前回のお話
→2,自分の体の状態を知る

3,あなたにとっての「健康」とは
どんな状態なのかを考え、
そこに到達するための計画をたてる



 その体にとっての「健康」とは何なのかを
考えてください。

一般的な人の「健康」にこだわり過ぎて、
はじめから無理な治療方法にならないよう、
あなたなりの「健康な状態」を考えるようにしましょう。



また「健康」ということを、
見た目だけで決めてはいけません。

 たとえば、腰の骨が曲がっている人にとって
腰痛が治っている「健康」というのは、
骨がきれいにピンとまっすぐになることではありません。

「たとえ骨が曲がっていても
痛みが消えてなくなり、日常の生活動作に支障がない
という状態のことをいうのです。

 また、たとえばガンの人であれば、
ガン細胞を切り取ることを「健康の状態」とは言いません。

「ガン細胞が増殖しない体質」になっていることであったり、
「まだ体内にあるガン細胞が悪さをしない状態」
であることを「健康の状態」というのです。

再発するようでは、そのガンは治ったとは言えません。

→つづく

高槻市の鍼灸専門治療院
はりきいち鍼灸院
072-695-5189
〒569-0814大阪府高槻市富田町 1-11-12
AD