喪失感と空虚感とそんなものだけになりました。

旦那とも別居して、仕事が忙しいからなかなか連絡もできないそうですが、もう私も欲しがることを辞めて、今あるものを見て、それらに感謝したいと思います。

 

別居したから私が旦那に甘えることもないし、あたることもないし、私が子ども達を守り育てていかなきゃいけないと、強く在るのみ。

私は甘えられる人がいれば下手に甘えすぎちゃう気もするし、頼れる人がいれば自分にも甘くなってしまう気もする。

ケンカすることもないし、それによって心が苦しくなることもない。お互いに何をしているかわからないから、言うことも何もない。

 

別居して、離れてみてよかった。子どもにも苦しい顔を見せることも今は一切ない。

人と関わるって難しい時がある。それから解放されて、今は楽。

 

 

ただ、子どもにとってお父さんがいないってどうなんだろう。そこだけ、まだ自信が持てない。

大人の都合で子どもに辛い思いをさせないように、したい。しなきゃいけない。

まだ答えは出せていないのだけど。

 

 

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

日本の保育園の先生方と話す機会があって、娘が日本の子ども達とはちょっと違うところがあるみたい?

 

ふつう、保育園に入ったことがない乳幼児の子どもって他の子ども達と親しくしない子が多いそう。

保育園に入るまでは多くの子ども達と触れ合う機会がないから当たり前なのかも。

保育士の先生は「保育園行ったことないのに、知らない大人も子どもも全然大丈夫なんですね~、なんでこんなにいつもニコニコなんですか~??すごいですね。」

 

うちの娘は子どもを見つけると絶対近寄っていく。。赤ちゃんを見つけると「赤ちゃん!赤ちゃん!」と叫ぶ。笑

一緒に遊びたくって仕方ないんだけど、公園とかで1歳2歳児を自由にあそばせてくれる親御さんってなかなかいないですよね。

 

ミャンマーだったら1歳2歳児でも、必要以上にガードしないでそれぞれ好きに遊ばせることが多い。もちろん叩いたりしたら注意するけど、自由にハグさせたり手を繋ぎあったりおしゃべりさせたりする。

娘より大きいお姉ちゃんお兄ちゃんもみんな一緒に遊んでくれてました。

4,5歳から14,15歳のお姉ちゃんお兄ちゃんがまるで自分の子どものように、娘を可愛がってくれていたんですよね。

 

だから娘はとにかく人が大好き!笑

知らない人にも手を振り、笑顔を振りまき、めちゃくちゃ愛想がいいと思われています。

そのいつもニコニコな娘に毎日支えられている母です。

「ママ、チッチ!(ミャンマー語で愛してる)」「ハグ!ハグ~!」

私が泣き真似をすると服の袖を伸ばして、涙を拭く仕草をしてくれます。

 

誰から教わったの?

娘が生まれたからずっと一緒にいたミャンマー人のみんなから教わってるんだな。

娘がいつもニコニコで可愛いのもきっとミャンマーのみんなが教えてくれたから。

 

私もミャンマーで教わったこと、忘れないようにしたいな。

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

結果的に、仕事を奪われ、全財産を奪われ、家族の絆を壊され、人生のどん底に突き落とされました。

大学生の頃から、困っている誰かを助けたい、真っ先に手を差し伸べられる人になろうとずっと心がけてきました。

 

なのに、この仕打ち。彼らは頭を下げて謝ってきたけど、起こってしまったことは変わらない。

私が許せなかったのは、小さい子どもとお腹の中にいる子ども、その子達を邪険に扱われたこと。

「自分が子どもをつくったからいけない」そんな風に扱われて、恵まれた命を否定されたのが悔しくて辛かった。

 

でも数ヶ月苦しんで、もう立ち直りました。起こったことすべてを飲み込みました。

人生のどん底で味わった絶望が、私をもっと強くし、大きなきっかけをくれたました。

 

 

辛いことを忘れ、許すことは、簡単ではないけど、それに縛られていることは自分のためにもならない。

生きて、楽しく生きて、子ども達にも幸せになってもらいたいから、とらわれるのを辞めました。

 

謝ってきた彼らに、私は何も言いませんでした。咎めたり、訳を聞いたり、責めたり、何もしませんでした。

彼らが謝ってきたことに感謝をしました。

私はすでに起こったことから、自分を解放していました。

立ち直るために、なんでそんな辛いことが起こったのかを理解する必要はないんですよね。

 

私だって、いろんなことを許されて生きている。

死にそうなくらい苦しかった絶望から、学んだことは大きい。

これでまた一つ、生きていくことの豊かさを知りました。

 

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

ずっと読みたかった本を1日に2冊もがっつり集中して読みました。

ミャンマーに行く前は月に少なくとも5冊以上は読んでいたのに、ミャンマーに行ってから本を読むこともできなくなり、子どもが生まれてからは本をじっくり読む時間もなくなりました。

 

でもやっぱり読書って大事だなって改めて思って、これから少しずつちゃんと本を読む時間をつくりたいな。

ミャンマーにいる間に、ネット環境が乏しくあらゆる情報から遠ざかり、今日本に帰って来てから本当に浦島太郎状態です。

 

すごいスピードで世の中のあらゆることが変化していて、そのスピードはさらに加速していくように見える。

様々な新しい機会が生み出されていて、個人の可能性を自ら大きく伸ばして拓いていける時代になってきている。

 

最近ベストセラーになっているホリエモンさんの「多動力」を読んで、大きな変化がやってきている今、自分が何をしていきたいか、一生懸命楽しく生きていくにはどうすればいいのか、ちゃんと考えて行動していかなきゃいけないと思いました。

 

『他人の目は気にせず、飄々と我が道を行く、恥をかいた分だけ人は自由になれる

人生に目的はない、今を楽しめ、子どもは目的なんか考えず楽しいから夢中になってあそぶ』

読書はいろんな気づきを得られるし、新しい世界を教えてくれる。

小さな頃から本からたくさんのことを学んできました。

ママになっても、やっぱり自分も成長していきたいし、そういう姿勢を子どもにも見せていきたいな。

可愛い子どもがいるって何よりも幸せ、それを活力に変えてどんどんチャレンジしていきたいですよね!

 

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

一人目がお腹にいるときはなんだかんだ、

寝るときには「赤ちゃんおやすみ」と声をかけたり、洗面台で大きくなるお腹を写真撮ってはミャンマーにいる旦那に送ったりしていたけど、、

 

二人目となると、今は一人目がやんちゃ盛りのなか、お腹のなかの赤ちゃんにのんびり話しかけている暇がないですね!笑

気づいたら1日が終わっている慌ただしい日々を過ごし、もうすぐ安定期に入ります。

娘はぬいぐるみにごはんを食べさせるふりをしたり、寝かせてみたり、面倒見がいいので期待できそうです!

女の子だからかな??私が娘にしていることをとても上手にマネしています。

知らない子が、階段を上手に上り下りしていたら「じょうず!」と大きな声で褒めてあげています。笑

これも私がいつも娘に言っているから。

 

「おひざに寝て。」って自分のひざに私を寝かせて頭をなでなでしてくれます。なんて優しいの。

私が泣いていたら涙を拭ってくれます。

「ママを助けてね。」って今からお願いしています。

 

子育てって大変なときもあるけど、何にも代えがたい愛おしさがありますよね。

2歳前の娘にたくさん助けてもらってる。

二人目が生まれたらきっともっともっと大変だけど、もっともっと楽しいんだろうな。

楽しみです!

 

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

ミャンマーでも数年前からネット通販というものが少しずつできるようになっていますが、交通整備が整っていないせいでまだまだ便利とは言えません。

でもきっと、日本のようにamazonがサクサクと使える日はそう遠くないはず。

 

日本のamazonが便利なのは言わずもがなですが、日本から海外のamazonが使えるって知っていますか?

私は知りませんでした。

しかも、海外のものが安く買えるということを最近知りました。

海外amazonについてわかりやすいサイトがあるので、見てみると面白いですよ!

http://zygoticsearch.com

(リンク先の左上の虫眼鏡から簡単に商品検索できます)

 

海外の製品で少し値段が高いものを、海外amazonで買うと安く買えることが多いのですが、

私がびっくりしたのは、赤ちゃん・子ども用品!

海外のベビー用品とか子どものおもちゃって、日本にはない可愛らしいものがあったり、よく考えられた知育玩具があったりするんですよね。

でも結構値段が高い。。

試しに、カラフルで可愛いキャラクターが日本でも大人気のフィッシャープライスを海外amazonで探してみました。

http://zygoticsearch.com/results?Fisher-Price%20Rainforest

日本だと楽天などでも2万円以上するジャンパルーは海外amazonだと1万円程度。そのほかのグッズも、日本で売られている価格より半分くらい安いんですね! 

 

そして私がいつも気になっている外国製の知育玩具。娘に買ってあげたいもの。

世界各国で賞を受賞している、脳トレゲームで有名なギガミック社のフランス製KATAMINO。

こちらも、日本では6000円以上のものが海外amazonでは半額以下です。

http://zygoticsearch.com/results?KATAMINO

 

海外のAmazonで買うことのメリットは、大きく2つあるそうです。

1つは、日本で売っている海外製品が安く買えてしまうこと。
海外amazonで購入をすると海外からの送料や関税などもかかってきますが、それでも日本で買う半額以下の値段で購入できることがあります。

2つめは、日本に売っていない商品がたくさんあること!
ブランド物はもちろん、赤ちゃん・子ども用品は日本にないようなオシャレなデザインやおもしろい知育グッズなんかがあって、見ているだけで楽しくなっちゃいます。

 

そして、海外のAmazonで購入するのは意外と簡単!amazonサイトの仕様は日本のamazonと変わらないし、カンタンな英語ができれば全く問題ないと思います。

 

ですが、いくつかデメリットもあります。

海外から日本への送料が高い、関税がかかる(価格 × 60% × 関税額)、商品到着までの日数がかかる、など

 

海外amazonで購入するのに、おすすめなのは下記の商品だそうです!

海外ブランド品

ベビー服

エルゴ

LEGO

外国製のおもちゃ

Disney おもちゃ

 

子どもが小さいうちは出かけるのが大変だし、ネット通販は本当便利ですよね!!!

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

生きてるだけで幸せ

テーマ:

ニュースを見ていて、25歳の女性がガンで亡くなったことを知りました。

「ガンになってから自分の不幸に目を向けるんじゃなくて、今自分のあるものに感謝できるようになった。」

なんで人って、なんで私って、自分が不幸だと思ってしまうんだろう。

 

ただ身体が元気で、生きていられるだけで、幸せなことなのに。

可愛い娘が毎日そばにいて、笑っているだけで最高に幸せなのに。

お腹の赤ちゃんがすくすく育っているだけで奇跡なのに。

 

私は心臓に先天性の病気を持って生まれてきて、5歳の時に手術をしました。

比較的軽度だった私の手術は成功し、同じ病室にいた重度のお友達が突然いなくなってしまうさみしい経験をしているのに。

22歳の時には、一番仲良しだった幼なじみが事故で亡くなり、社会人になる前最後の朝まで飲み明かす約束は果たされないままで、彼のぶんまで精一杯生きようと決めたのに。

 

不幸か?幸福か?

自分の不幸に目を向けている人は不幸で、自分の幸福に目を向けている人が幸福なんだと、

生きていれば、がんばれる。私も亡くなってしまった彼女のようになんでもチャレンジしていかなきゃな。

 

ご冥福をお祈りいたします。多くの人に何よりも大切な気づきを、本当にありがとうございます。

 

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

週末にお花見をしてきました!

日本でお花見なんて3年ぶり。昔からお花見は大好きでした。

花見宴会ではなくて、外でピクニックするのが好きなんですよね。

 

日本に帰ってきてからいつも相談にのったりしてくれて、支えてくれる友達。

「週末、お花見に行こうよ!」と誘ってくれました。しかも、私と娘のぶんまでお弁当を作ってくれてるなんて。

7,8年ぶりに訪れる母校である小学校の前の広い公園。

桜は広くたくさん咲いていて、でも人混みはそこまででなく、

暖かい日差しのなか、美味しいお弁当をいただきました。

 

こういう時思うのは、人は自然と共にあるんだなぁ。としみじみ感じます。

自然のなかにいると落ち着き、リラックスするというのは人の自然な反応なんじゃないかなって。

花を見ては和み、木を見ては力を感じ、降り注ぐ日光に包まれているとなんとも気持ちがいいですよね。

 

鬱々とした時には、日光に当たりながら公園を散歩するとリフレッシュしています。

 

私のつわりでなかなか広い公園まで遊びに来れない娘は、はしゃいで思いっきり遊びまわり、とても充実したお花見になりました。

日本のお花見文化、本当に好きだなぁ。

 

 

★私hanaのプロフィールもご一読いただけると嬉しいです!★
初めましての方へ。

もう一つのブログもぜひご覧ください。
家族ハックブログ『Growing up!』

 

読者登録はこちらからどうぞ!   

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村