りんこのブログ 別名ホンシク部屋へようこそ。



ホンシクが気になるぅ~~~

ホンシクから目が離せない!

ホンシクで1日が始まり、ホンシクで1日が終わる!


好きの度合いはさまざまでも、

ホンシクに魅せられたと気づいちゃった方は、

自分に素直になりましょう!



私もまだまだ、ホンシクについては知らないことばかり。

いろいろお教えくださいね~(*゜▽゜ノノ゛☆



コメントは承認制になっております。

反映されるまでに少々時間がかかることがあります。ご了承ください。


鍵コメ機能がないので、

コメントしたいけど、公開して欲しくない、という場合は、

非公開希望 とコメントに書いていただければ、

私だけが有難く読ませていただき、公開いたしません。


また、明らかにそぐわない不適切な内容や、営利目的のものは削除させていただきます。

ご理解ください。



なお、アメンバーについては、

このブログの主旨に沿って、

彼への愛をコメ、プチメ等でお伝えくださった方に限り承認いたします。



その点もまたご理解ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-21 15:18:43

[March] Sweet Dreams (ユ・アイン)

テーマ:ユ・アイン

W KOREA の記事から、ホンシクのインタビュー。

 

久々に、すごく面白くて興味深かった。

 

自身の現況や病気やけがはホントにサラッと流して。

 

翻訳は3種類をミックスしたけど、

ニュアンスは難しいね。

------------------------------

[エキサイト翻訳+Google翻訳+Yahoo翻訳使用] 固有名詞の表記等:Rinko修正
[March] Sweet Dreams (ユ・アイン)

2017/02/21 | FASHION


予測不可能の俳優ユ・アインの夢みるような時間、そしてその夢の中で遭遇したソン・ヘギョとの忙中閑。

 

 

ページㅣヘリンボーンウールツイードコート、ジャンプスーツ、シャツはすべてBurberry、眼鏡はTrity製品。

 

 

<W Korea>最近家を改造していると聞いた。あなたのスペースの中で最も重要視する点は何ですか?


ユ・アインのシアターいルームである。友達と映画を見て、最も多くの時間をごす場所であり、睡眠もそこでとることが多い。

 

主にどのような映画を見る? 友達とお互いに良かったことを勧めすることもある?

 

選択の主導権はいつも私にある。最近では、頭の痛いことを離れてではなく、最も普及した娯楽映画を渉猟する方だ。私の同僚のヒップスターたちがそうするように、何か知性と理由と洞察を描いた映画に接ししようと努めた時があったが、最近ではむしろ良い映画とは何なのかという質問が多くなった。誰かは、2時間の間の時間を消そうと映画を見るならば、ドタバタ破り壊して時間がよく行く映画が良い映画であることだ。

 

あなたの映画の好みが変わったという意味だろうか?

 

それよりも、お好みでアイデンティティを構成という考え自体がますます消えるようだ。私の好みや好みに集中しながら自尊心を持って、自分のスタイルを知らせた段階を過ぎてきたと言おうか。最近kkでは、国は人の機能と使い道に対してさらに考えることと同じだ。一人の人間、誰かの友人、社会人としての私の様々な役割を開放的に受け入れどのように実行、やり遂げることができるかに関心を持っている。私は設定していた私に、これ以上足首の取れなくなったというか。

 

自分で自分がどんな人かという設定を立てておく方だったのか?

 

"あなたの路線はちょっと違うんじゃないの、あなたの自由な非主流じゃない。」こんな話をずっと聞いてきたから。私はそのような人が正しければ、その船上でどこまで登ったことができるかという思いがフレームを作ったようだ。今キャリア的に不安に思わないほど自信を持つようになり、そこから自由になるようで。映画界という世界の中で、私はいくつかの欲求を持っているかどうか、人々が私のいくつかの新しさを見てみたいかどうかをより開いて見回すことができるようになった。ある日突然、ロマンチックコメディでもアクションでも、何でもすることができそうだ。

 

何か道を悟った人の話のように聞こえる。そうだろうか?

 

この頃は何にも欲求があまりない。 クローゼットに積まれている服を見ながらも、これがそこまで必要だったかと思う。

 

 

 

ページㅣヘリンボーンウールツイードコート、ジャンプスーツ、シャツはすべてBurberry、眼鏡はTrity製品。

 

 

演技に対する欲求は?

 

それだけはある。演技をしたいという思いはある。日常生活でも友達といるときにいたずらに状況劇やロールプレイを楽しむ。

 

それは途方もない才能の浪費なのに。

 

家で何もしないし、それこそ「余剰」の時間を過ごすのに萎縮する気分だった。軍入隊を控えて再検査を受けながら体が痛くて、外部活動をするのが難しかった期間だが、そのような時間を過ごすことさえも誰より自らに嫌っているようだといおうか? 自身に許諾受けなければならないようだった。

 

自分自身に厳しいほうなのか?

 

時々は私の人生よりさらに先に立った私が私をずっと導いている感じがする。 そしてそれが手にあまった瞬間がある。 良い人間になろうと努力するのと誰かに称賛を受けようと努めて顔色を見て不安になることの蹴られる一皮であるようだ。 芸能界を見ても‘どうか私ちょっと愛してください’と全身で発散する人がいるならば、自分の道をこつこつ歩いていく一匹の虎同じ人もいる。 方式の差である。何がより良い人生という判断はしないとする。 そのような定規を突きつけて自らの特別さをたてたり主張したりするのは傲慢な態度であることだ。

 

自ら傲慢になるかと思って警戒するか?


結局すべての本性にはそうである面があるだろう。 他の人々に拍手受けて、お金をたくさん儲けて、はやくさらに高いところに到着したい欲望話だ。 私は謙譲の美徳がある人がさらに優れた存在だと考えた。 この国,この都市、私の年、私が仕事をしている世界では特に若い俳優が持たなければならない徳性と見なされて。 彼を勘案しても私は唯一激しい面があった。 <思悼>メイキング フィルムのようなものを見ると、監督様の演技称賛をさわやかに聞くことができなくて鳥肌を立てるほどだから。

 

道徳的優越感は悪くはないと思う。より良い人になろうとする動力になったりもするから。


世の中に対して退屈さをたくさん感じるが、私はまだ質問を投げる段階だけのことだ。 私の中のすべての悩みと質問に答を出してしまって完結作るならば、それがすぐに高慢で傲慢であることだ。 いつも警戒して生きていかなければならない。 相変らず、そして今後も私は頭を下げないで生きるために最善を尽くすだろう。 全体を眺めて私の位置をさらに繊細に把握したくて、必要な役割を遂行して生きたい。 私をさらによく使いたい。 

私は世の中に存在する不当さに対立するほど強靭なのか正当なのかと言う質問を続いて投げてそんな鍛錬をしているようだ。 もちろん私がこのような話するのを見れば軍隊も行けという人もきっといるはずだ(笑).

 

 

 

ロープ装飾ケープ、オーバーサイズのイブニングシャツ、パンツ、レースアップシューズは、すべてBurberry製品。

 

答を定めておくより探して生きるというのは誰でもそうすることだ。だが、好き嫌いの領域でなく、正しい正しくないということに対する答ならば明確に存在することでないか?

 

最近では、正しくないものの役割さえも思い出して見ることになる。例えば、トランプのいくつかの発言は衝撃的に正しくないが、彼は世界で実行する役割に対しても考えていた。多分人々が当たり前のように思われてきたいくつかの進歩的基本的な価値を再確認して結集することができるきっかけになることもするだろう。

 

パク・クネ大統領当選が確定した直後に、「すでに選ばれたので、上手くしてくれ」とSNSに書いたのが思い出される。成熟した大人っぽい態度であった。

 

本気でそうだった。私が支持しない候補が当選したといって仕損じてよくできないように願うのか? ただ、私の考えが正しかったことを証明するために?それは怪物をより怪物にすることである。私は大邱で生まれ、無条件1回を支持する人々の間で育った。多くの疑問が今の私を作った。合理的かつ論理的な環境だったら私も政治に関心を持たなかったかもしれない。

 

保守的な地域で生まれ育った政治と進歩への関心を持つようになった話とか、さっき話した「正しくないものの役割」についての言及を見ると、あなたの視点は、正反合意過程を経て世界が進歩するといったヘーゲルの歴史観と似ているようだ。

 

私は進取的な生活を送りたい。そして進歩陣営の人々が、自分たちが信じている価値を追求する方法にも進歩であることを望んでいる。保守政党を変えるために、そこに入党することもできることはないか? ムン・ジェイン候補を支持するいくつかのインターネット活動を見ると、彼らが批判する反対側の何が違うのしたいと思うさえする。芸能人が政治の話と悪口を言う人も多く、政治に関心のない私の友人も多い。すると、私はこのように話している。「あなたが今、飲料水、使用するシャンプー、あなたの住む家と利用公共交通機関... このようなものはすべて法や規制、政治と触れている。この瞬間を燃やして生きていくことだけが素敵な若さでないのさ」と。私はもちろん、何か非常に成し遂げながら生きて滞在さんが、少なくとも、より良い世界を作るための多くの言説がやりとりできるだろう。様々な人々の考えが合理的であり、健康に世界で流れてお互い浸透することを望んでいる。

 

先日、SNSにゴールデングローブ賞メリル・ストリープのスピーチ映像を上げた。ハリウッド俳優たちの多彩な人種・国家的背景について言及して、障害者の記者を真似出した行動の卑劣を批判しトランプを攻撃する内容だったが、いくつかの部分に最も共感しましたか?

 

もちろん、多様性の話であり、そのような内容を自然に共有する、そこの雰囲気と空気全体でもあった。セレブはこの時代の拡声器であり、スポークスマンになることができる存在だ。最近いくつかの服が新たに出た、どのようなヘアスタイルが流行していること、このようなことはなくて知らせることができるように多くの人々ではないか。ところが、ガス代を心配しなくて買うことができると私は暖かく安穏私の家の中にだけ閉じ込められてしまったら、果たして世界のためだろうかと思う。多くの芸能人がすでにそのように生きているだろうし。韓国授賞式は硬くて面白くないとする、全体的に「人と違うこと」の許容値が低すぎるからである。誰一人が少し飛び出しても、あまりにも大変作りから。最近のドラマを見ると、俳優たちの肌が一様に全部白い。くすみを消してくれという要請からである。マネキンのようにシワも毛穴もなくなるのは俳優や公共だけの問題でもない。社会の流れ自体が何か規格化された生活の枠組みを壊すことができず安全に入ってしまっている。私はアーティストと、人々の意識を揺さぶりたい人だから、そのようなことが悩みである。

 

 

 

ユ・アインが着たロセトプリントイブニングシャツ、ソン・ヘギョが被ったコットンラッフルレーストップ、ドレスはすべてBurberry、クリスタル非対称イヤリングはNumbering製品。

 

魅力的で影響力を持つ人々が自由に生きていく人生の姿を活発に露出されたならば、世界はより柔軟になるのだ。

 

お洒落さだけを示すのは退屈しないではないか?大衆にはもう少し大目に見てほしいという言葉を、仲間たちには少し勇気がなっおもしろく生きるどうという言葉を渡したいと思う。孤独に感じられる瞬間、同志が必要な瞬間が多い。後輩たちに私はいくつかの役割をすることができるだろうかという思いもたくさんある。

 

とんでもない敵が飛び交うポータルコメントのようなものを見ると、静かに安全にのみ生きて行こうとする芸能人が理解されていないわけではない。

 

かつては先輩を責める気持ちもあった。彼らは間違っていないことにまで謝罪して順応しながら楽しみのない世界を作ってしまったと。しかし、誰も個人の痛みを強要することはできない。大衆を相手に格闘するというのはひどく難しいことだから。今後少しずつ良くなりないかと思ったりする。ショービジネスの中でも、それぞれ果たす役割が違うから。例えば、10年前の私だったら練習生を集めてすさまじく競争させる<プロデュース101>のような番組を見ながら悪口を言っただろうが、今そのようなジャンルの長所を認める。代わりに、その子供たちがシステムの中で、より健康することができる方法は、何だろうかと思う。このようなものが余計なお世話なら、私は喜んでおせっかいを広げるであるようだ。世の中、人に関心が高く、その中で私は常に訪れる人だから。ところでそのためには継続勇敢でなければして、世界の中で参入しなければするのに。要塞は家だけある(笑)。

 

Twitterにあなたが書く文等一つ一つが芸能ニュースで開いて議論がされ、最近では、更新が稀になった。文を書きたい欲求が強い人だ、他のうえ、別に記録をするか?

 

iPhoneを使う。日記なら日記で、アイデアならばアイデアで。私が発見したこと、私の人生の真理。つまらないこと、全部書く。本にまとめてみようという提案もあるが、必ず本ではなければならないようであったりする。私は本をよく読まないので。

 

自分の考えを表わすにインスタグラムはどうなのか?時代ごとに人々がコミュニケーションする媒体は、変化し続けるようだ。


最近では、ますます関心がなくなる方だ。不要なものはあまり知ることになるではないかと思い。耐えにならない時がある。

インスタグラムに展示されている豪華な生活と相対的剥奪感のようなものを見ると、世界をオンラインでのみ受け入れる態度が危険である気もする。
過去のシステムと他のいくつかのものが登場すると、いつもそのような視覚の立場があったようだ。会わずに電話だけすることも悪く、本時代があったから。しかし、手書きのラブレターが価値があるというふうには思わない。通貨も文字もコミュニケーションの基準が合う人同士で似合ってよく過ごせばされるのだから。このような世の中に文字で別れられない何かを、最近VRゲーム機も買っていて、近未来に起きそうなエピソードを扱うネットフリックスの<ブラックミラー>シリーズも面白く見た。私たちのライフスタイルに大きな革命が起こるだろうし、より多くの驚くべき世界が繰り広げられるのだ。それ観察し描いてみることが楽しい。

 

 

 

プリントジャケット、フリルシャツはKimseoryong製品。

 

今30代だ。あなたも既成世代になるか?

 

すでに私を旧世代、コンデというニュージェネレーションが存在するのだ。より幼い時、私は設定した幼稚な目標は、良い大人になることであった。私はすぐに良い先輩が必要だった子供の友達だったから。今はそのような役割をしたいが、子子供たちが確かに受け取りはしないということ同じだ(笑)。若い世代にはあまりにも明確にどのような役割を強要したり、力を折ってアップする世の中で、私は少し別の話を聞かせて与えることができる大人、他の価値を示すことができる人であれば、良いだろう。「夢のために喜んで貧しいなれ」こんな声のほか、

世の中がどのように成り立ったのか話しながらも、ただ一つだけの価値が絶対的だと注入しない先輩ならば良いだろう。 何より幼い人々が他人に自分自身を依託して生きなかったら良いだろう。 私やはり他の人々の評価に致命的に影響を受ける人だが外側にあることはにせ物であることが多い。 それを真に受け入れて生きていってみるならばいつかはむなしさに行き当たる。 自分自身を最もよく眺めることができる人は自分自身だ。

 

後輩、弟たちと話しながら世代の違いも感じるか?

 

幼い世代がよどみなく明確なようだ。綺麗になり金持ちになり有名になって、他の人に楽しま受け生きる目標をシンプルに追求する姿勢を見る。ただし、それは一方で俗物的な価値であるかもしれないという両面の推測がない示して残念だ。時には彼らの社会のルールの中でより良いプレイすることができる力を持って生きていくのが妥当だろうという気がしたり、しかし、人間はそれほど断線的ではないようだ。あまりにも複雑な有機体であり、自ら複雑さをどのように形成していくかよく決定しなければならない。みんな世界がなんだと感じた場合、その怒りをただ蒸発させるのではなく、どのようにアクセスして表現するか悩んでみなければならだろうし。


青少年ドラマ出身で幼い頃から演技をした。その頃の自分に会うなら何の話をしてあげたいか?


逃げてもかまわないという話。私にも致命的な欠陥があった、私の世界から逃れることができないと思った時期があった。多くの子供たちが、自分が直面している不幸がすべてだと信じている瞬間があり、子供の頃ほどそうだ。家庭事情の不幸、学校暴力、性的悲観... そんなことは少し離れると何でもないのに、当時は来た宇宙人のようなものはないか?最近<우리들=私たち>という映画を見て始めて30秒後に泣いた。二十歳前半の頃が浮かんで幼い日の私向き合ったような感情が揺れを打ちよ。子供が出会う世界の暴力性、自ら耐え難い地獄のようなものに深く共感した。私は芸能人になりたいと学校を早く辞め友達もあまりなく過ごした。痛みという刺激を見つけ入った子だったようでもある。絶望のような派手な言葉でそのようなこと包装したり。そのような瞬間があった。

 

質問に再び戻ろうとするならその時期の私はあえて会わないでもかまわないこと同じだ。 その時はそれを体験したので今の私がなったことだから。 私が持つ人生の哲学は本で得たり誰から習ったのではないようだ。 道路で、わが家で、私が仕事をした所で、運良く会った数多くの人々から、楽しんだ所で、ベッドの上で恋人と共に…その時間に忠実で得てきたものなどだ。

 

恋人としてのあなたはどのような人なのか?


患者だ。

 

一人ではできないやっていくという意味か?
 

一人は少し足りないところがある感じという意味である。足が四つの、腕があなたの個人が自然に二つだけ持って生きていく感じのようなもの。

 

映画「ヘドウィグ>の「Origin Of Love」にも引用されたプラトンの「饗宴」に出てくる話だ。元の一つの体だった人間を神稼ぐうと破れノトアトゴ、失われた、お互いを見つけて迷うは。


うん、その映画を見て、以前サイワールドミニホームページに感想を上げることもした。映画評論も大変にしておいてやった時代である。私はいつも恋人でありたいと思う。それは私が息をした生命体と私の家族のメンバーであり、したように自然なこと、あるいは強迫を持っていることである。恋愛をしないことになるときは、しようと嘆く書いてみ、友人の中にいるか、カサノバのように過ごしてあえて長い間一人にとどまらない高度てみたけど。結局は恋人である私が自然だ。そのような意味でのメロを取得する必要がようでもある。私構築することができるキャラクターがあると思う。私はかなりおもしろく恋愛する、おもしろい人であるから。
 

 

 

ソン・ヘギョが着たツイルラップコート、黒のレースのドレス、白いレースのトップは、すべてBurberry、淡水真珠イヤリングはNumbering製品。ユ・アインが着たギャバジントレンチコート、イブニングシャツ、パンツ、レースアップシューズは、すべてBurberry製品。

 

しかし、なぜ恋愛する話は避けてきたか?フィルモグラフィーにメロやロマンチックコメディがよくなかった。

良い俳優になろうと忌避したし特別さを作ろうと遠ざけた。 20代俳優がスターの覆いを使うにはそのようなジャンルは必須要件なのに、どのようにしないながらも良い暮らしをしたこと同じだ。 ドラマ システムの中でのクルリセまぜこぜであるロマンスを延期すると考えれば私のからだが耐えられない地点もあった。 今に来てはあまり縮まないようにすることができるようだ。 ジャンル物も同じように難しいと感じたがもうある程度確信ができたようだ。 軍隊が関わっているがその以前でも後でもできるだけ多くの作品をしようとして、以前とは少し違うようにすることができるようだ。

 

チョン・ソンイル評論家があなたの演技について書いたクリティックを読んだか? キム・ユンソク、ファン・ジョンミン、キム・ヒエのように、自分よりもはるかに強い相手を選択して割れて壊れ、何かを学び強くなるボクサーのような俳優と書いたが。


もちろん読んだ。私の演技に本格的な評価を見たかったので、ニュースを聞いてすぐに探してみた。その批判さえも私シェアならクールに見えることができる良い機会だから。しかし、その文はホ当たりだった。不寛容だった。この言葉は、必ず書いて欲しい。これは、このインタビューを通じて私は彼と議論をしたいから。ボクシングの比喩を借用しようとするなら私は殴られたことがなくて、ただし私の相手が驚くほど彼らを殴ったことはあると考える。その評論だけでなく毎度映画広報文面にも‘負けない演技をした’という表現が出てくる。だが、映画は戦いではなくて、演技はオーディションでない。そのような構図で眺める視覚は洗練されないようだ。 その上俳優が映画を選択する時そんなに計画的に意図を持ってしはしなくて、計画した通り生きていくことができる程20代俳優に多くの機会が与えられることもない。 かえって興味深かったりおもしろい、関心が行くことを選択してきたし、そんなことが自分自身を成長させると考える。 私の好みはロマンチック コメディでふざけるのを別に好きではなかったことで、それなら20代俳優に与えられる機会という(のは)先輩たちと苦しめられる側が多くなかったか。 彼らと演技して私はたくさん観察したし、知るようになったし、習った。 私は演技を上手にしたい。 良い演技が何なのかにさらに悩んで演技したい。 もちろん私の演技がその方が基準とするほどのクラシカルな演技ではなかったかもしれない。 だが、良い演技という件その時代、どんな時間内にあると考える。 少なくとも演技というものが持つ可変性、時代性、時間性というものを出して感覚で十分に感じて把握して演技しようとする。

 

 

あなたはWをが最初に作成する「MAN」版のカバーモデルとなった。どんな男性が素敵だと思いますか?

 

最も男らしいことは最も人間らしいものであり、自分らしいものである。女性らしいものも同じだ。自分らしさを知って追求する人が魅力的な男、魅力的な女性だ。私たちは、すべての他の一人一人である。その明確な違いに焦点を当てながら、また一つに団結することができることを願う。座場合、色、地域でお互いを分け戦うようにお互いに線を引き顔負け格闘ませないことを願う。私はフェミニストだ。誰もが平等することを望むので、誰自分の特質により、疎外されたり、迫害たり傷つかない世界をしたいので、喜んでフェミニストだ。今の私たちの社会は、その道に進むためにあって、発熱を経るようだ。自分が正しいことを知らせる目的がより良い世界になることを望んであれば、お互いにもっと受け入れてほしい。私たちは、誰かに暴力を加えた者に加えられる暴力にも考えなければならない。自分の信念を刃では使用しませしまい欲しい。間違って誤った人をことごとく死刑に処するなら、世の中には誰も残らないのだ。

 

あなたは世の中には冷たく怒りながらも、人には、暖かい信仰を放棄していないようだ。
 

我々は、すべて理想を追求していないか。その過程で喜んで間違え寛大なって、しかし、より治癒を追求し、反省することができて、恥を知っている。そのようなものは人間らしさであるようだ。私は政治家でも活動家でもない世の中を眺める人として、そしてアーティストとして、この程度の話を共有したいと思う。

 

世界平和まで心配して余計なお世話するのか?
 

正解だ。最新の誕生日ケーキに初めを消して祈った願いがまさにそれであった。世界平和。

 

Credit
フォトグラファー KIM HEE JUNE
ファッションエディター ペク・ジヨン
フィーチャーエディタ ファン・ソンオ
スタイリスト チェ・ハンソク
ヘア イ・イルジュン
メイクアップ アン・ソンフイ
セット キム・ミンソン
アシスタント ホン・スミン、ジョ・フイジュン、オ・ジウン
ロケーショングランド ハイアットソウル
ソースW website


W KOREA
------------------------------

 

ホンシクのどこを好きなのかを考えるとき、

ありすぎて決められない、って思う。

いちいち言うとしたら、、、、

スタイルバランスのいいこと、

ツンもデレも両方あって、

笑顔のキュートさやとても知性的で理性的で、、、、

男性に持っていて欲しい要素をすべて持ってるってことのほかに、

本当に人間らしい人だ、ってところが大きい。

 

ホンシク自身の変化について自分で語っているところとか、

聞いてみたい話がいっぱい詰まってて、

このインタビュー、最高だわ。

 

 

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。