近江毎夕新聞では、皆さまからのご意見、ご感想、地域の話題などを求めています。
本紙の「まちの声」欄に掲載させていただくほか、内容によっては本紙記者がご連絡、おうかがいし、記事として取り扱います。
身近な話題や、地域社会、日常の疑問など、どしどしお寄せ下さい。
新聞掲載の可否や情報の扱いは本紙編集部で判断させていただきますが、特定の個人批判などを除き、積極的に紙面に取り上げます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月22日

「高齢者活動拠点」に補助 長浜市が整備、運営の2種で交付

テーマ:記事
 お年寄りの社会参加促進や介護予防、健康づくり推進を目的に、お年寄りが寄り合う拠点「よりあいどころ」を整備する法人や団体を対象に長浜市は六月三十日まで、補助金交付の対象団体を募集している。市の新規補助事業で、市ではこれとは別にお年寄りの体力向上、閉じこもり防止などを目的にお年寄りサロンなどの通所活動に取り組む自治会などの団体、グループなどへ補助金を交付する制度を設け、今月末まで対象団体を募集しているが、新たな補助制度は、主に法人の新規事業が対象。福祉分野では耳慣れない「よりあいどころ」と命名したのは、福祉関連の法人以外も補助対象にしたためという。
 対象団体は、保健、医療、福祉、介護、そのほか、お年寄りの社会参加推進に実績があり、市内で「よりあいどころ」を整備、運営する法人か団体。
 補助メニューは整備費補助金と運営費補助金の二種。整備費補助は、一回二時間以上の「よりあいどころ」を週一回以上(年間四十回以上)開設、または開設予定の団体に、最大百五十万円を限度に、建物の修繕費や備品購入費などの半額を補助する。運営費補助は、一回二時間以上の「よりあいどころ」を週一回以上(年間四十回以上)開設、または開設予定の団体に、人件費、講師謝礼、光熱水費、消耗品などの半額を補助する。補助限度額は一回当たり五千円。一回の開設の参加者が五人以上で、一週間当たりの補助が一万円を越えないことが条件。参加人数が五人に満たない場合も開催回数が週一回以上ある場合などは、補助対象となる。
 申請書類は長浜市のホームページからダウンロードできる。詳しくは長浜市高齢福祉介護課(65―7789)。
AD
いいね!(5)  |  リブログ(0)
2016年05月22日

岡さんの俳句特選に 長浜盆梅展俳句コンテスト

テーマ:記事
 長浜観光協会が長浜盆梅展(一月九日~三月十三日、長浜市港町の慶雲館で開催)期間中に来場者から募集していた「長浜盆梅展俳句コンテスト」作品の審査がこのほどあり、応募四百十三人、千百六十三句のなかから入賞十八句が決まった。俳人・エッセイストの夏井いつきさん(59)が選句したもので、最高賞の特選句は長浜市の公務員、岡俊明さん(68)の作品「地に届くまで白梅の細りけり」が選ばれた。夏井さんは「枝垂れる白梅の堂々たる姿を描写した一句。『地に届くまで』と語ることで、白梅の大きさが見えてくる」などと評した。岡さんには今月二十六日にリニューアルオープンする料理旅館浜湖月のペア宿泊券が贈られた。
 並選句に選ばれたのは次の作品。
 ▽白梅に寄り添う竹の節太し=池上松夫(彦根市)▽この小石静かに眺め梅二輪=村松文雄(東近江市)▽杖つきてヤコブの如き盆の梅=磯村美智子(高槻市)▽梅が香や湖面を滑る舟一つ=萩原松逕(京都市)▽目礼を交わし梅見る人となる=梅本尚孝(長浜市)▽盆梅展出て一本の野梅かな=和田てる子(越前市)▽恋にはあらず梅に酔ひたるだけのこと=水上啓治(越前市)▽盆梅の蜜に枝垂れて鉢に触れ=中島勝之(岐阜市)▽大琵琶の風やはらかし梅ふふむ=藤野化佳津子(神戸市)▽梅が香を纏ひ雨打つ傘の中=下村幸子(草津市)▽盆梅の背に名工の庭映ゆる=平居ますみ(大分市)▽紅白の梅二鉢や阿吽像=草野敬文(草津市)▽万蕾の笑うばかりや梅の花=鶴房万葉(芦屋市)▽ハミングのやうな琴の音梅ふふむ=中村よしあき(長浜市)▽言ひたきを一言控え梅の白=髙山清子(長浜市)▽鈍色の穹押し上げて紅の梅=木村稔(東大阪市)▽元禄の香をこぼしおをり盆の梅=靭真一郎(神戸市)。
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2016年05月22日

北中PTAら顕彰 あいさつ運動で

テーマ:記事
 県青少年育成県民会議(井深信男会長)が提唱する「県民総あいさつ運動」の今年度顕彰者表彰式がこのほど県庁であり、県内十三の団体・個人が井深会長から感謝状を受けた。長浜市内で表彰されたのは四団体で次の皆さん(カッコ内は顕彰理由)。
 ▽長浜少年補導委員会湖北ブロック(三十五年余り毎月一回、JR河毛駅頭で早朝あいさつ運動を行い、高校生や青少年、大人に朝の挨拶と「気をつけていってらっしゃい」の愛の一声運動を実践)
 ▽小谷小学校PTA(二十五年余り、PTA全会員と教職員が朝の交通安全指導とあいさつ運動に取り組み、「大きな声であいさつする」習慣の定着に成果をあげている)
 ▽長浜市立北中学校(PTAを中心に生徒の交通マナー向上と心身の健全育成を目的に交通危険カ所での交通指導とあいさつ運動を長く継続)
 ▽鏡岡中学校生徒会(生徒会執行部が率先してあいさつ運動を展開。来校者の評価も高まり、PTA親子育成部の活動に発展)
〔写真〕井深信男・県少年育成県民会議会長から感謝状を受ける長浜北中PTA
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2016年05月22日

第39期学生募集 レイカディア大学

テーマ:記事
 六十歳代で入学し新知識や、教養、技術を学ぶ「滋賀県レイカディア大学」(県社会福祉協議会主催)の第三十九期学生募集が六月一日から七月二十二日まである。
 県内に住む六十歳以上(今年十月一日現在)で、地域、団体、グループなどで積極的に活動しているか、活動したいと思う人が対象。十月から平成三十年九月までの二カ年で必修講座一年百十二時間、選択講座同八十八時間学習する。選択講座は草津校(草津市笠山七丁目の県立長寿社会福祉センター)で園芸、陶芸、びわこ環境、地域文化、健康づくりの五学科、米原校(米原市下多良の県立文産会館小劇場)で、園芸、北近江文化、健康づくりの三学科がある。必須講座は人間理解、郷土理解、社会参加など。
 授業料は各学年前期、後期各二万五千円。ほかに教材費など二万~八万円が必要。米原校では七月十四日午前十時から公開の必修講座と入学参考説明会がある。
 詳しくは県レイカディア大学草津校(077―567―3901)か、同米原校(0749―52―5110)へ。
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2016年05月22日

「塗り絵」で安全指導 長浜署に長浜愛児園の園児作品

テーマ:記事
 長浜署が幼保育園児の交通安全教室に、同署のマスコットキャラを活用した「塗り絵」を導入し注目されている。長浜市の八幡東交番勤務の藤田晃巡査部長(49)らが先月二十八日に、市内八幡東町の保育園「長浜愛児園」で交通安全教室を催した際に初めて活用したもので、藤田巡査部長自らが長浜署のマスコットキャラ「ひよたん」「ながとらくん」の輪郭絵を描き「よいこのおやくそくぬりえ」とタイトルを付け、キャラの両サイドに「とびだしはしません」「なかよくあそびます」とキャッチコピーを添えた。
 長浜愛児園(鎌田恵園長、園児百六十九人)では毎年この時期に、乳幼児を除く新入園児向けの交通安全教室を開いている。今年の教室はあいにく雨だったため園児らは遊戯室で、踏切や横断歩道の渡り方、信号機の見方などを学び、年長組の園児が塗り絵を楽しんだ。長浜署のキャラには固有の色指定があるが、園児は自由に色を選び、輪郭も意に介さずクレヨンでキャラを完成させていた。作品は来月中旬まで長浜署本署の受け付けカウンターの前に展示している=写真。
いいね!(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。