My Aim Is True

競馬~音楽~時事ネタ~歴史~日本を語る。


テーマ:

産経新聞(1月25日)に当ブログとしてはタイムリーな記事が載っていました。

実は昨夜、ネット版産経新聞で目にしていたのですが、天秤にかけた末に「沖縄基地」の記事を書いた次第です(今日も天秤にかけました。だって、テレビ朝日喜びのあまり、古舘伊知郎を沖縄に送り込んで、地域住民を嘲笑っていましたから・・・)。


でも、今日はとりあえずこちらを。


My Aim Is True


[産経新聞見出し]

日教組教研集会】

【関東大震災 朝鮮人虐殺の犠牲者】

【授業で根拠ない「6600人」】

【大半の教科書に記述】


はい。

当ブログで先日、「『関東大震災~《朝鮮人虐殺》の真実~(工藤美代子著)』を読んで 」という記事を書きました。


[記事リード部]

「山形県で行われている日教組の教育研究全国集会で24日、関東大震災後に起きた朝鮮人虐殺について、犠牲者数『約6600人』を前提として中学生に教える授業実践が報告された。犠牲者数をめぐっては、当時の朝鮮人の人口などから数千人以上に上ることはあり得ないと指摘されている。しかし、多くの教科書には『6000人上』などとする記述が残り、学校では相変わらず、日本を誇大に悪く描く歴史授業がまかり通っている実態が浮かび上がった」


「6600人の犠牲者」ですか。

物理的に不可能です。

プロパガンダ「南京大虐殺」において、当時の南京の住民が20万人で、南京戦の1ヵ月後には25万人に増えているにも関わらず、「南京大虐殺で30万人が虐殺された」というくらい物理的に不可能です。


[記事]

「関東大震災直後の朝鮮人虐殺は、小学校から高校までの社会科教科書にすべて記述されている


やっぱり、教科書に載っていたのですか。僕はどこで得た知識か知らないけど、そうした知識を有していましたが・・・。

念のために言っておきますが、この時、朝鮮人殺害があったことは事実です。少なくとも当時の日本政府の発表ですらも、「233人」の朝鮮人(テロリスト集団も含む?)が認定されています。そして、それに関わった日本人は起訴すらされています。


ただ、一言、言っておきたいのですが。


こんなこと授業で教える必要はまったくありません。

スパッと削除すべきです。


「こんな悲劇を教えないなんてことになったら、在日朝鮮人や韓国人の感情を傷つける!!!」なんて騒ぎ出すニホン人もいるのかもしれませんが、歴史教育においては何の意義もない、取るに足らない事件に過ぎません

酷い?

他国では、そんな些細なことを虫眼鏡で探し出して、拡大コピーして誇張して「我が国民は残虐な民族!生まれながらの犯罪者!!」という教育をしている国は皆無です。

なるほど、確かに些細な悲劇は生じましたが、そんなどうでもいいことより、「関東大震災」で我々が学ぶことは、「大地震はいつか起きる」「火災による2次災害には気をつけろ」「地域住民が一致団結して協力し合え」ということでしょうか。

無論、それらは日本国民だけにおいて成り立つ教育です。現代では良くも悪くも日本人とは違った感覚を持つ多くの外国人やニホン人が住んでいるため、関東大震災時の朝鮮人テロリスト同様、彼らに対して「警戒する必要がある」ということを学ばせる必要もあるでしょう。

「そうした差別意識が虐殺を呼ぶ!」なんて声もありそうですが、それが現実なのです。

数年前、アメリカ南東部を襲ったハリケーン「カトリーナ」後の無法地帯化に、我々日本人は唖然としたのではないでしょうか?

日本では考えられないことです。しかし、現在ではそうした「無法地帯化」させ得る要因となり得る外国人が日本には多数在住しているのです。


それはともかく、関東大震災時は、朝鮮人テロリスト集団に対し、日本人は自警団を形成して自衛する必要性が生じました。そのため、自衛意識の高まりから、いくつかの悲劇が起きたことは確かでしょう。

ただ、例えば、満州事変前夜の1931年、満州で起きた「万宝山事件」(中国人が朝鮮人を虐殺)の後、朝鮮半島ではそれに激昂した朝鮮人が朝鮮在住の中国人数百名を虐殺しています。

別に当時の朝鮮在住の中国人がテロ活動をしていたわけではないのに、感情的になって朝鮮人は中国人を虐殺しています。

逆に、中国大陸で中国人が日本人を虐殺しまくっているシナ事変前夜においても、日本に在住していた中国人はそういった報復を受けることはありませんでした。

関東大震災時は、あくまでも自衛意識の高まりから起こった悲劇に過ぎないのです。

感情的になって諸外国人を虐殺する中国人と朝鮮人、自衛意識の高まりによって殺害してしまった日本人。

どちらが擁護されるべき悲劇か?

どちらも非難されるべきか?

ただ、中国人や韓国人で「万宝山事件」による朝鮮人虐殺と、それに対する報復としての中国人虐殺のことを知っている人はいません。

韓国人で、日本敗戦後に朝鮮半島在住の日本人を虐殺したことを知っている人もいません。

韓国人で、ベトナム戦争時の韓国軍の蛮行を知っている人すらもいません。

中国人で、「通州事件」を知っている人はいません。

中国人で、満州事変前夜、シナ事変(日中戦争)前夜の日本人虐殺を知っている人はいません。

そもそも、中国人は「大躍進運動」も、「文化大革命」も、「天安門事件」も知らないのです。

中国や韓国は自らの残虐行為をスパッと削除しているにも関わらず、日本だけが自らの些細な残虐行為を過剰に刷り込んで、自虐史観にはまっているのです。

日本(人)の善行は記さないで、「悪行」とされることだけが誇張されて刷り込まれるのです。

「お前らは残虐で駄目な、生まれながらの犯罪者!! お前らは生まれてこなければ良かった!」と。


馬鹿らしいですね。

アメリカ軍が沖縄県民を虐殺した戦争犯罪を覆い隠すために、「日本軍は沖縄県民に集団自決を強制した!!」という宣伝。

そして、ニホン人が「沖縄県民に酷いことをした!!」と同調して、「日本は駄目な国だ!!沖縄県民に謝れ!!」と善人ぶっていますが、当時の日本国民は「生きて虜囚の辱めを受けず」という気概を有していました。

「沖縄県民だけはそうした気概を有していなくて、強制によって自害した」という主張は沖縄県民を馬鹿にし過ぎています!!!

差別もいい加減にしろ!!と怒りに駆られます。


[記事]

「『人権意識を高めること』などを狙いに、朝鮮人への差別意識を生徒に考えさせたり、朝鮮人と共に皇太子暗殺を企てたとして死刑(後に無期懲役)判決を受けた無政府主義者、金子文子元服役囚について学ばせたりしていた」


何を教えたいのか?

「人権意識」? 「朝鮮人への差別意識」? 「金子文子」?

アホらしい。

金子文子って誰だよ、最近、工藤美代子氏の著書を読んで初めて知ったよ。そんな無政府主義者を「悲劇の偉人」として教えるくらいなら、国家のために勇敢に自己犠牲となった名も残っていない兵士のことを教える方がよほど有意義である。

日教組教育では、「名も残っていない兵士」を教えるどころか、東郷平八郎も乃木希典も教えていない。

伊藤博文は悪玉で安重根は「悲劇の愛国者」???

一体、どこの国を主体にした歴史教育か?


神奈川県に引き続き、東京都の公立高校も日本史を必修科目にしたそうだ。

当たり前だ。

以前、身近にいた「左翼育成大学」として名高いICU(国際基督教大学)の左翼学生が、「どこの国の歴史を学ばせるか、中学生や高校生にも選択権を与えるべきだ」と主張していましたが、日本人が日本を主体においた日本史を学ぶべきに決まっているじゃないか!!


「生命尊重主義」の観点から、「関東大震災の朝鮮人虐殺」を教えたいのなら、どうして、無辜の日本人が大虐殺された「通州事件」を教えないのか?

日本人は常に加害者で、被害者であった事実は隠蔽されるのか?

それは「戦勝国は正義」という軍事主義的な史観ではないのか?

そうした軍事主義的な史観を有している輩が、何故か「戦争反対」「平和主義」を唱えているのですから開いた口が塞がりません。


身近にいる一人の「日本人よりも日本的気遣いのできる」韓国人留学生に、最近、久しぶりに日韓併合時代の歴史議論をしました。

身近にいる韓国人の中では、一番、知性がありそうな娘なのに、いまだに駄目でした。

「joyrideさんのような幅広い知識を得たい」と言うので、年賀メールで「今年は大局的、多極的に物事を観れるようになることを期待しています」と送ったのに、駄目でした。

どうも、歴史の話になると、キムチ・パワー(日本人の言うことは全部嘘、韓国人の言うことはすべて正しい)が全開になってしまうのです。

あまりにも史実や当時の国際情勢に関する知識、だけでなく、それに対する考察すらも欠けているため、「韓国人は近代史が日本と韓国だけで成り立っていると思っていないか? ロシアの動きすらも無視していないか?」と問い質すと、「ロシア???」と返してくるので、「東アジアの歴史は日本と韓国だけで成り立っているわけじゃない。ロシア、イギリス、アメリカ、中国(清)などが当然絡んでくる。どうして、その程度までも視野を広げることが出来ないのか?」と言い、日本がロシアから朝鮮半島を守った「日露戦争」について触れましたが、日露戦争すらも、その知性派韓国人は知りませんでした。

まあ、ニホン人ですら、日露戦争の世界史的意義を知らないのですが・・・。


そもそも、「正しい歴史認識」に対する概念が根本的に異なっているのかもしれません。日本人が考える「正しい歴史認識」というのは、「何が真実か、史実か」という認識ですが、韓国人にとっては「韓国人が創作した歴史」が事実と異なっていようが、「正しい歴史認識」となっているのです。

もちろん、最近では李榮薫・ソウル大学教授が「韓国人の歴史認識は事実とはかけ離れているデタラメ」と主張していますが、それは李榮薫氏が経済学者だから主張できたのかもしれません。

韓国の歴史学者とは、あくまでも、「歴史物語を創作する」ことが仕事だからです。


AD
いいね!した人  |  コメント(10)

[PR]気になるキーワード